ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」最新記事一覧

Y!mobile、下り最大261Mbpsの「Pocket WiFi 504HW」を3月中旬以降に発売
ソフトバンクが、Y!mobile向けにモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 504HW」を3月中旬以降に発売する。CAや4×4 MIMOにより、下り最大261Mbpsの通信が可能。Wi-FiはIEEE802.11ac(5GHz帯)をサポートする。(2016/3/3)

「MWC 2016」:
5Gの鍵はネットワークスライシング――シスコ
これまで、5G(第5世代移動通信)の技術的な議論といえば、使用する周波数帯や変調方式、MIMO(大規模MIMO)などのアンテナ技術が主だった。だが「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」では、コアネットワークで使われる「ネットワークスライシング」にも注目が集まった。(2016/3/1)

ファーウェイとドイツテレコム:
ミリ波のMU-MIMOで70Gbpsの通信速度を達成
Huawei(ファーウェイ)は、Deutsche Telekom(ドイツテレコム)と共同でミリ波(73GHz帯)を用いたMU-MIMOのライブデモを実施したと発表した。ライブデモでは、最大70Gビット/秒の通信速度を実現し、MMFA技術により同一時間/同一周波数での送受信を可能にしたという。(2016/2/25)

UQ、4×4MIMO対応のルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX02」を11月20日に発売
UQコミュニケーションズの4×4MIMO対応のWiMAXルーターの第2弾が登場する。省電力機能を強化したほか、直近3日間のデータ通信量をワンタッチで確認できる機能も搭載した。(2015/11/12)

電子ブックレット:
補助人工心臓に5G向けMIMO、NIが活用事例を披露
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「NIWeek 2015」の様子を紹介します。補助人工心臓や5G通信向けのFD(Full Dimension)-MIMOなど、多くの事例に関心が集まりました。(2015/9/21)

PR:5G実現に向け本格始動、鍵握るMassive MIMO“開発の肝”を探る
5G(第5世代移動通信)の商用化に向け、要素技術の開発が着実に進んでいる。中でも、Massive MIMO(大規模MIMO)への注目度は高い。Samsung Electronicsは、3次元でビームを形成できる「FD(Full Dimension)-MIMO」を開発し、1年もたたないうちにプロトタイプを構築した。また、スウェーデンのルンド大学は、100本のアンテナを使う大規模なテストシステムの構築を進めている。既存の世代以上にスピードが求められる5Gの開発において、Samsungやルンド大学が使った“武器”はどのようなものなのか。(2015/9/1)

「NIWeek 2015」 相互運用性の実証で:
スモールセル向けORIは“使える規格”――富士通
スモールセルを構成する基地局とリモートラジオヘッド(RRH)間の通信には、Open Radio Equipment Interface(ORI)という比較的新しい規格が存在する。そのORIが“実際に使える規格”であることを証明したのが富士通だ。National Instruments(NI)のイベント「NIWeek 2015」にて、富士通の取り組みを聞いた。その他、同イベントで行われたNokia Networksのミリ波通信と、Samsung ElectronicsによるFD-MIMOのデモも紹介する。(2015/8/11)

「NIWeek 2015」:
補助人工心臓に5G向けMIMO、NIが活用事例を披露
National Instruments(NI)のテクニカルカンファレンス「NIWeek 2015」が、米国で開催されている。1日目の基調講演では、補助人工心臓や5G通信向けのFD(Full Dimension)-MIMOなど、NI製品を使用した数多くの事例に関心が集まった。(2015/8/5)

CAを待つ? 4×4 MIMOを探す?:
“220Mbps”級WiMAX 2+対応ルーター「W01」と「WX01」はどちらを選ぶ?(第3回)
下り最大220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター2製品が相次いで発売。今回は、いよいよ、通信速度の実測調査。決め手は、CAの爆速か? 4×4 MIMOの立地条件か? (2015/6/19)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
LTE-Advanced端末の試験を1台で、3CC CA/2×2 MIMOに対応
アンリツは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2015(WTP2015)」で、3CC CA(キャリアアグリゲーション)と2×2 MIMOを搭載したLTE-Advanced対応端末の試験を1台で行える無線機テスター「MT8821C」を展示した。将来的には、4CC CAにも対応する予定だという。(2015/6/1)

キーサイト LTE-Advanced 8x8 MIMO測定ソリューション:
チャネル間の位相同期/時間同期を仕様化した測定ソリューション
キーサイト・テクノロジーは、LTE-Advanced 8x8 MIMO測定ソリューションを発表した。位相コヒーレントな信号生成/解析をコンパクトなサイズで可能にしている。(2015/4/9)

