ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジタルサイネージ」最新記事一覧

TDK CFA9D/SDA9Dシリーズ:
産業用CFカードとPATA SSD、電源バックアップを内蔵
TDKは、産業用SSDとして、CF(Compact Flash)カードの「CFA9Dシリーズ」と、PATA(Parallel ATA)対応2.5インチSSDの「SDA9Dシリーズ」を発表した。前世代品を発表してから約7年ぶりにリニューアルした。(2017/4/28)

蓄電・発電機器:
フィルム型太陽電池で電源いらず、屋内でも使える電子ペーパー
大日本印刷(DNP)と積水化学工業はフィルム型の太陽電池を活用し、室内でも利用できる電子ペーパーを開発した。2017年4月中旬から、都内のコンビニエンスストアの店頭に電子看板として設置し、実証試験を行っている。(2017/4/21)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

エネルギー管理:
鉄道駅に“太陽光+水素”でエネルギー供給、JR東日本が災害対策に
川崎市にあるJR南武線の武蔵溝ノ口駅に、東芝の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が導入された。太陽光発電を利用して製造したCO2フリーな水素と燃料電池を活用し、非常時に駅の施設に電力を供給できる。(2017/4/18)

撮影なしで映像コンテンツが作れる「PIP-Maker」 Excelやデータベースに対応した新ツールが登場
録画や録音、スタッフの手配などをせずに簡単に映像コンテンツが制作できるソリューション「PIP-Maker」に、Excelやデータベースからのデータを読み込み映像化できる新ツールが登場した。(2017/3/31)

IoT観測所(31):
古くて新しい「LTE Cat.1」が「NB-IoT」と「Cat.M1」の穴を埋める
3GPPが策定する、IoT(モノのインターネット)向けLTE関連規格の1つに「LTE Cat.1」がある。2008年に仕様が確定した古い規格ではあるが、「NB-IoT」こと「LTE Cat.NB1」や「LTE Cat.M1」ではカバーできないような用途に適している。(2017/3/31)

勤続42年・退職前の職員を温かく送り出すサプライズ―― 東京メトロの動画に涙
仕事を終えての点検中に、急に灯りが消え……?(2017/3/30)

CeBIT 2017:
サムズアップでドリンクゲット! 富士電機の最新自販機はインタラクティブ
富士電機は、「CeBIT 2017」において、デジタルサイネージを搭載する最新型自動販売機のコンセプトモデルを展示した。ステレオカメラを用いた画像認識システムで、顧客の表情や視線、体の動き、年齢、性別などを認識できる。(2017/3/27)

プレミアムフライデーを実現しよう:
PR:“無駄”を減らして会議を変える! 日立のスマートプロジェクターとは?
「プレミアムフライデー」がスタートしたが、仕事は減らないのだから二の足を踏む企業が多いのも当然だ。そこでまず、スマートなプロジェクターで会議の時間短縮を図ってはいかがだろう。日立の「SP-1J」なら社内のペーパーレス化も同時に進められる。(2017/3/17)

東急とパナ「光の点滅でデータ送る」技術で新会社 サイネージとスマホの連携を強化
パナソニックが開発した「可視光通信」技術の活用を活用する。(2017/3/15)

4扉車両に統一:
東京メトロ日比谷線の新型「13000系」、3月25日から運行
東京メトロは29年ぶりとなる日比谷線の新型車両「13000系」を3月25日から運行する。(2017/3/15)

医療機器ニュース:
4Kサイネージに景色映像を流してストレスをケアするソリューション
凸版印刷は、デジタルサイネージに4K映像を流して社員のストレス軽減を図る「Natural Window」を開発した。同製品のある環境での休憩は、被験者を瞬時にリラックス状態へ導く効用が認められたという。(2017/3/15)

360度カメラ活用:
分析が手軽に、高精度に 店舗向けサービス
来店客の動きを分析して販促などに生かすシステムを提案する動きが活発だ。導入の手軽さや多角的なデータ分析を売りにしたサービスの開発が進んでいる。(2017/3/14)

