ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロケーションテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロケーションテスト」に関する情報が集まったページです。

アーケード版「ストリートファイターV」開発決定 「ストV AE」で追加されたキャラクターが標準で全て使用可能
戦いの場はアーケードへ。(2018/9/23)

ゲーセン向けVRに「三國無双」「進撃の巨人」投入 コーエーテクモの狙い
コーエテクモが開発する「VR センス」が12月21日から稼働。「三國無双」の他、「進撃の巨人」など人気作を投じ、ゲームセンターへの送客を狙う。(2017/12/19)

写真100枚で見る「Fate/Grand Order Arcade」 コラボカフェ、「FGO VR」も
初披露となった「Fate/Grand Order Arcade」を写真でじっくり見る。おまけあり。(2017/12/8)

アーケードとVR:
人気スマホゲーム「FGO」 スマートフォン“外”への挑戦
人気スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」が、スマートフォンの“外”へと広がりを見せている。ゲームセンターのアーケードゲーム、家庭用のVRソフトを続々と展開。その狙いとは?(2017/12/8)

「FGO」アーケード実機を初披露! 新キービジュアルも公開
スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」のアーケード版となる「Fate/Grand Order Arcade」(フェイト/グランドオーダー アーケード)のロケテスト機が初披露となった。(2017/12/7)

「FGO秋葉原祭り」アーケード版もテスト展示
スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」のミニイベントが、秋葉原で開催される。開発中のアーケード版の実機を展示予定。(2017/11/7)

「beatmania IIDX」新作ロケテストが急きょ中止に ユーザーの過激ツイートが原因か
「刃物とか用意しとく」など犯行を示唆するよぅな書き込みが話題になっていました。(2017/8/5)

FGOフェス 2017:
Fate/Grand Orderがアーケード化決定 ゲーム内カードを現実世界に【カード写真追加】
スマホゲーム「Fate/Grand Order」がアーケード化する。ゲーム内カードの「セイントグラフ」も物理カードになる。(2017/7/29)

最高のピンボールゲームを作りたい → よし、まずは実機からだ!(20年前) 壮大すぎる開発経緯を持つピンボールゲームがSteamで配信開始
出発点がまずおかしい(褒め言葉)。(2016/12/29)

アニメキャラの音声案内で「聖地巡礼」? バンナム、位置情報と音声データを連携「ブラメディア」開発
スマホの位置情報と連動し、その場所に応じた音声データが聞ける技術「ブラメディア」を、バンダイナムコエンターテインメントが開発。(2016/9/13)

人気男性声優にエスコートしてもらえるプリクラ機だと? 9月に大阪でロケテスト開催決定
羽多野渉さん、諏訪部順一さん、岸尾だいすけさん!(2016/8/27)

7月に稼働:
新キッズ筐体「ポケモンガオーレ」、50型の大画面と業界初のオンデマンド“プレート配出”採用
タカラトミーアーツとマーベラスは、子供向けアーケードゲーム「ポケモンガオーレ」を発表。キッズ向け筐体では前例のない50型の大画面を採用した。(2016/4/13)

「艦これアーケード」の稼働開始日が4月26日に決定! 全国のゲーセンで一斉抜錨
ウズウズしていた提督さんたち、出撃の日まであとわずかですよ!(2016/3/18)

「艦これアーケード」、期間限定でロケーションテスト決定!
アーケード特別練習航海(クリスマス ロケーションテスト)ですよ提督!(2015/12/15)

「艦これアーケード」の稼働が再度延期 2016年春に
秋の稼働予定が来春に延期に。(2015/10/28)

「新甲虫王者ムシキング」稼働日は7月16日 順次全国店舗へ
アツい夏が始まる。(2015/7/10)

「艦これアーケード」の稼働が延期 今年夏から秋に変更へ
アーケード提督たちの夏が……終わった……。(2015/6/30)

艦これアーケード先行体験会 2月14日「JAEPO2015」で開催決定
申し込みは4日(水)23時59分まで(2015/2/3)

ムシキング復活! 今年夏に新作を稼働
ロケテストやイベントへの出展も近く行われる。(2015/1/24)

艦これ+アーケードゲーム=?? 「艦これアーケード」発表で、Twitter大喜利大会に
艦これアーケードに妄想が膨らみすぎて、ハードル爆上げ中。(2015/1/14)

