ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CM」最新記事一覧

Commercial Message

-こちらもご覧ください-
質問!CM→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でCM関連の質問をチェック

関連キーワード

高橋一生×ミスチルで話題の感動CM 11日間のメイキングムービー公開
高橋さんと黒木華さんのインタビューも。(2017/7/24)

全力白目に半裸ダッシュ! 岸田メル、個性派ぞろいのヤマハ新CMをワンマンショーに変えてしまう
メル先生どこに向かってるんだ。(2017/7/24)

「女性を物扱い」:
中国でアウディのCMに非難 花嫁を中古車に例え女性侮辱
Audi(アウディ)が同社中古車を中国で宣伝するCMに非難が集中している。(2017/7/20)

“さや姉”山本彩はどこまで神対応をするのか テレビCM撮影で検証される
スポンサー特権でノリノリである。(2017/7/19)

「モンスト」CMが完全に「お仏壇のはせがわ」でネット騒然 そっくりすぎて「はせがわに怒られないの?」と心配する声も
大丈夫なのか聞いてみました。(2017/7/19)

便器を和式風に アメリカで大ウケなトイレ用アタッチメントが快便効果ありそう
でもCMが狂気じみてる。(2017/7/17)

ラストどっきり注意 南アフリカの「スマホながら運転」啓発CM、前半と後半の落差がすごい
軽快なBGMにだまされた……。(2017/7/17)

TBS「音楽の日」でモー娘。歌唱中にCM突入の放送事故 異例の対応にファンは「2回見れた」と前向き
モーニング娘。'17ファンの懐の広さ。【訂正】(2017/7/16)

「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあで」 サントリー「コックゥ〜ん!」CMに「下品」「下ネタ」と批判相次ぎ公開中止へ
「女性をバカにしすぎ」という意見も。(2017/7/7)

「この曲は何?」 音声認識で特定→再生 定額配信「AWA」に新機能
「AWA」に「音楽認識機能」が加わった。テレビCMなど気になる曲が聞こえている環境で「Search」ボタンを押すと、アーティストと楽曲を特定するという。(2017/7/6)

桃を拾ったおばあさんに「窃盗だろ」「桃の気持ちを考えたことがあるのか」 SNSの炎上を強烈に風刺したCMが秀逸
美輪明宏さんのナレーションが、「悪意ある言葉が、人の心を傷つけている」と投げかける。(2017/7/4)

マウス、CM出演中の乃木坂46メンバー5人にフォーカスしたWeb限定ムービーを公開 7月3日から
マウスコンピューターは、現在CM出演中となっている乃木坂46のメンバー5人のスペシャルショートムービーを公開する。(2017/6/29)

乃木坂46がまた神CM 「じゃらん」新CMの猫耳&浴衣が反則級のかわいさ
夏最高すぎるだろ。(2017/6/28)

日清食品のCM「もし『魔女の宅急便』のキキが17歳の女子高生だったら」の続編はあるの? 企画意図から今後について聞いてみた
青春でした。(2017/6/25)

【連載】ニューロマーケティングで「1つ上」のCRM 第2回:
テレビCMを見ているとき、「脳」に何が起こっているのか?──ダイドードリンコのCM評価事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はダイドードリンコの活用事例を紹介する。(2017/6/26)

ギリギリセーフなのか……? トランプ、プーチン、金正恩のそっくりさんを使った香港のCMがいろいろな意味でヤバい
自社CMとして公開する度胸。(2017/6/23)

米国の95%以上の世帯にリーチ可能:
Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる「Adobe Advertising Cloud TV」を発表した。(2017/6/22)

「スパイダーマン、自動車教習所に行く」の巻 アウディーとのコラボCMが運転へたすぎてハチャメチャな展開に
運転支援機能のおかげで、奇跡的な無事故運転。(2017/6/21)

クーポン配布でO2O2O施策も:
波瑠さんと「だるまさんが転んだ」、HAROiDがテレビCMとリアルタイムに連動した体験型企画を実現
HAROiDはキリンビールの広告キャンペーンとして、視聴者がリアルタイムに参加できるテレビCM連動型企画を実施する。(2017/6/20)

「もし、魔女のキキが17才の女子高校生だったら」カップヌードルの新CM公開 キキととんぼの恋模様を描く
映像がキレイ。(2017/6/19)

常見陽平のサラリーマン研究所:
上司の“アルコール武勇伝”は面倒臭い、3つのパターン
中年上司のアルコールにまつわる話は面倒くさい。彼らの話は大きく3つに分かれる。「イッキ飲みの作法」「酒量自慢」「アルコール飲料のCM」の話である。(2017/6/16)

ぱふぱふは俺に効く! 山田孝之、「ドラクエXI」特別CMで顔芸連発&人生初の“子役”に挑戦
いつも通りいい顔してる。(2017/6/15)

フジテレビ、都県別にメッセージ異なるCM 地上デジタル放送初
関東1都6県で都県ごとに異なるメッセージを出す「エリアメッセージCM」を、フジテレビが放送する。地上デジタル放送では初という。(2017/6/15)

BGMはバンプの新曲? 日清カップヌードル新CMで窪之内英策と林原めぐみがさわやかな青春模様描く
参加アーティストの調和がすごい。(2017/6/9)

Apple、“地球を守ろう”CM
Appleの新CMは、iPhoneで撮影した美しい風景写真のバックにカール・セーガン博士の「Pale Blue Dot」朗読が流れるというもの。「われわれには唯一の故郷である地球を守り、大切にする義務がある」という一節で終わる。(2017/6/8)

「Y!mobileの背中が少し見えてきた」「90万契約は射程圏内に」 野坂社長が語るUQ mobileの現在地
2016年11月からのテレビCMをはじめとした大規模なプロモーションが功を奏し、UQ mobileの認知度は大きく向上。2017年夏は新たに家族割を提供する。2017年の目標に掲げていた90万契約も見えてきた。(2017/6/1)