KDDI、従来製品より3倍速の個人宅向け無線LANルーター「HOME SPOT CUBE2」を4月10日に発売
KDDIは、最新規格IEEE802.11ac(5GHz)、MIMO方式に対応した個人宅向け無線LANルーター「HOME SPOT CUBE2」を4月10日に発売する。(2015/3/30)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQが下り最大220Mbpsのサービス開始/ドコモは下り最大225Mbpsに高速化
UQが4×4 MIMOで下り最大220Mbpsに対応する「Speed Wi-Fi WX01」を発売。現時点では国内最速のモバイルインターネットだが、ドコモが3月27日にCAで下り最大225Mbps対応のサービスを開始する。(2015/3/16)

UQ、4×4 MIMO対応WiMAX 2+モバイルルータ「WX01」を3月5日発売へ
UQ WiMAXオンラインショップでは、先行して3月2日から予約受付を開始している。(2015/3/2)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQからWiMAX 2+の下り最大220Mbps対応機種が登場! ワイモバイルは設立から1年未満で消滅へ
UQコミュニケーションズは、CAや世界初となる4×4 MIMOへの対応による下り最大220Mbps対応機種を発表。また、新料金プランを2月20日より提供開始する。気になる通信速度制限の内容も紹介しよう。(2015/2/16)

WiMAX 2+でもノーリミット:
“ヤ倍速”と“ギガ放題”で「ギガヤバ革命」到来――WiMAX 2+が下り最大220Mbpsに
UQがWiMAX 2+にCAと4×4 MIMOを導入し、通信速度を下り最大220Mbpsに高速化する。対応のルーター2機種を発売するほか、通信量に上限を設けない新料金「ギガ放題」も開始する。(2015/1/15)

下り最大110Mbpsの固定ルーターも:
CAや4×4MIMOで下り最大220Mbpsを実現――UQがWiMAX 2+対応ルーター2機種を発表
UQコミュニケーションズが、下り最大220MbpsのWiMAX 2+対応モバイルルーターと、下り最大110Mbpsの家庭用ルーターを発表。モバイルルーターはキャリアアグリゲーションと4×4MIMOを採用している。(2015/1/15)

“後発”だけど狙うは“最先端”:
ワイヤレス/RF市場のパラダイムシフトを支えるNI
ナショナルインスルメンツ(NI)は、5年ほど前にワイヤレス/RF市場向け計測/試験装置分野に本格参入した。参入当時から大規模MIMOなど多くの革新的技術を必要とする第5世代携帯電話通信方式(5G)など次世代技術に向けた製品、サービスの展開に特化し、それら最先端技術の開発現場での採用実績を増やしている。(2014/5/21)

アイ・オー、802.11ac正式版対応の1.3Gbpsホームルータ「WN-AC1600DGR2」
アイ・オーが802.11ac“正式対応版”の上位ルータを発表。3×3 MIMOによる最大1.3Gbps通信に対応する。価格は1万5800円。(2014/3/5)

4K/8K映像の配信、新しい通信技術、バーチャル空間共有――KDDI研究所で“未来”を垣間見てきた
これが実現したら、確かにすごそう……。KDDI研究所が一般ユーザー向けに見学会を実施。8K映像の伝送技術、LTE MIMOアンテナ技術、長距離光ファイバー伝送技術、テレプレゼンスによるバーチャル空間共有という4つの最新技術を紹介した。(2014/2/19)

NTTドコモ、「Smart Vertical MIMO」で1.2Gbps超に成功
NTTドコモは、LTE-Advanced向け無線伝送技術「Smart Vertical MIMO」の屋外走行伝送実験において、基地局アンテナ1本で1.2Gbpsを超える転送レートを出した。(2013/11/13)

イー・アクセス、1.7GHz帯 20MHz幅のLTE実証実験で下り291Mbpsを記録
イー・アクセスが、2013年8月から実施している1.7GHz帯でのLTE実証実験の結果を発表。4×4 MIMOでは下り291Mbpsを記録した。10MHz幅+10MHz幅のキャリアアグリゲーションや連続20MHz幅での実証実験も行っている。(2013/9/18)

ローデ・シュワルツ R&S BTC:
4K/8K、MIMOにも対応する新世代の放送基準信号源/試験器
ローデ・シュワルツは2013年7月18日、テレビなど放送受信機の評価、テストが行える放送基準信号源/放送試験器の新世代製品「R&S BTC」を発表した。世界中のあらゆる放送方式だけでなく、4K/8K対応など次世代放送方式にも対応した他、各放送関連のロゴ認証試験のテストシナリオを人手を介さず完全自動化できるなどの新機能を多数盛り込んだ。(2013/7/19)

ワイヤレスジャパン 2013:
周波数利用効率はLTEの3倍、KDDIのマルチユーザーMIMO技術
KDDI研究所は、次世代の通信規格であるLTE-Advanced向けのマルチユーザーMIMO技術を発展させた新しい通信技術を発表した。周波数利用効率は1Hz当たり最大20ビット/秒と、LTEの約3倍を実現しているという。(2013/6/5)

