ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新素材」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新素材」に関する情報が集まったページです。

NANDフラッシュの世代交代はいつ?
3D XPointだけじゃない NANDやDRAMに代わる新たなメモリテクノロジー
NANDフラッシュはメモリ市場で優位に立っている。だが、コストとスケーリングの限界により、徐々にIntelの「3D XPoint」などの新たなテクノロジーにその立場を明け渡すことになるだろう。(2018/11/9)

自動車用大型部品の試作・量産に:
GEアディティブ、コイワイから大型金属3Dプリンタ「X LINE 2000R」を国内初受注
GEアディティブは、コイワイから大型金属3Dプリンタ「X LINE 2000R」を受注したことを発表した。コイワイが2019年2月に新設する工場(宮城県柴田郡大河原町)に導入され、自動車用の大型部品の試作および量産に利用される計画である。(2018/10/25)

JIMTOF2018特別企画:
PR:総合機械メーカーとして東芝機械が目指す新たなモノづくりの在り方
東芝機械は「JIMTOF2018」で「変革と革新〜進化するものづくりに生産性で貢献〜」をコンセプトに、新製品の横形マシニングセンタやターニングセンタ、5軸仕様の超精密立形加工機、独自のIoTプラットフォーム「IoT+m」などの主力商品を出展。総合機械メーカーとしての知見を生かし、新たなモノづくりの実現を推進する方針だ。(2018/10/10)

鉄骨並みの耐久性を保有する木質集成材×炭素繊維「AFRW」を建築物へ初導入
前田建設工業は、帝人が開発した鉄骨並みの強度を有する高機能繊維の複合素材「AFRW(Advanced Fiber Reinforced Wood)」を建築物に初適用した建築プロジェクトを2018年10月に始動させる。対象となる建築物は、2018年度期末の完成を目指す、帝人の東京研究センター内の集会場。(2018/9/28)

Volkswagenなどがパーツ製造に活用:
生産性が50倍向上し、低コストで量産可能な金属3Dプリント技術「HP Metal Jet」
米HPは、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。(2018/9/25)

「Apple Watch Series 4」 時計業界を席巻したスマートウォッチの最大の進化
林信行氏による「Apple Watch Series 4」の詳細レビュー。今や世界一の時計メーカーでもあるAppleは、第4世代のApple Watchでさらなる飛躍を遂げる。(2018/9/19)

IFA 2018:
有機EL採用の狙いは? カメラはなぜ単眼? ソニーモバイルに聞く「Xperia XZ3」
ソニーモバイルが「IFA 2018」で発表した新スマホ「Xperia XZ3」。ディスプレイに有機ELを採用し、本体前面にも曲面デザインを取り入れた。開発の背景を商品企画担当者に聞いた。(2018/9/10)

30年以上にわたり「ミラノ・デザイン・ウィーク」のデザイン潮流を調査してきた集大成を披露、凸版印刷
凸版印刷は、長年にわたって現地調査を続けてきた国際的なデザインの祭典「ミラノ・デザイン・ウィーク」のデザイントレンドを解説するプレミアムセミナーを開催した。講師には、昨年まで凸版印刷顧問を務めた梅崎健氏(現・武蔵野美術大学客員講師)を招き、ミラノサローネのCMFP(カラー、マテリアル、フィニッシュ、パターン)の潮流を今となっては貴重になった多数の写真でひもとき、今後のトレンド予測についても解説した。(2018/9/7)

「脱プラ」代替品提案を強化 素材各社が海洋汚染防止
海洋汚染防止への意識の高まりからストローなどプラスチック製品の使用を止める動きが広がる中、素材各社が代替品の提案を強化している。(2018/9/4)

3Dプリンタニュース:
1個から個別製造できる複合装置を開発、筐体の3Dプリントから基板実装まで
慶應義塾大学は、科学技術振興機構(JST)発の研究開発成果を紹介する「JSTフェア2018」(2018年8月30〜31日、東京ビッグサイト)において、卓上でIoTデバイスを1個から製造可能とする複合装置「FABRICATOR(ファブリケーター)」を披露した。(2018/8/31)

