ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モバイルセキュリティ」最新記事一覧

8月のアップデートで対応
iPhone、iPadの「iOS」に致命的な脆弱性、Appleの対応が絶賛されるワケ
企業にとってモバイルセキュリティの弱点の1つはユーザーだ。2016年8月に判明した「iOS」の脆弱性はそれを如実に表すものだった。(2016/9/14)

テクノロジーの進化で使い勝手が向上
いち早くモバイルに到来した「パスワードのない世界」、生体認証普及の道筋は
近いうちに虹彩スキャンなどの生体認証方法が企業のモバイルセキュリティで採用され、古き良きユーザー名とパスワードによる認証が葬り去られるのは時間の問題だろう。これは驚くべき事実である。(2016/9/4)

Windows 10搭載デバイスの最適な管理方法
Windows 10とEMMでセキュアなモバイルワークを実現する方法
注目を浴びるWindows 10の機能を最大限に活用し、セキュアなモバイルワークを実現するためのデバイス管理はどうすれば良いのか。新しいモバイル管理の最適解を、AirWatchを大解剖することで導きだしてみる。(2016/8/22)

「EMM」でモバイルデバイスのデータを守る
iPhone紛失時に「データ完全消去」をしたくない人に贈るセキュリティ対策4選
モバイルセキュリティに関する企業の関心がデバイス保護からデータ/アプリ保護に向かう中、対策を支援する「エンタープライズモバイル管理」(EMM)ツールも進化している。企業はEMMツールをどう役立てるべきなのか。(2016/6/9)

“ディールブレイカー”にならないために
「残念なiPhone管理者」「危険なAndroid使い」を見破る5つの質問
安全なモバイルデバイス活用を脅かす原因は攻撃者だけではない。使い手側の落ち度が招く危険も想像以上に多い。今すぐ見直すべきモバイルセキュリティの5項目を紹介しよう。(2016/5/13)

「モバイルデバイスが全ての元凶」と力説する評論家は信じなくていい
モバイルセキュリティでIT管理者が優先すべき“神経の注ぎ先”
BYODなどの普及で、種々雑多なモバイルデバイスが企業中枢のデータにアクセスできる時代になった。セキュリティ担当者には非常に好ましくない状況だが、全てを自分で受け止めて深刻になる必要はない。(2016/3/31)

「利便性」と「安全性」の両立を実現
スマホやタブレットの活用、“二兎”を追わない企業は失敗する
モバイルワーカーは会社のデータにアクセスする必要があるが、オープンアクセスの実現は簡単ではない。企業はユーザーからの要望とモバイルセキュリティへの不安とのバランスを取らなければならない。(2016/3/30)

重要なのはエンドユーザーのニーズを知ること
熟練PCユーザーが自信をなくすiPhone、Androidの“3大セキュリティリスク”
モバイル時代のセキュリティ対策は、クライアントPCでの対策とは別物だ。IT部門が知るべき3大モバイルセキュリティリスクに対する最善の対策とは。(2016/3/18)

4G LTEなら大丈夫といえるか
こんな時だからこそ気になる携帯電話のセキュリティ、安全性を高めるには?
4G LTEネットワークの進歩により、携帯電話でのデータ転送のセキュリティは強化されている。とはいえ、セキュリティは依然としてネットワークによって大きく異なるのが実情だ。(2016/1/18)

総合セキュリティアプリ「360セキュリティ」の軽量版が登場――メモリ容量1Gバイト未満でも快適に
360モバイル・セキュリティ・リミテッドは、無料の総合セキュリティアプリ「360セキュリティ」の軽量版「360セキュリティLite」をリリースした。(2015/10/23)

360セキュリティ、スマホのリスクとセキュリティに関する意識調査を実施――84.7%が危険を感じたと回答
360モバイル・セキュリティ・リミテッドは、全国のスマートフォン所有者を対象とした「スマートフォンのリスクとセキュリティに関する意識調査」を実施。何らかの危険やリスクを感じたことがあるのは全体の84.7%となった。(2015/10/14)

