ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「萌え」最新記事一覧

言葉はいつの間にか生まれ、死んでいく:
「広辞苑」10年ぶり改訂 編集者が語る“言葉選び”の裏話
2018年1月に、国民的辞書「広辞苑」の第7版が発売される。「アプリ」「クラウド」「ビットコイン」などのIT用語や、「萌え」「クールビズ」など過去に掲載を見送った言葉が新たに追加されるという。広辞苑の編集者は、どのような方針や考え方で項目を選んでいるのだろうか。(2017/11/16)

俺疲れてるのかな…… JAXAの構内案内図が遠くからだと萌えキャラに見える不思議
ほら、ピンク髪の少女がうっすらと……。(2017/11/9)

「駅メモ!」の鉄道モチーフの萌えキャラ「作草部チコ」、千葉都市モノレールの公認キャラに決定
ゲーム内のパートナー「でんこ」で千葉育ちのキャラが、千葉の第三セクター公認に。(2017/11/1)

黒い体に白い雪! タスマニアデビルのギャップがかわいい
ギャップ萌え。(2017/10/22)

「て、手をはなしたまえ〜!」 朝帰り→捕獲で不服そうな表情が萌えるデカモフにゃんこ
この猫絶対日本語しゃべってる。(2017/10/10)

ワンコ怪獣が現われた! お水をかけると必死で牙をむくぽてとちゃんがギャップ萌え
がおおおおー!(2017/10/1)

それ食べちゃうんだ!? キャベツをむしゃむしゃするウニが「まっくろくろすけ」みたいで萌えそう
ウニさん、食いしん坊だったのね。(2017/8/21)

1クリックで嫁がポンポン生まれるサービスが登場 深層学習で萌えキャラを自動生成
嫁は“創る”時代。(2017/8/15)

隙間から顔を出して覗いてくる猫ちゃん あざとすぎるポーズで猫好きのハートを撃ち抜く
やめてください、萌え死んでしまいます……!(2017/8/12)

おててにスリスリ 甘えるカンガルーに激萌え
ずっとなでてあげたい。(2017/8/11)

三重県志摩市の“非公認”萌えキャラ「碧志摩メグ」のアニメPV第1弾が公開 三重県出身声優の小松未可子を起用
非公認ながら、志摩市のPRはバッチリ。(2017/7/13)

カリカリうまー 小さな前足でごはんを食べるカワウソさんに激萌え
もぐもぐうまうま。(2017/7/1)

萌えキャラが接客“AI店員”、ヴィレッジヴァンガードが導入へ
人工知能(AI)を搭載する萌えキャラが店頭のディスプレイに現れ、来店者の質問に答えたり、雑談をしたりする――そんな取り組みを、ヴィレッジヴァンガードが導入しようとしている。その背景には「小売りの厳しさ」があるという。(2017/6/28)

「オタク向けにしたくない」――“萌え”とは違うものを ギリシャ時代の彫刻を意識し「ONE PIECE」公式フィギュア制作
ルクセンブルクにあるオフィスを訪ねた。(2017/6/15)

萌えキャラに“家電相談” チャットbot「結」、パナソニック、アニメイトなど開発
人工知能(AI)キャラクター「結」とチャットを楽しんだり、家電製品について教えてもらったりできるチャットbotサービスが登場。「かわいいなぁ」と話しかけると……?(2017/6/6)

少年ジョバンニに思わず萌えそうになる 「銀河鉄道の夜」など日本名作がカラーイラスト満載の子ども向けシリーズに
1冊につき50点以上のカラーイラストの挿絵が入っています。(2017/4/28)

スイスの「レーティッシュ鉄道」の制服をモチーフにした萌えキャラマスコット 夢を叶えた“スイス大使”に経緯を聞いた
地元ファンからも好意的な反応があるそうです。※追記修正あり(2017/4/24)

そういえば人間だった! 野獣・武井壮、激レアスーツ姿でモテモテ「ギャップ萌え」「隣を歩きたいです」
獣、スーツを着る。(2017/4/16)

コギャル風女子高生も登場 北海道・沿岸バス「萌えっ子フリーきっぷ」が新シーズンへ
今年で「第9シーズン」となる萌えっ子フリーきっぷ。ゲストキャラや新キャラも加わっています。(2017/4/10)

その塩の振り方は…… 高橋一生の3分クッキング動画が萌え要素マシマシでおなかいっぱい
「計画通り……」って思っていそう。(2017/4/4)

「いまいち萌えない娘」ついに実写映画化 エイプリルフールじゃなかった……!
実写いまもえさんが兵庫各地で暴れまわる!(2017/4/2)

PR:萌え絵のプロフェッショナルが認めた「Wacom MobileStudio Pro 16」の可能性
人気イラストレーターのrefeia氏に、クリエイティブタブレット「Wacom MobileStudio Pro 16」を試用してもらい、プロ視点で率直な感想を聞いた。(2017/3/14)

島崎信長&増田俊樹が方言キャラに! 都道府県擬人化バトル「四十七大戦」のPVが方言萌えたちのハートを射貫きそう
2人へのインタビューもお届け。(2017/3/6)

ピカピカの34歳! 深田恭子、ギャップ萌えの“ランドセルコス”が友だち1000人できそう
深田さんちのきょうこちゃん。(2017/3/3)

