ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失敗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失敗」に関する情報が集まったページです。

家電ベンチャーのUPQ、Cerevoに量産を委託へ 「想像以上の反響、失敗、学びあった」
家電ベンチャーのUPQが、Cerevoに製品の量産を委託へ。UPQは商品企画やプロダクトマネジメント、販売に注力する。(2019/1/15)

「作戦失敗ニャ」 エサの二重取りを画策した猫さん 家族の連携プレーによって阻止されてしまう
後でオヤツをもらえました。(2019/1/11)

運用管理と障害対応の機能に注目
HCI導入の不安もこれで解消? 製品選びのポイントは「運用管理の自動化」
IT運用管理を楽にするHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)に注目する企業は増えつつある。HCI選びで失敗しないためにも、運用管理やバックアップなど「使いやすさ」の観点で何を重視すべきかについて、最新事情を交えて識者が説明する。(2019/1/10)

IT用語解説系マンガ:食べ超(154):
RPA導入で社員にもロボットダンスする余裕ができました
良いRPAツールは、設定に失敗しても「あなたは人間だから、仕方がないですよ」と慰めてくれます。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/1/9)

MONOist IoT Forum 東京2018(中編):
IT業界の成功事例は製造業にとっては失敗事例? ヤマ発が語るデジタル変革の本質
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2018年12月18日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。中編ではヤマハ発動機 フェローの平野浩介氏による特別講演「典型的な日本の製造業でデジタルトランスフォーメーションを推進するには?」の内容を紹介する。(2019/1/8)

Oracleサポート出張所(5):
Oracle Databaseのリスナーログ、接続障害発生時にどこを見るか
本連載は、「Oracle Database」で発生するトラブルをどう解決すればよいのか、データベースの運用管理において、より円滑に業務を進めるために必要なノウハウを紹介します。今回は「リスナーログの出力内容や接続障害発生時の着目ポイント」について、接続成功例と接続失敗例を用いて解説します。(2018/12/28)

最新テクノロジーの取り込み:
UberもAirbnbもNG、韓国財閥が阻む新興ビジネス
チェ・パダさんが自分のカーシェアリング会社「Luxi」を現代(ヒュンダイ)自動車に売り込んだとき、最新テクノロジーを取り入れることに失敗すれば、韓国最大手の自動車メーカーである現代自に未来はないと訴えた。(2018/12/26)

開発残酷物語(9):
コメントに外国語ががが!――唐揚げにつられて入社したエンジニアを襲った悲劇
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は「発注」にまつわる失敗談を紹介します――えっ、発注“する”方? 開発会社なのに???(2018/12/25)

「思ったほど検出しない」となった企業も:
PR:EDR導入でも失敗して泣かないための、エンドポイントセキュリティを超えた考え方とは
旧来のシグネチャベースのアンチウイルス製品では近年猛威を振るうランサムウェアなどを検出できないようになってきた。そのため現在は、新しいエンドポイントセキュリティ製品として「EDR」(Endpoint Detection and Response:エンドポイントの検出と対応)が大きな注目を集めている。だが、導入したもののうまくいかないケースは少なくない。その理由とは何なのか。(2018/12/28)

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第4回】
タブレットを充電しながら収納できる「充電保管庫」の失敗しない選び方
タブレットや2-in-1などの「学習者用コンピュータ」を活用する上で、併せて検討したいのが「充電保管庫」だ。そのタイプ別のメリットとデメリットを整理し、選定ポイントを示す。(2018/12/17)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/12/10)

「人生100年時代」を生き抜くためのスキルは?:
18年「お金の失敗」平均額は85万円 若者はより堅実で失敗を避ける傾向に
現在の若者はお金の管理において、より堅実で慎重な傾向に――。AIを搭載した資産運用サービス「THEO」を運営するお金のデザインは12月7日、お金と生活に関する調査結果を発表した。(2018/12/7)

8年連続赤字企業を救った戦略:
どん底から復活したメガネスーパーは、なぜ「安売り」と決別できたのか
わずか数年前、倒産寸前まで追い詰められていたメガネスーパーの「V字回復」が注目を浴びている。どのようにどん底からはい上がったのか。失敗と復活の背景には、眼鏡業界のビジネスモデルの変化を踏まえた戦略の転換があった。詳しく解説する。(2018/12/6)

