ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft Azure」最新記事一覧

Microsoft Focus:
名称刷新、「Microsoft Inspire」でパートナー戦略はどう変わる?
ワールドワイドのパートナー向けカンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference(WPC)」が「Microsoft Inspire」に変更された。パートナーとともに“刺激し合う(インスパイア)”イベントを通して、新しいソリューションの創出を目指すMicrosoftのパートナー戦略とは?(2017/3/25)

「InfoCage FileShell」をSaaSで利用可能に:
NEC、クラウドベースのファイル暗号化サービス「ActSecureクラウドセキュアファイルサービス」をリリース
NECは、SaaS型のファイル暗号化サービス「ActSecureクラウドセキュアファイルサービス」の販売を開始する。中堅中小企業に向け、初期費用を抑えられる情報漏えい対策ソリューションとして訴求する。(2017/3/24)

スナップショット作成前後にI/O制御のスクリプトを実行して実現:
Azure Backupで、「アプリケーション整合性を確保」したLinux仮想マシンのバックアップが可能に
マイクロソフトは「Azure Backup」で、「アプリケーション整合性を確保」したLinux仮想マシンのバックアップを可能にする機能を追加。MySQL、InterSystems Cache、SAP HANA用のサンプルスクリプトをGitHubで公開する。(2017/3/24)

車載情報機器:
マイクロソフトとトヨタがライセンス契約、つながるクルマで特許を相互利用
Microsoftは、トヨタ自動車とコネクテッドカー関連の技術を含む特許ライセンス契約を締結した。トヨタ自動車とマイクロソフトは両社が持つ特許を互いに利用して、新しい車載情報機器やクラウドサービスを開発する。(2017/3/24)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

「SAP HANA/BW connector」を用意:
マイクロソフト、「Azure Data Factory」でSAP HANA/Business Warehouseのデータロードに対応
マイクロソフトのクラウドベースのデータ統合サービス「Azure Data Factory」に「SAP HANA Connector」「SAP BW Connector」が追加された。SAP HANA/Business WarehouseのデータをAzureデータストアへ容易にロードできるようになる。(2017/3/23)

CeBIT 2017:
ロボットアームの故障予知技術をソフトウェアパッケージに、ISIDが開発中
電通国際情報サービス(ISID)は、産業用ロボットアームの故障を予知する「産業用ロボットアーム モーター故障予兆ソリューション」をソフトウェアパッケージ化して提供する方針を固めた。2017年7月の発売に向けて開発を鋭意進めている。(2017/3/23)

第一生命保険、「健康増進サービス」のクラウド基盤にMicrosoft Azureを採用
第一生命保険は、生活習慣改善をサポートする「健康増進サービス」のシステム基盤として、「Microsoft Azure」を採用。ビッグデータ分析とAIを活用し、顧客の健康リスクを評価・分析し、個々人に最適なアドバイスを提供する。(2017/3/23)

Weekly Memo:
クラウドで複雑化する運用管理、もう限界 属人化からの脱却法とは
マルチクラウド時代の運用管理とはどうあるべきなのか。IIJがその課題を示し、最適解を目指したソリューションを発表した。果たして、企業にとってどこが問題なのか。(2017/3/21)

Linux VMでも瞬時リカバリーが可能に:
マイクロソフト、Azure Linux VM向け「インスタントファイルリカバリー」機能を公開
Azure Linux VM向けにも、バックアップから瞬時にリカバリーできる「インスタントファイルリカバリー機能」が実装された。(2017/3/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「オープンソース vs. Windows」の最前線だったミュンヘンの現在
なぜ2000年代にオープンソース化を大胆に進めたミュンヘンは、今になってWindows 10へ移行しようとしているのだろうか。(2017/3/20)

はじめてのAI:
30分でAIが使えるようになる 写真から年齢と性別を認識する「Face API」を試してみた
「AIってなぁに?」からはじまった私が、30分でDeep LearningのAPIを使えるようになるとのこと。それってほんと? 半信半疑で試してみました。(2017/3/17)