看板から香りが……:
店舗はこのように変化する、かもしれない
最新のデジタル技術を応用して、店舗のおもてなしを強化する提案が増えている。個別対応や感情に寄り添ったサービスにつながる技術とは……。(2017/3/13)

AIで感情を分析:
博報堂と日本マイクロソフトが協業、顔認識で広告を出し分けるデジタルサイネージシステムを開発
博報堂と博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトは連携し、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出しわけるアウトドアメディア&ターゲティング広告配信システム「Face Targeting AD」を開発したと発表した。(2017/3/10)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
インターシル買収完了、後戻りできなくなったルネサス
インターシル買収を進めていたルネサスが、その完了と時を同じくして各方面の動きを活発化させている。その動きの理由をインターシルの財務諸表から読み解く。(2017/3/10)

博報堂など開発:
見る人の顔の表情をAIが分析 感情に合わせて広告配信
博報堂など3社が、AI(人工知能)の顔認証技術を用いて受け手の感情を分析し、結果に応じて広告を出しわけるシステムを開発。(2017/3/9)

リテールテックJAPAN 2017:
富士通、時給1000円で働く“棚卸しロボット”披露
小売・流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN 2017」が開幕。各社が披露した最新技術活用の販促ツールや人手不足の課題を解決するサービスとは?(2017/3/8)

PR:“極小”だからできること――容積わずか約0.74LのウルトラコンパクトPC「Endeavor ST20E」でビジネスが変わる!
日常のいろいろな場面で活躍している省スペースPC。エプソンダイレクトの「Endeavor ST20E」は、同社の省スペースPC「STシリーズ」で最もコンパクトな新モデル。そのコンパクトさは、ビジネスでの活用範囲をより広げてくれる。(2017/3/8)

リテールテック2017:
お、クッキーのいい香りが……ってこれデジタルサイネージかよ!
リコーは、「リテールテック2017」において、デジタルサイネージの表示と連動した芳香(香り)を出す「香りサイネージ」を参考出展した。今後テスト導入を進めながら、正式な商品化を図りたい考え。(2017/3/7)

ホンハイ傘下が強みに:
シャープ、PC事業に再参入か?
ホンハイ傘下のシャープがPC事業に再参入する可能性が出てきた。今夏、ホンハイとの共同開発でプロジェクター市場に再参入する予定で、今後はサーバやPCなどの取り扱いも検討するという。(2017/3/7)

インテル&FPGA:
「データカンパニー」に変貌する半導体の巨人、FPGAへの期待と懸念
「半導体の巨人」インテルが、「データカンパニー」への変貌をうたっている。先進技術と生産性を持った半導体ベンダーであることは変わりないが、その半導体をどう販売するかの戦略には大きな変化が見られる。(2017/3/6)

日本品質・短納期・キッティングBTO対応:
PR:仕事で使うパソコンにエプソンダイレクトを選ぶべき理由
企業に導入するPCの選定は、現場の生産性、企業の収益性を左右するといっても過言ではない。ビジネスで使うPCを選ぶ際にはどんなことを念頭に置くべきだろうか。(2017/3/6)

居住空間への広告配信が可能に:
マイクロアド子会社、レオパレス21の入居者向けAndroid TVサービスへ広告配信開始
マイクロアドデジタルサイネージはレオパレス21と業務提携を発表した。これにより、レオパレス21が入居者向けに提供しているAndroid TVサービスへの広告配信を2017年3月より開始する。(2017/3/2)

アイ・オー、デジタルサイネージを手軽に実現できる手のひらサイズPC“CLIP PC”
アイ・オー・データ機器は、手のひらサイズの小型筐体を採用したミニPC「CLPC-32W1」を発表した。(2017/2/22)

ネイルサロンのデジタルサイネージへ配信:
F1、F2層対象のプレミアム動画広告「Trend TV」の提供を開始──ベクトルとマイクロアドの合弁会社
ベクトルとマイクロアドの合弁会社ニューステクノロジーは、F1、F2層を対象としたプレミアム動画広告「Trend TV」の販売を開始した。(2017/2/22)