日本HP/SOLIZE Products:
「HP Jet Fusion 3D」による直接製造で補給部品の金型管理コストや手間を軽減
日本HPは、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を導入したSOLIZE Productsと協力し、2018年7月から自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産・管理に関するコンサルティングサービスを開始した。(2018/8/8)

iPhoneケースは熱がこもりがち 放熱しやすい製品とは?
スマホの発熱対策で今回着目するのが「ケース」。素早く放熱させたいのなら、スマホにケースは装着しない方が望ましい。でも、スマホを裸で使うのは不安……という人に向けて、発熱対策を兼ねたケースを紹介したい。(2018/7/31)

IDC Japan:
2022年国内3Dプリンタ市場は476億円規模に、関連サービスや造形材料市場も堅調
IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の2017年実績と2018〜2022年の予測を発表した。(2018/7/27)

Corning、“2倍強くなった”「Gorilla Glass 6」発表
Corningが、多数のスマートフォンで採用されているディスプレイガラスの次世代製品「Gorilla Glass 6」を発表した。現行製品より2倍の強さという。特に複数の落下に耐えるよう素材から開発した。(2018/7/19)

DMS2018:
コンテナに入れて輸送しながら自動車ボディーを丸ごと造形できる大型3Dプリンタ
EXTRABOLDは「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」の会場で、ペレット押出機を搭載した超大型3Dプリンタの試作機を参考展示した。将来的には20フィートコンテナの中に納めて、輸送しながら自動車ボディーや建築材料などの大型造形物を出力することが可能になるという。(2018/7/5)

DMS2018:
Formlabsが「Form 2」の豊富な素材バリエーションを訴求、Autodeskとの協業も
Formlabsは「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」に出展し、SLA方式3Dプリンタ「Form 2」の造形サンプルを多数展示。素材バリエーションの豊富さや大物造形のアプローチなどについて訴求していた。(2018/7/4)

特選ブックレットガイド:
カシオの2.5Dプリントシステム「Mofrel」の魅力とは? 開発者に聞いた
カシオ計算機が開発した2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」をご存じだろうか。新素材の「デジタルシート」をMofrelで印刷することで、微細な凹凸のあるデザイン、素材感、加工を実現できるため、デザイン試作の効率化や質の向上に大きな期待が寄せられている。そんなMofrelの開発者に製品の特長や可能性を聞いた。(2018/6/29)

DMS2018:
「数年以内にトップを」――XYZプリンティングが産業用3Dプリンタ6機種を初公開
XYZプリンティングジャパンは、「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」に出展し、産業用3Dプリンタ6機種を国内初公開。「世界に先駆けて日本で先行展開する」と産業用3Dプリンタ事業への本格参入をアピールした。(2018/6/28)

本当に大切なのは、データの量ではなく「質」:
PR:富士フイルムに聞く、ビジネス価値を生み出すデータ活用基盤の作り方
ビジネスが「体験価値の競争」に変容している今、データ活用の在り方が企業の競争力に直結する状況となっている。だが多くの企業では、社内にデータが散在している、必要なデータがそろわずすぐに分析を行えないなど、課題が山積しているのが一般的だ。では一体どうすればデータを競合他社との差別化にスピーディにつなげることができるのだろうか? データを使った製品・サービスの差別化を実現している富士フイルムホールディングス 経営企画部 IT企画グループ長の柴田英樹氏と、企業のデータ活用を支援している日本IBM クラウド事業本部 技術統括部長 大塚知彦氏の対談に、その解を探る。(2018/7/25)

表裏2枚の古写真を3Dモデル化、彫刻欄間の制作で新技術
安藤ハザマは、3Dデータ制作などのノウハウを持つアールテックと共同で、現存しない彫刻欄間の3Dデータを残された2枚の古写真から復元する技術を開発した。試作として、名古屋城本丸御殿の欄間を3Dプリンタで出力することに成功したという。(2018/6/27)

3Dプリンタ導入事例:
Audiが「Stratasys J750」を導入、テールライトカバーの試作時間を最大50%削減
ストラタシス・ジャパンは、独Audiのプレシリーズセンターが設計プロセスの革新と設計検証の迅速化を目的に、フルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ「Stratasys J750」の導入を決定したと発表した。(2018/6/22)

Unityで始めるシェーダー入門(9):
カスタムライティングモデルを使用した、影を付けるシェーダー
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はカスタムライティングモデルを使用した、影を付けるシェーダーを扱う。(2018/6/21)

