ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトバンク・テクノロジー」最新記事一覧

セキュリティのアレ(38):
IoT機器を悪用するDDoS攻撃、打つ手はあるのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第38回のテーマは「IoT機器をめぐるセキュリティ」です。2016年9月に話題になったDDoS攻撃を中心に、一筋縄ではいかないIoT機器のセキュリティについて議論します。(2016/11/29)

活版印刷の“にじみ”再現「にじみフォント」、DNPが開発 画像処理で揺らぎ演出
活版印刷の文字の“にじみ”を再現した「秀英にじみ明朝L」を大日本印刷が開発。Webフォントサービス「FONTPLUS」利用者向けに提供する。(2016/11/21)

セキュリティのアレ(37):
「セキュリティ診断」を受ける前に知っておきたい基礎知識
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第37回のテーマは「セキュリティ診断」です。業者にお任せにせず、セキュリティ診断を賢く受けるためのポイントを解説します。(2016/11/7)

ルネサス エレクトロニクス RZ/G Linuxプラットフォーム:
RTOSからLinuxへの移行を容易に、ルネサスが産業機器向けLinuxソリューション
ルネサス エレクトロニクスが組み込み機器向けプロセッサと動作検証済みLinux、ミドルウェアなどを組み合わせたLinuxプラットフォームを提供開始した。RTOSがまだまだ多く利用されている産業機器のLinux移行を促す。(2016/10/27)

組み込み開発ニュース:
ルネサスが高機能な産業機器向けにLinux開発環境を提供、エコシステムが充実
ルネサス エレクトロニクスは、産業機器にHMI(Human Machine Interface)機能を搭載する際などの組み込みLinux環境の導入の容易化と、産業機器分野の製品開発およびメンテナンスに掛かる総費用を低減する「RZ/G Linuxプラットフォーム」を新たに開発した。パートナー企業と協力してのエコシステムの充実が最大の特徴となる。(2016/10/26)

セキュリティのアレ(36):
Operation Killing Bayとは何か? 国際的なサイバー攻撃事情を専門家たちが語る
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第36回は2016年9月にも加熱した「Operation Killing Bay」をテーマに、さまざまなサイバー攻撃者たちの動向などについて解説します。(2016/10/24)

セキュリティのアレ(35):
脆弱性情報を読み解く際の必須用語、exploit(エクスプロイト)とは
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第35回はセキュリティ用語としての「exploit(エクスプロイト)」について解説します。(2016/10/11)

セキュリティのアレ(34):
「ゼロデイ」とは何か?――情報セキュリティ用語解説シリーズ
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第34回は、セキュリティの世界でよく使われる「ゼロデイ」という言葉の意味を分かりやすく解説します。(2016/9/20)

セキュリティのアレ(33):
セキュリティ事故発生、企業はどこまで「情報開示」すればよいのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第33回は、情報漏えいなどのセキュリティ事故・事件を起こしてしまった企業における「情報開示」の在り方について考えます。(2016/9/12)

セキュリティのアレ(32):
「ポケモンGO」に「リオオリンピック」、セキュリティ専門家はどう見たか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第32回は、「ポケモンGO」や「リオデジャネイロオリンピック」など、2016年7、8月に注目を集めたイベントを、情報セキュリティの観点から見ていきます。(2016/9/5)

セキュリティのアレ(31):
LinkedIn、MySpace、Tumblrからの大量情報漏えいについて整理する
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第31回では、2016年5月に報道が相次いだ大規模なアカウント情報の漏えい事件について解説します。(2016/8/29)

セキュリティのアレ(30):
目に見えない「Webサイト改ざん」に気付く方法
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第30回のテーマは「Webサイト改ざん」です。改ざんの“4パターン”から有効な対策、対処方法まで、解説します。(2016/8/19)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(3):
ソーシャルエンジニアリングは予算獲得にも応用できる?
本稿では、@ITが2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第3弾をお届けする。(2016/7/21)

自動運転技術 SBドライブ インタビュー:
5Gからドライバー育成まで、ソフトバンクが自動運転でやろうとしていること
「なぜソフトバンクがクルマ?」という社内の疑問の声に対し「自動運転にビジネスチャンスがある」と声を大にして説得したのは、30歳の中堅社員だった。「自動車メーカーやサプライヤとは競合しないが、ソフトバンクグループができることは多い」と語るSBドライブ 社長の佐治友基氏らに話を聞いた。(2016/7/5)

