ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジタルサイネージ」最新記事一覧

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
スピーカーから信号を送信、スマホに情報表示
KDDI研究所は、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2016」で、可聴音や非可聴音を使って、スマートフォンの画面に避難経路情報などを表示させる技術「サウンドインサイト」のデモ展示を行った。(2016/5/30)

三菱電機 DIAPLANET TOWNEMS:
IoT技術で街の省エネと快適な暮らしを実現するEMSサービス
三菱電機は、IoT技術とクラウド基盤を活用し、接続された機器の省エネ化や快適な暮らしをサポートするEMSサービス「DIAPLANET TOWNEMS」の販売を2016年6月に開始すると発表した。(2016/5/30)

E Ink、“フルカラー”電子ペーパー技術「ACeP」発表 まずはデジタル広告から
Amazon.comのKindleやデジタルサイネージで採用されている電子ペーパーを手掛けるE Inkが、フルカラーを実現する電子ペーパー技術「Advanced Color ePaper(ACeP)」を発表した。カラーフィルターを使わずモノクロと同じ電気泳動方式で実現する。(2016/5/25)

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第2回:「強みを生かした」戦略で事業の構造を変える
中計で掲げたTransformの実践、そこに不可欠なのは企業の「強み」を「てこ」にした戦略だ。今回は、コニカミノルタの主力事業である情報機器事業の戦略の考察を通じて、その重要性を検討してみたい。(2016/5/25)

組み込み/IoT機器開発で使えるWindows(2):
多機能化される機器開発に最適な「Windows 10 IoT Enterprise」
マイクロソフトの組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」の導入メリットとは? 第2回では、組み込み/IoT機器の中でも多機能・高機能化された機器に最適な「Windows 10 IoT Enterprise」を取り上げ、その特徴や機能、活用事例を紹介する。(2016/5/25)

スマートシティ:
IoTでエネルギーを支える街へ、情報を一元管理するシステム
ICT(情報通信技術)を活用してエネルギーを最適化する取り組みが広がりを見せているが、町丸ごとを一元的に情報管理して最適化するスマートシティの建設が全国で増えつつある。これらを支える情報システムを三菱電機が開発し、販売を開始する。(2016/5/23)

組み込み開発ニュース:
半年未満でスマートフォン向けARアプリを開発可能に、カギはプラットフォーム化
国連社は、サイバネットシステムやエルバホールディングスとともにAR(拡張現実)技術を活用したスマートフォン向けアプリを開発し、2016年冬からサービスの提供を開始する。サイバネットシステムのARアプリ向けのプラットフォームによって、開発コストを7〜8割低減するとともに、さまざまな用途のアプリでAR技術を利用しやすくした。(2016/5/16)

国産BIによるリアルタイムモニタリングが柱に:
PR:富士ゼロックスの製造拠点は生産革新をいかにして成し遂げたのか
富士ゼロックスマニュファクチュアリングはいかにして生産現場を変え、不良を激減させたのか。その背景にあったのは、BIツールを活用したリアルタイムモニタリングの取り組みだ。(2016/5/11)

Interop Tokyo 2016 特集:
「日本のインターネットの父」が語る、Interopの意義
2016年6月8日から10日にかけて、インターネットテクノロジーをテーマとした国内最大級の展示会「Interop Tokyo 2016」が開催される。本稿では、Interop Tokyo 実行委員長である慶應義塾大学環境情報学部長 教授、村井純氏にInteropの持つ意義について聞いた。(2016/5/9)

屋外デジタル広告の成長をグローバルで加速:
電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社を完全子会社化
電通イージス・ネットワークは、英国のデジタルOOH専門の広告会社であるLiveposterを完全子会社化することを発表した。(2016/5/6)

5分で分かる最新キーワード解説:
リアルタイム“人群探知機”?「混雑監視レーダー」
24GHz帯のレーダーを用いて特定エリアの混雑状況を監視するのが「混雑監視レーダー」です。プライバシーの侵害なしにヒトの行動を解析できる手段として注目されます。(2016/4/28)

ビジョンの「グローバルWiFi」、宅配ボックスでルーターを受け取れる「スマートピックアップ」開始
ビジョンは、海外向けWi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」の羽田空港カウンターに「スマートピックアップ」を提供開始。「スマート宅配BOX」を活用し、受け渡し時の混雑緩和を目指す。(2016/4/27)