任意の規模のデータに対して集計クエリを実行可能:
マイクロソフト、NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」のSQL文法を強化、集計関数をサポート
マイクロソフトがNoSQLデータベース「Azure DocumentDB」のSQL文法を拡張する機能強化を実施。任意の規模のデータに対して集計クエリを実行可能とする集計関数をサポートした。(2017/3/17)

山市良のうぃんどうず日記(特別編:87):
Windows Updateへの愚痴――Patch Tuesday、恐怖のトラブル集
2017年2月の「Patch Tuesday」のWindows Updateはマイクロソフト側の問題でスキップされましたが、3月は予定通りに行われました。皆さんのコンピュータは無事に、そして、すんなり更新できたでしょうか。(2017/3/17)

ユーザー企業はコード開発に集中
IaaS、PaaSとはどう違う? 「サーバレスコンピューティング」の特徴とは
サーバレスコンピューティングによって、開発者はプロビジョニングや管理の作業から解放されるかもしれない。本稿は、サーバレスコンピューティングと、IaaS、PaaSの違いを紹介する。(2017/3/17)

Windows ServerをARMチップに移植:
マイクロソフトがARMサーバの検証へ
米国で開催された「OCP Summit 2017」でMicrosoft(マイクロソフト)がARMサーバを採用し、その検証を開始したことが分かった。CaviumやQualcommのサーバ向けARMチップを使っている。(2017/3/16)

4時間にわたってアクセスできない状態に
AWS大規模障害はなぜ起きた? クラウド不安を払拭するためにやるべき対策
Amazon Web Services(AWS)で2月28日に障害が発生した。障害が発生したら、どうすればいいのか、事前にできることはないのか。行うべき対策を紹介する。(2017/3/16)

真の使用量ベースの課金を実現
サーバレスコンピューティングは複雑になり過ぎたクラウドの福音となるか
クラウドを使うには、あまりにも多くのことを検討しなければならない。これはクラウドが目指していた姿ではない。サーバレスコンピューティングがこの問題を解決するかもしれない。(2017/3/15)

高度な機械学習アプリや分析アプリの構築、デプロイを支援:
マイクロソフト、「Linuxデータサイエンス仮想マシン」の最新コンポーネントを公開
マイクロソフトは、Azureクラウド上のカスタムVMイメージのLinux版「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」の最新リリースを公開。新たなコンポーネントを幾つか追加した。(2017/3/14)

ステップアップ方式で習得する
マイクロサービスで構築できる「成功するクラウドWebサービス」
マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを構築すると、拡張性などのメリットを享受できる他、業務アプリケーションから新しい機能やツールにアクセスできる。(2017/3/14)

.NET TIPS:
Visual Studio 2017のインストール前に、Visual Studio 2013/2015と2017プレビュー/RC版を完全にアンインストールするには?
ディスク容量の節約や「旧バージョンはもう使わない」などの理由で、古いバージョンのVisual Studioを完全にアンインストールしたい場合がある。これをできるだけ手間なく実施する方法を紹介する。(2017/3/13)

Windows 10 Mobileの標準MDM機能の実力は
「Windows 10スマホ」を見限る前に確認したい“侮れない管理機能”
十分に普及しているとはいえない「Windows 10 Mobile」だが、その管理機能は比較的充実している。標準のモバイルデバイス管理(MDM)機能について詳しく見ていこう。(2017/3/13)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

Azure活用で動画製作費10億円がタダに?:
授業を爆速でオンライン動画化、静岡大学がマイクロソフトと手を組んだ理由
静岡大学と日本マイクロソフトが、大学教育におけるデジタルトランスフォーメーション推進において協力すると発表した。AI時代に通用する人材育成を目指すとともに、授業の動画化を推進するシステムを開発したという。両者にはどのような狙いがあるのだろうか。(2017/3/10)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
軽量インストーラーとIDEに見られるVisual Studio 2017の進化
マイクロソフトが誇る統合開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」はどのような進化を遂げたのか。その一端を垣間見てみよう。(2017/3/10)

博報堂など開発:
見る人の顔の表情をAIが分析 感情に合わせて広告配信
博報堂など3社が、AI(人工知能)の顔認証技術を用いて受け手の感情を分析し、結果に応じて広告を出しわけるシステムを開発。(2017/3/9)