アイドルというキャリア:
「何度失敗しても、私が前を向き続ける理由」 AKB48・岡田奈々の生きる道
真っ直ぐに頑張っている人が報われるように――。こうした思いを持ち続けて、日々奮闘する女性がいる。アイドルグループ、AKB48の岡田奈々さんだ。彼女の人生を紐解いていく。(2018/12/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガバナンスの失敗 ゴーン問題の補助線(4)
シリーズでお伝えしてきた「ゴーン問題の補助線」。最終回は、日産リバイバルプラン前から現在の状況に至る企業ガバナンスのあり方について考えてみたいと思う。(2018/11/29)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(25):
接点部品(4)――SWのディレーテング
これまでスイッチ(SW)に適用される安全規格や使い方、選択のポイントなどについてその概要を説明してきました。今回は、SWのディレーティングの考え方や失敗事例などについて説明します。(2018/11/27)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年10月版】:
IoTやAIを活用しながら次世代モノづくりの実現を目指すパナソニック 新潟工場
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。2018年10月の第1位は工場取材シリーズの第7弾「LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場」でした。IoT、AI、ロボティクス技術を活用した同工場の取り組みを詳しく紹介しています。その他、人気のコラム連載「GLOBALFOUNDRIESの7nmプロセス無期限延期と先端プロセス技術をめぐる競争の行方」や新連載「3D CAD選びで失敗しないために知っておきたい“6つ”のポイント」に注目が集まりました。(2018/11/27)

社員をしらけさせるから「働き方改革」は失敗する 三社三様の「社員をその気にさせる方法」とは
掛け声ばかりで誰も踊らない――。ITmedia エンタープライズ編集部が行ったパネルディスカッションで、「そんな働き方改革の失敗は『社員のしらけ』によるもの」という意見が出た。社員をしらけさせず、その気にさせるにはどうすればいいのか。(2018/11/21)

「憧れのベリーショート」失敗して“金色のマリモ”に 大学デビューが粉砕される悲劇描いた漫画に反響
どうしてこうなった。(2018/11/14)

顧客を知り、顧客に寄り添う:
KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティング施策で3000万円を投下して大失敗した経験から、何を学んだのか。(2018/11/13)

セキュリティ・アディッショナルタイム(28):
失敗が許される環境でインシデント対応に付きまとう利害調整や時間の制約を経験――あらためて振り返るHardening競技会
2018年11月21日、22日に沖縄県宮古島で「Hardening II SecurEach」が開催される。その開催を前に、過去のHardening競技会と、そこから派生した「Micro Hardening」の取り組みを振り返ってみよう。(2018/11/9)

PR:ミキサーを爆発させたら豪華ホテルのアフタヌーンティーが当たるかも!? ハプニング写真を超ポジティブに投稿する「失敗じゃない」キャンペーン開始
見方を変えれば失敗じゃない!(2018/11/8)

Tech TIPS:
Windows 10でWindows Updateに失敗する場合の対処方法
Windows Updateでエラーが生じて、更新プログラムが適用されなくなることがある。このような状態を放置しておくと、脆弱性が残ったままとなってしまう。そこで、Windows 10でWindows Updateがエラーを起こした場合の対処方法を解説しよう。(2018/11/5)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(4):
PR:Excel勤怠管理からの脱出――人事の専門家がグループウェアで進めた「働き方改革」
ツールの導入が目的になってしまい、運用で破綻してしまう――IT導入のよくある失敗例だ。特に「働き方改革」ではこの傾向が強く表れる。プラントエンジニアリングを手掛ける「東洋ハイテック」では、人事の専門家がシステム導入を先導する珍しい体制で、この問題を突破している。(2018/11/5)

ソユーズ事故「センサー誤作動原因」有人飛行再開へ
10月11日に起きたロシアの宇宙船「ソユーズ」の打ち上げ失敗事故の原因は、「1段目のロケットブースターを切り離す際にセンサーが誤作動を起こし、2段目のロケットに衝突した」と発表。(2018/11/1)