夢の競演! 福山雅治×ジョニー・デップのコラボCMが360度かっこいい完璧な仕上がり
合成じゃないだと?(2017/5/30)

「YES高須クリニック!」の高須院長が民進党に「NO」! CM「陳腐」発言に提訴の意向
「高須クリニック」の高須克弥院長は18日のブログで、民進党の大西健介青年局長と蓮舫代表を提訴する考えを示した。(2017/5/19)

ワンオペ賛美か子育ての現実か、ムーニーCMに賛否両論 → 対照的なパンパースCMにも注目集まる 各社の思いは
母親の忙しさを描く動画と、子どもの大切さを描いた動画。(2017/5/13)

費用対効果を最大化:
オプト、Web広告とテレビCMの統合プランニングツール「ADPLAN Reach Simulator」を開発
オプトは、Web広告とテレビCMとの統合プランニングツールとして、「ADPLAN Reach Simulator」を開発したと発表した。(2017/5/9)

インドのキシリトールガムのCMが話題! 独特すぎる世界観に「発想に脱帽」「ぶっ飛んでる」の声
インドのCMは踊らなくてもすごいインパクトでした。(2017/5/7)

SMAP会見風CMで物議の「ジャンバリ.TV」、一部動画を削除 テレビCMは差し替えへ
エピソード1「主張」篇は削除されていません。(2017/5/4)

「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
今後は新曲「ジャンバリましょう」を公開するとみられています。(2017/5/3)

昔見た深夜のTVCMだこれ 愛知県のWeb制作会社による昭和風PR動画が、平成らしからぬセクシーさ
テーマは「昭和の社長っぽい夢の世界」。(2017/5/1)

福田雄一監督による吉野家CMがシュール テイクアウトする菅田将暉さんを実況する佐藤二朗さんが独特の世界観
「勇者ヨシヒコ」を思い出す人も。(2017/4/29)

インパクトしかない ブルゾンちえみ、「あんスタ」CMキャラクターに
背後のアイドルたち、全員With B状態。(2017/4/27)

「関電ガシ」も配布:
「誰がアスパラガスやねん」関電、ガスCMに吉本新喜劇を起用
関西電力が都市ガス販売のPRで、軟派路線を突き進んでいる。CMで、野菜のアスパラガスを使った「ガスソング」を流す第1弾に続き、吉本新喜劇のアスパラガスこと中條健一さんを起用。電力に続く都市ガス販売の自由化は、関電のイメージ戦略までも変えるのか。(2017/4/25)

Googleマップに「アクサダイレクトコーナー」が登録されていると話題に 堤真一さんが出演するテレビCMの場所に「誰かー!!」
なぜ登録したし……!(2017/4/24)

くさや生産地からの批判で終了した「ファブリーズVSくさや」CM 今度は両者コラボでの再対決
コラボPR動画「千鳥が行く!ルート931の旅。」の八丈島・くさや編が公開されました。(2017/4/24)

青森名物「スタミナ源たれ」CMに星野源さん出演への期待高まる
星野源さんファンと「スタミナ源たれ」ファンがこぞってRTしているから、そろそろご本人に届いているんじゃ・・・・・・?(2017/4/20)

アサヒ飲料が謝罪:
三ツ矢サイダーの新CM取り止め 「危険」指摘相次ぎ
アサヒ飲料が、三ツ矢サイダーの新CMを削除。危険な表現があるという指摘を受けたため。(2017/4/19)

三ツ矢サイダー、批判受けてCM放送中止に 楽器経験者から「危険」「一歩間違えると歯が折れる」など指摘
お客様相談室にも18日10時ごろには指摘が寄せられていたとのこと。(2017/4/19)

三ツ矢サイダー新CM中止 「トランペット演奏中に後ろからドン」は「危険」と批判受け
管楽器を演奏している人に体当たりするのは「ものすごく危険だ」とトランペット奏者などから指摘されていた。(2017/4/19)

爆弾がはじけカウボーイが暴れる 「銀のさら」CMがクレイジー
実況「みんな自らの足で(馬に引きずられながら)銀のさらへ向かっています」(2017/4/18)

三ツ矢サイダーのCMが炎上 トランペット演奏中の人へ背後からぶつかるシーンに楽器経験者から批判続出
「三ツ矢サイダーCMの問題点」がTwitterトレンド入りしています。※追記あり(2017/4/18)

首位はKDDI「三太郎」が3年連続:
CM好感度ランキング Amazonが躍進
最も好感度が高かった企業CMは? ロングランの人気シリーズCMがランクインする中、アマゾンジャパンやリクルートなどが奮闘した。(2017/4/18)

中居くんが王子様に! アイマス「デレステ」新CMが公開、舞台をテーマに市村正親と共演
中居くんが空中につられるアクロバティックな演出も。(2017/4/15)

バーガーキングが「OK Google」使うテレビCM放映 Googleが数時間後に介入
米Burger Kingが「OK Google、ワッパーって何?」という音声を流すテレビCMを放映し、音声アシスタント「Google Home」がこれに反応してWikipediaの「ワッパー」の説明を読み上げていたが、数時間後には反応しなくなった。(2017/4/13)

PR:「わんこもちもち」「おっさんもじもじ」「博多もつもつ」 ハイチュウのもちもち感を伝えるCMが明後日の方向に爆走してる件
何のCMなんですかね……。(2017/3/29)

日本ブレイク工業っぽさある 昭和のヒーローアニメのようなサノヤス造船のCMシリーズが無駄な熱さ
毎回なんかよく分からない強そうな敵と戦ってる。(2017/3/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。