脅威は意外と身近にあり
iOS安全神話を台無しにするモバイルセキュリティ「3つの死角」
モバイル端末のセキュリティ問題では、危険な悪質アプリの他にもIT部門が対処すべき課題がある。(2015/9/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
モバイルセキュリティ“ブラック企業”の条件は? 「世界総スマホ時代」に考える
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の台数が世界人口を超えた今、企業のモバイルセキュリティ戦略は新たな次元に入りつつある。求められるモバイルセキュリティの具体策を探る。(2015/9/25)

日本通信、モバイルセキュリティの新技術「モバイルIDS」を発表――VAIO Phoneに搭載
日本通信は、スマートフォンやタブレット向けのサイバーセキュリティ対策ソリューション「モバイルIDS」を発表。VAIO Phoneで提供を開始する。(2015/9/4)

中国の「360 セキュリティ」 日本市場での展開強化
Android向けセキュリティアプリを手掛ける360 Mobile Securityが日本市場での戦略を発表。ユーザーコミュニティーの創設やiOS向けアプリの先行展開などを予定する。(2015/8/18)

しかも無料:
PR:1つで安心! スマホを“全方位”で守る「360 Security」ってどんなアプリ?
スマートフォンにも情報セキュリティの脅威が及ぶ中、人気を高めているのが無料でAndroidスマートフォンのセキュリティを守る「360 Security」。360 Securityは一体どのような機能を備えているのだろうか?(2015/6/23)

“BYOD”だとiPhoneでも危ない?――Lookoutに聞く、モバイルセキュリティの落とし穴
iPhoneのアプリはApp Storeから入手するため、Android端末で多く起こりがちな不正アプリによるセキュリティの脅威にさらされる可能性は低いとされてきた。しかし、必ずしも「iPhone=安全」ではないという。(2015/6/8)

AirWatchとVMware NSXの統合は何をもたらすのか
モバイルのセキュリティ強化、次の一手「ネットワーク仮想化」とは?
モバイル管理機能とネットワーク仮想化の組み合わせで、許可したアプリケーションへのみアクセスさせる仮想ネットワークを構築できる。モバイルユーザーへの影響は?(2015/5/17)

若手男性社員は危険? モバイルセキュリティの実体
アルバネットワークスがモバイルセキュリティのリスクに関する調査結果を発表。ハイリスクな従業員は「若年世代」のようだが、その対策を企業はどう考えるべきか。これからのネットワーク管理は、締め付けではなく「リスクを管理する」のがキモだ。(2015/5/11)

セキュリティ強化のための6つのアドバイスも披露
モバイルセキュリティの“ブラック企業”を見破る10個のチェックポイント
モバイル端末の数が世界人口を超えた今こそ、企業はモバイルセキュリティをあらためて真剣に見直すべきだ。今すぐ確認すべき10種のリスクと、改善のための6つのアドバイスを示す。(2015/3/24)

30年でゼロから72億台に
モバイル端末の台数、ついに世界人口を超える セキュリティも新次元へ
地球上に存在するモバイル端末の台数が、ついに人間の数を超えたとみられる。これからの企業には、将来を先取りするモバイルセキュリティの考え方が求められてくる。(2015/3/19)

エムオーテックス、無償のモバイルセキュリティツールをリリース
スマートフォンやタブレットなど紛失・紛失対策ツールを無償提供する。(2014/11/27)

Google Playは安全になったというものの
正規モバイルアプリの80%に“危険な挙動” 脇の甘いユーザーはどうすべき?
モバイルセキュリティの脅威は思わぬ所からやって来る。従業員に私物端末を使って好きな場所から安全に仕事をしてもらうためにIT管理者ができる対策について、セキュリティ専門家が解説する。(2014/10/9)

情シスと社員が答えたスマホ活用とセキュリティの懸念
日本スマートフォンセキュリティ協会が実施した企業での利用実態調査から、スマートフォンの利活用が進んでいる状況とセキュリティへの懸念が高まっている様子が浮き彫りになった。(2014/8/13)