中国・深センでモバイル決済「WeChatPay」を体験 日本でチャージに成功するも“お金をドブに捨てた”記者の顛末記
中国で普及するモバイル決済を現地で記者が使ってみた。日本人が使うための手順を紹介。現地で体験した失敗の原因は?(2018/10/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(35):
Windows10のOSイメージ展開の新常識(その2)――Sysprepを成功させるポイント
企業でWindowsを大量のクライアントPCに導入する場合は、OSのイメージ展開を採用するのが一般的です。イメージ展開のためのイメージは、Windowsインストールを「システム準備ツール」(Sysprep)で一般化して作成します。しかし、Windows 10では肝心のSysprepが失敗するという話をよく聞きます。そこで今回は、Windows 10でSysprepを成功させるポイントを紹介します。(2018/10/25)

押さえておきたい3つのポイント
同じビデオ会議ツールでも大きく違う 失敗しないベンダー選び、3つのポイント
数多くあるビデオ会議ツール。導入検討時には、製品はもちろん、ベンダー選びに悩むケースもある。本稿ではベンダー選びに失敗しないための3つのポイントを紹介する。(2018/10/26)

俺たちの情シス 第11回 レポート:
俺たちはRPAとどう付き合えばいいのか? RPAで失敗しないための「5つのステップ」とは
2018年7月に開催された俺たちの情シス。「俺たちはRPAとどう関わればいいのか」と題し、RPAの導入から活用にまつわる情シスの悩みを本音で語り合いました。(2018/10/24)

TechFactory 特選ブックレットガイド:
失敗が許されない現場……ならばバーチャルだ! 設計現場でCAEを活用せよ
“設計者が行うべき解析”をテーマに、「構造解析/固有値解析/流体解析」「公差解析」、そして「トポロジー最適化」の押さえるべきポイントと、CAEを取り巻く技術革新について解説する。(2018/10/19)

StarWindは完成度が低かった……
製品選定失敗の果てに行き着いた、中小企業向けハイパーコンバージド製品
寿命を迎えたSANの代わりに導入した製品は、完成度が低く保守や更新が難しかった。次に選んだのは、ソフトウェアのハイパーコンバージド製品。中小企業でも手が届く価格でエンタープライズレベルの冗長性を確保した。(2018/10/19)

「私の息子に失敗させないで!!」 親からのクレームを受けて考えたこと
突然のクレームをきっかけに「失敗」について考えてみた。(2018/10/15)

ロシア宇宙船ソユーズ打ち上げ失敗、飛行士2人は脱出
カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から11日、国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられたロシアの宇宙船ソユーズにトラブルが発生し、米露の宇宙飛行士2人が緊急脱出した。(2018/10/12)

ソユーズ打ち上げ失敗の衝撃 宇宙基地の運用に懸念
ソユーズの打ち上げ失敗は、世界の宇宙関係者に衝撃を与えた。ソユーズは現在、国際宇宙ステーション(ISS)に飛行士を運ぶ唯一の手段で、打ち上げ凍結が長期化すればISSの運用に支障が生じる恐れがあり、影響が懸念される。(2018/10/12)

失敗からの再起:
会社をつぶし、手掛けた2つのサービスが終了 それでもチャンスをもらえる「許され力」の正体とは?
挑戦には失敗がつきものだ。しかしそうとは言え、すべての人が等しく再起を許され、新たなチャンスをものにできるわけではない。失敗しても許され、再起できる人とそうでない人の違いはどこにあるのだろうか? 「タップル誕生」を手掛けるマッチングエージェントの合田武広社長が自身の経験を語った。(2018/10/9)

業務に適した3D CADをレーダーチャートで探る(1):
3D CAD選びで失敗しないために知っておきたい“6つ”のポイント
3D CADソフトの選定を行う際、皆さんはどのような基準で評価を行っているだろうか。本連載では、3D CADをどのようなポイントで選べばよいか? さまざまな3D CADソフトや機能を紹介しながら、レーダーチャートでその特性や機能性を評価する。連載第1回では、3D CAD活用のメリットをおさらいすると同時に、3D CADソフトを評価する上で基準となる6つのポイントを取り上げる。(2018/10/5)

たとえコストがかかっても、外してはいけないプロセスがあった:
アイスの動画が「凍った」!? VDI導入に失敗したハーゲンダッツ、リベンジを成功させた教訓とは
2018年に全社員の仮想化デスクトップ環境を「NVIDIA GRID」で刷新したハーゲンダッツジャパン。情シスの竹下新一さんによれば、それは5年前に行った仮想化の手痛い失敗から学んだ結果だという。(2018/10/2)

