ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新素材」最新記事一覧

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/09/23
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年9月23日)(2016/9/23)

EVなど向けフィルムコンを開発製造へ:
村田製作所と指月電機が資本提携し合弁設立へ
村田製作所と指月電機製作所は2016年9月16日、資本業務提携を結び2016年10月1日付で共同開発する新素材を用いたフィルムコンデンサーの開発、製造を行う合弁会社を設立すると発表した。(2016/9/20)

車両デザイン:
レクサスのクモの巣シートは長時間運転しても疲れない、材料は人工クモの糸
トヨタ自動車は、「パリモーターショー2016」において、レクサスブランドのコンセプトシート「Kinetic Seat Concept」を初公開する。可動式のシート座面と背面により旋回時の運転しやすさや快適性を向上すると共に、クモの巣パターンのネットシートで高いサポート性を確保。国内ベンチャーが開発した人工合成クモ糸繊維も採用している。(2016/9/16)

よりアクティブに進化した2世代目のApple Watch:
林信行の「Apple Watch Series 2」先行レビュー
防水機能を備え、GPSも内蔵した新Apple Watch。林信行氏が発売直前の先行レビュー。(2016/9/14)

目指したのは“感じる”音――ソニーの新しいフラグシップヘッドフォン「MDR-Z1R」のこだわり
ソニーが、ヘッドフォンのフラグシップモデル「MDR-Z1R」を国内でも発表した。「IFA 2016」で発表した「Signature Series」(シグネチャー・シリーズ)の一角を担うオーバーヘッド型だ。(2016/9/8)

蓄電・発電機器:
発電する「窓」実現へ、紫外線も防ぐ透明な太陽電池の新素材
東京大学などの研究グループは、透明かつ紫外線を防ぐ太陽電池を実現できる新材料の合成に成功したと発表した。(2016/9/7)

日本の義足開発、パラリンピックきっかけに拡大 3Dプリンタや新素材、技術転用も
日本メーカーが、義足の開発に相次ぎ乗り出している。一部メーカーは9月7日に開幕するリオデジャネイロ・パラリンピックの出場選手に提供するなど、技術力を誇示する構えだ。(2016/9/2)

義足国内開発、パラリンピック契機に拡大 3Dプリンターや新素材、技術転用も
日本メーカーが、義足の開発に相次ぎ乗り出している。(2016/8/30)

東レ、企業向け健康管理事業参入 「スマートウエア」使い情報一元化
東レは25日、ITを融合した次世代衣料「スマートウエア」を使った企業向けサービスに乗り出した、と発表した。(2016/8/26)

ITの力で“漆黒”の質感を再現 NECは「漆プラスチック」をどう開発したか
日本の伝統工芸品、漆器の質感や美しさを再現するバイオプラスチックをNECが開発。その裏には、“漆黒”の色合いや質感をどう数値化するか、という大きなチャレンジがあった。(2016/8/18)

2度の休止を乗り越えた「サガミオリジナル001」 相模ゴム工業が販売再開後に目指すビジョンは?
約1年間の休止期間を経て、6月に販売を再開した「サガミオリジナル001(ゼロゼロワン)」。「001」はいかにして生まれたのか。そして再開から2カ月、どういった状況にあるのか――担当者に話を聞いた。(2016/8/16)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
実用化に向かう8K技術群――技研公開で見えた8K放送の実現性
前編に続き、「技研公開」のレポートをお送りする。今回は8Kを中心とした「すぐそこの未来」がテーマだ。長年にわたってNHKの8K開発を見つめてきた麻倉怜士氏は、今年の8K展示からどんな未来を描くだろうか。(2016/7/21)

オムロン 耐環境シリーズ耐油コンポーネント:
自動車の生産ライン向けFA機器を網羅、全機種で耐油実力値4年を実証
オムロンは、自動車の生産ラインで使われる切削油に対して、耐久性を高めた「耐環境シリーズ耐油コンポーネント」200機種を発売した。(2016/7/19)