「艦これ」がアーケード進出 「艦娘」トレーディングカードで艦隊を編成!
先行ロケテを1月に実施します。(2015/1/14)

アーケードに「ディズニー ツムツム」 限定ツムマスコットも獲得できるぞ!
ロケテスト中。(2014/10/17)

LINE「ディズニーツムツム」、アーケードゲームに
LINEが提供するスマホゲーム「ディズニーツムツム」のアーケード版をコナミが開発中だ。(2014/10/17)

「パズドラ」2周年で「パズドラW」に進化 パズルに特化した新ゲーム追加
スマホ向けRPG「パズル&ドラゴンズ」が2周年を迎えた。この春、パズル部分に特化した新ゲームを加えた「パズドラW」にアップデートされる。(2014/2/20)

「パズドラ」がアーケードゲームに スク・エニと開発、来春から稼働
「パズドラ」がアーケードに。ガンホーとスク・エニが共同開発し、全国対戦モードなど新システムを搭載。(2013/12/5)

日々是遊戯:
久々のアーケード版「ぷよぷよ」はガチャあり、協力アリのソシャゲ風 「パズドラじゃねーか!」との声も
3月28日からロケテストが始まった「ぷよぷよ!!クエスト アーケード」。ゲームセンター初の「基本無料」モデルを採用した本作、果たしてその内容は?(2013/3/28)

老舗ゲーセン「ミッキー」32年の歴史に幕 開店以来貫いた「1プレイ50円」のココロ
神保町のゲームセンター「ゲームコーナーミッキー」が3月29日で閉店する。閉店前にもう一度見ておきたい! ということで店長にお話をうかがった。(2013/3/27)

新作「ぷよぷよ」はソシャゲ風? セガ、アーケードで基本プレイ無料モデルを実験
「ぷよぷよ!! クエスト アーケード」はスタミナ式やほかのユーザーとの協力などソーシャルゲームのような要素を取り入れている。(2013/3/26)

売れるのには理由がある:
クレーンゲーム機の定番中の定番、セガの「UFOキャッチャー」
クレーンゲームの定番、セガの「UFOキャッチャー」命名の秘密から、その歴史、プレイヤーのみならず、店舗運営者にも支持されるその理由を聞いた。開発者直伝の正しい「UFOキャッチャー」の楽しみ方も。(2012/12/14)

日々是遊戯:
同人・インディーズゲームの展示会「東京ロケテゲームショウ」11月11日開催へ
参加費100円で、もれなくディープな世界がのぞけます。(2012/10/23)

便器をゲーム機にするセガの「トイレッツ」、先行テスト設置開始
セガが放尿の量や勢いでゲームできる「トイレッツ」を11月21日に本格発売。居酒屋チェーン養老乃瀧で先行テスト設置する。(2011/10/19)

アーケード向け「スーパーストIV AE」、新バージョン「Ver. 2012」ロケテストを8月26日より実施
大阪で実施される8月26日を皮切りに、東京の2カ所を含めた計3カ所にてロケテストが実施される。(2011/8/19)

もしもの時の自転車修理ベンダーというアイディア
現在、アメリカのミネアポリスでロケーションテストが実施されている自転車修理ベンダー「bikefixtation」を紹介します。(2011/7/19)

「モンハン」がメダルゲームに――アーケード向け「モンスターハンター メダルハンティング」「モンハン日記 すごろくアイルー村」、今冬稼働開始を発表
「モンスターハンター メダルプロジェクト」として、今冬にも「モンハン」シリーズのメダルゲーム2機種が稼働を開始する。(2011/7/7)

3DS「DEAD OR ALIVE Dimensions」ロケーションテスト実施
北米から“DOA Champions”3名を招いてのエキシビジョンマッチも開催。応募されたし。(2011/1/24)

ラブプラス クリスマスイベント「メリープラスマス2010」:
クリスマスの“カノジョ”が一番かわいい――「メリープラスマス2010」でラブプラスプロダクションの設立を報告
カノジョたちと一緒にクリスマスを祝うラブプラス クリスマスイベント「メリープラスマス2010」は、ライブやトーク、新発表、愛情表現発表会など盛りだくさんの2時間オーバーの宴となった。(2010/12/24)