LTE-Advancedに向けた研究など、KDDI研究所が最新技術を公開
KDDI研究所は、通信効率を3倍向上させる「Advanced MIMO」や大規模画像認識システム、ブラウザ同期技術などの最新技術を報道陣に公開した。(2013/5/24)

効率はLTEの3倍 KDDI研が「Advanced MIMO」技術
複数の端末に大きなデータを一斉に送ることで、周波数利用効率をLTEの約3倍に向上させるAdvanced MIMO技術をKDDI研究所が開発。(2013/5/24)

KDDI研、効率が“LTEの3倍”の「Advanced MIMO」技術
KDDI研究所は、5月23日にAdvanced MINO技術を開発したと発表した。LTEに比べて周波数利用効率を約3倍に向上するという。(2013/5/23)

ローデ・シュワルツ R&S SMW200A:
シンプルな構成で4×4 MIMO向けの疑似信号を発生
「R&S SMW200A」は、本体に最大2個のRFジェネレータと最大4個のベースバンドジェネレータ、およびフェージングシミュレータを内蔵することができるベクトルシグナルジェネレータである。外付けで小型RFジェネレータを追加すれば、4×4 MIMOモードやLTEキャリアアグリゲーションなどの複雑な信号発生も、シンプルなシステム構成で行うことができる。(2013/5/9)

解剖! ギガビット無線LAN最新動向(2):
スループットの飛躍的向上を実現した「MIMO」と「MU-MIMO」
無線LANスループットの飛躍的な増大を実現した802.11nの中で最も革新的な技術である「MIMO(Multi-Input Multi-Output)」と、それを進化させた「MU-MIMO(Multi User MIMO)」の仕組みを解説します。(2013/4/12)

Maxim MAX2580:
HetNet対応小型セル基地局用RFトランシーバ、主要機能を1チップに集積
MAX2580は、HetNet対応の小型セル基地局用装置に向けたLTE/3GマルチモードRFトランシーバである。全LTEバンドをカバーしており、わずかな部品を外付けすればMIMO無線対応のRFモジュールを実現することができる。(2013/2/21)

無線通信技術 IEEE 802.11ac:
MarvellがIEEE 802.11acの4×4 MIMO対応SoCを発表
Marvellは、無線LAN(Wi-Fi)向けのSoC「Marvell Avastar 88W8864」を発表した。IEEE 802.11acの4×4 MIMOに対応した業界初の製品である。同製品はビームフォーミング機能を搭載しているのだが、他社の製品とは異なり、接続先のLSIが同機能を備えていなくても連携できることを特徴とする。(2012/12/5)

LitePoint IQxel:
ワンボックス型の無線LAN試験装置、次世代規格802.11acにいち早く対応
IQxelは、無線LANの次世代規格「IEEE 802.11ac」にいち早く対応したワンボックス型の試験装置である。複数台を接続することで最大8×8のMIMO構成で試験が可能だ。同規格の帯域幅のオプションである80MHzと160MHzの両方に対応する。(2012/6/1)

無線通信技術 LTE-Advanced:
データ伝送速度が最大1.5倍に、富士通研が「MU-MIMO」向け信号分離技術を開発
富士通研究所は、次世代の幾つかの無線通信方式で採用される「マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)」に向けた信号処理技術を開発した。自分宛ての受信信号だけを使って、他のユーザー信号の変調方式を高精度に推定・分離する技術だ。これを使うことで、データ伝送速度が最大1.5倍に改善されることをシミュレーションで確認した。(2012/5/14)

ローデ・シュワルツ R&S ROMES4.65:
LTEネットワークのMIMO評価ソフトウェア、ドライブテストとの連携が可能に
ローデ・シュワルツ・ジャパンが同社のドライブテストソフトウェアに新たに追加したMIMO評価機能を使えば、MIMO通信時の携帯電話基地局のカバレッジ試験を迅速に進められる。(2012/2/8)

2013年度早期に開始へ:
UQ、世界初「WiMAX 2」フィールドテスト実施──100Mbps以上の“光ワイヤレス”をアピール
UQコミュニケーションズが、新世代「WiMAX 2」の都内フィールドテストを公開。トラフィック処理の重要性とともに、実測150Mbpsの値や都市部で有効な4×4 MIMOの効果などを説明した。(2011/7/6)

無線通信技術 WHDI:
HD映像無線伝送のAMIMONが新戦略、無線LANチップ・ベンダーにIPをライセンス
あなたは、無線チップを手掛けるスタートアップ企業を経営していると想像してみてほしい。創業して5年たち、日本の大手テレビ・メーカーを顧客に持つようになったが、その大手テレビ・メーカーは最新機種への採用を見送った。現状は、悪戦苦闘中だ。(2009/11/30)

