ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オープンソースDB」最新記事一覧

質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック
質問!オープンソース開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオープンソース開発関連の質問をチェック
質問!オープンソースソフトウェア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオープンソースソフトウェア関連の質問をチェック

はじめてID管理製品を導入する方へ:
PR:クラウドとオンプレミスの混在で複雑化するユーザーID管理の課題は「Unicorn ID Manager」で解決
クラウドサービスが当たり前のように利用されるようになり、ユーザーIDの管理に悩む企業が増えてきている。社内に閉じたシステムでは、手作業や自作のスクリプト、ID管理ツールで対応できた。だが、クラウドサービスが普及したいま、これまでの手法では十分に管理できなくなってきている。では、IT管理者はどうすればよいのか。解決策はあるのか。(2016/8/22)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【後編】
なぜ学校は「タブレット」「無線LAN」の導入で満足してはいけないのか
ITが日本の教育に必要な理由とは何なのか。教育機関は今後、何を目指してIT活用やIT教育に取り組んでいくべきなのか。国内外の過去と現状を見据えて考察する。(2016/7/15)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【中編】
小学校の「プログラミング教育必修化」が必要なこれだけの理由
小学校での必修化の検討が進む「プログラミング教育」。なぜ必修化が必要なのか。世界の動向も含めてプログラミング教育を取り巻く状況を整理し、その理由を探る。(2016/6/23)

ペットシッター分野の“Airbnb”と呼ばれるRover.comの事例
シェアリングエコノミー業界はデータ分析が命綱、データ駆動型改革のススメ
シェアリングエコノミービジネスにとって、データに基づいた意思決定はなぜ重要なのか。ドッグシッターのマッチングサービスRover.comの最高技術責任者(CTO)であるスコット・ポラド氏がその理由を説明する。(2016/6/21)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【後編】
「生徒の私物タブレット利用」は“1人1台”実現の救世主となるか?
教育機関にとって、タブレットをはじめとするデバイスの管理とコスト負担をどうするかは大きな課題だ。採用が進む「BYOD」は、この課題の適切な解決策となり得るのだろうか。(2016/6/1)

「PostgreSQL」の普及推進に向け、2015年度の活動成果を発表:
PGECons、PostgreSQL 9.5の性能検証やデータベース移行の検証結果を公表
PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムが、「PostgreSQL」の普及推進に向けた活動成果発表会を開催。PostgreSQL 9.5の性能検証やデータベース移行検証結果などを公表した。(2016/5/16)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【前編】
中高生の家庭では「LINE禁止」「ネット制限」は“常識”ではない
教育機関がIT活用やIT教育を進めるためには、学習者の家庭でのIT環境も考慮する必要がある。保護者によってIT活用の考え方は異なり、家庭内IT環境はさまざまだ。今回は筆者の家庭での実例を紹介する。(2016/4/26)

Oracleユーザー向け「SQL Server」無料化なども発表
Linux版「Exchange」の開発はあるか、「SQL Server on Linux」登場で高まる期待
「SQL Server」のLinux版を発表し、「Oracle Database」からの乗り換え客にライセンスを無償提供する。“奇策”にも見えるMicrosoftのこうした取り組みは、同社が起こそうとしている変化の序章にすぎない。(2016/4/7)

Computer Weekly製品導入ガイド
試行錯誤する価値があるオープンソースデータベース
コストが高く魅力のないプロプライエタリデータベースの代替として、多くの企業がよりアジャイルなオープンソース製品に目を向けている。自社のニーズに最も合ったものを選ぶためには試行錯誤が必要だ。(2016/3/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
商用製品の代替となるオープンソースソフトウェア
オープンソースと商用ソフトウェアとの戦いは第2ラウンドに入った。オープンソースソフトウェアは体重以上に良いパンチを繰り出している。(2016/3/11)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【前編】
「学校IT活用・IT教育」が日本の“救世主”になり得る理由
教育機関がIT活用やIT教育を進めることは、個別の教育機関が掲げる教育目標の達成だけでなく、日本が世界で生き抜く原動力となり得る力を秘めている。(2016/2/22)

