ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失敗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失敗」に関する情報が集まったページです。

「機能」と「実績」に注目
成果を出すマーケティング担当者はCRMツールをどう選んでいるのか
売れる仕組みを作るためのCRM。市場にはさまざまなツールがあふれるが、無理なく無駄なく使いこなせるのか。導入に失敗しないための考え方とは。(2018/8/16)

Computer Weekly日本語版
急いでブロックチェーンを導入した企業は失敗する
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/12)

企業の導入で魅力を発揮
Surface Goがわが社にやって来る日
Microsoftはかつてタブレット市場で失敗した。だが「Surface Go」は同社にとって有望な第2のチャンスになる可能性がある。特徴的な機能や価格を紹介する。(2018/8/11)

神戸市教育委員会、化学工業メーカーによるユーザー事例も:
PR:不適切なIT資産管理によりデジタルビジネスを失敗させないためには、どうすればいいのか――ITAM World 2018レポート
ビジネスとITの融合が進む中、SAM/ITAMの対象領域は大きく拡大し、ビジネスを遂行する上で欠かせない考え方になっている。そのような中で、IT資産管理とリスク管理、ビジネスの成長に向けて企業が押さえるべきポイントは何か。標準化の動向から、ツールやソリューションの使い方のポイント、人材育成、最新テクノロジーの対応までを対象に実施されたITAM World 2018からそのヒントを探る。(2018/8/6)

Appleのインド戦略、失敗に終わる
Appleは、インドにおけるiPhone戦略に失敗し、3年計画で戦略をやり直す計画だ。(2018/8/7)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
「働き方改革」で年収・残業が変わる、失敗しない転職先の選び方
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年7月の製造業全体の求人件数と併せて、働き方改革が進む中で希望通りの転職をかなえるためのポイントをまとめました。(2018/8/6)

どんなからくりなのか:
値上げをしたのに客数が増えた焼き肉店の謎
牛肉の仕入れ値や人件費の高騰に苦しむ焼き肉店が増えている。あるお店では耐え切れずに値上げをしたところ、客数は減るどころか逆に増えたという。焼き肉店をケースに、失敗する値上げ戦略と成功する値上げ戦略の違いを探っていく。(2018/8/3)

現場主導のデータ分析を連鎖的に誘発
「社員全員で分析」 2つのステップで勝ち取るBI導入の成功パターン
せっかく導入したBIから多くのユーザーが脱落し、Microsoft Excelにデータを取り込むためのツールとしてしか利用されない。そんな失敗に陥らないための秘訣(ひけつ)は?(2018/8/1)

テレポート失敗かな? 焼き物と生き物を融合したアート作品が「バグった3D画像みたい」と話題
昔のゲームで見た。(2018/8/1)

知らないでは済まされない
Windows Server 2008のサポート終了はただのサーバ移行問題では終わらない
Windows Serverの延長サポート終了問題。サーバ移行だけを考えていては失敗しかねない。全体を最適化しつつ、コストをかけない方法とは。(2018/7/31)

Q&Aで学ぶマイコン講座(42):
マイコンにおける「CAN」と「USB」の失敗事例集
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。42回目は、初心者の方からよく質問される「CANとUSBの失敗事例」についてです。(2018/7/31)

リクルート流、SREコトハジメ(5):
最初の自動化で「大失敗」して得た気付き――SREはトライ&エラーが全てである
現状の把握も終え、いよいよ運用作業を自動化しようとしているアナタ。私自身もSRE活動を始めてすぐに自動化に取り組みましたが、実は最初に「大失敗」をしてしまいました。そこで「トイルの削減=自動化」と勘違いしていたことに気付いたのです。(2018/7/30)

優秀な企業ほど見落としがちな「盲点」教えます:
成功事例だけ見てて大丈夫? 「RPAしくじり先生」が教えてくれる失敗への落とし穴
RPA導入を検討する企業向けに、成功事例ではなく“なぜ失敗してしまうのか”を教えている人物がいる。実際の導入経験をもとに「RPAしくじり先生」としてセミナーを開くディップの進藤氏は、そもそもなぜそんなことを始めたのか?(2018/7/25)

