ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NetApp」最新記事一覧

データ管理ソフトウェアも利用可能:
ネットアップ、オールフラッシュアレイを低コストで利用できるレンタルサービスを開始
ネットアップは、オールフラッシュアレイ「NetApp All Flash FAS 8040」のレンタルサービスを開始した。レンタル期間は最大5年間。同社が提供する各種データ管理ソフトウェアも利用できる。(2016/7/15)

CADニュース:
オフィス・3D CAD向けのデスクトップ仮想化を支えるストレージシステム
ネットアップは、JVCケンウッドが、オフィス用途や3D CAD向けの仮想デスクトップ基盤にNetApp オールフラッシュFASなどを導入したと発表した。(2016/6/28)

ネットアップ NetApp AFF:
JVCケンウッド、3次元CAD/オフィス用途向けVDIを構築しワークスタイルを変革
ネットアップは、JVCケンウッドがオフィス用途や3次元CAD向けの仮想デスクトップ基盤に、NetAppオールフラッシュFAS(NetApp AFF)などを採用したことを発表した。(2016/6/15)

ネットアップ NetApp FAS:
日立建機、3次元CADを稼働させるVDI環境にオールフラッシュ構成のストレージシステムを採用
ネットアップは、日立建機が3次元CADを稼働させる仮想デスクトップ(VDI)環境に、オールフラッシュ構成のNetApp FASシステムを採用したと発表した。(2016/5/24)

各社の動向を総まとめ
6大サプライヤーの2016年オールフラッシュアレイ製品戦略
6大ストレージサプライヤー、HDS、EMC、HPE、NetApp、IBM、Dellのオールフラッシュアレイ製品の特徴と、各社の注力ポイントなどを概観する。(2016/3/18)

マルチテナント環境の運用も効率化:
ネットアップがOpenStackのファイル共有コンポーネント「Manila」の本番環境対応を発表
ネットアップは共有ファイルサービス「OpenStack Manila」が、企業での本稼働環境に対応したと発表。マルチテナント環境や、大規模かつ高い処理性能が求められるデータ分析などのワークロードでも利用できるという。(2015/10/27)

ネットアップ、オールフラッシュアレイ「NetApp AFF」の新モデル ハイブリッドクラウド移行支援プログラムも
ネットアップがオールフラッシュアレイ「NetApp All Flash FAS 8000シリーズ」の新モデルを投入。顧客やパートナー向けの新たなハイブリッドクラウド移行のための支援プログラムも始める。(2015/10/6)

2016年度事業戦略を説明:
ネットアップと顧客のエンタープライズアーキテクチャー、「働きがいのある会社」の関係
ネットアップは2015年6月30日、2016年度事業戦略を説明した。このなかで同社は、「売り上げにつながらなくても顧客を助ける」取り組みを進めていくと強調した。(2015/7/2)

VDI基盤にフラッシュストレージ、三井住友アセットマネジメントが採用
三井住友アセットマネジメントでは2014年1月から利用している仮想デスクトップ基盤に、NetApp FASシステムを採用したことを発表した。(2015/2/9)

メモリ/ストレージ技術:
平均レスポンスタイム1ms以下、ネットアップのオールフラッシュアレイ
ネットアップは、高いコストパフォーマンスを実現するとともに、低レイテンシを達成したオールフラッシュアレイ「NetApp EF560」を発表した。(2015/1/29)

「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」:
ネットアップ、クラウド直結ストレージ・ソリューションを国内提供開始
 ネットアップは2015年1月26日、Microsoft Azureユーザーが、ストレージとしてネットアップの装置を活用できるようにするソリューション、「NetApp Private Storage for Microsoft Azureの国内提供開始を発表した。(2015/1/26)

大規模OpenStack環境を考えるなら?:
PR:OpenStackの効率化、安定化に「ストレージ」ができること
クラウド基盤であるOpenStackを導入すれば、使いたいときに使いたいだけの環境が手に入る。しかし企業が使うからには、安全で高性能な環境が求められるはずだ。ネットアップは「ストレージ」の観点から、OpenStackの大規模運用を実現するための課題解決手法を提案する。(2014/12/1)

「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ
ネットアップが注力するハイブリッドクラウド戦略の全貌とは
ネットアップのクラウド環境向けストレージ製品群の発表、三井住友建設がデスクトップ仮想化環境にオールフラッシュストレージを採用した事例まで、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。(2014/11/28)

NetApp Insight 2014:
エンタープライズ要件を満たすデータ管理機能を強化した「Clusterd Data ONTAP 8.3」
「Data Fablic」のコンセプトのもと、多様なクラウド環境に対応できるストレージとしてのポジションを明確にしたネットアップ。同社製品の核となる「Clusterd Data ONTAP」の新版はDC管理の課題に対応する機能が盛り込まれた。(2014/10/30)