企業のモバイルセキュリティポリシーと実際の活用とのギャップが明らかに
2013〜2014年にウェブルートが実施したBYODに関する調査結果が発表された。個人所有のデバイスを仕事で使用する実態を、企業側と社員双方の視点から調査したレポートとなる。(2014/7/11)

ホワイトペーパー:
モバイルセキュリティ対策に関する読者調査リポート(2013年10月)
TechTargetジャパン会員を対象にした、モバイルセキュリティ対策に関する読者調査を実施した。本リポートでは、読者の企業が導入しているスマートデバイスの種類やその用途、セキュリティ対策状況などをまとめている。(2014/6/11)

日本からガイドラインを世界に発信:
JSSEC、セキュアなAndroidアプリ開発ガイドラインの英語版を公開
日本スマートフォンセキュリティ協会は2014年5月1日、安全なAndroidアプリの開発方法についてまとめたガイドラインの英語版「Android Application Secure Design/Secure Coding Guidebook」を公開した。(2014/5/1)

企業はデータ/アプリの保護に注力
モバイルセキュリティ、Appleが恐れる注目の5社
企業におけるモバイルセキュリティが、単に従業員の私物端末を保護するだけでは済まなくなっている。専門家の予想では2014年、企業は端末の保護からアプリケーションやデータの保護にシフトするという。(2014/1/31)

Intel、セキュリティ新ブランド「Intel Security」を発表
今後数年をかけて「McAfee」ブランドを廃止する。企業などのモバイルセキュリティニーズの獲得を狙う考えだ。(2014/1/7)

“パスワード漏えい後”も守り抜く:
PR:「便利で安全」を両立するモバイルセキュリティの新提案とは?
モバイル端末やクラウドサービスの業務活用を進める上で、認証システムには利便性とセキュリティという異なる要素の両立が求められる。本稿では、これらの条件を満たす「リスクベース認証」を手軽に導入するための方法を紹介しよう。(2013/12/3)

モバイルセキュリティに関する読者調査リポート
モバイルデバイスの業務利用を阻む、情報漏えいへの大いなる不安
TechTargetジャパンは2013年10月にモバイルセキュリティに関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、スマートデバイスの導入・利用状況と、付随するセキュリティ脅威についてリポートする。(2013/11/12)

ホワイトペーパーレビュー
金融機関のモバイルセキュリティを学べる3つのホワイトペーパー
金融機関はどのようなモバイルセキュリティを行っているのか。情報管理に厳しい金融機関の事例を学ぶことで、一般事業会社も自社のモバイルセキュリティ体制を強化できる。3つのホワイトペーパーを紹介する。(2013/10/7)

ホワイトペーパー:
スマートフォンのセキュリティ対策は本当に必要なのか
スマートフォン向けのマルウェアが増加しつつある。だがこうしたマルウェアは脅威にならないという声も根強い。スマートフォンのセキュリティ対策は本当に必要なのだろうか。必要だとすれば、誰が担うべきなのだろうか。(2013/10/2)

【お知らせ】モバイルセキュリティに関するアンケート調査
本調査では、企業におけるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット端末)の導入・利用状況、課題などをお伺いいたします。(2013/9/30)

トレンドマイクロの企業向けモバイルセキュリティ最新版 アプリ評価サービスと連携
モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェアの新バージョン「Trend Micro Mobile Security 9.0」を発表した。(2013/8/29)

マカフィーの「McAfee Mobile Security」、国内1000万DLを達成
マカフィーのAndroid向けセキュリティソリューション「McAfee Mobile Security」の国内ダウンロード数が、7月に1000万件を突破した。(2013/8/22)

ソフォス、Android向けセキュリティアプリの最新版を公開 個人利用は無償
Sophos Mobile Security 3.0では新たにアプリケーション保護機能やWebセキュリティ機能が追加された。(2013/8/13)

