ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミラクルリナックス」最新記事一覧

OSSアプリをクラスタ化し、可用性を向上:
ミラクル・リナックス、Azure上で「CLUSTERPRO」を稼働させる環境構築支援サービスを開始
ミラクル・リナックスは、Azureの仮想マシン上で稼働するHAクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO」を活用した環境の構築支援サービスを開始した。(2016/6/20)

ミラクル・リナックス:
ルネサス「RZ/Gシリーズ」専用Linux OSの供給を今夏より開始
ミラクル・リナックスは、ルネサス エレクトロニクス「RZ/Gシリーズ」向け専用Linux OSの供給を今夏より開始すると発表。チューニングやカスタマイズ、最長15年の長期サポートも提供する。(2016/6/13)

ミラクル・リナックスがルネサス「RZ/G」専用Linuxを提供、最長15年サポートも
ミラクル・リナックスがルネサス「RZ/Gシリーズ」向け専用Linux OSを、今夏より供給開始する。案件に応じたチューニングやカスタマイズ、ならびに最長15年の長期サポートも提供する。(2016/6/7)

Azureの監視環境を容易にデプロイ可能に:
ミラクル・リナックス、HatoholとZabbixでAzureを監視できるOSSベースの仮想マシンテンプレートを無償提供
ミラクル・リナックスは、Microsoft Azureを監視する仮想マシンテンプレートの無償提供を開始した。似た構成の仮想マシンを複数台デプロイするシーンで、Hatoholによる統合監視を踏まえた環境構築の作業を自動化/簡略化できる。(2016/5/18)

インバウンド需要対応、タフなデジタルサイネージ
コンテックとミラクル・リナックスが耐環境性に優れたデジタルサイネージプレーヤーを共同開発した。0〜50℃の気温変化に耐え、振動やホコリにも強い。多言語テロップの表示も可能だ。(2016/2/2)

Pepperとデジタルサイネージが連携、M-SOLUTIONSとミラクル・リナックスが共同開発
M-SOLUTIONSとミラクル・リナックスが「Pepper」とデジタルサイネージソリューション「MIRACLE VISUAL STATION」の連携機能を共同開発した。(2015/10/28)

デジタルマーケティング基盤をトータルサポート:
ソフトバンク・テクノロジー、Microsoft Azureで「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは2015年9月14日、「Asianux Server」を活用した「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始すると発表した。(2015/9/14)

デジタルサイネージ:
ミラクル・リナックス、「Adobe Experience Manager」向けデジタルサイネージコンテンツ配信機能
ミラクル・リナックスとソフトバンク・テクノロジーが、デジタルサイネージのコンテンツ管理を行う「Adobe Experience Manager連携サービス」の提供を開始した。(2015/9/11)

オートモーティブワールド2015:
「Tizen IVI 3.0」ベースの車載情報機器を高速起動、最終目標は5秒以下
ユビキタスは、「オートモーティブワールド2015」において、ミラクル・リナックスと共同開発を進めている車載情報機器向けLinux統合ソリューションのプロトタイプ版を披露。車載情報機器向けプラットフォーム「Tizen IVI 3.0」の高速起動を実現した。(2015/1/23)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月1日夕方現在のまとめ
富士通やヤマハ、ミラクルリナックスなどが脆弱性の影響を受ける製品などについて情報を公開している(追記あり)。(2014/10/1)

車載情報機器:
「日本の車載情報機器開発を支える」、ユビキタスとミラクル・リナックスが提携
組み込み機器向けミドルウェアを手掛けるユビキタスとLinuxディストリビュータのミラクル・リナックスが、Linuxベースの車載情報機器の開発に必要なソフトウェアの販売から技術サポートまでをワンストップで提供するために業務提携する。今後はBSP(Board Support Package)を投入し、2015年度中にもビジネスモデルを確立したい考えだ。(2014/9/17)

企業動向:
ソフトバンク・テクノロジーがミラクル・リナックスを子会社化
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは、技術提携、および新たなサービスや事業展開を視野に入れた資本提携に合意したことを発表した。個人株主が保有するミラクル・リナックスの既存株式の58%を、ソフトバンク・テクノロジーが取得し、ミラクル・リナックスを子会社化する。(2014/7/8)

ソフトバンク・テクノロジー、ミラクル・リナックスを子会社化
ソフトバンク・テクノロジーがミラクル・リナックスを子会社化。OSS関連の技術力をITソリューションに活用する。(2014/7/8)

OpenStackとの連携機能強化:
ミラクル・リナックス、OSS運用統合ソフト「Hatohol」をクラウド向けに拡張へ
ミラクル・リナックスは2014年7月4日、オープンソースの運用統合ソフトウェア「Hatohol」を拡張し、クラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」と連携した「統合運用管理ソリューション」の実現に向け、開発を進めていく方針を明らかにした。(2014/7/4)

「安定したバージョンを長く提供」と:
ミラクル、PostgreSQL対応の「MIRACLE ZBX」をリリース
ミラクル・リナックスは2013年12月19日、オープンソースのデータベースである「PostgreSQL」に対応した「MIRACLE ZBX」パッケージを公開した。(2013/12/26)