無線通信技術 WHDI:
「WHDIとWi-Fiの融合図る」、HD映像無線伝送のAMIMON社に聞く
高品位(HD)映像に向けた無線伝送方式である「WHDI(Wireless Home Digital Interface)」に向けた無線チップの設計・開発を手掛けるイスラエルAMIMON社は、同社にとって第2世代となるベースバンド処理プロセッサ「AMN2120/AMN2220」を発売した。(2009/8/1)

3.9G技術の実力は?:
ソフトバンク、茨城県水戸市のLTE実証実験を公開――2×2 MIMOの通信も検証
ソフトバンクモバイルが、2009年2月から茨城県水戸市で実施中の次世代技術「LTE」の実証実験を公開した。実験では3つの基地局と3台の端末を使用し、カバーエリア内をバスで走行しながら速度を計測した。(2009/6/2)

2009年PC夏モデル:
基本スペックを強化した18.4型ワイドノートPC――「VAIO type A」
18.4型ワイド液晶搭載ノートPC「VAIO type A」シリーズは、CPU性能とHDD容量を強化し、MIMO 3×3の無線LAN機能を搭載した。(2009/5/26)

富士通とドコモ、LTEのフィールド実証実験を札幌のユビキタス特区で実施
富士通、富士通研究所、NTTドコモは共同で、札幌市に設立されたユビキタス特区にて4×4 MIMOを利用したLTEのフィールド実証実験を行った。3者が開発したLTE基地局の試作機を用い、10MHzの帯域幅で120Mbpsの通信速度を達成した。(2009/3/16)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ジャンク品プレゼント「MIMO無線LANルータ&無線LANカードセット」
(2009/3/17)

ドコモ、LTE用の省電力LSIを試作――40mW以下で下り100Mbpsを実現
NTTドコモは、40mW以下という消費電力でMIMO信号分離と誤り訂正復号処理を行うLTE(スーパー3G)用の低消費電力LSIを開発した。2つのアンテナから送信されたOFDM信号を処理し、下り100Mbpsの高速通信を実現する。(2008/12/17)

無線通信技術 アンテナ設計:
携帯端末へのMIMO採用可能に、 米社がメタマテリアル・アンテナ実用化
携帯型無線機器へMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を適用する――。アンテナや高周波部品の設計を手掛ける、米国のベンチャー企業Rayspan社は、メタマテリアル(Metamaterial)技術を適用した「メタマテリアル・アンテナ」を初めて実用化した。(2008/4/2)

屋外実験で下り最大250Mbpsを達成――ドコモのスーパー3G
NTTドコモがスーパー3Gの屋外の実証実験で、下り最大250Mbpsのパケット通信に成功したと発表。基地局送信と移動局受信に最大4本のアンテナを用いた下りMIMO伝送で実現したという。(2008/3/26)

ソフトバンクモバイル、LTEの屋内実験で下り最大約150Mbpsを達成
ソフトバンクモバイルは、次世代移動通信技術「LTE」(Long Term Evolution)の屋内実験で、下り最大約150Mbpsの通信速度を達成したと発表した。2×2のMIMOなどを採用し、ほぼ理論値どおりの通信速度が得られたという。(2008/2/14)

富士通が下り900MbpsのSuper 3G基地局開発、MIMOを利用
富士通と富士通研究所は、NTTドコモが提唱するSuper 3G対応の無線基地局の試作機で下り900Mbpsの伝送を実現したことを明らかにした。(2007/10/1)

端末に搭載可能な消費電力に──ドコモ、スーパー3G用MIMO信号分離LSIを試作
NTTドコモは9月13日、独自技術でMIMO多重信号の信号分離を行う低消費電力LSIを試作したと発表した。このLSIにより、スーパー3Gの高速なデータ通信が、端末に搭載可能な消費電力で行えるようになるという。(2007/9/13)

アジレント、モバイルWiMAXの測定用製品がMIMOとWave 2に対応
アジレント・テクノロジーは、モバイルWiMAX向けの測定用製品をMIMO、Wave 2に対応させると発表した。(2007/8/22)

電波が届かなかったら返品OKです――コレガが無線LANのキャンペーン
コレガは、同社の11nおよびMIMO対応無線LAN製品を対象に、無線接続できなかった場合に製品の返品、返金を受け付けるキャンペーンを開始した。(2007/3/8)

コレガ、MIMO搭載の11b/g無線LANアクセスポイント
コレガは、高速無線LAN技術“MIMO”に対応するオフィス向けのIEEE802.11b/g無線LANアクセスポイント「CG-WLAPGMH」を発売する。(2007/1/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。