ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発者」最新記事一覧

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

関連キーワード

AWS re:Invent 2016:
見えてきたAWSのAI戦略、Amazon.comのノウハウを開発者に解放
米Amazon Web Services(AWS)は2016年⒒月30日(米国時間)、コグニティブコンピューティング/ディープラーニングを活用した3つの新サービスを発表した。提供中のAmazon Machine Learningと合わせ、同社のAI関連サービスの姿が見えてきた、(2016/12/1)

TSUKUMO、12月3日開催の開発者向けイベント「第5回 Unreal Engine 4 ミートアップセッション in九州」に協賛
Project Whiteは、Unreal Engine 4開発者向けのイベント「第5回 Unreal Engine 4 ミートアップセッション in九州」への特別協力を発表した。(2016/12/1)

「ホログラフィック」と本当に名乗っていいの? 米MS担当に聞く「HoloLens」命名の理由
「HoloLensって本当にホログラムなの?」「視野角の狭さは?」「日本の開発者に期待することは?」――来日した米MicrosoftのHoloLens担当者に数々の疑問を聞いてみた。(2016/11/30)

PR:出荷400万台突破!! 開発者が語る「ScanSnapが支持される理由」
オフィスのペーパーレス化やデジタルデバイスの普及により、幅広いシーンで使われるようになったドキュメントスキャナ。なかでもBCN 6年連続No.1を獲得しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、多くのユーザから支持される、ドキュメントスキャナのトップブランドだ。そんなScanSnapがユーザーに支持される理由は何だろうか。同社執行役員イメージビジネス担当の宮内康範氏と、商品企画部長の大窪伸幸氏に、その秘密を聞いた。(2016/11/30)

国内向け「Microsoft HoloLens」12月2日予約開始 価格は33万3800円から
国内向けに、複合現実HMD「Microsoft HoloLens」の予約が始まる。ラインアップは開発者向けと法人向けの2つ。(2016/11/29)

「落ちモノ」パズルの代名詞:
テトリス生みの親が語るパズルゲームの未来
1980年代から90年代、ゲームセンターや家庭用ゲーム機で一世風靡(ふうび)したパズルゲームの代名詞、テトリス。旧ソ連で生まれたこのゲームの開発者、アレクセイ・パジトノフさん(61)が取材に応じ、開発の経緯やテトリスの未来について語った。(2016/11/28)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ノートPCにタッチパネルはいらない!? 壮大なテーマに開発者の視点から迫る
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は対応モデルが増えてきた「タッチパネル」について紹介します。(2016/11/25)

「人工知能に負けても恥ずかしくない」――囲碁電王戦から見えた「DeepZenGO」の強さと課題
「第2回囲碁電王戦」を終え、対局した趙治勲名誉名人と「DeepZenGO」開発者の加藤英樹さんが勝因、敗因を振り返った。(2016/11/24)

「ロボットは東大に入れるか」成果報告会(3):
「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を募らせる、AIに勝てない中高生の読解力
東大合格を断念したAI「東ロボくん」。2016年は理系数学で偏差値76.2を記録したが、問題文の意味を理解しないAIに8割近い高校生はなぜ勝てなかったのか。NIIの新井教授が語った。(2016/11/21)

女子高生と“目が合う”――PS VRで「家庭教師」体験 「サマーレッスン」ヒットから見えたVRの可能性とは
PS VR用ゲーム「サマーレッスン」では何と、プレーヤーは家庭教師となり、「女子高生の部屋」を訪れる。開発者に誕生の経緯を聞き、このゲームが指し示すVRの可能性を探った。(2016/11/18)

Tizen上で.NET Core動作可能に 組み込み系エンジニアに朗報
11月16日、開発者向けオンラインイベント「Connect(); // 2016」で米Microsoftが発表した。(2016/11/17)

Microsoft、「Visual Studio for Mac」を発表
開発者向けオンラインイベント「Connect(); // 2016」で発表された。(2016/11/17)