Active Directoryによるローカル管理者のパスワード管理(1):
「ローカル管理者」のパスワード管理、どうする?――LAPSを使ってみよう!
過去に大規模な情報漏えい事件の要因にもなった「PCのローカル管理者パスワード」を効率的に管理するためのツール「Local Administrator Password Solution(LAPS)」の使い方を紹介します。(2016/6/22)

セキュリティのアレ(27):
誰でも分かる「Tor」解説
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第27回のテーマは「Tor」です。悪用事例もしばしば報じられる仕組み・ツールですが、それだけではないTorの“本来の目的”を解説します。(2016/6/3)

セキュリティのアレ(26):
専門家が教える「脆弱性情報」の見方
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第26回のテーマは「脆弱性情報への対処の仕方」です。名前や危険度などの情報に振り回されないための考え方を解説します。(2016/5/27)

「Pepper」の情報を有効活用へ:
「Pepper」用動作設定アプリにデータ分析ツールを連係、ソフトバンク・テクノロジーグループが提供
M-SOLUTIONSとソフトバンク・テクノロジーは、「Smart at robo for Pepper」のオプションサービスとして「Power BI 分析オプション」の提供を開始すると発表した。(2016/5/25)

セキュリティのアレ(25):
「Google Hacking(グーグル ハッキング)」とは
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第25回は用語解説シリーズです。「Google Hacking(グーグル ハッキング)」を取り上げます。(2016/5/20)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

セキュリティのアレ(24):
個人情報漏えいが相次いだ2016年4月――セキュリティ専門家たちが振り返る
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第24回は毎月恒例の「振り返り編」です。4月にはCMSプラグインの脆弱性に起因する個人情報漏えい事件が相次ぎました。専門家がその経緯や対策について解説します。(2016/5/13)

@ITセキュリティフォーラムGW特別企画:
GW中に読みたいサイバーセキュリティ関連記事まとめ
本稿では、2016年1月〜4月に@IT「Security & Trust」で公開した記事の中から、「各月最も読まれた記事トップ3」を発表します。(2016/5/6)

セキュリティのアレ(23):
「パスワードの定期変更」を考え直そう
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第23回のテーマはセキュリティ業界では度々議論されてきた「パスワードの定期変更」です。その効果について、ケースを分けて考え直します。(2016/4/28)

太陽光:
ドローンで太陽電池を守る、空からホットスポットを検知し即日共有
ソフトバンク・テクノロジー、エナジー・ソリューションズ、サイバートラスト、M-SOLUTIONSの4社は、ドローンとクラウド技術を使って太陽電池の赤外線検査を行うシステムのプロトタイプを開発した。サービス提供は2016年8月を予定している。(2016/4/22)

IT Leaders xChange サミット 2016 Springレポート:
PR:企業のエグゼクティブは「デジタル化によるビジネス変革」をどうリードしていくべきか?
2016年3月3日、「IT Leaders xChange サミット 2016 Spring」(日本マイクロソフト主催)が開催された。企業のCIOや情報システム部門の責任者など、ITでビジネスをリードするエグゼクティブが多数の参加し、もはや止めようがないビジネスのデジタル化について、パネルやセッションを通して活発な討議を行った。(2016/4/19)

セキュリティのアレのアレ:
分かりやすくて“楽しい”セキュリティ解説人気記事まとめ
2015年11月10日にスタートした連載「セキュリティのアレ」。新年度を迎えるに当たり、2015年度に公開した本連載の中から、特に反響の大きかった記事をピックアップして紹介します。(2016/3/30)

「@ITセキュリティセミナー(東京)」レポート2016:
セキュリティエキスパートたちが「最近気になっていること」――@IT人気筆者陣も登壇
2016年2月26日に、東京は青山にて「@ITセキュリティセミナー」が開催された。本稿ではそのダイジェスト(前編)をお届けする。(2016/3/23)

自社で培った4年間の運用ノウハウを凝縮:
ソフトバンク・テクノロジー、「Microsoft Dynamics CRM Online」導入支援を開始
ソフトバンク・テクノロジーは2016年3月15日、「Microsoft Dynamics CRM Online 導入サービス」を開始すると発表した。(2016/3/15)