ARMサーバで稼働する「Windows Server」、MicrosoftとQualcommがOCPで発表
QualcommがMicrosoftと協力して開発したARMプロセッサ搭載のクラウドサーバの仕様をOCPに提供した。MicrosoftはOCP Summitでこのサーバで稼働する「Windows Server」を披露した。(2017/3/9)

高速化、生産性向上、強力なAzureおよびUWP対応:
「Visual Studio 2017」が正式リリース 「何」が新しくなったのか
マイクロソフトは、ソフトウェア開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」の正式版をリリースした。具体的に「何」が新しくなったのだろうか。(2017/3/9)

Oracle幹部が語る
「チャットボット」の課題は標準化、乱立するフレームワークはどこに向かう?
チャットボットの人気を背景に、競合するアプリケーションフレームワークが相次いで登場している。Oracleは業界標準への準拠が、断片化や非互換問題の防止につながると考えている。(2017/3/9)

はじめてのAI:
Amazon、Google、IBM、Microsoftが公開する、AIを使うための「API」「ライブラリ」「実行環境」一覧
前回、AIの概要を学びました。今回は各企業が出している「API」「ライブラリ」「実行環境」について見ていきます。(2017/3/8)

Microsoft、「Visual Studio 2017」の正式版提供開始
Microsoftが統合開発環境「Visual Studio 2017」の正式版のダウンロード提供を開始した。また、Visual Studioの20周年を記念してライブストリーミングイベントを開催している。(2017/3/8)

契約条項の大幅な見直しが必要か
世界で激変する個人情報保護ルール、2017年の法規制で影響を受けるのは?
データアナリティクスやブロックチェーン、アジャイル開発などの最新ITを進める中で、テクノロジーに関する企業同士の契約状況を大幅に見直す必要が出てくる。どのように見直せばいいか本稿で紹介する。(2017/3/7)

Weekly Memo:
国産PaaSが世界に羽ばたくための2つの要件
国産PaaSは世界に大きく羽ばたけるか。挑んでいるのは、グループウェア国内最大手のサイボウズが展開する「kintone」だ。その要件とは何か。(2017/3/6)

具体的に何が変わるのか 「Q&A」も公開:
マイクロソフト、「Yammer」を「Office 365グループ」に統合
マイクロソフトが「Yammer」を「Office 365グループ」に統合すると告知。Yammerから各種のOffice 365共有リソースに直接アクセスできるようにする。(2017/3/6)

Solaceを例に考える:
IoTプラットフォームのロックインを回避? マルチプロトコルなメッセージブローカーの可能性
IoTにおいて選択肢を狭めたくなかったら、メッセージ層で考えるのがいいのかもしれない。Solaceを例に、メッセージブローカー/メッセージルータのIoTにおける役割を考える。(2017/3/6)

Docker、企業向けサブスクリプションサービス「Enterprise Edition」スタート
米コンテナ管理サービスのDockerが、企業向けサブスクリプションサービス「Enterprise Edition」の提供を開始した。無料版は「Community Edition」として提供を続ける。(2017/3/3)

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
「OpenStack」の今日と未来
AWSのようなIaaS基盤を社内システムとして実現できることで注目を集める「OpenStack」について、その利点や企業用途の展望などをまとめます。(2017/3/3)

ミック経済研究所 IoTソリューション市場動向 2016年度版:
国内IoT市場はまだ未成熟期、成長期は2017年度から
各社IoTプラットフォームの充実が進む中、PoCから実証実験、実採用の流れが形成されつつあり、2017年度はIoT市場成長の年になりそうだ。(2017/3/3)

AWSに続きAzureへの2クリック接続を実現:
リバーベッドがSD-WANを強化、WAN最適化製品との統合製品を国内販売開始
リバーベッドテクノロジーは2017年3月1日、SD-WAN製品「SteelConnect」について、新機能と新製品を国内発表した。同社は「SD-WANにWAN最適化との融合は不可欠」とし、既存のWAN最適化製品における実績をSD-WANに生かそうとしている。(2017/3/2)

認識系API活用入門(2):
翻訳系API「Translator API」の使い方と2017年2月現在のWatson、Google翻訳との違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Translator APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを5パターンで検証する。(2017/3/2)

