ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MWC 2014」最新記事一覧

MWC 2014:
期待が高まるIoT、課題は規格とセキュリティ
インターネットに接続される機器は、2020年には500億台を超えると予想されている。モノのインターネット(IoT)にはあらゆる業界から注目が集まっているが、専門家らは、「IoTの課題は規格とセキュリティである」と話す。(2014/3/5)

MWC 2014:
GMが“車輪が付いたスマートフォン”実現へ、スマホとの連携はもう不要?
自動車とスマートフォンを連携するのではなく、自動車そのものをネットワークにつなぐ取り組みが加速している。GM(General Motors)は、「Mobile World Congress(MWC 2014)」において、同社の自動車にLTE通信機能を内蔵すると発表した。(2014/3/3)

MWC 2014:
サムスンの新スマートウオッチ、OSはTizen
「Mobile World Congress」で新しいウェアラブル機器を発表したサムスン電子。同社はOSにAndroidではなくTizenを選んだ。これを「正しい選択」とみるアナリストもいる。(2014/2/28)

MWC 2014:
25米ドルのFirefoxスマホ、新興市場を狙う
スペイン バルセロナで開催中の「Mobile World Congress(MWC 2014)」(2014年2月24〜27日)で発表された、Firefox OS搭載のスマートフォンは、25米ドルという低価格で一気に注目を集めた。新興市場において、低価格のフィーチャーフォンの置き換えを狙うが、懐疑的な見方もある。(2014/2/26)

MWC 2014:
ノキアがAndroid端末を発表、「次の10億人を結び付ける」
ノキアは「Mobile World Congress(MWC 2014)」で、Androidスマートフォンを発表した。価格は122〜150米ドル。同社のStephen Elop氏は、「これまで10億人の人々を結び付けてきたが、新しいAndroid端末で“次の10億人”を結び付けたい」と語っている。(2014/2/25)

MWC 2014:
「MWC 2014」で注目すべき5つの動向
「Mobile World Congress(MWC) 2014」が2014年2月24日に幕を開ける。サムスン電子の「GALAXY S5」をはじめ、大きな話題を呼びそうな最新のモバイル端末が数多く発表されそうだ。MWC 2014で見えてくるであろう、5つの動向を紹介する。(2014/2/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。