イーソル ARM認定トレーニングサービス:
ARM認定トレーニングサービス、イーソルが提供開始
イーソルがARMの認定トレーニングセンターとして、組み込みソフトウェア開発者向けトレーニングサービスの提供を開始する。ARMv7-AとARMv8-A、2つのアーキテクチャについて解説と実践のコースが用意される。(2016/11/16)

“Demo or Die”で作り上げられた「クラウドと呼ぶにふさわしいサービス」とは:
PR:5周年を迎える「さくらのクラウド」、その舞台裏に迫る
2011年11月にサービスを開始した「さくらのクラウド」は、コストパフォーマンスやシンプルさといった、さくらインターネットのサービスの特徴を継承しつつ、「クラウドと呼ぶにふさわしいサービス」として開発された。ローンチから5周年を迎えた今、開発時の裏話や今後の方向性について当時のさくらのクラウドサービス開発者に聞いた。(2016/11/15)

ET2016 開催直前情報:
リネオ、展示の注目は「Yoctoコンシェルジュ」
リネオソリューションズは、2016年11月16〜18日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」で、「Yocto Project」開発者を支援する新サービス「Yoctoコンシェルジュ」をキーワードに展示する。(2016/11/14)

Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ
「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。(2016/11/7)

「PlayStation VR」はVR界のファミコン的存在か?
VRデバイスに早くから注目してきたVRアプリ開発者が、「PlayStation VR」のメリット、デメリット、そして今後の展望について語ります。(2016/11/3)

Microsoft Tech Summit:
Microsoftはなぜ「Surface Studio」など異色製品を作れるようになったのか――開発者が明かす舞台裏
「Microsoft Tech Summit」に、Surfaceシリーズの設計・開発担当者のアンドリュー・ヒル氏が登場。同社が続々と発表している新製品の開発模様を明かした。(2016/11/2)

2016年内にプレオーダー開始、開発者/法人向けに:
「Microsoft HoloLens」、日本でも発売
マイクロソフトが「Microsoft HoloLens」を日本向けにも発売すると発表。日本の開発者/法人ユーザーなどに向け、2016年末までにプレオーダーを開始する。(2016/11/2)

「SAS Viya」で利用者と用途を拡大:
SASが開発者フレンドリーな新アーキテクチャに基づく分析製品の第1弾を国内発表
SAS Institute Japanは、新アーキテクチャ「SAS Viya」と、これに基づく第1弾製品「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の国内提供開始を発表した。SAS Viyaは、SASが提供してきた機能の利用者および用途を広げるために、これらをより「オープン」に提供する取り組みだ。(2016/11/2)

Microsoft、AR HMD「HoloLens」の日本への提供を発表
日本マイクロソフトは、AR(拡張現実)対応のヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を日本の開発者と法人向けに提供することを発表した。(2016/11/1)

MicrosoftのHMD「HoloLens」日本で発売 年内にプレオーダー 「デジタル体験の可能性、一気に広がる」
日本マイクロソフトは、複合現実HMD「HoloLens」を日本の開発者と法人向けに提供すると発表した。年内にプレオーダーを始める。(2016/11/1)

「iOS 10.2」の開発者向けプレビュー公開 “シュラッグ”や“セルフィー”の絵文字追加
Appleが「iOS 10.2」の開発者向けプレビューを公開した。肩をすくめるしぐさ(シュラッグ)やセルフィー、MacBookを使うオフィスワーカーなど、Unicode 9の新しい絵文字72種が追加されている。(2016/11/1)

Dev Basics/Keyword:
Blisk(Web開発者向けブラウザ)
BliskはWebコンテンツの開発に役立つさまざまな機能を提供する、「Web開発者」のためのブラウザだ。(2016/11/1)

MacBook ProのTouch BarはwatchOS(の変種)で稼働?
Appleの新しい「MacBook Pro」に搭載のマルチタッチディスプレイ「Touch Bar」は、macOSとは別にwatchOSで動いていると、コードを解析したという開発者がツイートした。(2016/10/31)