NetApp Insight 2014:
ネットアップが「Cloud ONTAP」を発表。ONTAPの能力を最大化した「Data Fablic」とは
ONTAPはオンプレミス環境だけのストレージOSではない。パブリッククラウドもプライベートクラウドもONTAPを利用し、プロバイダーはユーザードリブンで決定できる環境を用意する。(2014/10/28)

クラウドでビジネス価値を最大化するために:
PR:プライベートクラウドとAzureを柔軟に活用できるハイブリッドクラウドソリューションを提供
ネットワークストレージのリーディングカンパニーであるネットアップは、クラウドコンピューティング向けの高い技術を持ち、統合されたデータストレージソリューションを提供。さまざまなクラウド環境において、柔軟なデータ活用を実現し、エンドユーザーに多くの選択肢を与える。(2014/9/16)

ネットアップ、2つのラインでストレージシステムの新製品
ハイエンド向けの「FAS8080 EX」とエントリーモデルの「FAS2500」シリーズを発表した。(2014/6/18)

ホワイトペーパー:
VMware環境に最適なバックアップ製品の機能比較表
VMwareの仮想化環境をバックアップできる製品の中から、VADPバックアップをサポートしている製品、そして、ストレージのコピー機能とVMware環境を連携できる製品の機能を比較した。比較対象は、CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など、主要ベンダーの製品である。(2014/2/26)

「EF550はバッチ処理も得意」:
ネットアップ、FAS8000でさらにデータ管理基盤ベンダーへ
ネットアップは、同社のストレージ製品の大幅刷新を発表した。この製品はストレージ仮想化機能をオプションで提供。これはハイブリッドクラウドのデータ管理技術ベンダーに向けた、新たな一歩だと表現できる。同社はまた、オールフラッシュストレージ「NetApp EF550」が、バッチ処理にも向いているとアピールした。(2014/2/20)

ネットアップ、ストレージのレンタルサービスを開始
専任部門を新設し、ストレージ製品のレンタル/リース プログラムを始めた。(2014/1/16)

ホワイトペーパー:
統合インフラシステム製品をどう考えるべきか
IBM、HP、VCE、EMC、シスコ/ネットアップなど、「統合システム」あるいは「垂直統合型システム」と呼ばれる製品が増えてきた。こうした製品の、ユーザー組織にとってのメリットは何か。独自の視点で改めて考える。(2013/8/9)

NEWS
iPad/iPhoneでも社内の機密データへ安全にアクセス可能、ネットアップ
複雑なVPN環境を設定することなく、iPhoneやiPadなどのモバイル端末で社内文書の安全な閲覧を可能にするゲートウェイソフトウェアを発表。(2013/8/6)

ネットアップ、iOS端末で社内ファイルを閲覧できる「NetApp Connect」発売
ネットアップが、iOS端末から同社製ストレージ内ファイルの閲覧を可能にする「NetApp Connect」を発売。(2013/8/5)

今後のストレージはクラスタ構成が当たり前:
ネットアップ、「clustered Data ONTAP」新版で性能・機能を底上げ
ネットアップは7月11日、同社ストレージの最新OS、「Data ONTAP 8.2」の国内販売開始を発表した。拡張性を向上するとともに、きめ細かなクラスタ構成機能や高度なQoS機能を搭載。ビジネスとしてのクラウドストレージサービスにも使いやすくなっている。(2013/7/11)

ネットアップ、ストレージOSの最新版「clustered Data ONTAP 8.2」を提供
clustered Data ONTAP 8.2は、従来バージョンと比べて可用性や拡張性を高めたほか、バックアップ機能なども強化している。(2013/7/11)

ネットアップが2014年度事業戦略を発表、クラウド分野やフラッシュに注力
クラウド環境向けストレージ製品の販売に引き続き注力するほか、エンタープライズ向けフラッシュアレイ製品も発売する予定。(2013/6/20)

2014年にエンタープライズ向けフラッシュストレージ装置を投入:
ネットアップが事業戦略を明らかに、3年で売り上げ2倍を目指す
ネットアップは6月20日、2014年度(2013年5月〜2014年4月)以降の経営計画を明らかにした。それによると、今後3年間で日本での売り上げを2倍にするという。(2013/6/20)

導入事例:
ミクシィ、統合ファイルサーバの導入で堅牢な災害対策環境を構築
ミクシィは、全社員が利用する統合ファイルサーバをネットアップの「NetApp FASシステム」で刷新した。(2013/6/10)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第4回】
【徹底比較】VMware環境に最適なバックアップ製品の機能を大解剖
VMwareの仮想環境におけるバックアップ製品選定のポイントとともに、主要なバックアップ製品の機能を比較。CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など主要なベンダー製品の機能比較表付き。(2013/5/23)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(前編)
今、最もお買い得な統合プラットフォーム製品はどれ?
複雑化したシステムの運用管理負担を下げられるとして、統合プラットフォーム製品の市場が伸びている。本稿ではCisco、VCE、NetAppの統合インフラの製品を徹底比較した。(2013/4/24)