間が悪すぎて「好きです!」が届かない…… 告白に失敗し続ける漫画の結末が予想外でかわいい
告白できないように見えない何かの力が働いているとしか思えない。(2018/7/25)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第5回 SaaS型ERPを活用した業務改革のポイント 「間接材購買」編
業務改革とSaaS型システムの導入に失敗しないためのポイントについて、コスト削減を比較的早く実現できることから業務改革の対象になりやすい「間接材購買」を例に、解説します。(2018/7/23)

「とりあえずAI」は危険 人工知能で成功する企業、失敗する企業
コンサルティング企業YCP Japanの伊藤聞多ディレクターが、日本企業のAI導入の実態を語った。成功する企業には共通点があるという。(2018/7/20)

トーン貼りの緊張感、パースの大変さ……アナログ作画の思い出描くイラストがあるあるすぎて共感集まる
アナログならではの苦労や失敗に共感が。(2018/7/16)

Computer Weekly日本語版
急いでブロックチェーンを導入した企業は失敗する
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/7/14)

ゲーセンの「蟻地獄」:
絶対取れないクレーン型ゲーム機 裁判で浮かんだ手口とは
「もう少しで高額の景品を獲得できる」「これまでに失敗した分を取り戻したい」──こんな客の心理を巧みについた悪質商法が繰り返されていた。(2018/7/12)

山市良のうぃんどうず日記(131):
続・進まないWindows Update、やっぱり止まっていなかった
Windows Updateが動作していて、フォアグラウンドの作業が重く、しかもWindows Updateがなかなか進まない状況に遭遇したことはありませんか。画面をただ眺めているだけでは、進んでいるのか、いないのかが分からず、結局失敗して時間の無駄に終わるということも……。他にすることがなく、時間を持て余しているのなら、進んでいることが分かる詳細を追跡してはいかがでしょうか(本稿の最後に注意点というかオチがあります)。(2018/7/10)

ブロックチェーンに欠けているもの
急いでブロックチェーンを導入した企業は失敗する
決済サービスを提供するWorldpayのスコット=タガート氏は、金融サービス業界におけるブロックチェーンの価値に否定的な見解を持っている。ブロックチェーンには何が足りないのか。(2018/7/10)

電子ブックレット:
ベンチャー企業の“典型的な失敗”に学ぶ、成功への要素
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ベンチャー企業が失敗した「8つの理由」から、ビジネスの成功に必要なカギを見ていきます。(2018/7/8)

半径300メートルのIT:
「AIはだませない」神話にだまされてはいけない
「人間は失敗や間違いをするけれど、機械は常に正確な判断ができるから」と、RPAやAIの導入を進める人や会社をよく見かけるかもしれません。でも、ちょっと待ってください。「AIや機械は間違えない」というその認識、本当に正しいのでしょうか?(2018/7/3)

民間ロケット失敗 心臓部のエンジンに不具合 原因究明は難航も
インターステラテクノロジズによる小型ロケットの打ち上げ失敗は民間企業によるロケット開発の難しさを改めて示した。同社は2020年にも超小型衛星の打ち上げビジネスに参入する戦略だったが、遅れは避けられない。(2018/7/2)

低コスト、安定運用、スムーズな移行が決め手に
企業のクラウド移行で失敗しないために サービス選びで気を付けるポイント
企業内のオンプレミスシステムをクラウド環境へ移行すべき理由と課題に注目し、クラウドサービスのあるべき姿を明らかにする。(2018/6/27)

修正は7月5日予定:
レッツノートの「バッテリー診断・制御プログラム」更新に一部機種で不具合 適用失敗で起動不能になる恐れ
パナソニックが「Let's note(レッツノート)」の一部機種向けに配布している「バッテリー診断・制御プログラム」の更新ユーティリティについて、一部モデルでインストールに失敗するとPCが起動しなくなる恐れがあることが判明した。この問題の解決まで、当該機種向けの更新ユーティリティの配信は中止されている。(2018/6/26)

