ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヌンチャク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヌンチャク」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ヲタ芸みたい」「映画泥棒」 高校生が研究した「二重振り子」の動画、カオスな動きにTwitter大反響
二重振り子が作ってみたくなる……。(2018/10/30)

立ちどまるよふりむくよ:
「ピアノToy-Con」に至る任天堂音楽ソフトの歴史
4月20日のNintendo Laboまで待てない人向けに、任天堂音楽ソフトのこれまでの流れをまとめてみた。(2018/2/23)

「焼きそばパン買ってこいや」 木村カエラ、似合い過ぎるスケバンルックでファンを舎弟にしてしまう
何でも買ってきます!(2017/10/11)

「うなれ俺のハンドスピナー!」 ハンドスピナーを題材にしたバトルアニメ風動画が血湧き肉躍るクオリティー
無駄にハイクオリティーな映像。(2017/7/26)

何か魔力が宿ったな!? 人間に襲いかかってきそうな“柵”がエスカレーターで大暴れ
柵「暴れたんねぇな……暴れたんねぇよ!」(2017/2/21)

「Splatoon2」少し遊びにくい? 「Nintendo Switch」を先行プレイしてきた
人気タイトルの最新作「Splatoon2」から異色の格闘ゲーム「ARMS」まで――「Nintendo Switch」の報道向け体験会で、記者が体験したゲームの模様をお伝えしよう。(2017/1/13)

ゲーム機でプログラムが組める「プチコン」にWii U版登場 外付けキーボードに対応しテレビ画面で制作可能
Wii Uでも「Hello world」。(2016/12/7)

スマイルブーム、Wii UでBASICプログラミングができる「プチコン BIG」
スマイルブームは、Wii U上でBASICプログラミングを楽しめる専用ソフト「プチコン BIG」の提供を開始する。(2016/12/7)

俺たちもあの名せりふを叫びたい! ハッシュタグ「発声OK上映にして欲しい映画」がTwitterで盛り上がる
「コマンドー」はぜひ見てみたい……!(2016/8/9)

旧約聖書の伝説をポーチで見事に再現! 「ノアの箱舟」と「モーセの奇跡」のポーチがナイスアイデアと話題に
箱舟を開けると、なかに動物のつがいが……!(2016/7/3)

俺は○○使いだ! の人も、これから習得したい人も:
もし、プログラミング言語が「武器」だったら
今、ITエンジニアの皆さんはどの言語を習得したいですか? どれを選べばよさそうか、ソフトウェアエンジニアのティプリンさんがプログラミング言語の特徴を「武器」に例えて説明してくれています。(2016/2/5)

なにそのアクロバティックな交通誘導! 誘導棒の扱いが斬新すぎる交通誘導員が話題に
無駄に洗練された無駄のない無駄な動き。(2015/11/11)

ものすごい代打をものすごい再現度で MMD動画「ものすごい代打ミク」であの感動をもう一度
39打点ぐらい取りそう。(2015/8/3)

高校野球のバット回し球児に「注意処分」の報道 埼玉県高野連は否定 「あくまで注意指導」
あのヌンチャクのようなバットさばきは高野連のルールを破ったものではないとのこと。(2015/7/24)

別の意味ですごいバットさばきだ! 高校野球でバットをヌンチャクみたいに振り回す衝撃の代打が登場して話題に
動作の意味はよく分からんがとにかくすごい打者だ。※追記あり (2015/7/23)

ブルース・リーのヌンチャクさばきを完コピする日本の5歳児が世界で絶賛 「次のブルース・リーはこの子だ」
セリフや歩き方まで完璧。(2015/5/10)

「闇を穿つ大槌」「呪われし大鎌」――選ばれた勇者が持つにふさわしい“伝説の武器”をペンケースの中に
のちの宝具である。(2014/12/23)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
アンプらしからぬ見た目で“生きた音楽”を奏でる――NuPrimeのUSB-DAC内蔵プリメイン「IDA-16」
ぼくはアンプにはボリュームのノブが必須だと言い続けてきたが、こんなデザインのアンプを見ていると、もういいのではと納得させられてしまいそうだ。(2014/9/26)

サムライたちの集い「第3回 サムライモノフェスティバル」(3):
モノフェスで見た、面白アイデアの事業化事例
2月15日開催の第3回 サムライモノフェスティバル」では、「誰でもブランドを立ち上げられるサービス」「ボタンを押すと拍手するおもちゃ」「匂いが出るガジェット」など、面白アイデアを実際に事業化した事例が多数展示されていた。(2014/3/28)

