ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミップス・テクノロジーズ」最新記事一覧

オピニオン:
中国国産OS「COS」、マイクロソフトとグーグルに打撃か
専門家によると、中国が開発した独自のOS「China Operating System(COS)」は、中国市場においてグーグルとマイクロソフトに多大な影響を及ぼす可能性があるという。一方で、アップルにはそれほど影響しないとみている。(2014/2/5)

ビジネスニュース 企業動向:
かつての栄光を取り戻せ、“Apple以外”を狙う中国のファブレス
かつて、中国でMP3プレーヤ向けチップベンダーとして名をはせていたActions Semiconductor。同社は、中国のファブレス半導体企業としては、最も古い歴史を持つメーカーの1つだ。MP3プレーヤ市場の縮小や社内のいざこざで、衰退してしまった時期もあったが、新しい経営体制の下、復活に向けて着実に歩んでいる。それを支えている戦略の1つが、“Apple以外のメーカー”を狙うというものだ。(2013/4/12)

新しいネットワークオーディオを開発――オンキヨーが英Imagination Technologiesと業務提携
オンキヨーは11月12日、英Imagination Technologiesとの業務提携を発表した。(2012/11/13)

ビジネスニュース:
Imaginationによる買収で決着するも、MIPS特許の多くは“ARMの支配下”に?
Imagination Technologiesによる事業買収により、MIPSが有する580件の特許のうち82件はImaginationに移管される。しかし、その裏では、残り498件の特許が、ARMの主導によってASTというコンソーシアムの手に渡ることになっている。この買収劇における勝者は、ImaginationとARMのうちどちらなのか。(2012/11/9)

ビジネスニュース 業界動向:
CPUコア業界に地殻変動、MIPSをImaginationが買収
モバイル向けグラフィックスコアのImagination Technologiesが、CPUコアのMIPS Technologiesを買収する。買収金額は6000万米ドル。それと別にMIPSは、所有特許の8割超を、特許保持企業をメンバーとする業界コンソーシアムに3億5000万米ドルで売却するという。(2012/11/6)

ビジネスニュース 企業動向:
100億個規模のCPUコア市場、ARMが独占状態
順調に成長するCPUコア市場では、ARMの独り勝ちが続いている。この状態を打破したいのが、MIPS Technologiesだ。(2012/5/16)

プロセッサ/マイコン:
ARMの性能を超えるか、MIPSが新Aptivプロセッサで全面対抗
MIPS Technologiesは、プロセッサIPコアを新コア「Aptiv」の3シリーズに統合し、処理性能を高めた。ARMのIPコアよりも少ない面積に高性能なコアを集積できるという。Android対応と併せて、開発コストの低さ、開発期間の短さもうたう。(2012/5/11)

ビジネスニュース 企業動向:
Googleが「MIPS版」Androidにてこ入れ
ほとんどのAndroidタブレットはARMプロセッサコアを搭載している。だが、プロセッサコアの候補は他にもある。「MIPS」と「x86」だ。GoogleはMIPS対応に力を入れている。まずMIPS用コンパイラを投入し、数カ月以内にはMIPS向けのABI(Application Binary Interface)をAndroidに追加する。MIPS採用はコスト面で有利であり、性能も十分だという。(2012/4/19)

ルネサス R-Home S1:
「STB用は戦略製品」、ルネサスが民生用機器向けSoC「R-Home」第1弾を発表
「開発サイクルの短い民生用機器向けSoCからは撤退する」方針を表明していたルネサスが、民生用機器向けSoCプラットフォーム「R-Home」の第1弾製品「R-Home S1」を発表した。ハイブリッド型セットトップボックス(STB)や家庭用マルチメディアサーバを主な用途としている。(2012/3/19)

ビジネスニュース:
Android 4.0搭載タブレット、ベースバンドチップにもMIPSアーキテクチャを採用
MIPSとIngenicが2011年に発表したAndroid 4.0搭載タブレット端末には、MIPSベースのアプリケーションプロセッサが搭載されている。同タブレットには、同じくMIPSアーキテクチャのベースバンドチップが採用されることになったという。(2012/2/27)