ポタフェスに出品:
7万Hzまで再生できる新素材のイヤフォン、マクセルから「Graphene」登場
マクセルは、新開発の振動板を採用したカナル型イヤフォン「Graphene」を発表した。その名の通り、炭素原子が蜂の巣(ハニカム状)に結合したグラフェンを使用している。(2016/7/14)

FAニュース:
耐油実力値4年を実証したセンサーやスイッチなど200機種を発売
オムロンは、自動車の生産ラインで使われる切削油に対して、耐久性を高めたセンサーやスイッチなどの「耐環境シリーズ耐油コンポーネント」200機種を発表した。全機種で、耐油実力値4年を実証している。(2016/7/11)

Society 5.0を世界に先駆けて実現へ:
産総研、2030年に向けた研究戦略を策定
産業技術総合研究所(産総研)は、2030年に向けた産総研の研究戦略を策定した。2030年の産業像や社会像を見据え、「超スマート社会(Society 5.0)」の実現など、大きく4つの研究目標を定め開発に取り組む。(2016/6/30)

マツダ、車体軽量化の材料開発加速 燃費向上や排出ガス削減を目指す
マツダが自動車の車体軽量化による燃費向上に向け、材料開発に力を入れる。(2016/6/27)

いまさら聞けないTPM(5):
新製品開発部門や調達・製造をサポートする管理間接部門の活動もTPMの重要な柱
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説する。第5回となる今回は、「TPMの8つの活動(8本柱)」のうち開発管理と管理間接部門のスタッフに着目した活動を紹介する。(2016/5/24)

実用化が現実的に:
1cm角の全固体リチウムイオン電池、IoT向けに発進
英国のIlika Technologiesが、1×1cmと超小型の全固体薄膜リチウムイオン電池を発表した。容量は250μAhで、環境発電技術と組み合わせて、まずはIoT(モノのインターネット)機器をターゲットとする。(2016/5/18)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
Ultra HD Blu-rayの実力を堪能できる4Kテレビはコレだ!(前編)
前回、Ultra HD Blu-rayの魅力を十全に引き出せる家庭用4Kテレビ&4Kプロジェクターは存在しないと書いたが、この数週間で状況がガラリと変わった。ソフトウェアアップデートで変わった東芝「Z20X」のHDR画質、そしてパナソニックとLGエレクトロニクスの新製品について、インプレッションをお届けしよう。(2016/4/25)

“ウェアラブル”の今:
Apple Watchをより魅力的にする、日米合作の「ウーブンナイロン」バンド
Apple Watchと組み合わせられるバンドが続々と増えている。中でも注目なのが、軽量で価格も手ごろな「ウーブンナイロン」のバンド。取材と実際の使用を通して見えてきたウーブンナイロンバンドの秘密に迫る。(2016/4/23)

富士フイルム EI-580BT:
高い処置性能と挿入性を備えたショートタイプのダブルバルーン内視鏡
富士フイルムは、高い処置性能と挿入性を備えたショートタイプのダブルバルーン内視鏡「EI-580BT」を発表した。(2016/4/7)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(7):
ゴム業界の常識への挑戦が生んだ、水素ステーション普及の“立役者”
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は水素ステーションに採用された「耐水素用ゴム材料」を開発した高石工業を紹介する。(2016/4/5)

ガラスの代わりに「透明な木材」 窓やソーラーパネルに活用
窓やソーラーパネルに使える「透明な木材」を、スウェーデン王立工科大学(KTH)が開発した。(2016/4/4)

R25スマホ情報局:
「Apple Watch」値下げで注目増す?
値下げされたApple Watchと新素材バンド「ウーブン・ナイロン」の登場によって、Apple Watchを買いたい人々が増えている?(2016/3/25)