サムライたちの集い「第3回 サムライモノフェスティバル」(1):
日本のモノづくりはこれからどうなる? ――大企業と中小企業、それぞれの思い
クラウドソーシングで製品デザインを募集する大手メーカー、自社製品や研究開発に取り組む町工場――大企業と中小企業、それぞれから見た日本のモノづくりのこれからとは。2月15日開催の第3回 サムライモノフェスティバル」よりお届けする。(2014/3/5)

キティさん、全身緑に 「ミュータント タートルズ」とコラボ
ネコのキティさんがカメになった。(2013/11/19)

武術を科学の見地から分析
映画『燃えよドラゴン』に登場する武術ジークンドー。この武術を解剖学、認知心理学の観点から解説した書籍を紹介する。(2013/10/1)

心技隊流「未来を創るヒント」:
ワクワクする日本製造業のつながり力は、バーチャルかつリアル
今回は、ヌンチャク系iPhoneケース「iPhone Trick Cover」の主 ニットー 藤沢秀行氏。初の自社製品の実現には、バーチャル(インターネット)とリアル(現実)、両方の世界の中小製造業のつながりが力となったと語る。(2012/12/27)

小型化した「Wii mini」が登場 カナダで発売
任天堂の米国法人は、Wiiを小型化した「Wii mini」をカナダで12月7日に発売する。(2012/11/28)

「バトロボーグ20」vsロボットプロレス:
小型ボクシングロボットをオトナが本気で遊んでみた!! 後編
前編では「バトロボーグ20」の基本的な部分を紹介しましたが、後編ではいよいよロボットプロレス団体「できんのか!」協力によるプレイの様子を紹介します。1vs1のバトルだけでなく、チーム勝ち抜き戦、バトルサッカーなどもやってみました。(2012/11/2)

「バトロボーグ20」vsロボットプロレス:
小型ボクシングロボットをオトナが本気で遊んでみた!! 前編
タカラトミーの小型ボクシングロボット「バトロボーグ20」。このなかなか興味深い無線操縦玩具でいろいろな競技をしてみました。まず前編では「バトロボーグ20」はどんなものなのかを紹介します。(2012/11/1)

ベーシック/プレミアムの違いは? 「Wii Uプレゼンテーション」詳細まとめ
同時発売予定のソフト、周辺機器の価格も明らかに。(2012/9/13)

キターーーーー!:
【速報】Wii Uの発売日は12月8日 ベーシックセットは2万6250円、プレミアムセットは3万1500円に決定!
任天堂は生放送においてWii Uの発売日と価格を発表した。(2012/9/13)

ぱたぱたとムダにかっこよくiPhoneを振り回せるヌンチャク系ケース
パタパタやってみよう。(2012/9/7)

マイクロモノづくり 町工場の最終製品開発(23):
町工場発! 面白ガジェットとクラウドファンディング
「iPhoneをカッコよく振り回したいぜ!」という社長の野望!? をかなえる面白ガジェット開発秘話。ニットー 藤沢氏が選択したユニークな開発資金調達の手段とは。(2012/7/20)

ヌンチャク系iPhoneケース「iPhone Trick Cover」、製品化プロジェクトが始動
ヌンチャクにように振り回せるiPhone4/4Sケース「iPhone Trick Cover」の製品化が、ニットーの「Cerevo DASH」プロジェクトでスタート。クラウドファンディングを活用して2012年夏に販売する。(2012/6/21)

東京おもちゃショー2012:
日本フライ級チャンピオン粉川選手と小島よしお氏が対戦 「バトロボーグ20」新製品発表イベント
「バトロボーグ20」新製品発表イベントがあり、ボクシングの日本フライ級チャンピオンである粉川拓也選手とスイムウェアがトレードマークの小島よしお氏が登場。「バトロボーグ20」で対戦した。(2012/6/18)

エイプリルフール企画のその後:
おばかモノづくりグッズを販売してしまった件
MONOistのエイプリルフール企画で作った製品の一部を売ることになった。ビジネスはひとまず置いておいて、まずは楽しむ! 中小製造業のデザフェス参戦記。(2012/5/28)

ヌンチャクのように振り回せる「iPhone Trick Cover」
ニットーが、自由に回転や移動ができるiPhone用カバー「iPhone Trick Cover」を8月に発売する。(2012/5/10)