環境省初の萌えキャラ「君野イマ」「君野ミライ」誕生 3Dアニメも配信予定
萌えキャラクターの3Dアニメーション化も予定されています。(2017/2/24)

ぎょうざがひょこひょこ歩く 3DCGによる焼きぎょうざの歩行モーションがなぜかかわいい
ぎょうざ萌えに目覚める予感。(2017/2/24)

「ボンバーマン」新作は「ボンバーガール」 “萌えキャラ”が爆破バトル
コナミアミューズメントが「ボンバーマン」最新作のアーケードゲーム「ボンバーガール」を発表。キャラは全員女性で、異なるスキルを使い分けて協力対戦できる。(2017/2/10)

コナミが「ボンバーマン」シリーズの新作「ボンバーガール」を発表 登場キャラ全部女の子
([∩∩])<萌えたいらしいな。(2017/2/10)

手の中にひょこひょこ入ってくる……! うずらのヒナたちの「可愛すぎて訳が分からない」動画に萌え死ぬ
悶えすぎ注意!(2017/2/9)

なんだこのラブストーリーは……(歓喜) ギャラドスとミロカロス感動漫画の続編が完全に萌えるしかない
もう結婚してしまえ。(2017/1/31)

清春、HYDEとの密着2ショットでファンを萌えさせる 「二人とも少年のようなかわいさ」
アラフィフ男子がこんなにかわいいわけがない。(2017/1/10)

なぜやった! 黒柳徹子、“変顔”に挑戦 「向いていないのかしら」「どうしたら」と悩む姿にカワイイの声集まる
萌え死ぬ。(2016/12/22)

肉球が丸見え! 子猫を下から見たら激萌えだった
プニ感のある肉球がいい……!(2016/11/27)

OL 3人組になにがあった…… 「かまいたちの夜 輪廻彩声」の公式サイトで萌え絵となったキャラクターが公開
これは攻略ヒロイン多いな(確信)。(2016/11/25)

非公認となった伊勢の海女萌えキャラ、アニメPV制作の支援募る
2015年に「性的すぎる」「侮辱している」として批判の声が寄せられ公認撤回を申し入れる事態になりました。(2016/11/22)

環境省「公式萌えキャラ」デザイン募集 並行世界の女子高生「君野イマ」と「君野ミライ」
並行世界の女子高生「君野イマ」と「君野ミライ」――環境省が“萌えキャラ”のデザインを募っている。(2016/11/21)

“恋ダンス”を練習する石田ゆり子が見る人全てをメロメロにしてしまう 「萌え死ぬ」「かわいすぎる」
これで47歳だと……?(2016/11/17)

スピン経済の歩き方:
ご当地フィギュア「諏訪姫」シリーズが、20万体超のヒットとなった理由
長野県諏訪市公認のご当地萌えキャラ「諏訪姫」が売れている。デビューから4年が経っているのに、いまだに人気があって、フィギュアの販売個数は20万個を突破。全国的にみると、ご当地萌えキャラは苦戦しているのに、なぜ諏訪姫は多くの人から愛されているのか。(2016/11/8)

岡山の奇跡再び 桜井日奈子、ピッチピチのJK制服姿で照れカワ笑顔「クラスにいたら最高です」
萌え死ぬ。(2016/11/5)

日本郵便の「絵師年賀状」2017年版が公開 酉(とり)×萌え年賀状を作ろう
例年通りの高クオリティー。(2016/11/1)

戦場ヶ原ひたぎが魔法少女に!? 「まどか☆マギカ」と「物語シリーズ」のコラボ一番くじ第2弾
新たな萌え(蕩れ)が生まれてきそうな予感。(2016/10/13)

相関図が賑やかに! 京都市営地下鉄の萌えキャラに男性キャラクター2人が追加、駅内にはポスターも
かわいい女の子が登場する「地下鉄に乗るっ」シリーズにイケメン青年が登場です。(2016/10/6)

高い缶詰あげなきゃ! 菜々緒、ネコと並んだおすましポーズに反響「萌え死ぬ!」
あざとくないネコポーズがあったなんて。(2016/9/27)

感謝の“なでなで”1万回! 千石撫子を無限になでられる謎サイト「なでっこシェア」が俺たちの指を壊しにかかる
指を犠牲に萌えを得る。(2016/7/29)

「斎藤さんだぞ」に萌えてしまった女子高生AI「りんな」
壁ドンされたいらしい。(2016/7/9)

「スーパー冷やしカワウソタイム」で涼と萌えを ニコ生でコツメカワウソ52時間生中継
コツメカワウソさんが透明パイプをぴゅんぴゅん滑る……だと……!?(2016/6/26)

小学生にキュン萌え! アニメ「12歳。」セカンドシーズンが10月から放送決定
JSのバイブル・テレビアニメ!(2016/6/20)

メガネ萌えってレベルじゃねえぞ! メガネそのものと恋愛する「奇跡のメガネ」が人類じゃなくても早過ぎる
メガネを掛けた人が好きなのではない。メガネが好きなのだ。(2016/6/1)

女の子がみんな正方形 好感度が上がると女の子の解像度も上がっていく恋愛ゲーム「どとこい」がおれたちを試している
二次元萌えですらない。(2016/5/24)

秋田の新ご当地萌えキャラ「黄桜すい」誕生! 萌えとラップで町おこしに挑戦
一番の目玉は「萌え×ラップ×町おこし」なのです。(2016/5/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。