ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ジョーク」最新記事一覧

『銀魂』69巻の告知ポスターがまさかの「いらすとや」製 誰だこれ作ったのは!
「あついバトル!」「たのしいギャグ!」なる素朴なキャッチフレーズを連発。(2017/7/12)

サイプレス上野完全監修! フリースタイルギャグ漫画『サウエとラップ〜自由形〜』第1巻が発売
豪華ゲストラッパーによるMCバトル動画も毎週配信……だと……?(2017/7/7)

SKE48高柳明音の「彼女とデートなう」で彼氏終了のお知らせ 「冗談でも泣く」「斬新すぎる」
それは予想してなかった。(2017/7/6)

「例のヤツ」「本当に行ったんだ!」 中尾明慶、有言実行の“滝行”に驚くファン続出
冗談ではなかった。(2017/6/25)

シングルファーザー同士が恋をする 着眼点が新しい恋愛ゲーム「Dream Daddy」7月リリース
「オヤジギャグも多数収録」と、テーマからそれた部分にも妙に凝っています。(2017/6/20)

BIツールあるのにExcelでグラフ作っているの?
BIツールを導入しても残り続けるExcel作業を一掃する方法とは?
Excelを分析に使う苦労を減らすためにBIツールを導入したら、BIツールでグラフを作る苦労を減らすためにExcelを使い続けるという、冗談のような冗談ではない理不尽を解決する。(2017/6/8)

犯罪都市「米花町」で過ごす“黒い人”のギャグな日々 名探偵コナンのスピンオフ「犯人の犯沢さん」がいろいろヤバイ
表紙で例のパラパラ踊ってます。(2017/5/27)

ファイルをロックし弾幕シューティング「東方星蓮船」最高難易度で“2億点”要求 解除にゲームプレイが必要なマルウェア発見
「東方Project」好きの開発者によるジョークとして作られたソフトでした。(2017/4/9)

ともにジャンプ作家のうすた京介夫妻の育児漫画が連載スタート 天才ギャグ漫画家はどんな父親になるんだろう……
妻・榊健滋さんがTwitter上で不定期連載していく予定。(2017/4/5)

愛猫・愛犬のもふもふを腕に 米時計ブランドが「ペットの抜け毛」を送ると腕時計にしてくれるサービスを開始(※追記あり)
抜け毛から耐水性のフェルト生地を製作します。(お詫び:エイプリルフールのジョークでした)(2017/3/31)

STORIA法律事務所ブログ:
人工知能が作った創作物、現行の法律ではどうなる?
「AIがすごいすごいと言っていると、いつの間にか人間のクリエイター全員が飢え死にしていた、という状況は冗談ではなく生じうるわけです」──AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2017/3/16)

「放射能を浴びているから光ると思った」 関西学院大・外国人講師が福島出身女子学生に差別発言で減給
講師は「冗談のつもりだった」と発言を認め、学生に対して謝罪したい意向を示したとのこと。(2017/2/21)

難病の親友を救うためギャグをかまし続ける女子高生 漫画「NKJK」がコメディなのに切ない
漫画レビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第81回。幼馴染のためにピエロになりきる彼女は救われるのか。(2017/2/18)

「タコは宇宙人とネイチャー誌に掲載」のデマが拡散
ジョーク部分を切り取っただけのようです。(2017/2/14)

コミック アース・スター×ねとらぼ:
JRPG風ファンタジーギャグ「魔王の秘書」出張連載 第10話「とりもどそう。ボクたちの征服――。」
魔王にも秘書が必要な時代。(2017/6/30)

ボールを顔面にドーン! 当たる瞬間をスローモーションにしてみたら完全にギャグマンガ
シュールだ……。(2016/12/31)

「機動戦士ガンダム」ザクやグフ、ドムの頭型クッションが登場 こんなにかわいいなんて冗談ではない!
確かにかわいいんだけど、ブレードアンテナが若干ジャマになりそうな。(2016/12/15)

PewDiePie、5000万フォロワーのYouTubeチャンネル削除は「冗談でした!」
人気YouTuberのPewDiePieが「フォロワーが5000万人を突破したら自分のチャンネルを削除する」と宣言していたが、削除したのはフォロワー100万人のサブチャンネルだった。1億人突破したらメインチャンネルを削除すると再宣言。(2016/12/10)

ジャンプ連載漫画「トリコ」が8年半の連載に幕 今後は新作ギャグ読み切り掲載を予定
連載完結によせ、作者・島袋光年さんからのコメントも同誌に掲載。(2016/11/21)

ドナルド・トランプ氏を「殺す」とSNSに投稿 セキュリティ企業のCEOが退任
ジョークだったとして謝罪しています。(2016/11/16)

伝説のギャグ漫画「ハイスクール!奇面組」が舞台化! 一般オーディション開催で変顔自慢が集まる……?
本番中ずっと変顔してるのかな。(2016/11/15)

母の愛がこぼれ落ちそう! 「誕生日にホールケーキサイズのねぎとろ軍艦食べたい(冗談半分)」と言ったら……まじかよ!
お母さま、ほんとに作ってしまわれたのですね。(2016/11/5)

1個の電球を交換するのに何機のドローンが必要か? 「電球ジョーク」のごとき無茶な挑戦が大変そうでつらい
答えは「2機」。その心は……?(2016/10/29)

コミック アース・スター×ねとらぼ:
スーパーハイテンションギャグコメディー「てーきゅう」出張連載 第39面「先輩とトレインスポッティング」
1ページに3回突っ込める。(2017/7/22)

この人、お湯入れとる……! 街中でもカップヌードルにお湯を注げるジョーク紙袋がまさかの商品化
手提げヤカンが温かそう。(2016/10/19)