やだ、かっこいい:
手元でくるくるとiPhoneを振り回せるiPhoneカバー「iPhone Trick Cover」
ジッポをカチャカチャ、ヌンチャクをブンブン。そんな小粋なトリックをiPhoneでもやってみたい人は、こちらなんていかがでしょう?(2012/5/9)

クラブニンテンドー特典に金のヌンチャク追加
お前が落としたのはこの金のヌンチャク? それとも金のクラコンPRO?(2011/12/14)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
剣を振るとキノコに切れ目が! 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の新しさ
制作5年、関わったスタッフは総勢100名を超えるという「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」。宮本茂氏も太鼓判を押す「超弩級」の大作を、実際に遊んでみました。(2011/9/13)

任天堂、欧州で横置きの新型Wii発表
新型Wiiは構成をわずかに変え、スリム化されている。欧州で秋に発売予定。(2011/8/18)

Razer、モーションセンサー搭載の“ヌンチャク”風ゲーミングコントローラ「Hydra」
MSYは、Razer製となるモーションセンサー搭載USBコントローラ「Hydra」の取り扱いを発表した。(2011/8/8)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その42):
E3 2011に行ってきた(後編)――復習してみるソニー&任天堂
くねくねハニィの「最近どうよ?」第42回目、先日の「E3 2011に行ってきた(後編)」を前置きもなく書いてしまおうかなと。長いけど、よろしこ。(2011/6/29)

今夏、ミッキーマウスが夢を描く――「ディズニー エピックミッキー」日本発売決定
Wii「ディズニー エピックミッキー」、ついに日本上陸。ミッキーマウスと「しあわせウサギのオズワルド」の知られざる物語が描かれる。(2011/6/10)

角川ゲームスがエンターブレイン、アスキーメディアワークスのゲーム事業統合を発表――角川ゲームスカンファレンス KICKOFF
自社開催のカンファレンスにて、角川ゲームスは、自身の子会社のゲーム事業を統合する事を発表した。新生・角川ゲームスが放つ新作「天空の機士ロデア」の詳細とは。(2011/1/21)

マイクロモノづくり〜町工場の最終製品開発〜(3):
通常業務に負担を掛けずに商品開発する秘けつ
「そんなに本腰を入れてやるほどの余裕がない」「現在の業務を縮小して、失敗したら……」――そんな心配もあるが!?(2010/11/30)

これだけ読めば大丈夫!?:
「E3 2010」まとめてみました(後編)
ロサンゼルスで開催された世界最大のゲームExpoを振り返る前後編。前編に引き続き、カンファレンスから今後の情勢を推測します。(2010/6/28)

大作ゲームだけがE3じゃない! 笑える小ネタを集めてみた(後編)
先日ロサンゼルスで開催されたE3 2010。ニンテンドー3DSやKinect、PS moveなどが大きく話題として取り上げられていますが、それはE3のほんの一部なのでした……。あの外国人のテンションも上がるというものです。(2010/6/21)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その37):
ゆる〜い北米取材報告 -GDCもね♪-
寒過ぎて冬眠から覚めなかった(?)くねくねハニィがお送りする季節外れのGDCリポートをお送りしまぁす。大胆なご無沙汰っぷりでびっくりだよねぇ。おもしろい角度でまとめてみたのでご一読をばっ!(2010/4/20)

そこに壁があるから登るのだ――「ロックンロールクライマー」
任天堂はWiiウェア向けに、お茶の間でロッククライミングが体感できる「ロックンロールクライマー」を11月24日に配信開始する。(2009/11/24)

限りある資源を大切に! 空き缶をリサイクルせよ――「530 エコシューター」登場
Wiiウェアで気軽にガンシューティングができるWiiウェアが任天堂より11月24日に登場する。(2009/11/24)

ウルトラハンドを伸ばしてニクを取れ!――クラブニンテンドーの特典に「Wiiでウルトラハンド」追加
クラブニンテンドーのポイント交換特典に「Wiiでウルトラハンド」が追加された。交換ポイントは50ポイント。(2009/11/9)

日々是遊戯:
「しっぽ好き」にはたまらない、Wiiヌンチャクを使った自作「しっぽアタッチメント」が登場
しっぽ、しっぽ、ああしっぽ。なぜあなたはそんなにも私を惹きつけるのか……。そんな「しっぽ好き」のための素敵なアクセサリが登場です。(2009/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。