ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マルチディスプレイ」最新記事一覧

サードウェーブデジノス、4K×8画面出力対応のクリエイター向けPC「raytrek MD-8」
サードウェーブデジノスは、NVIDIA NVS 810を標準搭載したマルチディスプレイ出力対応のクリエイター向けPC「raytrek MD-8」を発売した。(2016/3/24)

TSUKUMO、4画面出力対応のBTOデスクトップ「eX.computer マルチモニタモデル」を発売
Project Whiteは、同社製PC「eX.computer」シリーズにマルチディスプレイ対応モデル計2製品を追加した。(2016/3/24)

ノートPCもデスクトップPCもより快適に:
PR:Windows 10をもっと便利にする「マルチディスプレイ」活用テク
スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。(2016/3/18)

MousePro、8画面出力に対応したNVIDIA NVS 810搭載デスクトップWSを発売
マウスコンピューターは、MouseProブランド製法人向けPCのラインアップにNVIDIA NVS 810搭載モデル2製品を追加した。(2016/3/15)

Windows 10のツボ(30):
Windows 10の「仮想デスクトップ」で作業スペースを何倍にも増やす
Windows 10の目玉機能として、1つのディスプレイでマルチディスプレイ環境を再現できる「仮想デスクトップ」が追加された。具体的な使い方を解説しよう。(2015/9/18)

Google、テレビ会議システム「Chromebox for meetings」の“大部屋向け”発売
Googleが企業向けテレカン(テレビ会議)システム「Chromebox for meetings」の上位モデル「Chromebox for meetings Large Room」を発表した。PTZカメラと2台のマイク/スピーカーが付き、デュアルディスプレイに対応するハードウェアで20人まで参加できるシステムの価格は1999ドルだ。(2015/6/25)

高解像度サブディスプレイの謎を解く:
Lenovoの2画面スマートウォッチ「Magic View」を“文字通り”のぞいてみた
Lenovoのグローバルイベント「Tech World 2015」にコンセプトモデルがドドドンと登場。デュアルディスプレイスマートウォッチの使用感を北京からリポート。(2015/5/29)

日本国内ユーザーからのフィードバックで改良:
PR:ノートPCにも高品位なデュアルディスプレイ環境を!――大幅進化したモバイル液晶「On-Lap 1303H」に迫る
大画面やマルチディスプレイ環境も珍しくないデスクトップPCに比べて、モバイルノートPCの画面が狭いと感じたことはないだろうか? そんなユーザーにうってつけの高品位な外付けモバイルディスプレイが登場した。(2014/12/25)

GIGABYTE、GeForce GTX 760搭載の「BRIX」発表
ゲーミング特化のコンパクトベアボーンに最上位モデルが登場。3画面同時出力にも対応する。(2014/12/24)

ACUBE、4K解像度4画面出力が可能なハイエンドグラフィックスカード「AMD FirePro W7100」
エーキューブは、PCI Express接続対応のハイエンドグラフィックスカード「AMD FirePro W7100」の取り扱いを発表。最大4096×2160ピクセルの4画面出力を行える。(2014/12/17)

サンワ、ディスプレイ+タブレットを同時設置できるデュアルディスプレイアーム
サンワサプライは、ディスプレイとタブレット端末の2台を固定できるデュアルディスプレイアーム「100-LA028」の取り扱いを開始した。(2014/12/5)

ジャパンマテリアル、6画面出力対応のMatrox製グラフィックスカード「C680」など2製品
ジャパンマテリアルは、Matrox製最新グラフィックスカード「C680」「C420」の2製品の取り扱いを開始する。(2014/12/2)

至高のITマリアージュ:
「Surface Pro 3」と4Kパネル2枚でメイン環境を構築してみた
フルHDディスプレイ6面をメイン環境として利用する筆者が、Surface Pro 3で4Kディスプレイ×2のマルチディスプレイ環境にチャレンジ。うわっ……私のデスクトップ、広すぎ……?(柳谷智宣)(2014/11/6)