EDN/EE Times編集部が展望する:
2012年期待のエレクトロニクス技術(計測ツール/部品編)
米国EDN/EE Timesの編集部が、2012年の発展を期待するエレクトロニクス技術をピックアップ。第3回は、計測ツール、マイコン、プリント基板について、各担当編集者の展望をお届けする。(2012/2/3)

2012 International CES フォトギャラリー:
消費者向けエレクトロニクスの祭典で見えた10のトレンド
エレクトロニクス業界の年明け最初の大イベントである「International CES」が閉幕した。今回の展示から読み取れる消費者向け機器市場の新たなトレンドを写真で紹介しよう。(2012/1/16)

ビジネスニュース:
低価格タブレットの先駆けに、 Android 4.0搭載品が99米ドルで登場
「Kindle Fire」の好調な売れ行きからも分かるように、消費者の関心が低価格のタブレット端末に向いている。そのような中、ついに100米ドルを切る製品が販売される。(2011/12/8)

主要プロダクトと実装時の課題を解説!:
FPGAの可能性を広げるプロセッサコア(前編)
FPGAに実装されるさまざまな回路の中で、プロセッサコアの果たす役割の重要度が高まっている。しかし、プロセッサコアをFPGAに実装して、有効に活用するためにはいくつかの課題に留意しておく必要がある。本稿では、まず、FPGAにおけるプロセッサコア利用の歴史と、主要ベンダーのプロダクトを紹介する。(2011/8/23)

ビジネスニュース 業界動向:
台頭する中国のファブレス企業、今後は選別が始まる
中国国内で既に300社ものファブレスメーカーが台頭している。しかし、信用のおける上位メーカー間にも技術にばらつきがあり、今後、約半数の企業が脱落していくと、IHS iSuppliは予測する。(2011/6/20)

プロセッサ/マイコン:
ソフトウェア処理の複雑化に備えよ、プロセッサ性能の飛躍的向上が急務
「モバイル」「ワイヤレス」「ネットワーク」。これらのギガトレンドを背景に、エレクトロニクス業界が今後取り組んでいくアプリケーションを見据えると、プロセッサの性能と効率の飛躍的な向上が急務だ――。半導体チップに集積するプロセッサ回路をIPコアとして供給するベンダー各社から今、こうした指摘が相次いでいる。(2011/4/28)

FPGA Insights:
PR:第29回 FPGAの組み込み開発最前線(後編)
 組み込みシステムの開発現場では、消費電力やコストを抑えつつ、性能や機能の向上を実現するための努力が続けられている。その解決手法の1つとして、プロセッサのマルチコア化や専用ハードウエアによるデータの並列処理といった技術を採用する動きが本格化している。本稿では、その一例として、多様なニーズに応えつつ、高性能/低消費電力の両立を可能とする最新のFPGAソリューションについて解説する。(2011/3/25)

微細化と最新EDAツールがもたらす:
SoC設計フローの変化
最先端の機器に用いられるようなSoCを設計するためには、最新のEDAツールの適用や、微細な半導体製造プロセスへの対応など、これまでとは異なる設計フローが必要になっている。本稿では、まず、SoCの設計フローに変化をもたらしている要因について説明する。そして、最新のSoC設計の事例を基に、新たなSoCの設計フローで留意すべきポイントについてまとめる。(2010/10/1)

8ビット/16ビット品は駆逐されるのか?:
低価格市場に侵攻する32ビットプロセッサ
低価格であることを求められる組み込み機器向けに、数多くの32ビットプロセッサが市場投入されている。その種のローエンド品は、8ビットや16ビットのプロセッサを代替することを目指して開発されたものだ。しかし、ローエンドの32ビット品と8ビット/16ビット品の比較検討を行う際には、価格に加えて、処理性能や消費電力、用途に対する適性などについても十分に調査する必要がある。(2010/6/1)