ホワイトペーパー:
金融機関に学ぶ、強固なモバイルセキュリティ構築の最新ソリューション
拡大しているスマートフォンなどのモバイルデバイスを使ったEコマースや金融サービス。サービス提供企業にとっての成功の鍵はユーザーを安心させるセキュリティの確立だ。金融機関も利用する、安全な二要素認証ソリューションを紹介する。(2013/8/2)

Android狙いが鮮明に:
Androidマルウェアはクリスマス商戦に合わせて増加する――ジュニパーがレポート
ジュニパーネットワークスは7月9日、モバイルのセキュリティ動向についてまとめた「Mobile Threats Report」を発表した。(2013/7/11)

エンタープライズモバイル時代の大活用術:
ヨコ展開が始まった企業のスマートデバイス導入最前線
スマホやタブレットに対する企業の関心が高まっているといわれるが、その実態はどのようなものか。ITmediaの独自調査と日本スマートフォンセキュリティ協会での調査から探ってみよう。(2013/7/8)

個人情報管理をより「REAL」に――インサイト技術を採用した「ノートンモバイルセキュリティ」最新版
シマンテックのスマートフォン/タブレット向けセキュリティ製品「ノートンモバイルセキュリティ」がアップデート。個人情報漏えい対策機能が強化された。(2013/6/27)

JSSEC成果発表会レポート:
クルマ屋が夢見るICTとのミライ――Auto 2.0の実現に向けて
2013年5月24日に開催された日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の成果発表会にて、トヨタIT開発センター 代表取締役会長の井上友二氏が「クルマ」と「ICT」が作る夢の未来を描いた。(2013/6/11)

日本のモバイル脅威、危険性は米国の約半分
モバイルセキュリティの米Lookoutの調査結果によると、ユーザーが不正プログラムに遭遇する確率は、日本では調査対象5カ国中で最も低かった。(2013/6/6)

ワイヤレスジャパン2013:
一番危険なのは“ぜい弱な”アプリ──「悪意のない知識不足」からAndroidアプリを守れ!
日本スマートフォンセキュリティ協会は、ワイヤレスジャパン2013でAndroidアプリの開発段階から“ぜい弱性”を排除する手法について講演を行った。(2013/6/4)

トレンドマイクロ、モバイルセキュリティの新施策と製品を発表
「デバイス」「データ」「ダウンロードアプリ」の3つの「D」を軸とする事業戦略に基づき、機能強化を含む新製品と今後の展開を説明した。(2013/5/15)

情報セキュリティEXPOレポート:
来場者の関心集まる標的型攻撃対策とモバイルセキュリティの最前線
イベント「Japan IT Week 春」が東京ビッグサイトで開幕。その1つとなる情報セキュリティEXPOでは来場者の関心が標的型サイバー攻撃対策やモバイルセキュリティの最新動向に集まっていた。(2013/5/8)

ブロック機能を追加:
Android向けの無料アンチウイルスアプリ最新版「Sophos Mobile Security 2.5」
ソフォスが、Android搭載デバイス向けの無料アンチウイルスアプリ最新版「Sophos Mobile Security 2.5」をリリース。新たにテキストメッセージや通話に関するスパムフィルタ機能を採用した。(2013/4/26)

導入事例:
サントリー、グループ内の業務用Android端末にセキュリティ対策ソフトを導入
トレンドマイクロのモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフト「Trend Micro Mobile Security アドバンス」を標準採用した。グループ全体でモバイルデバイスの戦略的活用を推進する。(2013/4/23)

WebViewやLogCat出力周りの対策を追加:
コピペ歓迎! JSSECがセキュアなAndroidアプリ開発ガイドラインの新版
日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は4月23日、Androidアプリを開発する際にセキュリティを確保するための手法についてまとめたガイドラインの最新版、「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」2013年4月1日版を公開した。(2013/4/23)

30日間の無料トライアル版も:
エレコム、「イカロスモバイルセキュリティ for Android」を発売
エレコムから、Androidスマートフォン/タブレットをトータルに保護するセキュリティアプリ「イカロスモバイルセキュリティ for Android」が販売開始。30日間の無料トライアル版も用意している。(2013/4/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。