900万米ドルの資金調達も:
MariaDBが新CEOにオラクル出身のマイケル・ハワード氏を指名
MySQLから派生したOSSのリレーショナルデータベース「MariaDB」を商用展開するMariaDB CorporationのCEOに、米オラクル出身のマイケル・ハワード氏が就任。追加資金調達も行ったという。(2016/1/25)

オープンソースのストリームデータ処理基盤:
PostgreSQL互換のストリームデータ分析DB「PipelineDB」に商用版が登場
ストリームデータ分析に適したオープンソースのデータベースに商用版が登場。PostgreSQL互換で、SQLで直接クエリを投げられるため、ETLなどが不要な点が特徴だという。(2016/1/18)

Database Watch(2016年1月版):
MySQLの「気になるウワサ」はどこまで本当?
Webの世界で人気の高いオープンソースRDB「MySQL」は、振り返ると買収や分岐など、運命に翻弄されてきましたが、中には正しくない話も出回っているようです。あの話は、本当ですか?(2016/1/18)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】
“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは?
無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。(2016/1/5)

Database Watch(2015年12月版):
「ドクターSQL」に聞く、次期標準「SQL2016」で注目すべき三つの新機能
RDBでデータを操作する言語が「SQL」です。その仕様は国際標準となっており、RDBの普及を強く支えています。今でも進化を続け、次期版の標準となる予定の「SQL2016」はどうなるのか。“ドクターSQL”こと日本データベース学会副会長の土田正士氏に話を聞きました。(2015/12/18)

Database Watch(2015年11月版):
SPARC M7に実装された「Software in Silicon」とは何か
データベースというソフトウエア技術を追いかける本連載で「SPARC」について言及する日が来るとは思いませんでした。今回はオラクルのデータベース性能を強化するためのチップに実装された技術「Software in Silicon」を深追いします。(2015/12/3)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【前編】
便利なはずの「無線LAN」が学校を苦しめるこれだけの理由
教育機関のIT活用を下支えする無線LANは、利便性が高い半面、課題も少なくない。無線LANの導入や運用で、教育機関が見落としがちな課題を整理する。(2015/11/25)

FAニュース:
まさにIoT仕様! オムロンがデータベース直結のコントローラーを発売
オムロンは、現場主導のビッグデータ活用やIoT対応によるモノづくり革新の中核を担う制御用コントローラーとして、データベースに直結できるマシンオートメーションコントローラーを発売する。(2015/11/20)

ただし、ライセンスコスト以外も考慮
自社でもやってみたくなるオープンソース活用事例
著名なオープンソースプロダクトはそれなりに普及しているが、イノベーションを起こすOSSはまだまだある。英William HillはOSSをどのように活用しているのか? この事例から学べることは多い。(2015/11/5)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【番外編】
「情報モラル教育」を学校だけが担うのはおかしい
情報モラル教育の担い手は教育機関なのか、それとも家庭なのか。情報モラル教育はいつ、どのようにすべきなのか。教育機関のIT活用において見過ごせない、こうした課題に向き合う。(2015/10/26)