キーパーソンインタビュー
AIが開発者を支援するソフトウェア開発ツール「Stepsize Layer」のゴールとは?
各種開発ツールに接続してデータを収集し、コードにコンテキストデータを付加する「Stepsize Layer」。このツールで何が実現するのか。CEOのオマイヤー氏にインタビューした。(2016/10/31)

マクロやアドオンからの卒業
次世代“Excel職人”も注目? 「Office 365」向け開発環境の可能性とは
Microsoftは、「Office 365」の普及拡大するために開発者向けにさまざまな取り組みをしている。本稿では、取り組みの詳細を紹介する。(2016/10/28)

開発者「おいしさとメロンパンらしさを追求した」 メロンパンとガリガリ君メロンパン味を食べ比べたら両方メロンパンだった
食感はアイスだけど味はメロンパン。(2016/10/27)

アナリストオピニオン:
スマートフォンとの連携に見るカーナビゲーションシステムの可能性
スマートフォンと車載機器との相性は非常に良く、スマートフォンと車載機器が連携することで得られるメリットは大きい。関連する業界、メーカー、開発者はいま一度その利点を見直すべきである。(2016/10/27)

Apple Payアプリ開発入門(1):
ついに日本対応開始! 開発者が知っておきたいApple Pay決済アプリの仕組みとPassKitの使い方
2016年10月25日から日本でも利用可能になったApple Payについて、アプリ内課金における決済処理の流れを、実装フレームワークPassKitの使い方とともに解説します。(2016/10/26)

国内外で実績を積んだ医療機器プログラム
1秒が生死を分ける救急医療の現場にITを、画像診断アプリ「Join」が目指す医療IT構想
薬事法改正により、単体プログラムだけで「医療機器」と認められるようになった。2016年4月1日に「医療機器プログラム」として保険適用を開始した第1号のアプリが「Join」だ。誕生の道のりを開発者に聞いた。(2016/10/25)

Tech TIPS:
Webサーバ/アプリとの通信プロトコル種別をChromeブラウザの開発者ツールで調べる
Webサーバ/アプリとブラウザ間の通信には、HTTP/2のような新しいプロトコルが使われるようになってきた。現在どのプロトコルで通信しているのかは、Chromeの開発者ツールの[Network]タブで簡単に確認できる。(2016/10/21)

クアルコム Snapdragon410E/600E:
IoT機器を狙う「スマホの巨人」クアルコム、その勝算は
スマートフォン向けSoC(System on Chip)では「Snapdragon」にて高い知名度を持つクアルコムが、産業機器やIoTデバイスの分野に進出する。個人開発者にもリーチすべく1個販売する体制を構築するが、その勝算は。(2016/10/18)

SamsungのAndroidアプリサポート「Chromebook Pro」はペン付きで499ドル?
Googleが開発者会議で「今秋に複数登場」と予告したAndroidアプリ対応のChromebookの1台とみられる「Samsung Chromebook Pro」のWebページが発表前に公開された(現在は閉鎖)。(2016/10/17)

AAAタイトルは開発者を破壊する 「アンチャーテッド」ディレクターが語る過酷な「デスマーチ」事情
海外では“Crunch”と呼ばれ問題視されているようです。(2016/10/13)

ワイヤレスで行こう!:
ノイキャン体験を革新する“ソニーの勝負ヘッドフォン” ――「MDR-1000X」開発者インタビュー
ワイヤレスにノイズキャンセリング、タッチセンサーによるリモコン操作など先進的な技術を詰め込んだソニーの「MDR-1000X」。誕生の舞台裏からユニークな機能の使い方、音へのこだわりまでを開発者に聞いた。(2016/10/7)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年9月版】:
4mの搭乗型ロボット、浪速の地に立つ!開発者を直撃
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、大阪の町工場で製造されている4mロボットの紹介「オヤジたちが熱中! 大阪の町工場の集大成「4mロボット」大地に立つ」が第1位でした。(2016/10/6)