NTTぷららの4K配信プラットフォームで:
電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験でB.LEAGUE試合映像をライブ配信
電通とISIDは、東京・渋谷で高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施すると発表した。「B.LEAGUE」の試合映像や渋谷区ならではの映像を高精細4Kデジタルサイネージで配信する。(2017/2/21)

製造業IoT:
無電柱化で街にIoTプラットフォームが出現!? パナソニックが東電と取り組み
パナソニックは、2020年以降の社会インフラ構築に向けた開発中の技術やソリューションを提案する内覧会「Wonder Japan Solutions」において、「無電柱化」に対応した地上設置型の変圧器(パッドマウント)をIoT化する取り組みを紹介した。(2017/2/14)

パナソニックの展示会:
2020年、空港はテクノロジーでどう変わるのか
パナソニックは、東京五輪が開催される2020年とその先の社会に向けて開発する独自技術やソリューションを展示するプライベート展示会「Wonder Japan 2020」を開催した。(2017/2/14)

人工知能ニュース:
ロボットによる地域情報の発信や接客案内の実証実験を開始
大日本印刷は、AIの活用によって人とロボットとの円滑なコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の実証実験を開始した。(2017/2/9)

SIM通:
mineoが渋谷にカフェ併設の旗艦店をオープン
mineoは、大阪、名古屋に続く3店舗目の出店となる直営店「mineo 渋谷」をオープンした。1Fに併設したカフェでは、mineoユーザー向けの割引サービスも。4Fのマイネ王メンバー専用スペースでは、マイネ王の世界をリアルに体感できる。(2017/2/7)

天気や気温などに応じてコンテンツを出し分け:
電通、リアルタイムデータ連動型デジタルサイネージの常時配信サービスを開始
電通は、電算システムおよびサイバー・コミュニケーションズと協業し、天気・気温・時間・位置情報などのリアルタイムデータと連動してコンテンツを出し分けるデジタルサイネージの常時配信サービスを開始すると発表した。(2017/2/6)

4つの新製品を発表:
国内も積極展開を進めるLGの有機ELサイネージ
LGエレクトロニクス・ジャパンは2017年2月2日、有機ELデジタルサイネージの新製品説明会を都内で開催した。同社の斎藤秀稔実氏は「日本市場への積極参入を図る」と語る。(2017/2/3)

展示物もクリアに見える:
パナソニック、画質を高めた透明スクリーン発売
パナソニックは、ショーウインドウの窓ガラスをデジタルサイネージとしても活用できる「透明スクリーン」を開発した。コントラストの高い映像表示が可能となる。複数のスクリーンを組み合わせると、4.9×2.75mの画面サイズを実現することもできる。(2017/2/1)

パナソニック「透明スクリーン」発売 窓ガラスに高コントラストで映像投影
ショーウィンドーとしても、デジタルサイネージ(電子看板)としても使える「透明スクリーン」をパナソニックが発売。(2017/1/30)

パナソニック、店舗のガラスをサイネージとしても利用できる透明スクリーン
パナソニックは、ガラス透過/スクリーン表示の2モードを切り替えできる透明スクリーンを発表した。(2017/1/30)

ダイナミックなクリエイティブを展開可能に:
サイバーエージェントなど3社、天候や各種SNSなど外部データと連動するリアルタイム型デジタルサイネージ広告を提供開始
サイバーエージェントとマイクロアドデジタルサイネージ、ヒットの3社は共同で、天候や気温、各種SNSなどの外部データと連動したデジタルサイネージ広告配信サービス「VISIONIA(ビジョニア)」の提供を開始した。(2017/1/25)

Raspberry Pi Compute Module 3:
組み込みフォームファクタの「Raspberry Pi 3」
200ピンSO-DIMMソケットで利用できる組み込み用ラズパイに、Raspberry Pi 3ベースの新製品「CM3」が登場した。メモリなしのバージョンも用意される。(2017/1/25)

ソードアート・オンラインが政府「サイバーセキュリティ月間」とコラボ キリトが「調査官」に
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が、アニメ「ソードアート・オンライン」とコラボ。主人公のキリトを「サイバーセキュリティ調査官」に起用する。(2017/1/20)

