ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原寸大」最新記事一覧

産業用VRカレイドスコープ(3):
日本語入力とPCリテラシーの低さが生む、海外製VRソフトの障壁
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、海外製の産業用VRソフトと、それを実際に日本で利用しようとする場合の課題点について説明します。(2017/5/22)

「聖闘士星矢」実写化決定! これは、かつてないコスモを感じる……
期待してもいいんだよね!?(2017/5/19)

やだやだやだ! 金欠女子の超等身大ドラマ「NYボンビー・ガール」がシーズン6で終了
等身大だけど共感はできない不思議な魅力のシットコム。(2017/5/18)

防災グッズを紙面に並べて災害発生直後の混乱期をしのぐ相談を―― 神戸新聞が紙上で「並べる防災」を提案
防災袋に必要な物を、各家庭で話し合って準備しようという提案。(2017/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの決算発表に見える未来
トヨタが発表した17年3月期通期決算は5年ぶりの減収減益となった。しかし一方でクルマの販売台数は伸ばしている。ここから見えてくるトヨタの未来とは……?(2017/5/15)

製造マネジメントニュース:
2年連続の減収減益を見込むトヨタ、「これが等身大の実力」
トヨタ自動車が2017年3月期(2016年度)の通期決算を発表した。売上高は前年比2.8%減の27兆5971億円、営業利益は同30.1%減の1兆9943億円、当期純利益は同20.8%減の1兆8311億円で減収減益となった。2018年3月期(2017年度)も減収減益となる見通しだ。(2017/5/11)

主力市場で販売減見込む:
トヨタ、2期連続減益予想 研究開発費1兆円超は維持
トヨタ自動車の2017年3月期連結営業利益は前期比30.1%減の1兆9943億円。販売台数は増加したが、円高や米国の販売費増加などが響いた。18年3月期も減収減益となる見通しだ。(2017/5/10)

初音ミクロボ開発者が「等身大美少女ロボット」プロジェクト、クラウドファンディングで目標額を達成
プロジェクトを立ち上げたのは、「初音ミク」等身大ロボットを開発してニコニコ動画などで話題になった技術者です。(2017/5/9)

けものフレンズ「等身大セルリアン」をニコニコ技術部が作ったぞ 直径3メートルは圧巻
かばんちゃん、こんな大きいヤツに立ち向かったのか。(2017/4/27)

スイスの「レーティッシュ鉄道」の制服をモチーフにした萌えキャラマスコット 夢を叶えた“スイス大使”に経緯を聞いた
地元ファンからも好意的な反応があるそうです。※追記修正あり(2017/4/24)

Microsoft Focus:
まるで“現場に瞬間移動”したような感覚 “HoloLens×建設”がもたらすインパクト
新潟県三条市に本社を置く総合建設業の小柳建設は、HoloLensで建築業界をどのように変えようとしているのか。(2017/4/22)

「ToLOVEる」ララが等身大フィギュアに 「銀河級のナイスバディを隅々まで完全再現」だと……!?
10体限定でお値段280万円!(2017/4/21)

建設業に問われる事業の透明性の確保:
建設業のAR活用はどう進むのか――日本マイクロソフトと小柳建設がHoloLens活用で協業
日本マイクロソフトと小柳建設が、建設業の「Microsoft HoloLens」活用に関して、協業を発表した。3つのコンセプトを基にプロジェクトを進めているという。(2017/4/20)

予測型の食品安全管理を目指す
Domino's Pizzaのフランチャイズ店がIoT導入へ、レストランの温度管理に活用
Domino's Pizzaのフランチャイズ店は、IoTの導入によって手動プロセスの自動化、コストの削減、予測型の機器メンテナンスに取り組み、ピザ作りにまい進しようとしている。(2017/4/19)

PR:こじはる直筆メッセージが秋葉原駅に期間限定で登場! AKB卒業を控えたこじはるのファンへの感謝の気持ちとは?
「キリン 皮ごこち」の巨大広告、思わず撮りたくなる!?(2017/4/17)

重量25キロ、全長2メートル超! ベルセルクの巨剣「ドラゴン殺し」を原寸大で再現した猛者現る
しのごの考えるな、今は剣のことだけ感じてりゃいい。(2017/4/14)