組み込みAndroidレポート:
Googleも想像しなかった“先を行く”Android展開
組み込み機器へAndroid適用を図るOESFは、先月「Android Steps Ahead 2010/Tokyo」を開催。講演と展示で示されたAndroidの“うねり”をリポート。(2010/5/12)

最新ツールが支えるモデルベース設計
組み込みシステムの大規模化、複雑化が進むに従って、ソフトウエア開発の負担が大きくなってきた。そこで数年前から注目されてきたのがモデルベース設計である。本稿では、モデルベースのソフトウエア開発をサポートするために、どのようなツールが開発されており、どのように活用されているのかを紹介する。(2010/5/1)

MIPS、Androidアプリ開発ツールをリリース
MIPSアーキテクチャベースのAndroid端末向けに開発ツールがリリースされた。QEMU向けのJava開発ツールを利用しているのが特徴。(2010/3/10)

組み込み企業最前線 − ミップス・テクノロジーズ −:
Androidでビジネス拡大を狙うミップスの新戦略
CPUアーキテクチャ、IPコアのリーディング・カンパニーであるミップス・テクノロジーズは、主力のデジタル家電分野のみならず、将来のモバイル/通信機器分野、そして今後登場するであろう新たなアプリケーションを見据えた新戦略を打ち出す。その主軸を担うのがオープンソースのソフトウェア・プラットフォーム「Android」だ。(2010/3/9)

最適化により最大の性能を引き出す:
プロセッサIPコアの実装手法
組み込みプロセッサを使用するアプリケーションでは、コストを抑えた上で、少しでも高い性能を得たいというケースが多い。ソフトIPを利用する場合に、この要求を満たすのは容易なことではない。しかし、適切な設計/実装フローを用いて最適化を実施すれば、最高の性能を引き出すことも可能である。(2009/12/1)

MIPS、最適化した「ActionScript」仮想マシン技術をオープンソースに
MIPSは、自社アーキテクチャ向けに最適化したActionScript VMをオープンソースとして公開した。MIPSアーキテクチャ上のActionScript 3の性能を最大2.5倍改善できるとしており、組み込み分野での利用促進を狙う。(2009/11/2)

組み込み分野に浸透進むオープンソースソフトウエア
複雑化/大規模化が進む組み込みシステム向けのソフトウエア。これを限られた予算や期間で開発するために、オープンソースのソフトウエアの存在が大きくクローズアップされている。しかしながら、これを有効に活用するためには、注意すべき事柄が数多く存在する。本稿では、組み込み機器分野でオープンソースのソフトウエアの利用を考えるに当たって知っておくべきことをまとめる。(2009/1/1)

組み込み向け半導体最新動向:MIPSプロセッサ
世界で最も多く出荷されたRISCプロセッサMIPSのサバイバル戦略
1990年代半ば、組み込み向けプロセッサの出荷台数トップの座を獲得したMIPS。当初はワークステーション用CPUだったことをご存じだろうか? 今回は、MIPSの変遷と今後の戦略について紹介する。(2008/11/26)

課題と新技術のせめぎ合い、結論はいかに…:
RF回路のIP化は可能なのか?
次世代のスマートホンなど、高度な携帯機器向けSoCには、ベースバンド回路、アプリケーションプロセッサ、アクセラレータ、メモリーなどが集積される。ただし、必要なのはそれだけではない。これらに加えて、無線接続用のRF回路を複数集積しなければならないのだ。そして、その作業は容易ではない。そこで必要になると考えられるのはRF回路のIPの再利用である。果たしてこれは実現可能なのだろうか。(2008/10/1)

今日から使えるITトリビア:
Web2.0時代を築く――スタンフォード大学出身の華麗なる面々
米国カリフォルニア州にあるシリコンバレーはスタンフォード大学の出身者たちがIT企業を大学近隣に設立したのが始まりだ。「Die Luft der Freiheit weht(自由の風が吹く)」を校是とする同大が輩出したITリーダーはどのような面々なのだろう?(2008/8/16)

Windows Q&A:
64bitプロセッサ
PCやサーバには既に普及している64bitプロセッサ。その背景は? メリット/デメリットは? 互換性は? 急いで移行する必要があるの? Q&A形式で整理して解説する。(2008/7/18)