人工知能と機械学習もGPUで進化する
徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念
かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。(2017/3/2)

メカトラックス ラズベリーパイ屋外稼働キット:
太陽電池と通信モジュールを搭載、防水のラズパイ屋外キット
産業用にも広く使われている「Raspberry Pi」を、屋外でも利用可能にするキットが販売開始された。太陽電池と3G通信モジュールを備えており、電源や通信配線も不要だ。(2017/3/2)

クラウドサービスは多様化が進む
注目6社のクラウド管理ツールを紹介 コンテナやハイブリッドIT環境の管理がもっと楽に?
コンテナやオープンソース、ハイブリッドクラウドといった技術が普及し、これらを管理するためのツールの需要が高まっている。こうしたニーズに応えようとする新興企業のサービスを紹介する。(2017/3/2)

オンプレミスADのIDインフラ/同期サービスをクラウド上で管理:
マイクロソフト、「Azure AD Connect Health for AD DS」をリリース
「Azure AD Connect Health」に、オンプレミスAD DSインフラの監視機能と同期エラーレポート機能が追加された。(2017/3/1)

事前に綿密な計画を
AWS vs. Azure vs. Google、クラウドへのオフラインデータ転送サービス比較
データをクラウドへ移す際にストレージディスクを送る方法は、古臭いようで実は広く利用されている。AWS、Azure、Googleのサービスを比較してみよう。(2017/3/1)

RSA Conference 2017レポート:
鍵は「可視化」──RSAが推進する「ビジネスドリブンセキュリティ」の狙い
RSAが同社の年次イベント「RSA Conference 2017」で幾つかの製品の機能強化を発表。コンセプトとして示した「ビジネスドリブンセキュリティ」の意図を軸に、キーパーソンが企業の重要課題として今後推進すべきセキュリティ対策の方向性を提言した。(2017/2/28)

進化する「DDoS攻撃」にどう挑むか【第1回】
「Mirai」だけが脅威ではない 今こそ「DDoS攻撃」に注目すべき4つの理由
企業はなぜ今、DDoS攻撃に注目すべきなのか。DDoS攻撃の実際の発生状況や被害状況、大規模化の背景を中心に、その理由を整理する。(2017/3/2)

NECネッツエスアイ/FIXER IoTプラットフォームサービス on Azure:
IoTの基本機能を提供するAzureを活用したプラットフォームサービス
NECネッツエスアイとFIXERは、Microsoft Azureを活用した「IoTプラットフォームサービス on Azure」を共同開発し、2017年4月より提供を開始すると発表した。(2017/2/28)

Weekly Memo:
老舗ソフトのクラウド化にみるIT産業構造の変化
米国の老舗ソフトウェアベンダーがクラウド化に注力し始めた。この動き、IT産業構造の変化の一端を表しているといえそうだ。(2017/2/27)

サーバレスアプリケーションの開発を支援:
マイクロソフト、「Azure Functions」で「Serverless Framework」をサポート
マイクロソフトは、オープンソースツール「Serverless Framework」のサポートなど、サーバレスアプリケーション開発を加速させる「Azure Functions」の新機能を発表した。(2017/2/27)

Windows 10アプリの配布や管理が容易に
今更聞けない、「ビジネス向けWindowsストア」を使うと何がうれしいのか?
Microsoftの「ビジネス向けWindowsストア」を使えば、「Windows 10」アプリケーションの配布やライセンス管理、エンドユーザー管理を効率化できる。(2017/2/27)

情報管理/ガバナンス基盤のクラウド対応を支援:
ベリタスとマイクロソフト、Azureへのデータ移行とハイブリッドバックアップ体制を強化
ベリタステクノロジーズとマイクロソフトがクラウドでのデータ管理で協業を強化。情報管理/ガバナンス基盤である「Veritas Enterprise Vault.cloud」をAzureで運用できるよう支援し、既存のデータをAzureへスムーズに移行させるツールを共同で販売する。(2017/2/24)

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
クラウドストレージのメリットとエンタープライズ向けの展望
昨今利用する企業が増加しつつあるクラウドストレージについて、その利点や、今後期待されるエンタープライズ向けの活用展開などを考察します。(2017/2/24)