オラクル、“3倍高速”な「MySQL 5.7」一般提供開始
オラクルが「MySQL 5.7」の一般提供を開始。前バージョン比で最大3倍高速とする性能、拡張性、管理性の向上、JSONサポートによるNoSQL機能などを強化した。(2015/10/22)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【後編】
学校が今、最低限すべき「情報セキュリティ対策」はこれだ
現時点では、教育機関が扱う情報は限られており、機密情報を保有する企業のような高度なセキュリティ対策はほとんどの場合、必要ない。ただし、現状でも最低限のセキュリティ対策は必要だ。その具体例を示す。(2015/9/29)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【中編】
LINEを悪者扱いする前に「情報モラル」を学ぶべき
学習者にとって身近な存在となったSNSは、ときに“犯罪の温床”のような見方をされる。その考えは本当に正しいのか。「情報モラル教育」の重要性が高まっている。(2015/9/1)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【前編】
“目隠し型セキュリティ”は子どもをダメにする
学習者がネット犯罪に巻き込まれる事件が多発している。だが、むやみにネットの利用を制限することは、問題の先送りにしかならない。教育機関が認識すべきセキュリティの課題を整理する。(2015/8/4)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:電子黒板編
「電子黒板」の主流が“移動式”から“常設”に移る切実な理由
クライアントPCの画面を大画面で共有でき、画面に直接書き込める「電子黒板」。利用形態の変化とともに進化する電子黒板について、普及の背景も踏まえつつ解説する。(2015/6/29)

国内でも注目度が急上昇:
PR:“初めてのNAS”にSynologyを選ぶ3つの理由
海外製NASキットの中でも、豊富な機能と使いやすさで国内ユーザーの注目を集めているのがSynologyだ。その魅力を徹底解説。(2015/3/16)

MongoDBへの不審なアクセスに注意、不注意で意図しない公開も
オープンソースのMongoDBを利用するシステムを探索する不審なアクセスが多数観測され、警察庁が注意を呼び掛けている。(2015/2/23)

安さだけではなく管理性、保守性を追求したPSQL v12
「仮想化、クラウドならOracleかSQL Server」は本当に正しいのか
基幹系システムを仮想化、クラウド環境で稼働させる際、焦点の1つになるのがデータベース選びだ。選択肢は限られていたが、安価かつ導入しやすいデータベースの登場で状況が変わりつつある。(2015/2/2)

Database Watch(2014年11月版):
AWSが発表したクラウドネイティブなMySQL互換DB「Amazon Aurora」
Amazon RDSに新たに加わったAurora。MySQL互換をうたうハイパフォーマンスのデータベースサービスを取材した。(2014/11/28)

AWS re:Invent 2014:
AWSが発表したOracle Databaseキラー、Amazon Auroraとは
米Amazon Web Services(AWS)が2014年11月12日、年次カンファレンス「re:Invent 2014」で、新たなデータベースサービス、「Amazon Aurora」を発表した。商用リレーショナルデータベースで得られる堅牢性、パフォーマンスのメリットを実現しながら、コスト、オープン性を大きく改善することが目的だ。(2014/11/14)

AWS Tips:
耐久性と可用性を兼ね備えたMulti-AZ構成を作る
AWSが提供するRDS(Relational Database Service)を使えば、簡単に冗長構成を組むことが可能です。起動ウィザードから、スタンバイのデータベースを作ってみましょう。(2014/10/8)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Oracleはもういらない! オープンソースでOracleフリーを目指せ(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2014/8/1)

FacebookやGoogle、「WebScaleSQL」をオープンソースで公開
オープンソースデータベース「MySQL」を大規模システムで利用しているFacebook、Google、Twitter、LinkedInが直面する共通の問題を解決する目的で開発中のブランチ「WebScaleSQL」をGitHubで公開した。(2014/3/28)

SOHO/中小企業に効く「NAS」の選び方(第2回):
NASの法人モデルは家庭用と何が違うのか?
メーカー各社のNAS製品には、家庭向けと法人向け、それぞれ別のラインアップが存在している。これらは何が違うのか? 昨今の法人向けNASが搭載するユニークな機能の数々とともに見ていこう。(2014/2/20)

「安定したバージョンを長く提供」と:
ミラクル、PostgreSQL対応の「MIRACLE ZBX」をリリース
ミラクル・リナックスは2013年12月19日、オープンソースのデータベースである「PostgreSQL」に対応した「MIRACLE ZBX」パッケージを公開した。(2013/12/26)