医療機器ニュース:
高い処置性能と挿入性を備えたダブルバルーン内視鏡を発売
富士フイルムは、ショートタイプのダブルバルーン内視鏡「EI-580BT」を発表した。スコープ先端は小回りが利き、弾発性の高い新素材の採用で挿入・追従しやすいため、患者の苦痛を低減し、挿入が難しい症例において検査効率の向上に貢献する。(2016/3/24)

“ウェアラブル”の今:
Apple Watch Sportの値下げと日本製のナイロンバンドから見えてくること
小型の「iPhone SE」や9.7型の「iPad Pro」の発表の影に隠れてあまり注目はされなかったが、Appleが3月21日に開催したイベントでは、Apple Watchについても、いくつかのアップデートがあった。(2016/3/23)

4型iPhoneと9.7型「iPad Pro」:
「iPhone SE」は何が変わった? 1分で振り返るApple発表まとめ【随時更新】
米Appleのイベントで、4型iPhoneや9.7型「iPad Pro」などが発表された。発表内容をまとめて見ていこう。(2016/3/22)

「Appleにはあなたのデータとプライバシーを守る責任がある」とクックCEO
Appleのティム・クックCEOは、「iPhone SE」などを発表したイベントの冒頭で、FBIへの協力拒否問題に触れ、「われわれはデータとプライバシーを保護する責任から逃れるつもりはない」と語った。(2016/3/22)

Apple Watchは299ドルに値下げ ナイロンバンド、新色バンドも
AppleがApple Watch Sportを値下げし、ナイロンのバンドと新色バンドを発表した。(2016/3/22)

いまさら聞けないTPM(3):
稼ぐ個別改善、守る自主保全活動
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説する。第3回となる今回は「TPMの8つの活動(8本柱)」のうち個別改善と自主保全活動の概要について紹介する。(2016/3/16)

近赤外レーザーを用いた、がん光熱療法に朗報:
ナノコイル状の新素材、光照射で効率よく発熱
産業技術総合研究所(産総研)の丁武孝研究員らは、光照射で効率よく発熱するナノコイル状の新素材を開発した。近赤外レーザーを用いたがんの温熱療法(光熱療法)への応用などが期待される。(2016/3/14)

疲労を回復するベネクスの「リカバリーウェア」 普段着や部屋着として使える新シリーズが登場
副交感神経の働きを促して疲労を回復させるという「リカバリーウェア」を販売するベネクスが、新たに肌触りのよい素材を開発し、軽く柔らかい、部屋着などとして着られるリカバリーウェアを発表しました。(2016/3/3)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ「ARM-10」用の光硬化樹脂にプニプニな柔らか新素材を追加
ローランド ディー.ジー.は、光造形方式3Dプリンタ「ARM-10」用光硬化型樹脂の新製品として「PRR35-OP」と「PRH35-ST2」の取り扱いを開始した。(2016/3/1)

クルマから見るデザインの真価(9):
自動車用ホイールとデザインの深イイ関係
路面に接しているタイヤと車体をつなぐホイールは、自動車部品の中でも重要なパーツだ。走行に欠かせない機能部品であると同時に、ファッション性を含むスタイリング要素も求められるパーツでもある。「東京オートサロン2016」で披露された数多くのホイールを眺めつつ、ホイールとデザインの関係を見ていこう。(2016/3/1)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
自由な着想と先端テクノロジーの融合によるイノベーションが、デジタル時代に打ち勝つカギ
ITの発展によってこれまでの制約が無意味になり、異業種でも新たなビジネスに参入することが可能な時代が到来した。従来のビジネスモデルも通じなくなる時代だからこそ、イノベーションをいかに生み出すかが重要である。(2016/2/29)

省エネ機器:
新素材でモーターや圧縮機を3%省エネ化、エアコンなどに採用へ
パナソニック 生産技術本部は、東北大学が開発した新ナノ結晶合金「NANOMET」を用いた家電用モーターの実用化に向け、省エネルギ―性の実証に成功した。(2016/2/26)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第49回 56Gbps伝送技術
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第49回は56Gbps伝送技術について解説する。(2016/2/25)