初音ミクのアーケードゲームが台湾上陸 現地の反応は!?
初音ミクなどVOCALOIDキャラクターをモチーフにしたアーケードゲーム「初音ミク Project DIVA Arcade」のロケテストが11月から台湾で実施されている。果たして台湾ではどのように受け入れられているのか?――台湾人の“ニコ生主”ハナさんがリポート。日中二カ国語で配信する。配信は11月19日21時0分〜。(2010/11/18)

3D対戦ガンアクション「METAL GEAR ARCADE」最終ロケテスト開催決定
今冬稼働予定の3D対戦ガンアクション「メタルギア アーケード」のロケテストに参加しませんか?(2010/11/11)

「クイズマジックアカデミー8」ロケテストを東京・京都で実施
ロングセラーシリーズとなっている対戦クイズゲーム「クイズマジックアカデミー」シリーズ次回作のロケテストが、東京、京都の3会場で実施される。(2010/10/22)

「ブレイブルー コンティニュアムシフト2」ロケテストがゲリラ開催!――せっかくなので3日間通いつめてみた
アークシステムワークスは10月9日午前9時、プロデューサーの森利道氏のTwitterにより突如「ブレイブルー コンティニュアムシフト2」のロケテスト開催を発表した。本記事では、ロケテスト時点での調整内容や、今後の予定をお届けする。(2010/10/18)

そうだ、京都に行こう――「ラブプラスアーケード カラフルClip」と「ラブプラスメダル Happy Daily Life」ロケテスト実施
KONAMIは、「ラブプラス」の新作アミューズメント商品のロケテストを10月16日〜10月17日にラウンドワン京都河原町店にて開催する。秋はカノジョと京都ではんなり!(2010/10/15)

「SEGA CARD-GEN MLB 2010」、全国31カ所で大規模ロケテスト実施
セガは10月14日より業務用ゲーム「SEGA CARD-GEN MLB 2010」の大規模ロケテストを実施する。(2010/10/13)

「アホみたいなことを本気で」 ロボット×ギャル文化×ビデオゲーム「デコロボ大戦」
2足歩行ロボとビデオゲーム、ギャル文化という謎の組み合わせが、アーケードゲーム「デコロボ大戦」で実現。実際に遊んでみた。(2010/9/27)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
暑さも吹っ飛ばせ! 「ペンゴ」
連載第89回は「ペンゴ」(セガ)。氷で作られた迷路の中で、ペンギンのペンゴがその氷を飛ばして敵を倒すゲーム。もしこれを猛暑日に屋外でプレイしたら、果たして涼しく感じられるでしょうか?(2010/9/22)

9月22日、23日に最終ロケテスト実施――アーケード版「スーパーストIV」、12月中旬稼働開始
先日発表されたスケートボードとローラーブレードは、キャラクター「ユン」「ヤン」が操るものだった!(2010/9/21)

TGS2010:
愛情表現は千差万別。エクストリーム系な愛情表現もあった「ラブプラス」愛情表現コンテスト
「愛花! 愛してるぞー!」と幕張メッセで叫ぶ参加者も。いや、俺の方が愛しているし、と全国の彼氏が見守ったコンテストの様子をリポートします。(2010/9/19)

プロ棋士参戦スケジュールも発表――「天下一将棋会2」ロケテスト開催を開催
持ち時間5分の早指しで将棋の腕を競う「天下一将棋会」新バージョンのロケテストを神奈川・京都などで実施。期間中、橋本崇載プロなどの参戦も予定されている。(2010/9/18)

TGS2010【KONAMIブース】:
あれ? なんか彼女たちが浮かんで見えるぞ? 「ラブプラスメダル Happy Daily Life」
9月18日〜20日の期間、ロケテストが実施されることになった「ラブプラスメダル Happy Daily Life」が、東京ゲームショウで初お披露目。(2010/9/17)

謎のイラストも明らかに――アーケード版「スーパーストリートファイターIV」9月11、12日に大阪でロケテスト開催
7月に続き、「スーパーストリートファイターIV」のロケテスト第2弾が大阪・難波で開催に。あわせて、謎のイラストも公開となったが……?(2010/9/3)

ねとらぼ:
世界初!? 2足歩行ロボ×ビデオゲーム 「デコロボ大戦」
世界で初めて2足歩行ロボとビデオゲームを組み合わせたというアーケードゲーム「デコロボ大戦」が登場。(2010/9/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。