プレゼン中の再起動を防げ! Windows 10の失敗あるあるを防ぐマスト設定
円滑なプレゼンのために、できること。(2018/9/28)

失敗OK、服装自由化……パナソニックは生まれ変われるか
今年で創業100年を迎えたパナソニックが変わろうと必死だ。世界に目を向ければ、急成長を遂げた米アップルやグーグルなど新興勢に後塵(こうじん)をして久しい。「官僚組織」ともいわれきた同社は、自由で風通しのいい組織になるため、内側から企業文化を変えようと試行錯誤を重ねている。(中山玲子)(2018/9/19)

「キュンキュンしちゃう」「愛おしすぎ」 平愛梨、長友佑都への“誕生日サプライズ”を難なく失敗する
かわいすぎるぞ!(2018/9/13)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 「会社選び」「部署選び」に、失敗した! と思ったら
仕事や会社を選ぶ際に大事なのは、よくいわれる「自分の特性ややりたいことを見極める」ことではなく、「腹をくくる」こと。それにはまず、これまでの「会社選び」の視点を見直してみる必要があります。(2018/9/12)

銀河英雄伝説からビジネスリーダーは何を学ぶべきか?:
仕事と家庭を両立できないビジネスマンが陥る「言わなくても分かるよね?」のワナ
家庭の失敗が仕事にも悪影響を与えてしまう。そんな経験をしたビジネスパーソンは少なくないだろう。では、そうならないために一体どうすればいいのだろうか?(2018/9/12)

ラング・ド・シャが丸く焼けない→顔を描き足して「メタモン」に お菓子作りの失敗を取り返す発想の転換がうまい
かわいくておいしそうっ。(2018/9/10)

真説・人工知能に関する12の誤解【特別編】:
コールセンターの退職予備軍をAIで予測し、半年で離職者を半分にできた理由
「3カ月後に辞めてしまうオペレーターを予測してほしい」。そんな依頼を通信サービス会社から受け、実際に半年で95%まで予測精度を高め、退職予備軍の離職を予防したという事例があります。しかし、そのプロジェクトも順風満帆というわけではなく、三度の失敗を経験していたのです。(2018/9/5)

真説・人工知能に関する12の誤解【特別編】:
AI開発プロジェクトは成功までに3回失敗する、でも決して折れてはならない
データサイエンティストとして、数々のAI開発プロジェクトを経験したトランスコスモスの北出さんは「AI開発プロジェクトが成功するまでには、大体3回は失敗する」と話す。一体どんな失敗をしてしまうのでしょうか。その理由と合わせて解説します。(2018/9/3)

教育機関IT活用・セキュリティ座談会【第2回】
「LINE禁止」ではなく「あえて失敗させる」 IT先進校が語る学校セキュリティ対策
企業だけでなく、教育機関にとってもセキュリティは重要な問題だ。教育機関は、セキュリティにどう向き合うべきなのか。先駆的なIT活用校の教員と、専門家との議論から探る。(2018/8/31)

運航見通し立たず:
新ターミナル完成も……客のいない粟国空港 「島の生命線」再開を願う切実問題
沖縄県粟国(あぐに)空港で第一航空の那覇〜粟国便が着陸に失敗し、乗客10人がけがをした事故から3年が過ぎた。今年5月、乗客の待合所となるターミナルが新調されたが空路は絶えたままだ……。(2018/8/29)

「5G」だけでは不十分
スマートカーのデータ通信を失敗させない3つの方法
インターネットに接続する「スマートカー」のメリットを引き出すには、車両が生み出す大量のデータを素早く、かつ確実に送受信する必要がある。「5G」はその有効な手段の一つだが、それだけでは不十分だ。(2018/8/24)

「機能」と「実績」に注目
成果を出すマーケティング担当者はCRMツールをどう選んでいるのか
売れる仕組みを作るためのCRM。市場にはさまざまなツールがあふれるが、無理なく無駄なく使いこなせるのか。導入に失敗しないための考え方とは。(2018/8/16)

アイ アム アイアンマン……!? 走り幅跳びに失敗したら図らずもスーパーヒーロー着地に
ダッダッダッダッ……ズザー!(2018/8/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。