開発残酷物語(8):
開発費5000万円、売り上げ10万円!――オリジナルプロダクト開発に失敗し続けたシステム開発会社の今
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は未経験分野のゲーム分野に勢いで参入して、火だるまになった事例を紹介します。(2018/6/25)

ディスプレイをタッチパッドに埋め込んだCore i9搭載4KノートPC「ZenBook Pro 15」
タッチパッドにディスプレイを統合するアイデアは、かつて“失敗例”としてPCの歴史に埋もれていった。ASUSの「ScreenPad」はどうか。(2018/6/20)

「要件を全て満たすクラウド」も現実に
「理想の環境は手に入る」 利用企業が明かすパブリッククラウド選び
パブリッククラウドを利用する企業は多いが、安易な選択は後々自分の首を絞めることになる。そこで、クラウド選びで失敗しないためには何に着目すればよいか理解しよう。(2018/6/28)

山市良のうぃんどうず日記(129):
続・フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……
前回は、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)へのアップグレードが失敗する古いPCで、Windows 10 バージョン1803をクリーンインストールする実験的な試み(筆者としては成功)を紹介しました。その後、Windows 10 バージョン1709の最後のバックアップを復元しようとしたところ、「イメージでシステムを回復」がエラーで失敗。でも、慌てることはありません。そのバックアップがちゃんと取れているなら、何とかなります。(2018/6/12)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(3):
費用をかけたのに効果なし、実は失敗が多い太陽光発電の雑草対策工法とは?
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の1つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回はトラブルにつながりやすい、問題の多い雑草対策の工法について紹介する。(2018/6/19)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:AIの誇大宣伝を見極めるべし
特集は、「AI」という触込みが乱用される中で必要な製品を見極める方法と、MDMトレンドの後編。他に、G Suite導入事例、容量や速度だけに着目すると失敗するビッグデータ時代のストレージの選び方。PC市場の復調と、業界を取り巻く誤解についても解説する。(2018/6/5)

山市良のうぃんどうず日記(128):
アップグレードの道が絶たれたPCはWindows 10 April 2018 Updateの夢を見るか?
Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)のリリース直後にお送りした126回特別編で、Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)を最後に、後継バージョンへのアップグレードの道が絶たれた、古いUMPCについて言及しました。まだ諦めたわけではありませんが、現時点では標準的な方法ではアップグレードに失敗します。今回は、現時点でWindows 10 バージョン1803を無理やり動かす実験的な試みのレポートです。(2018/6/1)

Gartner Insights Pickup(62):
IoTは、データとアナリティクスにどのような影響を与えるか
既存のデータ管理・分析機能をIoTにそのまま適用しようとする企業は多い。だが、綿密な考慮を経た上で無理のない利用方法を考えないと、プロジェクトは失敗する恐れがある。(2018/6/1)

東芝Nextプラン:
黒字の東芝、メモリ単体で売上高1兆円超え「メモリ事業売却の失敗は考えていない」
東芝が2018年3月期(2017年度)通期決算と中期経営計画を発表した。好調のメモリ事業については「事業売却の失敗は考えていない」と売却に向けた手続きは順調であるとの姿勢を強調した。(2018/6/1)

3時間かかる導入を60分で終えることも可能:
PR:サーバ仮想化導入時の失敗をハイパーコンバージドインフラでも繰り返さないためにはどうすればいいのか?
サーバ仮想化技術を導入したものの、期待していたコスト削減、運用管理負荷の低減に効果が出ず悩む企業が多い中で、昨今急速に導入企業数が伸びているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。その一方で、仮想化導入時と同様に期待していた効果が得られるのかなど、HCIに対して不安を持つ企業も少なくない。その背景には何があるのか。(2018/5/30)

「ダメOL」が起業して3億円をゲット! 異色のビジネス書が脚光を浴びるわけ
書籍『ダメOLの私が起業して1年で3億円手に入れた方法』が話題だ。著者は新卒でDeNAに入社し、失敗により「新卒初の減給処分」を受けたという女性。その後起業し……。(2018/5/25)

de:code 2018:
無計画な「とりあえず機械学習」から脱するには?
「機械学習のプロジェクトは『何のためにやるのか』を明確に文章化できていないと失敗する」――日本マイクロソフトのエンジニア、畠山大有さんはそう力説する。依頼があった企業のプロジェクトに協力する中で“学び”があったという。(2018/5/24)