マルチディスプレイにも最適:
没入感アップ! 狭額縁なPCディスプレイ5選
ベゼルが狭いと、マルチディスプレイ環境もより違和感がない自然な仕上がりに。(2014/11/4)

玄人志向、4画面出力/ロープロ対応のGeForce GT 730グラフィックスカード
玄人志向は、ロープロファイル対応のGeForce GT 730搭載PCI Expressグラフィックスカード「GF-QUAD-DISP/4DVI/LP」の取り扱いを発表した。(2014/10/3)

デル、狭額縁デザインの16:10表示対応24型ワイド液晶「U2415」
デルは、マルチディスプレイの構築にも向く狭額縁デザインを採用した24型ワイド液晶ディスプレイ「U2415」を発表した。(2014/9/30)

実装ニュース:
図研の電気CAD「CR-8000」のUIが4K表示に対応、もうマルチディスプレイは不要!?
図研は、電気CAD「CR-8000 Design Force」の新バージョン(ver.2014.1)で、4K解像度(約4000×2000画素)の液晶ディスプレイやタブレット端末に対応する新たなユーザーインタフェース(UI)を実装した。(2014/9/3)

デル、ベゼル幅約6ミリの狭額縁デザインを実現した24/27型フルHD液晶ディスプレイ
デルは、マルチディスプレイ構築にも向く狭額縁デザイン筐体を採用した24/27型フルHD液晶ディスプレイ「S2415H」「S2715H」を発売する。(2014/8/26)

フレームレス“5760×1080ピクセル”の快適さ:
PR:これはマルチディスプレイ革命だ!――“超狭額”エンタメ液晶「FORIS FS2434」×3台の極楽環境にどっぷりハマる
マルチディスプレイ環境はなにかと便利だが、画面と画面の間に挟まるフレームが見た目のノイズになってしまうのは難点だ。しかし、EIZOが新たに投入した「フレームレス」デザインの液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」であれば、この問題もほとんど解決できるハズ。実際に使ってみると、多くのユーザーは「これまでのマルチディスプレイは何だったのか……」と衝撃を受けるのではないだろうか?(2014/7/8)

至高のITマリアージュ:
デュアルディスプレイ×Synergy――“Win&MacもOK”でオレの仕事場が快適すぎる!!
メインマシンとサブマシン、MacとWindowsなど、ひとりで複数のPCを使う人は今やめずらしくない。これを最大限効率的に利用する方法とは(溝口裕作)(2014/6/26)

PC USER 週間ベスト10:
最薄・最軽量の10.1型Androidタブレットに興味津々(2014年5月5日〜5月11日)
今回のアクセスランキングは、ついに国内モデルが登場した「Xperia Z2 Tablet」、アキバのPCパーツ情報、Windowsの新アプリ戦略、マルチディスプレイに適した製品の選び方などがトップ10に入りました。(2014/5/12)

SOHO/中小企業に効く「ディスプレイ」の選び方(第4回):
作業効率が大きく向上――「マルチディスプレイ」向きの液晶ディスプレイを選ぶ
業務効率を高めるのに有効な「マルチディスプレイ」。今回はマルチディスプレイ環境の構築に適した製品を画面サイズ別に見ていこう。(2014/5/9)

SOHO/中小企業に効く「ディスプレイ」の選び方(第3回):
見落としがちな「マルチディスプレイ」に適した液晶ディスプレイの条件とは?
デスクトップPCとの接続はもちろん、ノートPCの外付け用途も増えている液晶ディスプレイ。そんな液晶ディスプレイの選び方を紹介する本連載の第3回は、「マルチディスプレイ」に適した製品選びのポイントを見ていこう。(2014/5/1)

ユニットコム、マルチディスプレイ対応の株取引向けPC「kabuパソ」シリーズをリニューアル
ユニットコムは、株取引向けとなるマルチディスプレイ表示対応のデスクトップPC「kabuパソ」シリーズの新モデル4製品を発売した。(2014/1/27)