あなたの本好き、病気じゃないですか?
SFに一生を捧げたSFバカ、SF作家・山本弘が考える。今回のテーマは「本を捨てられない人は冗談抜きで病気かも?」。(2016/10/12)

歴史を変えないよう畳の上でじっと寝そべる 未来人がバタフライ効果と奮闘するマンガ「おとうふ次元」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第76回。これをすると未来がとんでもないことに――バタフライ効果が正確にわかる未来人が現代で繰り広げるSFギャグマンガの新境地。(2016/10/10)

主役は芭蕉と曽良の師弟コンビ! 新作舞台「ギャグマンガ日和」2017年2月に上演決定
この2人は楽しみすぎる!(2016/10/4)

iPhone 7をネット注文した中国女性 3Gと4と遊戯王カード「融合」が届く詐欺に遭う 足して7にしろと!?
被害者には失礼とは思いつつ、犯人のジョークセンスに脱帽。(2016/9/22)

LINEで父のブラックジョークがさく裂
おちゃめな父。(2016/9/3)

赤西仁+山田孝之がユニット「JINTAKA」結成! 「Choo Choo SHITAIN」でCDデビュー
冗談を実現する男・赤西仁と山田孝之。(2016/8/10)

半年の沈黙を経て「てーきゅう」8期決定ですわよ! やつらは何度でもよみがえるさ……
早口すぎる超高速ギャグアニメ、パワーアップして10月放送開始。(2016/8/10)

ギャグ漫画並みの回復力 あばれる君、クレイジーな蚊に刺され顔面崩壊するも1日で完全復活を果たす
次のページではケガが治ってるタイプの人。(2016/7/26)

千鳥がかわいい超巨弾戦記ギャグアニメ「信長の忍び」、10月放送開始が決定
第0話先行公開中、監督は大地丙太郎。少女忍者・千鳥役は水瀬いのりさん。(2016/7/12)

ギャグ漫画「パタリロ!」が今冬舞台化 はたしてあのパタリロを人間が演じられるのか!?
キャストなど詳細情報の発表が待たれます。(2016/6/25)

「バーナード嬢曰く。」アニメ化決定 本を読まない割に読書家ぶりたがる“バーナード嬢”と読書好きな友人たちが繰り広げるショートギャグ漫画
これを見れば、きっと読書した気分になれる。(2016/6/18)

電波時計内蔵:
「お金はおっかねー」 1300のギャグを操るロボット「爆・笑太郎」爆誕
タカラトミーは、1300ものギャグを繰り出すロボットを発表した。(2016/5/26)

履くだけで肉食系男子になれる「オオカミパンツ」が、どう見てもギャグとしか思えない件
試されている……(意味深)。(2016/5/4)

ケロッグさん的にこれでいいの!? オードリー春日さんがギャグ連発でキレキレダンスを披露する体操動画が激しすぎる【PR】
若林さんのツッコミもキレキレ。(2016/4/5)

@IT「週末チャレンジ」 2015年度下期SNS反応ランキング:
激務をちょっと忘れられる、ホッと一息「ユルめ記事」まとめ
2015年度下期に掲載した週末向けの「ユルめ」記事から、SNS反応が多かった記事をピックアップ。ジョークが分かるオトナなITエンジニアやプログラマーの皆さんは、どんな記事にホッとなごんでくれたのでしょう。(2016/3/31)

週末アップルPickUp!:
コルタナさんはSiriに片思い?
コルタナさんのジョークセンスは磨く必要がある。(2016/3/9)

ANNA'S COMIC SELECTION:
オカンみあふれるギャグマンガ 人気アイドルグループ出身・森あんなの心に響いた一冊
板羽皆さんのマンガ「サムライカアサン」をご紹介。(2016/2/20)

198万円の「冴えカノ」加藤恵の等身大フィギュアが応募者多数により増産決定! 冗談だろ!?
一体誰が買っているんだ。(2016/1/22)

「シリアスとジョークは両立する」――猫画像から政治家インタビューまで 「BuzzFeed Japan」創刊
米国発のバイラルメディアの日本版「BuzzFeed Japan」が創刊した。「シリアスからジョークまで」をうたい、シェアされやすいスマホ・ソーシャル時代に合った記事を幅広く展開していく。(2016/1/20)

@IT記事 2015年SNS反応数ランキング:
ギークなエンジニアがときめいた2015年@IT「いいね!」記事
2015年に@ITで掲載した記事から、Facebookの「いいね!」数が多かった記事をピックアップ。ジョークが分かるオトナなITエンジニアやプログラマーの皆さんは2015年、どんな話題や技術にときめきいたのでしょう。(2015/12/25)

泥棒に入られたタコス店、犯人の映像を使ってジョークたっぷりのCMを作る
これぞ逆転の発想。(2015/12/24)

いつまでも続くエキセントリック!  早口で展開されるカオスな超高速ギャグアニメ「てーきゅう」第7期製作決定です!
主題歌タイトルは「ツッパリくんvs 関取マン」。もうヤバそう。(2015/12/7)

「本名が下品でFacebookのアカウント停止」と話題の男性 ウソだったと告白
「友達の間のジョークとして始まったものがメディアをだました」と告白しています。(2015/11/25)

R25スマホ情報局:
スマホゲー課金「日本1位」理由は?
「10万円は微課金」なんて冗談で言われるほど課金競争が加熱する日本のスマホゲーム。各国のスマホゲーム市場規模の調査で、日本のユーザーの平均課金額が突出して高いことが明らかに。(2015/11/19)

気分はもう新人? ギャグ一筋30年の漫画家がストーリーものに挑む「中川いさみのマンガ家再入門」が勉強になる
これが現代の「なるには」シリーズか!(2015/10/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。