製造ITニュース:
シトリックスが仮想化ソリューションをクラウド化、オンプレミスからの移行も促進
シトリックス・システムズ・ジャパンは、仮想デスクトップ「XenDesktop」や仮想アプリケーション「XenApp」などのワークスペースサービスの配信をクラウドで一元管理できる「Citrix Cloud」を国内市場で提供開始する。(2017/2/23)

主要オーケストレータを全て使える:
Microsoft AzureのACSでKubernetesが一般提供開始、Windows Serverコンテナもプレビュー提供
 米マイクロソフトは2017年2月21日(米国時間)、Microsoft Azureのコンテナクラスタリングサービス「Azure Container Service(ACS)」で、2月22日にKubernetesを一般提供開始すると発表した。ACSでは既にDocker Swarm、DC/OSを一般提供しており、これによって主要な3つのコンテナオーケストレータを本格サポートの下で利用できる唯一のクラウドサービスになったとしている。(2017/2/22)

AWS Lambdaで始めるサーバレスアーキテクチャ入門(1):
アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいサーバレスとAWS Lambdaの基礎知識
システム開発の常識を覆す「サーバレスアーキテクチャ」について「AWS Lambda」を使って構築方法を学ぶ連載。初回は、サーバレスアーキテクチャの仕組み、メリット、Lambdaの特徴と留意点について。(2017/2/23)

Weekly Memo:
NECとの提携に見る、Oracleのクラウドサービス新戦略
NECと日本オラクルが発表したクラウド分野の提携は、Oracleにとってクラウドサービスの新たな普及戦略を本格的にスタートさせたことを意味している。(2017/2/20)

狙われる中小企業:
PR:ランサムウェアに標的型攻撃――“終わらないセキュリティ対策”をSIerはどうサービス化すべきか
ランサムウェアや標的型攻撃など、昨年から継続してサイバー攻撃が増加し、日々メディアなどをにぎわせている。今ユーザー企業が求めているのは、できるだけ労力を掛けずに全方位的にセキュリティを網羅してくれる、「セキュリティマネジメントサービス」ではないだろうか? 中小規模のSIerでも高品質なマネジメントサービスを提供できるようになるソフォスのパートナー・プログラム、「Sophos MSP Connect」を紹介する。(2017/2/20)

カスタムインスタンスも検討
徹底ガイド:Googleクラウドのインスタンスから最適なタイプを選ぶには?
「Google Cloud Platform」には幅広いインスタンスタイプがある。Googleクラウドが用意するインスタンスタイプの中から自社のワークロードに最適なタイプを選ぶためのガイドラインを提示する。(2017/2/20)

Microsoft Focus:
街のラーメン屋でも導入できる “月額3万円のAIロボット”の働きぶりは
AIやロボットというと、「大企業が多額の投資をして使うもの」というイメージがあるが、2017年はそれが覆るかもしれない。街の小さな店舗でも気軽に導入できる月額3万円のAIロボットが注目を集めている。(2017/2/18)

製造ITニュース:
IoTデバイスの稼働管理・運用の自動化が可能な管理ツールを発表
日本ユニシスとユニアデックスは、IoTデバイスの稼働管理や運用の自動化が可能な「IoTビジネスプラットフォーム IoTデバイス管理機能」の提供を開始する。(2017/2/16)

はじめてのAI:
AIってなぁに?
この連載では、AIの基礎的な知識から自分でAI技術を活用できるまで勉強していきます。(2017/2/15)

「セキュリティは投資」 MS平野社長が企業幹部に呼び掛け
日本マイクロソフトの平野拓也社長は、企業幹部を招いたイベントでセキュリティ対策への積極的な取り組みを呼び掛けた。(2017/2/15)

製造ITニュース:
パブリッククラウドを活用したIoTプラットフォームサービスを提供
NECネッツエスアイとFIXERは、Microsoft Azureを活用した「IoTプラットフォームサービス on Azure」を共同開発し、Azureにインターネットを介さず閉域接続できるサービスとパッケージ化して提供すると発表した。(2017/2/15)

データバックアップに不備
データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視
DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。(2017/2/15)