水洗浄だけで手入れいらず 汚れない、垢がつかないトイレ、LIXILが開発
水洗浄だけで汚れや水垢を防ぐトイレ用の陶器「アクアセラミック」をLIXILが開発した。(2016/2/24)

「桐」と「彫り」:
“和”を追求したスピーカーとヘッドフォン、オンキヨーが開発――新素材のセルロースナノファイバー振動板も採用
オンキヨーが「和楽器の心地よい響きを実現した」というスピーカーとヘッドフォンを公開。古くから和楽器に使われる「桐」素材の採用に加え、音の響きをよくするため楽器本体の内部に施される「彫り」構造を採用し、スピーカーボックスやヘッドフォンカバーに応用した。(2016/2/5)

週末アップルPickUp!:
結局、Appleは春に何かを発表するの?
現段階の主要なウワサをまとめました。(2016/1/31)

3D Printing 2016:
新素材とUVプリントで広がる3Dプリンタの可能性
ローランド ディー.ジー.は「3D Printing 2016」に出展。monoFabシリーズをはじめとする3D造形機とUVプリンタに関する展示デモを行った。(2016/1/29)

蓄電・発電機器:
新素材でキャパシタの容量を2倍へ、芝浦工大らが新蓄電技術を開発
芝浦工業大学電気工学科の松本聡教授は、MICC TECと共同で、短時間での充放電が可能で大容量の電気を蓄えることのできる蓄電装置(キャパシタ)を開発する要素技術を確立したとこのほど発表した。(2016/1/29)

蓄電・発電機器:
薄くて曲がる太陽電池に新素材、電極の層を減らして製造工程を短縮
東京大学の研究チームが有機薄膜による太陽電池の新しい製造方法を開発した。薄くて透明な太陽電池を構成する電極の層を減らして製造工程を簡略化できる。電極の素材に従来のインジウムに代わってニオブを採用した。レアメタルの中でも生産量が多くて価格と供給量が安定している。(2016/1/28)

Apple、3月に「Apple Watch」の新素材バンドや「iPad Air 3」も発表か
Appleが3月に「iPhone 5se」を発表するとした9TO5Macが、その発表イベントで「Apple Watch」の新素材バンドと次期OS「watchOS 2.2」の内容、「iPad Air 3」も発表する可能性があると報じた。(2016/1/24)

MONOist インダストリー4.0セミナー レポート:
日本の製造業が「IoTで遅れている」と指摘される理由
MONOist主催のセミナー「インダストリー4.0の到来は日本をどう変革するか」の基調講演に、経済産業省 の正田聡氏が登壇。日本政府としてIoTによる製造業革新を支援する取り組みをどう進めているかということを紹介した。インダストリアルインターネットコンソーシアムの日本の窓口として活躍する吉野晃生氏の講演なども含め、同セミナーのレポートをお送りする。(2016/1/18)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787の導入で何が変わったのか?
日本から未就航だった都市へ、新規路線の開設ラッシュが続いている。その立役者として活躍するのが、ボーイング787だ。“ドリームライナー”の愛称を持つ787は、何を実現したのか?(2016/1/6)

材料技術:
フロントガラス全面がヘッドアップディスプレイに!? 積水化学が新素材
積水化学工業は、フロントガラス全面にヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示を投影できる合わせガラス用中間膜を開発した。透明度が高い発光材料を中間膜に採用し、プロジェクターのレーザーが当たると中間膜が発光するようにした。小さい投影ユニットでもHUDの表示面積を大型化できる(2015/12/14)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(4):
世界初の“凍る”鋳造技術を実用化! 業界常識を覆した町工場の“熱い”挑戦
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、世界で初めて「凍結鋳造システム」の実用化に成功した株式会社 三共合金鋳造所の取り組みを取材した。(2015/12/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。