「バイトル」のディップ、広告契約を「kintone」で電子化 営業の内勤業務を月間1万5000時間削減
求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは、サイボウズの「kintone」と「Easy電子契約」を導入し、求人広告掲載の契約プロセスを電子化。ペーパレス化と書類の回収・確認業務の効率化により、契約手続き時間の短縮や営業プロセスの改善を図る。(2018/6/15)

NEDOプロジェクト:
シーメット、大型鋳造用砂型3Dプリンタ「SCM-1800」を発売
シーメットは、NEDOプロジェクトの成果を基に開発したバインダジェット方式を採用する大型鋳造用砂型3Dプリンタ「SCM-1800」を発売した。(2018/6/12)

Unityで始めるシェーダー入門(8):
シェーダーでオブジェクトを鏡面反射させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、「Cubemap」を使った鏡面反射について解説する。(2018/6/7)

TBM、紙やプラの代替素材「LIMEX」改良 生分解性素材加え環境性能向上
欧州中心に環境規制の強化が見込まれるため、より環境性能を高めた素材の開発に乗り出す。(2018/6/6)

GaNパワーデバイス:
ロームとGaN Systemsが協業、将来的に共同生産も
ロームとGaN Systems(ガンシステムズ)は2018年6月5日、GaN(窒化ガリウム)パワーデバイス事業における協業を開始したと発表した。(2018/6/5)

NTT西日本や日本郵便なども実施:
大企業でできない経験をベンチャーで積む「レンタル移籍」とは?
最近話題の「企業間レンタル移籍」をご存じだろうか。大手企業に籍を置いたまま、出向という形で期間を定め、ベンチャー企業で働くというもので、既にいくつかの会社がそうした取り組みをスタートさせているのだ。(2018/5/30)

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」ネタバレレビュー <人類最後の希望=メカゴジラ>は起動したか
ネタバレ注意。(2018/5/26)

カシオ計算機|開発者インタビュー:
デンソーも導入、カシオの2.5Dプリンタ「Mofrel」がモノづくりを革新する理由
初期段階のデザイン試作において、金型製作にかかる時間やコストの負担は大きく、頭を抱えている現場も多い。こうした負担は制約となって設計者やデザイナーに重くのしかかり、イノベーティブなモノづくりに限界をもたらしてしまう。そのような状況を打破し、デザイン試作に革新をもたらすのがカシオ計算機の2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」だ。(2018/5/22)

Unityで始めるシェーダー入門(7):
シェーダーでオブジェクトをスライス(輪切り)表示させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はオブジェクトをスライス(輪切り)したような見栄えになるシェーダーを紹介する。(2018/5/17)

ジェネレーティブデザインソフトウェアを導入:
AutodeskとGMが自動車部品のさらなる軽量化に向けて技術提携を発表
AutodeskとGeneral Motors(GM)は、自動車部品の軽量化を目指した技術提携を発表。ジェネレーティブデザインとアディティブマニュファクチャリング(積層造形)を融合し、将来における車両開発の重要なテクノロジーとして活用していく。(2018/5/14)

金属積層造形:
日立金属、金属粉末を用いてハイエントロピー合金「HiPEACE」の造形に成功
日立金属は、金属3Dプリンタに適した金属粉末を用いて、強度と耐食性に優れたハイエントロピー合金「HiPEACE」の造形に成功した。(2018/5/11)

Vivid Colorシリーズ:
3Dプリンタ「Stratasys J750」対応の新素材発表、色再現が50万色以上に
ストラタシス・ジャパンは、PolyJet式3Dプリンタ「Stratasys J750」の機能を拡充する新素材「Vivid Color」シリーズを発売する。(2018/5/8)

隈研吾建築都市設計事務所、HPの3Dプリンタでファブリックのオブジェ製作
DMM.makeは、日本HP初の3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3D」のサポートサービスを開始する。2018年4月25日に行われたビジネスユーザー向け説明会では、3Dプリンタの可能性を示唆する講演もあり、隈研吾建築都市設計事務所でのオブジェのパーツ製作が事例として紹介された。(2018/5/1)

Unityで始めるシェーダー入門(6):
サーフェースシェーダーのリムライティングで3Dモデルをガラスのように表示させる
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はサーフェースシェーダーのリムライティングを扱う。(2018/5/1)

人工知能ニュース:
AIでウチのドアが執事に、YKK APの「未来ドア」は2020年発売を目標に
建材メーカー大手のYKK APは未来の窓やドアを形にする「未来窓」の第3弾となる「UPDATE GATE」の記者説明会を開催した。顔認証やAI(人工知能)、音声認識などを利用した自動開閉、遠隔見守り機能、伝言や情報配信機能などを備えたドアシステムであり、「ドアが執事のようにふるまう」ことをイメージしている。(2018/4/26)