導入事例:
北日本放送、VDI基盤にNetApp FASシステムを採用
ストレージシステムの刷新により、少人数での仮想デスクトップ基盤の効率的な運用と、堅牢なデータ保護の体制を確立した。(2013/4/4)

ネットアップ、ハイエンドストレージ「FAS6200」の新モデルを発売
ネットアップがハイエンドストレージ「FAS6200」シリーズの新モデルを発売。従来モデルと比較してリード/ライト処理速度などを向上させたという。(2013/2/21)

ネットアップ、フルフラッシュストレージ製品群と新ストレージOSを発表
ディスクからフラッシュへ向かうストレージ業界の動向に追随する形でネットアップがフルフラッシュ製品を発表。専用OSの新規開発も進めており、2014年には製品化を実現するとしている。(2013/2/20)

統合データセンター構想を推進:
Ciscoがストレージ企業と関係強化、ParallelsやNetAppと連携
米Cisco SystemsはParallelsへの出資を1月17日に、続いてストレージ大手NetAppとの提携拡大を24日に発表した。(2013/1/29)

AWS連携可能なネットアップの新ストレージ
米ネットアップは、ストレージから直接AWSにデータを複製、各種サービスを自社インフラとして利用できる新製品を発表した。データ活用を簡便に行えるという。(2013/1/22)

Server & Storageイベントレポート:
ストレージにできることとは? NetAppの答え
クラウド環境・ビッグデータ関連市場が盛り上がる中、ストレージベンダはどんな価値を提供する? ストレージベンダの1社であるNetAppのイベントから。(2013/1/8)

ネットアップがClouderaと協業、エンタープライズ領域でのビッグデータ活用は進むか
Clouderaがネットアップと協業。Hadoopシステム運用向けのサーバ類やストレージを一括で提供するソリューション展開とともに、技術交流も深めるという。(2012/12/7)

従来モデルの半額 ネットアップがミッドレンジストレージ最新版を発表
ミッドレンジストレージ新製品「FAS3220」および「FAS3250」をネットアップが発表した。(2012/11/8)

ストレージに組み込むマルウェア対策製品をリリース、マカフィー
マカフィーがNetAppのNAS環境向けにマルウェア対策製品を提供する。(2012/10/31)

導入事例:
中外が仮想デスクトップ向けストレージを刷新、バックアップ時間を8時間から15分へ
NetApp FAS2240の導入で、従来は仮想デスクトップ140台当たり8時間かかっていたバックアップ作業を、190台当たり15分で行えるようになったという。(2012/9/24)

ホワイトペーパー:
VMwareとNetAppが実証! 300〜1500名規模の共有インフラ基盤の構築に求められる4つの要素とは?
VMware Viewを中心としたビジネスアプリケーションを統合した柔軟で低コストなIT基盤構築には検証をベースにしたシステム設計が必須であり導入への大きな足かせになっている。このガイドではそうした環境の検証を通して規模別にベストなシステムを提案している(2012/7/13)

ネットアップが中堅企業向けストレージ新製品 95万円から
ハイエンド製品と同じアーキテクチャを採用した中堅企業向けストレージ新製品をネットアップが発表した。(2012/6/6)

「ホワイトクラウド」を支えるストレージ基盤
ソフトバンクグループは、ネットアップのストレージを基盤にした仮想デスクトップサービスを社内外で構築する。(2012/4/11)

SMB向けストレージ製品紹介:ネットアップ
拡張性に優れたSMB向けユニファイドストレージ「FAS2240」
ネットアップが2011年11月に発表したSMB向けストレージのエントリー機種「FAS2240」は、高い拡張性や管理の容易性などを実現するユニファイドストレージだ。(2012/3/15)

「NetApp Innovation 2011 Winter」リポート【前編】
みずほフィナンシャルグループが目指す、ストレージの理想像とは?
国内の銀行系企業ではネットアップストレージを最大規模で導入しているみずほフィナンシャルグループ。担当者が同グループにおける今後のストレージ戦略を語った。(2011/12/14)

ネットアップが提唱するビッグデータのABC戦略
「ビッグデータ」に対する戦略説明会をネットアップが開催した。(2011/12/7)

NEWS
ネットアップ、SMB向けストレージのエントリーモデルを提供
ネットアップが中堅・中小企業向け製品群のエントリーモデルを提供開始。管理ツールやデータ保護ソフトウェアなどを標準搭載している。(2011/11/10)

ネットアップ、中堅企業向けストレージ新製品を発表
ハイエンド製品の機能を盛り込んだ中堅企業向けのストレージ「FAS2240」をネットアップが販売開始した。(2011/11/9)

ホワイトペーパー:
NetAppを活用した遠隔地(大阪と北海道)へのバックアップサービス
お客さまが利用しているネットアップ株式会社のストレージ「NetApp FAS シリーズ」に蓄積されたデータを遠隔地のストレージへ定期的に保管する サービスです(提供:日商エレクトロニクス)。(2011/11/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。