ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「桃色大戦ぱいろん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「桃色大戦ぱいろん」に関する情報が集まったページです。

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/24)

BOOK☆WALKERで先行配信:
一二三書房のノベルレーベル「桜ノ杜ぶんこ」電子書籍へ参入
一二三書房は、ノベルレーベル「桜ノ杜ぶんこ」の創刊2周年を記念して電子書籍への本格参入を発表。『超次元ゲイム ネプテューヌはいすくーる』ほか25作品を「BOOK☆WALKER」で先行配信する。(2014/1/15)

G-Tune、「桃色大戦ぱいろん+」推奨ゲーミングPCを発売
マウスコンピューターは、ゲーミングPC「NEXTGEAR」「NEXTGEAR-MICRO」シリーズのラインアップにオンライン麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん+」推奨モデルを追加した。(2013/11/8)

6月27日まで記念キャンペーンも開催――オンライン対戦麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん」、6月11日よりハンゲームでのサービスを開始
手軽に遊べる萌え麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん」が、ハンゲームからもプレイ可能となる。(2012/6/11)

ゲッチャTV Gamez出張所:
新MCが登場――夏なので浴衣でお送りします
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年8月5日放送分は、オンラインゲームの「桃色大戦ぱいろん」と、高橋名人世代「戦国麻雀&テトリス パーティープレミアム」を放送。夏バテ気味なわけではありません。(2010/8/10)

オンラインゲーム最新イベント情報:
クリスマス増殖中
シーズン到来。オンラインゲームの世界ではあちこちでクリスマスが祝われております。(2009/12/9)

「桃色大戦ぱいろん」と「ルーセントハート」がコラボ
(2009/10/9)

Pポイントで購入できるカードを実装――「桃色大戦ぱいろん」
(2009/2/3)

今日は何の日? 萌え曜日!:
皆が気になった“萌え記事”をアクセスランキングで振り返ってみました
実は今回でとりあえず終了してしまう「今日は何の日? 萌え曜日!」。最後の記事ということで、ラストは今日は何の日? 萌え曜日!のアクセスランキングベスト5を発表しますよ!(2009/1/27)

「桃色大戦ぱいろん」カードコレクションアルバム機能を導入
(2008/11/21)

奪われたくないカードは保管――「桃色大戦ぱいろん」、カード倉庫を実装
(2008/9/19)

「桃色大戦ぱいろん」課金サービスに移行
(2008/9/1)

「桃色大戦ぱいろん」声優情報を公開。新キャラ第2弾も
(2008/7/14)

「桃色大戦ぱいろん」オープンβテストの特典を公開。声優新情報も
(2008/7/7)

「桃色大戦ぱいろん」のオープンβテスト開始日が決定
(2008/7/1)

今日は何の日? 萌え曜日!:
萌え麻雀の新境地? 「桃色大戦ぱいろん」で萌え麻雀×カードバトルの異色ミックスに悶えるべし
ただの萌え麻雀には興味ありません。なのでカードバトルを加えてみました。と言わんばかりの勢いで我々の前に登場したオンライン麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん」。新感覚の萌え麻雀の手応えを確かめるべく、クローズドβテストを体験してみました。ついでに筆者の萌え闘牌伝説もここから始まるかも?(2008/6/17)

ITmedia +D Games枠で100名募集:
「桃色大戦ぱいろん」クローズドβテスト募集開始
エクストリームが運営を予定しているオンライン麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん」の第1次クローズドβテストがまもなく開始される。ITmedia +D Gamesでもテスターを100名募集。(2008/5/26)

「桃色大戦ぱいろん」クローズドβテスト用のキャラクター決定
(2008/5/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。