適切なインシデント対応と情報公開には、適切な評価を:
EmEditorや「オバQの毛」に気付いたeBookJapanに見る、「有事」のあるべき姿勢とは
セキュリティインシデントに遭遇した後、優れた対応を取った企業や組織を表彰することで、適切な事後対応に取り組むモチベーションとしてもらうことを目的とした「セキュリティ事故対応アワード」の表彰式が2016年2月24日に行われた。(2016/3/15)

ソフトバンク・テクノロジー IoT構築サービス:
「コストメリット」「構築スピード」「柔軟性」――三拍子そろったIoT構築支援サービス
ソフトバンク・テクノロジーは「Microsoft Azure」「Azure IoT Hub」「Azure SQL Data Warehouse」「Azure Machine Learning」などを組み合わせて、IoTプラットフォームの構築を支援する「IoT構築サービス」の提供を開始した。(2016/3/15)

初期投資を低減:
Azureを全面採用したIoT構築サービス
ソフトバンク・テクノロジーは2016年3月10日、IoT構築サービスの提供を開始した。プラットフォームに「Microsoft Azure」を採用する。(2016/3/14)

標的型攻撃やランサムウェアの手口をデモで紹介:
PR:サイバー攻撃の最前線、「エンドポイント」を守る術は?
標的型攻撃やランサムウェアなどの最近の脅威は、メールやWebといった経路を通じてエンドポイントをダイレクトに狙ってくる。こうした攻撃を全てを防ぎ切るのは困難だ。従って、速やかに脅威を検知し、情報漏えいなどの深刻な被害に至る前に食い止めることが重要となる。「攻撃者視点で明かす、エンドポイントの脆弱性」と題する勉強会では、その勘所が紹介された。(2016/3/1)

日本型セキュリティの現実と理想:
第17回 「標的型メール訓練」がもてはやされる理由
ここ数年、セキュリティ対策として急速に市場で認知されたのが「標的型メール訓練」である。今回はこの賛否両論あるサービスの有効性と実施しなければならない理由について述べてみたい。(2016/2/25)

反捕鯨、反イルカ漁キャンペーンの一環か:
JICAなどのサイトが閲覧しづらい状態――またアノニマスのDDoS攻撃か
2016年2月19日午前10時前後から、JICA(国際協力機構)など複数組織のWebサイトが閲覧できない状態となっている。最近日本に向けて相次いでいる「アノニマス」によるDDoS攻撃の影響か。(2016/2/19)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(5):
Metasploitによる「受動的攻撃」――侵略を拡大せよ
「Metasploit Framework」を使って「攻撃者の手法」を解説する本連載。前回は、Metasploitを用いた「受動的な攻撃」により、攻撃対象のコンピューターを乗っ取る手順を紹介した。今回はさらに歩を進め、攻撃者が対象のコンピューターを「自分にとって都合の良い環境」に仕立て上げていくプロセスを解説しよう。(2015/12/15)

「vvvウイルス」で注目集めたランサムウエアの脅威、対策は?:
「vvvウイルス」の日本への流入は限定的、「アップデート」「バックアップ」といった基本の徹底を
2015年12月5日以降、ランサムウエアの一種である「CrypTesla」(別名:TeslaCrypt)による被害がネット上で話題になった。これを受けてセキュリティベンダー各社が関連する情報を公開し、基本的な対策をあらためて呼び掛けている。(2015/12/9)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(4):
Metasploitによる「受動的攻撃」――獲物を待ち受けろ
「Metasploit Framework」を使って「攻撃者の手法」を解説する本連載。前回までは、Webサーバーに対する能動的な攻撃手法を紹介してきた。今回からは、「メールによる攻撃サイトへの誘導」や「水飲み場型攻撃」に代表されるような、「受動的な攻撃」の手法を紹介しよう。(2015/12/7)

「感情そのもの」の様子を高い精度で即時に類推:
ソフトバンク・テクノロジーとEmotion Intelligence、感情と行動データのリアルタイム連係サービスを発表
ソフトバンク・テクノロジーとEmotion Intelligenceは2015年11月6日、業務提携を発表。感情データを利用したデジタルマーケティング共同事業の第1弾として「Emotion i」の提供を開始した。(2015/11/9)