ミラクル・リナックスがオープンソースとして公開:
ZabbixとNagiosの監視情報を一元的に表示する「Hatohol」
ミラクル・リナックスは6月27日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」と「Nagios」からデータを取得し、一元管理できるようにする統合ビューア「Hatohol」を開発し、オープンソースソフトウェアとして公開した。(2013/7/1)

アンドーナッツ!?:
Android端末をデジタルサイネージ化するソフトを無償公開、ミラクル・リナックス
ミラクル・リナックスは、オープンソースソフトウェア(OSS)活用による技術研究の一環として開発した、Android搭載タブレット端末/スマートフォン向けデジタルサイネージシステムの試用版ソフトウェアを無償公開した。(2013/6/4)

NoSQL用ミドルウェアを独自開発:
Zabbixのデータ格納にNoSQLを利用したら性能は? ミラクルが検証
ミラクル・リナックスは2月14日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」に、NoSQLの「Cassandra」を組み合わせることで、性能を最大3.4倍高速化できたとする研究成果を発表した。(2013/2/15)

コンテックとミラクル・リナックスが共同開発:
新書サイズのフルHD対応デジタルサイネージプレーヤー
コンテックとミラクル・リナックスは、小型・省電力でフルHDに対応するデジタルサイネージプレーヤー機器を共同開発し、5月11日より受注を開始する。(2011/4/26)

奇跡の軌跡――ミラクル・リナックスの場合
企業にとって、ビジネスモデルの転換は非常に難しい挑戦だ。サーバOSを手掛けてきたミラクル・リナックスは、組み込みOSの領域に勢いよく切り込んでいるが、こうした業容の変化は、日本オラクルとの関係すらも見直した、文字通り「第二の創業」だった。(2010/8/10)

ミラクル・リナックス、AtomベースのSTBでデジタルサイネージ市場に進出
ミラクル・リナックスは、AtomベースながらフルHD動画の再生も苦にしないデジタルサイネージ専用STB「MIRACLE VISUAL STATION」の提供を開始した。従来のSTBの3分の1の価格を設定し、組み込み分野における足がかりとしたい考えだ。(2010/7/12)

CentOSの一括保守を――ユニアデックスとミラクルが協業
ユニアデックスとミラクル・リナックスは、CentOSに関するハードウエア/ソフトウエア一括保守サービスで協業を発表した。ハードウェアまで含めた一括保守は国内初であるとしている。(2010/6/29)

ミラクルとネクスコム、Zabbixアプライアンスを発表
ミラクル・リナックスとネクスコム・ジャパンは、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」を搭載したアプライアンス製品を2機種発表した。固定資産とならない20万円以下の価格帯で、システムの統合監視を実現する。(2010/1/20)

ミラクル・リナックス、アプライアンス・パートナーを募集開始
ミラクル・リナックスは、同社のLinux OSをアプライアンス製品に組み込む動きを促進するため、アプライアンス・パートナー・プログラムを開始した。(2009/10/23)

ミラクル・リナックスは終わってしまったのか?
「今年の下期から来年の上期が勝負だと思っている」――“第2の創業”から1年。かつてはLinuxディストリビューターとして一時代を築いたミラクル・リナックスはどこへ向かっていくのか。同社代表取締役社長最高経営責任者の児玉崇氏に聞いた。(2009/10/23)

ミラクル・リナックス、ZABBIXのスターターキットを発表
ミラクル・リナックスは、専用インストーラを用いて手軽にAsianux Server 3およびZABBIXを用いた統合監視を実現するスターターキットを発売した。(2009/10/1)

富士通、アジアでのサーバビジネスでAsianuxと協業
富士通、Asianux Corporation、ミラクル・リナックスはPCサーバ上でのLinux OSのビジネスで協業する。(2009/8/18)

ミラクル、VMware vSphere 4対応のバーチャルアプライアンス型ロードバランサ
ミラクル・リナックスは、仮想マシン上で動かすロードバランサをバーチャルアプライアンス型で販売する。VMware vSphereにも対応した。(2009/5/28)

NEWS
ミラクル・リナックス、OSSを活用した仮想化環境移行サービスを提供開始
ミラクル・リナックスがオープンソースのバックアップソフトウェア「Mondo Rescue」を活用したP2Vサービスを提供開始。他社のP2Vサービスと比べ、短期間かつ安価でのサービス提供を実現したという。(2009/4/7)

ミラクル・リナックス、CentOSのサポートを発表
Asianuxを開発するミラクル・リナックスがRed Hat Enterprise Linux互換の「CentOS」をサポートすることを明らかにした。(2009/1/27)

NTTデータら4社、OSS統合監視ツールの推進へ本腰
NTTデータ、サン、富士通SSL、ミラクル・リナックスの4社は、オープンソースの統合監視ツールを共同で普及促進するための協議会を設立した。Hinemosなどが商用製品にも劣らないことを広くプロモーションしていく。(2009/1/15)

「高専カンファレンス2008 Winter in 東京」をミラクル・リナックスが支援
高専生による勉強会「高専カンファレンス」をミラクル・リナックスが支援することが明らかになった。高専という文化がIT業界に広がりをみせている。(2008/10/17)