この問いに対する「最適」な答えはあるのか:
どう選ぶ?SoCの製造プロセス
SoCの製造にどのプロセスを用いればよいのか――一昔前であれば、この問いに対する答えを出すのは、さほど難しいことではなかった。しかし、多様化するトランジスタ技術を利用したさまざまな回路ブロックがSoCの構成要素になり、またプロセスの微細化にかかわる常識が従来とは異なるものとなった結果、この選定は一筋縄ではいかない複雑なものとなった。本稿では、さまざまなトレードオフ要因によって複雑化したこの選定作業の現状を整理したい。(2008/5/1)

増加するトラフィックを効率良くさばく:
SoC内部の相互接続アーキテクチャ
SoCの設計では、内部ブロックをいかに接続するかということが主要な課題になりつつある。SoCの複雑化が進んだ結果、単に帯域幅の広いバスを用意することでは最適な結果が得られなくなってきたからだ。この問題に対し、現在、新たなアーキテクチャと、それを支える新たなツール、設計技法が模索されている。(2008/3/1)

「品質」で失敗しないためのアプローチを知る:
半導体IPの正しい選び方
今日のLSI/SoC設計では、いかに高品質の半導体IPを選択するかが大きなカギとなる。選択を行うための参考情報やコツはいくつもあるが、それらを体系的に役立てて最適なものを選ぶにはどうすればよいのか。本稿では、IP業界で行われている品質保証のための取り組みの状況と、IPの選択で失敗しないためのアプローチを紹介する。(2007/5/1)

H8で学ぶマイコン開発入門(1):
組み込みソフトウェア開発の第一歩を踏み出そう
組み込みソフトウェア開発には、ハードウェアからソフトウェアまで、広い知識が求められる。今回は最低限必要な知識を解説しよう(2006/9/12)

スプリング・マイクロプロセッサフォーラム・ジャパン2006から:
次世代プロセッサはダイナミックな電圧制御と並列処理手法が決め手
消費電力を上げずに性能を上げるマイクロプロセッサが回路とアーキテクチャの2つの工夫で実現できる。回路的には動作状態に応じて電源電圧と基板バイアスをダイナミックに変える方法が主流になりそうだ。アーキテクチャ上はこれまでのメインフレームの実現に使われてきた各種の並列処理技術をプロセッサに応用するようになってきた。スプリング・マイクロプロセッサフォーラム・ジャパン2006では、このような方向がはっきり見えてきた。(2006/7/1)

SoC検証時間を短縮する各種ハードウエアの選択
デジタルLSIの設計が複雑になるにつれ、検証作業の複雑化も進んでいる。設計できるゲートサイズと、限られた時間で検証できるゲートサイズの溝は広がるばかりだ。それはEDAベンダーの努力だけでは、とても埋められるものではない。(2006/3/1)

Intel幹部、中国のCPU開発に賛辞
「Intelは中国のチップ開発を応援している」――今年量産の始まった中国製CPU「Godson-2」に対し、Intelの幹部がエールを送った。(IDG)(2005/10/19)

Alpha設計者のドッベルプール氏、新会社発表へ
Alphaプロセッサの立役者の1人であるダン・ドッベルプール氏の新会社P.A.Semiは、ブレードサーバや携帯機器向けの省電力プロセッサの設計にフォーカスする。(IDG)(2005/9/30)

Intelに対抗できるか? 中国産CPU「Godson-2」
中国産CPU「Godson-2」は最高500MHzで動作する64ビットプロセッサ。MIPS Technologiesの知的財産を侵害しているとの懸念も指摘されているが、設計者はこの疑惑を否定している。(IDG)(2005/8/2)

ビデオレコーダにも進出するx86プロセッサ
x86アーキテクチャーを基盤とするプロセッサは、PCばかりでなくセットトップボックスにも使われるようになっている。Intelはデジタルビデオレコーダ用に新ブランドのx86プロセッサを計画しているようだ。(IDG)(2004/11/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。