ホワイトペーパー:
ソフトバンク・テクノロジーに学ぶ超大量ファイルサーバのリプレース方法
「いかに業務を止めずに大容量のファイルサーバへと拡張するか」。3.5Tバイトに達する超大量のファイルサーバを、ソフトバンク・テクノロジーはどうやってリプレースしたのか?(2015/10/13)

デジタルマーケティング基盤をトータルサポート:
ソフトバンク・テクノロジー、Microsoft Azureで「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは2015年9月14日、「Asianux Server」を活用した「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始すると発表した。(2015/9/14)

デジタルサイネージ:
ミラクル・リナックス、「Adobe Experience Manager」向けデジタルサイネージコンテンツ配信機能
ミラクル・リナックスとソフトバンク・テクノロジーが、デジタルサイネージのコンテンツ管理を行う「Adobe Experience Manager連携サービス」の提供を開始した。(2015/9/11)

ますます加速するクラウドファースト:
事例で見るハイブリッドクラウド実践のいま
プライベートクラウドとパブリッククラウドを適材適所で使い分けるハイブリッドクラウドは、最も現実的なクラウド形態といえる。ただし、ハイブリッドクラウドを“一元的なシステム”として効率的に活用するためには、ビジネスニーズに合った適切な構成が必要になる。では、いまハイブリッドクラウドはどのように実践されているのだろうか。(2015/9/3)

ドラッグ&ドロップで簡単に分析画面を作成:
ソフトバンク・テクノロジー、セルフサービス型BIツール「Qlik Sense」の販売を開始
ソフトバンク・テクノロジーは2015年7月24日、クリックテック・ジャパンが提供するセルフサービス型分析プラットフォーム「Qlik Sense」の販売を開始したことを発表した。(2015/7/27)

Flashの脆弱性悪用攻撃、国内ハイテク2社に被害
国内2組織のWebサイトが改ざんされた攻撃で、Webサイトを利用していた別の2つのハイテク企業が被害に遭ったという。(2015/7/22)

Firefoxでは一時的に無効化の措置も:
アドビ、Flash Playerの脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開
米アドビ システムズは予告通り、Adobe Flash Playerに存在する複数のゼロデイ脆弱性を修正するセキュリティアップデート(APSB15-18)を公開した。早急な適用が推奨される。(2015/7/15)

今週中にアップデートを準備、それまでは一時的な無効化なども検討を:
Adobe Flash Playerに相次ぎゼロデイ脆弱性発覚
2015年7月に入り、米アドビ システムズのFlash Playerの深刻なゼロデイ脆弱性が相次いで明らかになった。(2015/7/13)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(3):
ファンタスティックな4つのMetasploitペイロード
この連載では、効率よく守る方法を考えることを目的に、実際に手を動かし、攻撃がどのように行われるかを知るため、「Metasploit Framework」のインストール方法と実際の攻撃の流れを紹介してきた。今回は、Metasploit Frameworkに用意されているいくつかのペイロードを紹介しよう。(2015/7/1)

日本型セキュリティの現実と理想:
【新連載】セキュリティインシデントが繰り返される理由
セキュリティ対策をしているにもかかわらず、標的型攻撃による情報漏えいなどのインシデントが後を絶たないのはなぜか――。業界通の筆者が、その理由を歴史からひも解く渾身の新連載。(2015/7/1)

「de:code 2015」展示ブースまとめ:
PR:ビジネスに即したクラウド、セキュリティソリューション、未来を感じるアプリ19選
日本マイクロソフトが2015年5月26、27日に開催したエンジニア向けカンファレンス「de:code」では、「モバイルファースト・クラウドファースト」がキーワードに。併設の展示会場では、Microsoft Azureやマルチプラットフォーム対応のアプリなど、多彩なソリューションが紹介された。(2015/6/15)

「事故前提」で早期発見、早期対処の仕組み作りと文化を:
日本年金機構の情報漏えい、本当に必要な再発防止策とは?
日本年金機構が標的型攻撃を受け、年金加入者の氏名や基礎年金番号といった個人情報、約125万件が漏えいしたことが明らかになった。たとえ攻撃を受けても、それを早期に検知し、大規模な情報流出に至らないよう被害を最小限に食い止める取り組みが必要だとセキュリティ専門家は指摘する。(2015/6/3)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。