映像系など苦手案件の取りこぼしは、SIビジネス崩壊の象徴?:
PR:「SIerとして勝ち残る」ための、販売代理店の選び方・使い方
クラウドの浸透、企業ニーズの高度化などを受け、「運用保守とセットにした製品販売」を軸にした従来型SIビジネスは崩壊するといわれて久しい。今、企業がSIerに求めているのは、共にビジネスを考え、共にシステムを作ってくれる“パートナー”としての役割だ。だが、それを認識していても、実績がない苦手案件は外部に丸投げしてしまうSIerが多い。ノウハウや実績がない以上、仕方のない部分もあるが、SIerの生き残りが問われている中で、苦手領域を放置しておくのも得策とはいえないのではないだろうか。では一体どうすればよいのか?――映像系製品を扱う販売代理店に、客観的見地からSIer生き残りのポイントを聞いた。(2017/1/23)

キリン、LINEでポイントがためられる自販機 東京・大阪で今春から
LINEのビーコンに対応し、専用アプリをインストールする手間を省く。(2017/1/19)

FAニュース:
インテルの第6世代CPUを搭載した産業・業務用コントローラー
ロジテックINAソリューションズは、産業や業務などの用途を想定したファンレスでスリム筐体のコントローラー「LB-C16N」を発表した。CPUにはインテルの「Core i5-6200U」を搭載。4K画像をデュアルディスプレイで表示できる。(2017/1/16)

8社が参加予定:
ロボットで旅客案内 羽田空港で実証実験
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの実証実験が羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれている。人口減少による人手不足対策の切り札として、実験結果を踏まえ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて実用化を目指す。(2017/1/12)

羽田空港で最新ロボ実証実験 移動支援や旅客案内、20年に実用化へ
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれ、利用客の目を楽しませている。(2017/1/11)

西武鉄道、東京メトロなど4社が提携:
有料の“座れる通勤列車”、3月末から運行開始
今年3月25日から、有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行が始まる。西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道の提携によって実現し、平日は所沢〜豊洲間、休日は西武秩父〜元町・中華街間を運行する。(2017/1/10)

ビジネスギア探訪:
ちょっと前に流行ったスティックPCはビジネスに使えるか?
2014年頃に「スティックPC」が登場しました。今では家庭のテレビなどにつなげて動画サービスを楽しむといった用途が中心です。これを仕事の場合なら、どう活用できるのかを検証してみます。(2017/1/7)

Pepper導入で売り上げ増加:
営業に向いているのは人間ではなくロボット?
「Pepper for Biz」(法人向けモデル)の発売から約1年が経過した。販売台数は5000を超え、さまざまな場所でPepperを見かけるようになったが、導入企業にはどのような効果が出ているのだろうか。ソフトバンクロボティクスの事業推進本部、吉田健一本部長に話を聞いた。(2016/12/27)

製造業IoT:
IoT構築の要素技術をコンポーネント化し、提供する事業モデル
IIJグローバルソリューションズは、IoTシステムの構築に必要な技術をコンポーネント化し、産業/用途に応じたIoTソリューションとして提供する事業モデル「CaaS」を開始した。(2016/12/26)

創業者ですら驚いた:
教育・ホビーから産業用途へ、ラズパイ5年目の進化
“ラズパイ”の名で親しまれている超小型コンピュータ「Raspberry Pi」。2012年の発売当初は、“子どもたちにプログラミングを学んでもらうための楽しいおもちゃ”という位置付けだったが、今では販売台数の約半数が産業用途で使われているという。ラズパイの開発者であるEben Upton(エベン・アプトン)氏に話を聞いた。(2016/12/22)

NEC、10メートル離れた相手の視線をリアルタイムに検出する技術を開発
通常のカメラのみで、離れた場所からでも視線の方向を高精度に検知する「遠隔視線推定技術」を開発。複数人の視線方向の同時検知も可能で、街の見守りや店舗のマーケティングへの応用を想定している。(2016/12/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。