スター・ウォーズ「ストームトルーパー」の等身大フィギュア登場 空ビの技術活用
たくさん並べてスター・ウォーズの世界を再現したい。(2017/4/13)

ねっと部:
等身大の「ストームトルーパー」フィギュア登場 収納や持ち運びに便利な空気ビニール製
映画『スター・ウォーズ』に登場する「ストームトルーパー」が、等身大の空気入りビニール人形として登場。(2017/4/12)

出た! 1万5800円で買える等身大「ストームトルーパー」
(2017/4/12)

ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」開催 実物大の「サツキとメイの家の台所」「タイガーモス号のキッチン」も登場
思い出に残るジブリ作品の「食事シーン」に注目した新しい展示です。(2017/4/6)

ニコン、創立100周年記念サイトを公開 「D5/D500」限定モデルやスワロフスキーの「ニコンI型」など販売
7月25日で創立100周年を迎えるニコンが、特別サイトを公開。100周年を記念し、一眼レフやレンズなどの限定モデルを販売する。(2017/4/3)

司書メイドの同人誌レビューノート:
全国各地の“恐竜像”を1冊に 220カ所ものスポットを紹介した「日本全国恐竜公園ガイド」にワクワクする
そんなところにもいるの!?(2017/4/2)

正座して見上げるように鑑賞したい スカートをたくし上げた「俺妹」新垣あやせ等身大フィギュアが予約受付開始
限定20体なので、予約はお早めに。(2017/3/30)

すごーい! 「AnimeJapan 2017」が過去最大のアニメ尽くしでたーのしー!
AnimeJapan史上最大の出展面積でブースを構える「Fate/Grand Order」をはじめ見どころ多数。(2017/3/25)

「きのこの山」VS「たけのこの里」プロ棋士対決イベント開催 日本棋院・日本将棋連盟など協力
「きのこの山派」と「たけのこの里派」に分かれて勝負に挑みます。(2017/3/16)

「サマーレッスン」宮本ひかりの等身大フィギュアが270万円で登場 マネーパワーでVRからリアルに召喚しよう
壁を超えるには少々お金が掛かるようです。(2017/3/16)

ロボットだらけの「変なホテル」舞浜にオープン 内覧会に行ってきた
そのビジネスモデルに期待が高まる。(2017/3/15)

現代の鳥獣戯画 ゆる〜いイラストで癒される「ゆるふわ昆虫図鑑」 作者に聞いてみた
人間味あふれるカエルやカブトムシのイラストなどが話題になっています。(2017/3/7)

「ガンダム」の後継:
今度は実物大「ユニコーンガンダム」 お台場に登場へ
お台場に今度は実物大「ユニコーンガンダム」立像がお目見えする。(2017/3/6)

さようなら実物大ガンダム、その軌跡とこれから
まだだ、まだ終わらんよ。(2017/3/6)

Mobile World Congress 2017:
「Xperia Touch」と「Xperia Ear Open-style」は何が新しい?――実際に体験してきた
ソニーモバイルがMWC 2017で新製品の体験会を実施。投影した映像をタッチ操作できる「Xperia Touch」と、周囲の音も聞こえる「Xperia Ear Open-style」を体験してきた。(2017/3/6)

お台場ガンダム展示終了 次は「実物大ユニコーンガンダム」
「実物大ユニコーンガンダム立像」2017年秋、東京・お台場に登場する。(2017/3/6)

お台場に実物大「ユニコーンガンダム」登場! ガンダム立像の後継として2017年秋お披露目
東京・お台場のガンダム立像「RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」は終了し、ユニコーンガンダムが登場へ。(2017/3/5)

「グラブル」公式が大暴走 3周年記念に1000万円分の「純金ちくわ」や「トラクター」プレゼントキャンペーン
現金でお願いします……。(2017/3/1)

将棋の駒チョコ「将棋 デ ショコラ」に「3月のライオン」コラボバージョン登場
「3月のライオン」とコラボした「将棋 デ ショコラ」はイチゴ味!(2017/3/1)