光源から装置、トータルソリューションの提供へ:
新しい光の市場を創造するウシオが見据える今後
産業用の光源をはじめ光の応用製品を扱うウシオ電機。エキシマランプは90%、UVランプは75%と高い世界シェアを獲得する同社だが(同社調べ)、映像機器/ライフサイエンス分野への展開も進めている。その理由を、同社コーポレートコミュニケーション課で課長を務める山田宏一氏に聞いた。(2016/4/27)

IT導入完全ガイド:
売り上げ拡大、コスト削減に効く! “産業領域”IoTのユースケース
過剰投資を避けつつ、自らのビジネス環境にマッチしたIoT利用が、結果的に企業の競争力維持や強化につながる。今回は、そのヒントになりそうな産業領域でのIoT活用ユースケースを紹介する。(2016/4/21)

光と音で空間をデザイン:
マイクロアドが高城 剛氏とドローンを使った広告メディア開発
マイクロアドは、新プロジェクト「MicroAd Magic!」を発表。第1弾として、ドローンを使って光と音で空間をデザインする「Sky Magic」の提供を開始する。(2016/4/20)

ドローンの光をつないで空間を巨大ディスプレイに――“21世紀の広告”「Sky Magic」始動
LED搭載のドローンが“点”となって編隊飛行し、巨大なディスプレイを作り出すプロジェクト「Sky Magic」を、ネット広告事業を手掛けるマイクロアドが発表した。(2016/4/20)

ディープラーニングを活用:
電通、クラウディアンら4社で屋外デジタル広告におけるターゲティングの実証実験
電通はクラウディアンなどと屋外広告実証実験プロジェクトを発足させ、ディープラーニングを活用した先進的な屋外広告の実証実験に取り組むことを発表した。(2016/4/20)

ソシオネクスト SCH801A:
1チップで8K映像のデコード処理が可能なLSI、8K対応TV受像機の開発を容易に
ソシオネクストはNHKと共同研究で、HEVC符号化方式に対応したスーパーハイビジョン(8K)映像のデコードを1チップで処理可能なLSI「SCH801A」を発表した。(2016/4/11)

マウス社長インタビュー:
5周年を迎えた「MousePro」の意気込み
マウスコンピューターで法人向けPCを展開する「MousePro」がブランド設立5周年を迎えた。同社小松社長に改めて法人ビジネスの現在を聞く。(2016/4/8)

複雑な回路も図面に合わせて照射するだけ:
レーザー照射で銅配線を形成、大気中で処理
芝浦工業大学の大石知司氏は、大気中で特定の銅錯体にレーザー光を当てるだけで、比較的簡単に微小な銅配線を形成できる技術を開発した。フレキシブルデバイスなどへの応用を進めていく。(2016/4/4)

「IoTはデータが駆動する」レッドハットが考えるIoTのアーキテクチャ
IoTは「モノがつながって新たな価値を生む」ことを期待されており、製造業を含む全ての業界がその実現を期待する。しかし、その発展には従来のアーキテクチャでは対応できないという意見もある。(2016/3/29)

ソシオネクストとNHKの共同研究:
8K HEVC映像のデコードを1チップで処理可能なLSI
ソシオネクストは、HEVC符号化方式に対応した8K映像のデコードを1チップで処理可能なLSI「SCH801A」を発表した。量産開始は、2016年11月を予定している。(2016/3/25)

新たな「おもてなし」の姿を探る:
IoTで空港はどう変わる? 6つの実験でJALが気付いたこと
大手航空会社のJALがここ最近、ウェアラブルデバイスからIoT、ロボット活用とさまざまな実証実験を続けている。なぜ次々と実験を行っているのか。そして、数々の取り組みを通じてJALが目指す、IoT時代の「おもてなし」の姿とは。(2016/3/24)

スマートシティ:
災害時にも活躍する自立型の電子看板、防犯カメラやWi-Fiスポットも
大日本印刷(DNP)は、太陽光発電、風力発電、蓄電池を組み合わせた自然エネルギーシステムを搭載した、省エネルギー型のデジタルサイネージ(電子看板)を4月1日から発売する。災害時の緊急情報の発信や安否確認などができ、防犯カメラの搭載も可能だという。(2016/3/22)