マウスコンピューター、4K出力もサポートした高解像度作業向きのQuadro搭載ハイスペックノート
マウスコンピューターは、高解像度映像編集向けとなるQuadro搭載ノートPC「MousePro NB9」シリーズを発表。4K出力や3画面出力も標準で対応する。(2014/1/8)

アユート、非固定式のスタンド型マルチディスプレイアームを発売
アユートは、クランプなどを用いないスタンド型デザインを採用したマルチ液晶ディスプレイアーム「TS」シリーズを発表した。(2013/11/28)

広田稔のMacでいこうな(23):
Mavericksでマルチディスプレイが最強すぎる
最新のOS X 10.9「Mavericks」で筆者イチオシの機能といえば、まず真っ先に挙げたいのがマルチディスプレイ対応。いろいろとはかどるぞ!(2013/11/11)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
Windows 8.1新機能チェック──強化された「マルチディスプレイ環境」
2013年10月17日のリリースが決まったWindowsの次期バージョン「Windows 8.1」。今回はWindows 8.1で強化された機能の1つ「Modern UIのマルチディスプレイ環境」を深掘りしよう。(2013/8/20)

バラして見ずにはいられない:
悲運の名機「MEDIAS W」の突き抜けた個性を分解して知る
肯定にしろ否定にしろ、登場したときの衝撃を覚えている関係者は多い。「コンパクトで大画面でマルチディスプレイ」に挑戦した“W”をその内部から検証する。(2013/8/12)

ASUS、Xeon E3対応WSマザーボード「P9D WS」
ASUSがIntel C226搭載のワークステーション向けマザーボードを投入。Xeon E3を搭載し、マルチGPU/ハイクラスマルチディスプレイ環境とする業務マシンの構築に適する。(2013/8/9)

サードウェーブデジノス、6画面出力対応PC「Raytrek MD」に9万円台の低価格モデルを追加
サードウェーブデジノスは、最大6画面の同時出力をサポートしたデスクトップPC対応デスクトップ「Raytrek MD-M」を発売した。(2013/8/2)

Leadtek、3画面出力も可能なファンレス仕様のGeForce GT 630グラフィックスカード
アスクは、リードテック製となるGeForce GT 630搭載グラフィックスカード「WFGT630-2GD3HS」の取り扱いを発表した。(2013/7/30)

サードウェーブデジノス、6画面出力対応のミドルタワーPC「Raytrek MD-6」をリニューアル
サードウェーブデジノスは、最大6画面のマルチディスプレイ出力に対応したミドルタワー型デスクトップPC「Raytrek MD-6」の新モデルを発表。CPUを最新の第4世代Core i7に変更した。(2013/7/18)

「MEDIAS W」をもっと使うもっと遊ぶ:
2画面スマートフォンの作業効率を再評価する
デュアルディスプレイという“類まれなる姿”で一躍有名となったMEDIAS W。でも、その実力を正しく評価してるかな? 硬軟両面からもう一度見直してみよう。(2013/7/10)

ゲームが、仕事が、トレードがはかどる!:
PR:6画面“5760×2160”ディスプレイで圧倒的戦力を手に入れる
PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。(2013/7/9)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第370話 マルチディスプレイ
大きく大きく、そしてマルチに。ディスプレイの大型化、マルチ化で、さらなる大情報を一望にせよ!(2013/6/25)

Leadtek、3画面出力に対応したGeForce GT 630グラフィックスカード
アスクは、Leadtek製となるGeForce GT 630搭載PCI Expressグラフィックスカード「WFGT630-2GD3ATX2」の取り扱いを開始する。(2013/6/21)

マウスコンピューター、ディスプレイ3枚を付属したマルチディスプレイ対応デスクトップ
マウスコンピューターは、同社製デスクトップPCにディスプレイ3台を付属したセットモデルを発売する。(2013/6/14)

ドリキンが斬る!(2):
WWDC 2013キーノート(OS X編)
WWDC常連のドリキンが、エンジニア視点で書き綴る。OS X Mavericksのタブ化されたFinder、タグ、マルチディスプレイから核心のアドバンスドテクノロジーまで。(2013/6/13)