NVIDIA Pro VR Day 2017基調講演レポート:
PR:VR空間でクルマをデザイン!? プロフェッショナルVRがもたらす新世界とは
VRは既に現実のものとなっている。しかし、産業用途の“プロフェッショナルVR”では、エンターテインメント以上の精度や性能が要求される。現在、VRはどこまで進化しており、これから私たちはどのような体験をすることになるのだろうか。VR活用の将来像や先進事例について、NVIDIAのバイスプレジデントであるボブ・ベティー氏が語った。(2017/2/27)

手帳の陰からハムスターがひょこっ フェリシモより、ハムちゃんのブックバンドつきペンポーチが登場
等身大のハムケツをいつもそばに。(2017/2/24)

漫画「鉄腕アトム」から生まれたロボット「ATOM」に秘められた、もうひとつの話
このデザインを見て、気付く人は気付くだろう。その技術に迫った。(2017/2/23)

写真展ニャ:
20万人が見た「ねこ休み展」巡回展 春の新作も登場
(2017/2/23)

ユーリと佐賀県のコラボ企画「サーガ!!! on ICE」 描き下ろしイラストやイベント詳細を発表!
佐賀の名産品と各キャラがコラボしました。(2017/2/21)

“エヴァ新幹線”で車両基地を見学できるツアー JR西など4月実施
“エヴァ新幹線”こと「500 TYPE EVA」を使ったツアーを、JR西日本と近畿日本ツーリストが発表。車両基地を見学できるプランも用意する。(2017/2/16)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
なぜドルビービジョン対応製品が増えたのか?――CESリポート(後編)
AV評論家・麻倉怜士氏によるCESリポート後編。今回はドルビービジョンにソニーの「Crystal LED Display」と超短焦点プロジェクター、HDMI 2.1、MQAの最新動向など盛りだくさん。さらに「ドルビーシネマ」体験リポート付き。映画館はここまで来た!(2017/2/13)

懐かしの“歩くWALKMANロゴ”も! ソニー歴代名機をかたどったコラボグッズが登場
CMジングル「It's a Sony」やベータマックステープなど、おじさんの目頭が熱くなるデザインが目白押し。(2017/2/11)

「秘宝館」生き残りに懸命 驚異の“アトラクション”男根オブジェ……
戦後に温泉地を中心に全国各地でオープンした、性をテーマにしたアミューズメントパーク「秘宝館」が近年、相次いで閉館に追い込まれている。(2017/2/10)

KDDIが「Tango」を活用した実証実験を実施 「SNOW MIKU 2017」で雪ミクとAR体験
KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは、Google社「Tango」の空間認識技術を活用した仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を実施する。「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として「雪ミク」とのAR体験を提供する。(2017/2/7)

拡張現実ミクさんがミュージアムをご案内 KDDI、「Tango」の空間認識技術を活用した実証実験を実施
札幌で開催の「SNOW MIKU 2017」にて。(2017/2/7)

プロフェッショナルVRソリューション:
PR:デザインレビュー新時代、VR空間で行うコラボレーションとは
デザインレビューに新時代が到来。2D、3D、そしてVR(仮想現実)へと進化してきたレビュー環境は、遠隔地に離れた複数人が同時にVR空間を共有してコラボレーションできるところまで進化している。(2017/2/1)

「シン・ゴジラ像」設置計画頓挫 伊豆大島揺るがした騒動は何だったのか
島を揺るがしたシン・ゴジラ像の設置騒動とはいったい何だったのか。島を揺るがした設置騒動とはいったい何だったのか。(2017/1/23)

Microsoft Focus:
“仮想と現実の一体化“はビジネスをどう変える? 「HoloLens」が日本上陸
ヘッドマウントディスプレイ型デバイスをつけると、現実空間に3Dの物体が浮かび上がり、つまんだり動かしたり、中を見たり、操作したりできる――。2017年1月18日、そんな不思議な体験ができるHoloLensの出荷が日本で開始された。(2017/1/21)

ねっと部:
「きのこの山」VS「たけのこの里」オセロ誕生 ほぼ原寸大
見た目もすごい。(2017/1/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。