貨幣革新は失敗続き:
ノーベル賞経済学者シラー氏「ビットコインや仮想通貨は失敗する」
ノーベル経済学賞受賞者である経済学者ロバート・シラー氏は米CNBCのインタビューで、ビットコインや仮想通貨は失敗するだろうと警鐘を鳴らした。(2018/5/22)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(9):
Suicaに学ぶ、「働き方改革」でかえって負担が増える理由〜“誤った自動化”は高確率で失敗する〜
今回は働き方改革について考えてみる。政府肝煎りの働き方改革、これは掛け声だけの精神論や、自動化システムを導入するだけで実現されるものではない。実はこの推進には、Suica導入までの歴史がとても参考になるので、これを一緒に探ってみたい。(2018/5/11)

「やりたいこと」はなくていい:
そろそろいろいろ不安になってきた新入社員に贈る、エンジニアライフに役立つかもしれない記事11選
「失敗したくない!(からチャレンジが怖い)」「やりたいことが分からない。詰んだ」――新入社員の皆さん、そろそろ壁にぶつかっていませんか?(2018/5/10)

NHK BSプレミアムが設備改修のため一時放送休止 予約録画の失敗に注意
シャープさんもTwitterで注意を促しています。(2018/5/7)

ロジカル思考の落とし穴:
社会的地位の高い人がハラスメント対応に失敗する背景
財務省の福田事務次官セクハラ疑惑が持ち上がったことで辞任した。米国のMeToo運動など、ハラスメントに対する意識が急拡大しているなかで、社会的に高い地位にある人がなぜ続々と「やらかす」のだろうか。(2018/4/26)

ビッグデータ、Eコマース、VDIも?
HCIは万能ではない 失敗するユースケースとその対処法
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入はとどまるところを知らない。だが、データセンターのあらゆるワークロードにとってこのテクノロジーが最善の選択肢とは限らない。(2018/4/25)

トラブル頻発で二次被害の恐れも:
「かぼちゃの馬車」問題で謎の団体が暗躍か?
投資に失敗し、わらにもすがる思いで救いを求めた相手から、さらに搾り取ろうというのか−。投資向けの女性専用シェアハウスを販売・運営していた不動産会社「スマートデイズ」(破綻)をめぐる物件購入者への賃借料支払い停止問題で、“二次被害”とも呼べる問題が起きている。(2018/4/24)

HCIは魔法の箱か?
HCIの「落とし穴」から考える、失敗しない製品選定のヒント
HCI導入を成功させ、そのメリットを最大限に享受している企業が実践している3つのポイントがある。HCIの検討に向けたポイントを解説しよう。(2018/4/26)

復旧できないバックアップはいらない
バックアップ運用見直しと併せて考えたいリカバリーの信頼性向上とコスト削減
本番系がダウンした時、スタンバイサイトにアクセスできるエンジニアがリカバリーのプロとは限らない。3つの失敗パターンから常にシステムを稼働し続ける方法を探る。(2018/4/26)

CW:Windows Phoneの失敗から学べ
2018年、MicrosoftはWindowsとOffice以外で存在感を示せるか?
Microsoftはマインドシェアを高める必要がある。非Windowsユーザーや非PCユーザーとの関わりをもっと増やさねばならない。モバイルの波で失敗した同社が、デジタルアシスタントの波に乗ることはできるだろうか。(2018/4/13)

前進なければ死あるのみ:
「ワイモバ」トップが熱弁 躍進の裏に“ウィルコムの教訓”あり
「Y!mobile」は、なぜ競争が激化する格安SIM市場で勝ち続けるのか。その背景には、前身ブランド「WILLCOM」の失敗で得た教訓が生きているという。ウィルコムで要職を歴任し、現在はワイモバのトップを務めるソフトバンク寺尾洋幸執行役員に話を聞いた。(2018/4/2)

Computer Weekly日本語版
簡単だけど難しい、Alexaスキル開発に失敗しないためのアドバイス
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/3/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。