「Bluemix Runtime for Swift」が正式リリース
Appleの開発言語「Swift」にBluemixが対応、iOSアプリ開発に変化は?
IBM技術を使う開発者は、Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を使ってネイティブなiOSアプリケーションを作成できるようになった。(2016/10/6)

dSPACE SCALEXIO LabBox:
開発者のすぐ横に、早期の機能テストに最適な卓上サイズHILシミュレーター
dSPACE Japanは、同社が提供するHIL(Hardware-in-the-Loop)テスト用の高性能小型システム「SCALEXIO LabBox」を発表した。(2016/9/30)

IBM、Microsoft、Oracle、SAPがモバイルアプリ開発に熱視線
Microsoftが「iOS」「Android」アプリ開発者を支援する“したたかな狙い”
IBM、Microsoft、Oracle、SAPの4大ベンダーが、モバイルアプリケーション開発市場でしのぎを削り始めた。各社の戦略を見ていこう。(2016/9/28)

新連載・“中の人”が明かすパソコン裏話:
どれも同じ? とんでもない! 「ACアダプター」に込めた開発者のこだわり
「ACアダプターなんてどれも同じでしょ?」と思い込んでいたら大間違い! メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かす新連載。1回目は、ACアダプターのローカライズに秘めたこだわりについて紹介します。(2016/9/27)

フィリップスはブロックチェーンの開発研究所を設立
大手企業が熱い視線を注ぐ、医療分野のブロックチェーンの“光と影”
ブロックチェーン技術が金融分野で次第に存在感を示す中、多くの医療IT開発者もその利用を考えている。医療分野のブロックチェーン技術は、理論的構想の段階をとうに過ぎ、ビジネスになるという期待を集めている。(2016/9/27)

iOS 10アプリ開発入門:
iOS 10 SDKの新機能SiriKit、音声認識、iMessage拡張を自作アプリに生かすには
iOS 10で開発者にAPIが解放されたと話題の音声アシスタント「Siri」。その実態はどんなものなのか。SiriKit、Speech/Messages Frameworkの使い方と併せて、簡単なアプリを作りながら解説します。(2016/9/26)

東京ゲームショウ2016:
「VRはゲーム業界“だけ”のものではない」開発者が語る課題と未来
今年の東京ゲームショウで最も注目を集めた「VR(仮想現実)」。コンテンツメーカー、プラットフォーマ―から見た「VRの課題と可能性」とは? 基調講演のレポートをお届け。(2016/9/21)

「超クソゲー」が「VR」と銘打ち大復活 「たけ挑」「THE 落武者」の開発者インタビューも!
扱うゲームが「Vary Rare」なので「VR」。(2016/9/15)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

元AIBO開発者らが制作した動く「初音ミク」ドール初公開 初音ミク「マジカルミライ 2016」に行ってきた
幕張メッセで開催されている「マジカルミライ 2016」で、初音ミクドールが公開された。(2016/9/9)

特集:Visual Studioで始めるPythonプログラミング:
Python Tools for Visual Studioのセットアップ
Python Tools for Visual Studioを使うと、高度な開発者支援機能を活用して、Pythonプログラミングが行える。今回はその概要について見ていこう。(2016/9/9)

ブロックチェーンの概念を導入
銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle出身
無数のシステムでがんじがらめのバンキングシステムが銀行のサービス改善を阻んでいる。Google出身者が設立した新興企業が、その課題を一掃するバンキングシステムを開発した。(2016/9/9)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(11):
なぜ、「脆弱性」はなくならないの?
サイバーセキュリティの“基礎の基礎”をおさらいする本連載。今回はソフトウェアに「脆弱(ぜいじゃく)性」が生まれてしまう理由や、開発者/利用者として可能な脆弱性への対処方法について解説します。(2016/9/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。