OSSと積極的に連携
R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リリース
Microsoftが、「Microsoft R Server」(旧称Revolution R)を公開した。HadoopやSparkなどとも連携する統合プラットフォームになっている。(2017/2/15)

サイバーセキュリティに関する広範な製品とサービス施策を発表:
マイクロソフトの「サイバーセキュリティ強化策」は、この1年でどれだけ進んだのか
マイクロソフトが、同社の注力するセキュリティ分野の技術、サービス開発、提携状況の過去1年の成果と状況を告知。モバイルファースト、クラウドファーストの実践に不可欠となるクラウドセキュリティにおける同社の取り組みをアピールした。(2017/2/14)

FAニュース:
新たなIIoTアーキテクチャの開発に向け、IT分野の4社と協業
横河電機は、米マイクロソフトなど4社と協業し、IIoT(Industrial IoT)アーキテクチャの開発を進める。各社の技術を活用し、新たなIIoTアーキテクチャを開発する。(2017/2/14)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ハイパーコンバージド編
ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット
ITインフラのキーテクノロジーとして注目を集めているハイパーコンバージドの概要と、導入で得られるメリットについて紹介する。(2017/2/14)

Azure漫遊記:
5分で分かる「Microsoft Azure」
Microsoftのパブリッククラウドである「Microsoft Azure」は、2017年でサービス開始から7周年を迎える。本連載では自社の基幹システムや業務システムをオンプレミスサーバで運用しながら、クラウドへの移行タイミングを探りつつある担当者向けに、Azureの実装方法や事例を紹介する。(2017/2/10)

エンジニアを愛し、エンジニアに愛されたイベント!:
空前絶後のAI、VR、IoT、そしてYouTube! 全ての技術を使ったマッシュアップの産みの親! 超絶怒涛のMA2016決勝戦!!
全国の「ネタ好き」エンジニアにとって、もはや1年を締めくくる恒例行事となった感がある「Mashup Awards」のファイナルステージ(決勝戦)が、2016年12月17日に東京・品川の寺田倉庫で開催された。本稿では、決勝戦でプレゼンが行われた全14作品の概要と審査結果をお伝えする。(2017/2/9)

注目技術の行方
競争が激化するSD-WAN市場、2017年に注目すべき7つのトレンド
2016年はSD-WAN技術が飛躍的に進歩して普及に勢いが付いた。用途やサプライヤーの数も増えている。2017年のSD-WANの展望について7つのトレンドを紹介する。(2017/2/9)

グローバルで得たノウハウや知見はどのように生かされるのか:
PR:サイバー攻撃にマイクロソフトはどのように対抗しているのか――マイクロソフトの最新セキュリティ対策事情
世界で最もサイバー攻撃の標的にされている企業の1つでもあるマイクロソフト。しかし、そのセキュリティ対策や組織構造の詳細はあまり知られていないだろう。数多くのセキュリティ製品やテクノロジー、サービスを提供するマイクロソフトのセキュリティ対策とはどのようなものなのか。今、マイクロソフトが最も注力する「セキュリティへの取り組み」を通じて、その詳細に迫ってみたい。(2017/2/9)

Gitを使った効率的なCI/CDに役立つ:
マイクロソフト、Visual Studio 2017のDevOps向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリース
マイクロソフトは、「Visual Studio 2017」にDevOps支援機能を付加する拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリースした。(2017/2/8)

常時SSL対策や高速化対策をワンストップで提供:
プライム・ストラテジー、高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」の導入支援ソリューションを独立行政法人、大学向けに展開
プライム・ストラテジーが、Azureを基盤とする高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI for Microsoft Azure」を独立行政法人と大学向けに積極展開していくと発表。Webサイトのセキュリティ対策やパフォーマンス改善などの課題解消を支援する。(2017/2/8)

Tech TIPS:
Microsoft AzureのWeb AppでPHPのエラーログを記録・保存する
Microsoft AzureのWeb AppでPHPのエラーログを記録・保存する方法を紹介する。この設定を行うと、PHPで何らかのエラーや警告が生じると、サイトの/LogFiles/php_errors.logファイルにログが記録されるようになる。(2017/2/8)