Unityで始めるシェーダー入門(5):
頂点・フラグメントシェーダーで3Dキャラクターの一部の色を変える
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。前回まで「サーフェースシェーダー」を扱ってきたが、今回は「頂点・フラグメントシェーダー」を扱う。(2018/4/26)

3Dプリンタニュース:
フルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」、新素材で50万色以上が再現可能に
ストラタシス・ジャパンは、PolyJet式3Dプリンタ「Stratasys J750」の機能を拡充する新素材「Vivid Color」シリーズを発売する。PolyJet 3Dプリンティング技術の再現性と質を高める。(2018/4/25)

2〜3時間でシリコン製ミッドソールを製造:
ECCOが3Dプリンタでミッドソールをカスタマイズできる期間限定サービスを展開
ECCO(エコー)は、3Dプリンタを用いてシリコン製ミッドソールをカスタマイズできる「QUANT-U カスタマイゼーション・プロジェクト」を発表した。(2018/4/24)

特選ブックレットガイド:
進化するデジタルモールド、高品質な試作や小ロット生産がモノづくりを革新する
3Dプリンタで出力した樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」について取り上げた過去の展示会レポート記事と、サントリーMONOZUKURIエキスパートによる活用事例をあわせて紹介する。(2018/4/20)

Unityで始めるシェーダー入門(4):
シェーダーによるテクスチャ設定、透明度変更、法線マップでオブジェクトに凸凹模様を付ける
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、シェーダーによるテクスチャ設定、透明度変更、法線マップでオブジェクトに凸凹模様を付ける設定について紹介する。(2018/4/12)

Rhinoceros:
McNeelアジア、Windows版「Rhino 6」を日本市場向けにリリース
McNeelアジアは、3次元CADソフトウェア「Rhinoceros」のWindows版(Windows版Rhino 6)を日本市場でリリースした。(2018/4/3)

研究開発の最前線:
海底の泥から3000年分のレアアース、新産業も生み出す「レアアース泥」とは
資源小国の日本だが、日本を取り囲む海にはさまざまな資源が眠っている。それら海洋資源の1つとして注目されているのが、高品質なレアアースを大量に含む海底の泥「レアアース泥(でい)」だ。南鳥島沖のレアアース泥には、国内需要3000年分のレアアースが含まれているという。レアアースを使った新たな製品につながる技術開発も進んでいる。(2018/4/2)

Unityで始めるシェーダー入門(3):
シェーダーによる色の変更、発光、光沢を持たせない設定
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、シェーダーによる色の変更、発光、光沢を持たせない設定について紹介する。(2018/3/29)

自分で“判断”する家へ:
10年後の「快適な住宅」とは何か LIXILの展望
「快適な暮らし」をさまざまな視点からデータで実証し、住宅に生かそうとしているLIXIL。家庭内事故を防ぐためには? トイレはどう変わるのか? 10年後の住宅について聞いた。(2018/3/28)

モノづくり最前線レポート:
二次電池各社の進む道、それぞれの先進技術と抱える課題
「第9回 国際二次電池展」の基調講演では、マクセルホールディングス、BYD、CATL、Teslaなど、日米中の二次電池関連各社が登壇。先進技術動向と抱える課題などについて説明した。(2018/3/23)

CADニュース:
3D CAD「Rhino 6」のWindows版、日本で発売
McNeelアジアは、3次元CADソフトウェア「Rhinoceros」のWindows版(Windows版Rhino 6)を日本でリリースした。ビジュアルプログラミング言語「Grasshopper」をはじめ、プレゼンテーションツールなどが改良され、表示速度も向上している。(2018/3/22)

Unityで始めるARKit入門(終):
Unityを使って、ARKitで複数のボールをバウンドさせるアニメーションを表現するには
Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。最終回は、複数のボールがバウンドするサンプルアプリを作ってみよう。(2018/3/16)

Studioシステム/Productionシステム:
MSYSが米Desktop Metalと代理店契約を締結、金属3Dプリンタの国内販売を開始
丸紅情報システムズ(MSYS)は米Desktop Metalと代理店契約を締結し、Desktop Metal製金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始した。(2018/3/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。