国内ダイジェスト(7月2日)
NECが在宅勤務を全社に拡大、ソースネクストが「ZERO」商標を取得、ミラクル・リナックスとVA Linuxで社長交代など。(2008/7/2)

エンジニアの楽園を目指す新生ミラクル
ミラクル・リナックスは経営陣を刷新、新たにモバイルインターネットデバイス(MID)の市場に打って出る。開発者に対する尊敬の念も明確な形で示すなど、若き経営陣への期待は大きい。(2008/7/2)

Asianux、EAL4のセキュリティ認証取得で政府機関の調達に本腰
ミラクル・リナックスは、Asianux Server 3でEAL4の認証を取得したことを明らかにした。政府機関の調達においても、ようやくほかのOSベンダーと肩を並べて争うことができるようになる。(2008/5/29)

ミラクル・リナックス、「Asianux Mobile Midinux」の開発者キットを提供
ミラクル・リナックスは、Linux OS「Asianux Mobile Midinux」の開発者キットを6月から提供する。(2008/4/2)

NEWS
上尾市が電子行政システムをLinuxで刷新、「コスト効果は6億円」
新システムの導入により24時間のオンライン稼働が可能になり、メンテナンス負担を大幅に軽減。導入を請け負ったRKKCS、日本IBM、ミラクル・リナックスの3社は、導入効果として10年で6億円のコスト削減を見込んでいる。(2008/3/11)

ミラクル、Linux初心者に向けた無償セミナー
ミラクル・リナックスは、Linuxの普及を目的とした無償セミナーを開催する。(2008/2/7)

NECとミラクル・リナックス、高可用性クラスタ製品の最新版を発売
ミラクル・リナックスとNECは、両社で販売していたクラスタソフトウェア「MIRACLE CLUSTERPRO」の後継製品となる「MIRACLE CLUSTERPRO X」を発表、9月18日から出荷開始することを明らかにした。(2007/9/3)

Asianuxコンソーシアムにベトナム科学技術省が協力
ミラクル・リナックス、Red Flag Software、Haansoftの3社が設立したAsianuxコンソーシアムが、ベトナムにおけるOSSの推進のため、ベトナム科学技術省と覚書を交わしたことを明らかにした。(2007/7/27)

ミラクル・リナックスなど3社、FIMのライセンスをバンドルした電子カルテシステムを発表
Twin Sun、エーゼット、ミラクル・リナックスの3社は、電子カルテシステム「MEDEX on MIRACLE LINUX」シリーズに、国内で初めて正式にFIM方式による評価法をバンドルして12月から提供を開始することを明らかにした。(2006/11/7)

マウンテンビューデータとミラクル・リナックス、協業体制を発表
マウンテンビューデータとミラクル・リナックスは、包括的なパートナーシップを締結、「PowerCockpit」を「Asianux 2.0」へ対応させるため、相互技術支援などの協業体制を取ると発表した。(2006/5/30)

日立とミラクル、SIer向け「Linux修正情報提供サービス」を販売開始
日立製作所とミラクル・リナックスは、Linuxカーネルの新機能追加、更新や修正などの情報をシステムインテグレーター向けに提供する「Linux修正情報提供サービス」を6月1日から開始する。(2006/5/23)

ミラクル・リナックス、日立製作所とNTTデータの資本参加を発表
日立製作所およびNTTデータはLinuxをはじめとしたオープンソースソフトウェアをミッションクリティカルシステム領域への浸透を図る目的でミラクル・リナックスに資本参加したことを明らかにした。(2006/4/6)

ミラクル・リナックスに日立とNTTデータが資本参加
(2006/4/6)

アシストとミラクル、Linux対応BIソリューションモデルを販売開始
アシストとミラクル・リナックスは、Linuxをプラットフォームとした情報活用ソリューション分野で協業を発表した。Linux対応BIソリューションモデルも併せて発表している。(2006/3/8)

ミラクル・リナックス、教育機関向けライセンスを発表
ミラクル・リナックスは、教育機関向けライセンス「MIRACLE LINUX V4.0 Education Pack」を、2月24日から出荷開始すると発表した。(2006/2/23)

データベースサーバの新勢力となるか? MIRACLE LINUX搭載無停止型サーバ
ミラクル・リナックスと日本ストラタステクノロジーは、「MIRACLE LINUX V4.0 Asianux Inside」をStratusの無停止型サーバ「ftServer」に搭載した「ftServer M30」を発表した。(2006/2/7)

Linux版電子カルテシステムの国内販売でミラクルほかが協業・製品化
米Twin Sunが開発した電子カルテ「MEDEX」とミラクル・リナックスのLinux「MIRACLE LINUX」がバンドルされた「MEDEX on MIRACLE LINUX」が販売。(2006/1/31)

ミラクル・リナックス、HAクラスタ製品を発表
ミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX V4.0」に対応した高可用性クラスタ製品「MIRACLE CLUSTERPRO V3.1」を、12月12日から出荷開始する(2005/12/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。