観光客呼び戻しへデータ活用:
熊本観光にビッグデータ活用 震災からの復興目指す
被災した熊本県の観光振興にビッグデータを活用する取り組みが始まる。(2017/2/7)

バックアップをきめ細かく管理可能に:
マイクロソフト、Azure VM上のSQL Server 2016向けバックアップ管理機能を強化
マイクロソフトが「Microsoft Azureの仮想マシン(Azure VM)上に構築したSQL Server 2016システム」向けの自動バックアップ機能を大幅に改良。バックアップをきめ細かく管理できるようにした。(2017/2/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(28):
Azure ADドメインサービスの提供リージョンが拡大、東西日本も対応
「Azure ADドメインサービス」は、2016年10月から一般提供が始まったクラウドベースのID管理サービスです。これまで、このサービスを提供するリージョンはごく一部に限られていましたが、東西日本を含む10のリージョンからの一般提供が始まりました。(2017/2/7)

認識系API活用入門(1):
Deep Learningの恩恵を手軽に活用できるコグニティブサービスとは
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。初回は、コグニティブサービスとは何かの概要とAPIを使うための準備の仕方を説明します。(2017/2/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「クラウド版Windows 10」はWindows RTの再来か、Chromebook対抗の秘密兵器か
2017年はWindows 10が大きな転機を迎えるかもしれない。キーワードとなる「Project NEON」と「Windows 10 Cloud」の最新動向を追う。(2017/2/6)

SAPなど基幹アプリケーションにフォーカス:
VirtustreamがNTT Comと提携して国内データセンター開設を発表
米国のユニークなクラウドサービス、「Virtustream」が、NTTコミュニケーションズ、EMCジャパンと提携して、国内データセンターからサービスを提供開始すると発表した。99.999%の可用性で、SAPなど、基幹アプリケーションのクラウド移行に焦点を当てている。(2017/2/6)

Tech TIPS:
Microsoft Azureで過去に発生した障害の履歴を確認する
Microsoft Azureで過去に発生した障害の履歴を確認する方法を紹介する。発生する障害内容などを把握しておけば、事前に自社サービスへの対策も行えるだろう。(2017/2/6)

情報アクセス要件の厳しい企業に向け:
マイクロソフト、Azure ADのアクセス制御を拡張する「テナント制限機能」を提供開始
マイクロソフトが、Azure ADにユーザーに特定テナントへのアクセスだけを許可する「Tenant Restrictions(テナント制限)機能」を追加した。情報アクセスやコンプライアンスの要件が厳しい業種、企業に向けて提供する。(2017/2/3)

特集: 新たなアプリ「ボット」の時代:
LUISを使って頭の悪いLINE Botを作ってみよう!
LUIS(自然言語解析サービス)とロケスマWeb(お店発見Webサービス)とGoogle Geocoding APIを使って、ユーザーが探しているお店を教えてくれるLINE Botを作ってみよう!(2017/2/3)

スマートファクトリー:
インダストリー4.0を先取りしていたORiN、“つながる工場”の中核を担う
工場用情報システム用ミドルウェア「ORiN(オライン)」を策定するORiN協議会が「ORiNミーティング2017」を開催。インダストリー4.0に代表される“つながる工場”に注目が集まる中で、10年以上前からFA機器の異種環境を吸収するミドルウェアとして策定されてきたORiNへの期待も高まっている。(2017/2/2)

超入門Docker:
最終回 Windowsプログラムを実行するWindowsコンテナ
Dockerの概要を知るための超入門連載の最終回。Windowsコンテナを使えば、Windowsプログラムもコンテナとして実行できるようになる。(2017/2/2)

「HCI」からの脱皮を図る本当の理由:
米ニュータニックスCEOが語る、「複雑な」プライベートクラウドの次と「曖昧な」ハイブリッドクラウドの次
米ニュータニックスのCEO、Dheeraj Pandey氏へのインタビュー。同氏は、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)、オンプレミスITインフラ、パブリッククラウドなどに関し、さまざまな興味深い発言をしている。(2017/2/2)