Database Watch(2013年12月版):
HP「NonStopサーバー」って?/フェイスブックの中の人に聞いたMySQL 5.6の使い方
今月は専用機「NonStopサーバー」の仕掛けと、Facebookの中でのMySQL 5.6への対応状況、使い方をウォッチします。(2013/12/25)

個人非商用利用向けに無償ライセンスも:
ペンタセキュリティ、MySQLやMariaDBの暗号化ソフト
ペンタセキュリティシステムズは2013年11月25日、オープンソースのデータベース「MySQL」や「MariaDB」に対応したデータベース暗号化ソフトウェア「MyDiamo」の販売を開始した。(2013/11/26)

Database Watch(2013年10月版):
NECが考えるRDBな企業とHadoop活用/MariaDB、ストレージエンジンSpider
今月はNECのスケールアウト型データベース「InfoFrame Relational Store」とMySQLのForkとして注目を浴びているSkySQLのMariaDBについてレポートします。(2013/10/24)

多数のバグを修正:
「MySQL 5.6.13」が公開
オープンソースデータベース管理システムの更新版となる「MySQL 5.6.13」が2013年7月31日に公開された。重要な変更点として、レプリケーションの変更が挙げられる。(2013/8/2)

試験範囲はCSS3やレスポンシブWebデザイン、JavaScript:
LPI-Japan、2014年1月を目標に「HTML5認定試験」開始へ
エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は7月8日、「HTML5認定試験(HTML5 Professional Certification)」の開発に着手したことを明らかにした。2014年1月からの配信開始を目標にしている。(2013/7/8)

MySQLの開発コアメンバーが再結集へ――SkySQLとMonty Programが合併
MySQLの当初の開発コアメンバーがMariaDBを「真に互換性のあるNewSQLオープンソースデータベースへと進化させる」ことを目指して再結集する。MySQLユーザーのサポートにも注力するという。(2013/4/25)

約2年ぶりのメジャーアップデート:
「MySQL 5.6」リリース、NoSQL対応を強化
米Oracleは2月5日、オープンソースデータベース「MySQL」の最新版、「MySQL 5.6」の正式版を発表した。(2013/2/6)

Database Watch(2012年12月版):
PostgreSQLは80コアまでリニアに性能アップする
エンタープライズ環境でPostgreSQLはどれくらいのパフォーマンスを出せる? 来春発表される成果報告を前に、検証の中間報告をレポートする。(2012/12/26)

MariaDBユーザーと開発者の利益を保護:
MySQL創始者、「MariaDB Foundation」の設立を発表
「MySQL」創始者のマイケル・ワイデニアス氏ら3人が12月4日、MySQLから派生したMariaDBを守るための非営利団体「MariaDB Foundation」の設立を発表した。(2012/12/6)

Database Watch(2012年9月版):
いまオープンソースデータベースがきている
 今月は商用からオープンソースまで幅広くデータベース製品を取り扱っているアシストの取り組みと、9月10日にリリースされたPostgreSQL 9.2についてお伝えします。(2012/9/20)

データベース座談会
Oracle、SQL Server、OSS以外のデータベース選択肢を考える
クラウドやビッグデータ活用が注目される今、データベースへのニーズは多様化している。有名商用データベースやオープンソース以外の製品も選択肢に入れ、本当に自社のニーズに合ったデータベースを選びたい。(2012/6/13)

Twitter、MySQLの独自ツールをGitHubで公開
Twitterが、オープンソースデータベースMySQLのコミュニティーに向けて、自社サービス運営のために開発した5つの機能のソースコードを公開した。(2012/4/10)

日本HP、ビッグデータ活用に向けたITインフラ構築サービスを開始
日本HPは、Hadoopに対応したサーバ製品、DB製品、システム監視・管理ツール、導入コンサルティングサービスなどを統合的に提供する「HP Hadoop HBaseサービス」を始めた。(2011/12/6)

安藤幸央のランダウン(59):
師走を楽しもう。技術系アドベントカレンダーの魅力とは
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/11/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。