芋洗坂係長も出演:
Yahoo! JAPANと電通、都営大江戸線六本木駅のデジタルサイネージでリアルタイムコンテンツの配信実験
ヤフーと電通は共同で、ヤフーが自社サービス上で提供する生活者に関心の高い旬なコンテンツを、ほぼリアルタイムでデジタルサイネージに自動配信する実証実験を開始した。(2016/3/14)

来店者の属性に最適な広告掲出、サンプル配布にSNS拡散も:
大広とNTT西日本、O2Oマーケティングツールをショッピングモールにテスト導入
大広とインタレストマーケティング、NTT西日本は、性別や年代情報を識別した広告掲出やサンプリングなどを実現するO2Oマーケティングツール「プレゼントウォール」をショッピングモールにテスト導入する。(2016/3/11)

凸版印刷 レール型電子棚札:
白・黒・赤の3色表示切り替えが可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイ
凸版印刷は、白黒赤の3色表示切り替えが可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイを開発。レール型電子棚札に適応し、2018年度の実用化を目指す。(2016/3/10)

PepperがAzureで接客を「学習」、来店者の個人情報はどうなる
ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが、PepperとMicrosoft Azureを活用したリテールソリューションについて協業した。第1弾として、Pepperと大画面PC「Surface Hub」、Microsoft Azureを組み合わせた店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を2016年秋に販売開始する。(2016/3/8)

京王井の頭線吉祥寺駅で実施:
ソーシャルメディア上で旬の話題を駅のデジタルサイネージに表示、Yahoo!リアルタイム検索がデータ提供
ヤフーは2016年1月7日より、京王井の頭線吉祥寺駅改札外正面の巨大デジタルサイネージに、「Yahoo!リアルタイム検索」のランキングコンテンツ「話題のツイート」の配信を開始した。(2016/3/7)

トリップアドバイザー担当者が語る:
PR:エアコンに次ぐ必需設備 「無料Wi-Fi」は外国人観光客のホテル選びのポイントに
インバウンド需要の高まりによって日本のホテルや観光業が沸いている。そうした中、トリップアドバイザーが行ったユーザー調査によると、外国人旅行客がホテルの部屋選びで重視するポイントとして「無料Wi-Fi」が上位に入っていることが明らかになった。これは今後の各宿泊施設の戦略に大いに関係しそうだ。(2016/3/1)

シャープ約4800億円で鴻海傘下に:
シャープが鴻海を選んだ理由と4800億円の投資先
シャープは2016年2月25日、臨時の取締役会を開いて鴻海から提案を受けていた支援策を受け入れることを決め、鴻海グループを割当先とする第三者割当増資を実施すると発表した。鴻海グループから調達する約4800億円の使途なども公表した。(2016/2/25)

15.6型でジャストサイズ:
PR:特定業務用途のPCにエプソンダイレクトの「Endeavor TD160E」を選ぶべき理由
公共施設で案内情報を表示するデジタルサイネージ、あるいはホテルや図書館などの検索端末――現代社会でごく当たり前にみられる風景の土台は、特定業務用途向けに開発されたPCが支えている。(2016/2/24)

2015年の日本の総広告費は? 電通発表
電通が2015年の日本の広告費を発表。前年とほぼ横ばいの6兆1710億円となった。(2016/2/23)

56インチの映像が空中に浮かび上がる:
空間に映像を表示、空中ディスプレイ
三菱電機は2016年2月、対角約56インチ(幅886mm×高さ1120mm)の映像を空中に表示できる「空中ディスプレイ」技術を開発した。空中に表示された映像の部分は、人が通り抜けることも可能である。(2016/2/19)

人が通り抜けられる大型「空中ディスプレイ」、三菱電機が開発
三菱電機の先端技術総合研究所が空中に大型映像を表示する「空中ディスプレイ」技術を発表した。デジタルサイネージやアミューズメント用途、案内標識など公共サインの分野に向けて開発を進める。(2016/2/17)

ジャパンディスプレイ、シャープとの統合“赤信号”も 本間会長「日本連合で戦うべきだ」
ジャパンディスプレイの本間会長は、シャープとの事業統合が不透明になったことについて、「一喜一憂はしていない」と述べ、単独での事業強化を進める考えを示した。(2016/2/9)

羽田空港でNAOがご案内、JALと野村総研が実証実験
日本航空と野村総合研究所が、羽田空港にてサービスロボット「NAO」を利用しての顧客サービス向上の実証実験を期間限定で実施する。(2016/2/8)