クラウド、IoTの他は?
乗り遅れると致命的、2017年の企業ITを左右する5つの主要技術を示す
クラウドコンピューティングはここ数年で大いに進化した。ただし先はまだ長い。今後はビッグデータやコンテナ、IoTといった技術が大きな役割を担うことになる。(2017/2/2)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

いま一度、ID管理/IDセキュリティの見直しを:
PR:“ID管理はクラウドで”という新潮流に乗ろう――セキュリティ対策だけに終わらせないAzure ADのホットな活用方法とは?
クラウド/モバイル利用の普及により、IDをいかに適切に管理し、セキュリティやガバナンスを維持していくかが、企業の大きな課題となっている。そして、この課題を解決し、さらなる生産性向上を実現するためにマイクロソフトは「Azure Active Directory」を提供。クラウド/モバイル時代における企業のID管理環境は、Azure Active Directoryでどのように改善されていくのだろうか。(2017/2/1)

プライベートクラウド構築で重要な特性は
プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージド
企業がプライベートクラウドから得られるメリットを十分に活用するには、インフラの選定と統合が必要不可欠だ。(2017/1/31)

業務改善に寄与するコンテンツ・マネジメント・プラットフォームを実現:
PR:BoxとAzure ADの連携は、いかにしてID管理とファイル管理の課題を解決するのか?
クラウドサービスの利用が進む中、ID管理が大きな課題となってきている。ユーザーIDの管理がおろそかになると、管理コストの増大や重要データの漏えいリスクも高まっていく。そのような状況下で注目したいのが、BoxとAzure Active Directory(Azure AD)の連携だ。両者の連携は、企業とユーザーにどのようなメリットをもたらしてくれるのだろうか。(2017/1/31)

アナリストオピニオン:
「次世代ERP」のリリースラッシュが起きているのはなぜか
新コンセプトのERP製品が相次いで発表されている。従来型のERPから大きく刷新されているため、これらの製品は「次世代ERP」「モダンERP」と呼ばれ、新しいタイプのERPと見なされている。本稿では次世代ERPの最新事例として2つの製品を紹介する。(2017/1/31)

山市良のうぃんどうず日記(83):
再チェック! ファイル共有プロトコル「SMB」のためのセキュリティ対策
2017年1月、SMBの脆弱性に関するニュースが取り上げられました。そのニュースは、米国のセキュリティ機関の情報を日本語化して伝えているだけのようですが、何だか裏がありそうで、なさそうで……。(2017/1/30)

エンタープライズグレードのKubernetesプラットフォーム:
レッドハット、コンテナプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift Container Platform 3.4」をリリース
レッドハットは、コンテナアプリケーションプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift Container Platform 3.4」を発表。Red Hat Customer Portalで公開された。(2017/1/27)

ハイパースケールのテレメトリーデータを扱う顧客向け:
マイクロソフト、「Azure Event Hubs」で専用のシングルテナントデプロイオプションをリリース
マイクロソフトは、テレメトリーインジェストサービス「Azure Event Hubs」で専用のシングルテナントデプロイオプションをリリースした。(2017/1/27)

Microsoft、Azure好調で増収増益 クラウドへのシフトが鮮明に
Microsoftの10〜12月期の決算は、アナリスト予測を上回る増収増益だった。インストール版のOfficeやハードウェアが不調な中、AzureやXbox Liveなどのクラウドサービスが好調だった。買収を完了したLinkedInも売り上げに貢献した。(2017/1/27)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
米国政府のクラウド推進政策とサイバーセキュリティを読み解く
トランプ政権発足後の米国において、ビッグデータ化する政府システムの共通基盤としてクラウド利用を推進する姿勢は変わっていない。今回は、軍事・非軍事分野に関わる政府クラウドの調達基準や技術要件、サービスレベルアグリーメント(SLA)の標準化への取り組みを解説する。(2017/1/27)

SIerやサービス事業者にとっての選択肢拡大?:
ニュータニックス、HCIからプラットフォームへの進化を国内で説明
ニュータニックス・ジャパンは2017年1月25日、米ニュータニックスの会長兼CEOであるデイラージ・パンディ氏とニュータニックス・ジャパンのコーポレートマネージングディレクター兼社長の町田栄作氏が記者に対し、同社の戦略を説明した。(2017/1/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。