第4世代Core+3画面出力対応の高性能スリムデスクトップ──「Endeavor MR4400E」
エプソンダイレクトがHaswell搭載の高性能デスクトップPC新シリーズ「Endeavor MR4400E」を投入。省スペース志向のスリムタワーボディを採用し、標準で3画面出力をサポートする。価格は9万5340円から。(2013/6/4)

組み込み技術:
【ESEC2013】3画面出力で監視システムに適用も、ADLINKの組み込みコンピュータ
ADLINKジャパンは、Intelの第3世代プロセッサを搭載したCOM(コンピュータ・オン・モジュール)の最新版などを展示した。従来品に比べて動作温度範囲を広げ、耐環境特性を向上させている。(2013/5/10)

ASUS、“裏表両面”デュアルディスプレイ搭載Ultrabook「TAICHI」に13.3型液晶搭載の法人向けモデルを追加
ASUSTeKは、法人向けとなる両面式デュアルディスプレイ搭載Ultrabook「TAICHI 31」の販売を開始する。(2013/5/8)

なんだか“ちっこい”ヤツを試してみよう:
上海問屋の「ちびディスプレイ」でデュアルディスプレイ環境を構築してみた
デュアルディスプレイにしたい! でも、自分の机にそんなスペースは……と思っているあなた。こんな方法もある。(2013/5/1)

エルザ、4画面出力にも対応したGeForce GTX 650 Ti BOOSTグラフィックスカード
エルザジャパンは、GeForce GTX 650 Ti BOOSTを採用したPCI Expressグラフィックスカード「ELSA GeForce GTX 650 Ti BOOST S.A.C」を発売する。(2013/4/24)

ドスパラ、静音設計の6画面マルチディスプレイ対応デスクトップ「Raytrek MD-M」
サードウェーブデジノスは、最大6画面までのマルチディスプレイ表示に標準で対応したCore i5搭載デスクトップPC「Raytrek MD-M」を発売する。(2013/4/19)

Faith、GeForce GTX 680×2基搭載で3画面出力に対応したゲーミングPC「PASSANT Ex PROSPEC GAMER ALPHA」
ユニットコムは、“NVIDIA SURROUND”による3画面同時出力に対応したゲーミングデスクトップPC「PASSANT Ex PROSPEC GAMER ALPHA」を発表。23型ワイド液晶を3台付属したセットモデルだ。(2013/4/9)

ドスパラ、6画面出力をサポートしたミニタワー型PC「Raytrek MD-6」
サードウェーブデジノスは、グラフィックスカードとしてNVIDIA NVS 510を標準搭載したミニタワー型デスクトップPC「Raytrek MD-6」を発売した。(2013/4/4)

自作PCパーツ販売ランキング(2013年2月18日〜2月24日):
新生活を機に、マルチディスプレイにしてみては?(2013年2月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2013年2月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。今週はUSBグラフィックスアダプタが大人気。TOP10に4モデルがランクインしました。(2013/3/5)

「2つのUI」を「2つの画面」で使いやすく:
PR:Windows 8を“極楽”に変える「マルチディスプレイ」のすすめ
PCの作業効率を高めたいならば、マルチディスプレイに注目だ。特にWindows 8では、マルチディスプレイの機能が大きく拡充され、より快適に利用できるようになった。今回は知ってトクするWindows 8でのマルチディスプレイ環境構築テクニックを紹介しよう。(2013/2/28)

タッチ対応ノートPCが当たるかも:
アキバで“2画面”Ultrabook「ASUS TAICHI」を体感せよ!
ASUSがノートPC秋冬モデルを体験できるイベントを秋葉原で開催中。デュアルディスプレイ搭載Ultrabook「TAICHI21」や、4万円台からのタッチ対応ノートPC「VivoBook X202E」などを体験できる。さらに、日本未発表のタッチパネル搭載ZENBOOKもチラ見せ。(2012/12/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。