ヒートシンク搭載でファンは不要:
1000Wで効率90%、AC-DCパワーモジュール
TDKは、PFHC(高調波電流抑制・力率改善回路)とDC-DCコンバーターを1パッケージにしたAC-DCパワーモジュールの新シリーズ「PFE1000FA」を発表した。出力1000Wで、変換効率90%を実現している。(2016/2/4)

蓄電・発電機器:
日本初の空港内水素ステーションが登場、1時間でFCV6台に供給可能
水素社会の早期実現に向けて商用水素ステーションの整備に取り組んでいる岩谷産業は、このほど空港施設に隣接した水素ステーションとしては日本初となる「イワタニ水素ステーション 関西国際空港」を開設した。(2016/2/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windowsの決済端末から個人情報をどう守る? 米NYで見た最新動向
WindowsはPCだけでなく、街頭や店舗内に設置されるキオスク端末、会計に使うPOS端末にも導入されている。こうした機器からの情報流出は個人では防ぎようがないが、セキュリティ対策はどうなっているのだろうか。米国の最新動向をお届けする。(2016/2/2)

インバウンド需要対応、タフなデジタルサイネージ
コンテックとミラクル・リナックスが耐環境性に優れたデジタルサイネージプレーヤーを共同開発した。0〜50℃の気温変化に耐え、振動やホコリにも強い。多言語テロップの表示も可能だ。(2016/2/2)

ソニー、独自マーカーレスAR技術を一般向けに提供「SmartAR SDK」
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズがARアプリ開発キット「SmartAR SDK」を発売した。(2016/1/28)

限定特価品:
ドスパラパーツ館がリニューアルオープン 480GB SSDが1万2980円など引越しセールも開催
秋葉原のドスパラパーツ館がドスパラ別館に移転統合し、1月23日にリニューアルオープンする。23日と24日には数量限定の特価品セールも用意する。(2016/1/23)

米Intelとサトー、小売業向けIoTソリューションを開発
サトーホールディングスの子会社が、米Intelと協業で、小売業向けのIoTソリューションの提供を始める。(2016/1/19)

人口減少時代に備えたビジネス変革:
PR:デジタルサイネージを活用する札幌市交通局、業務可視化で価値創出
少子高齢化で人口減少が進む今、生活に欠かせない社会インフラである鉄道がビジネスモデルの変革を迫られている。乗車料金以外の収入源として着目するのは広告。デジタルサイネージに注力する札幌市交通局は、クラウドやBPMといったITの力を使い、広告価値の向上に挑んでいる。(2016/3/10)

マーケターが理解するべき「IoTビジネスモデル革命」(後編):
「IoTは活用事例が出るまで様子見」では始まる前から負けている
IoT(モノのインターネット)の時代、製品は「売るまでが勝負」ではなく「売ってからが勝負」。「購入」がゴールでない時代をマーケターはどう生き抜くか。(2016/1/15)

「世界最薄」:
サンディスクが1TBのM.2 SSDを発表、厚さは1.5mm
サンディスク(Sandisk)は、厚さ1.5mmの1Tバイト M.2 SSD(Solid State Drive)「SanDisk X400 SSD」を開発したと発表した。「厚さ1.5mmは世界最薄」(同社)という。(2016/1/8)

マーケターが理解するべき「IoTビジネスモデル革命」(前編):
「人がいなくてもいい世界」のマーケティングはどう変わるのだろうか
IoT(モノのインターネット)は今後、マーケティングという仕事にどのように関わってくるのか。『IoTビジネスモデル革命』の著者が解説する。(2016/1/7)

LG Display、18インチの“新聞紙のように巻ける”有機ELディスプレイをCESで発表へ
LG Displayは、6日から開催の「CES 2016」で、18インチで半径3センチの筒状に巻ける18インチの有機ELディスプレイや、表裏に同時に別の映像を表示できるサイネージディスプレイなどを披露する。(2016/1/4)

パナソニックの独自技術:
光の点滅とスマホでIDをやりとり、どんな仕組み?
パナソニックは、LED光源にスマートフォンをかざすことで、さまざまな情報が得られる可視光通信技術「光ID」の説明会を開催した。2015年12月19〜20日にかけて、銀座で光IDの体験イベントが開催されたという。本記事では、光IDがどのような技術かをデモ動画を交えて紹介する。(2015/12/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。