ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PLC」最新記事一覧

Power Line Communication:高速電力線通信

シリコン・ラボ Si838x:
最大8チャンネルを搭載したデジタルアイソレーター
シリコン・ラボラトリーズは2016年8月、最高2Mビット/秒の高速チャンネルを可能にした、PLC入力デジタルアイソレーター「Si838x」ファミリーを発表した。1デバイス当たり最大8チャンネルを搭載し、50kV/マイクロ秒の高いノイズ耐性を備えたという。(2016/8/17)

FAニュース:
マルチホップ機能を搭載した高速電力線通信システムのライセンス提供を開始
パナソニック AVCネットワークス社は、高速電力線通信「HD-PLC」を使用する「HD-PLC」IPコアのライセンス提供を開始した。マルチホップ機能搭載で、通信距離を数kmまで拡張し、最適な通信経路を自動選択する。(2016/7/20)

産業制御システムのセキュリティ:
そのPLCの情報はネットで丸見え、工場に襲い掛かるサイバー攻撃の脅威
トレンドマイクロはIoTによりつながる世界に対し、サイバー攻撃のリスクとサイバーセキュリティの重要性を示すセミナーを開催した。(2016/6/22)

製造業IoT:
信号灯の赤青黄で設備監視、PLCやセンサー情報も併せて管理
製造設備の「信号灯」を活用した、生産現場のIoT化を提案するB-EN-Gが詳細な実装例を紹介した。機器のセンサーやPLCなどもつなぎ込むことで、設備管理総合ソリューションへの発展も視野に入れる。(2016/6/6)

特選ブックレットガイド:
オープンPLCネットワーク「FL-net」とは何か?
誕生背景やメカニズム、活用シーンなどを解説。(2016/6/2)

コンテック CONPROSYS:
IEC 61131-3準拠のソフトウェアPLCを採用した新世代産業用コントローラー
コンテックは、同社のM2M/IoTソリューションブランド「CONPROSYS」から、新世代産業用コントローラー「PAC」シリーズを発表した。(2016/6/1)

組込みシステム開発技術展:
M2Mゲートウェイ装置、異種PLCを同時に接続可能
コンテックは、「第19回 組込みシステム開発技術展」で、マルチベンダー対応のPLCデータ収集装置「M2M Gateway for PLC」などを展示した。(2016/5/16)

TECHNO-FRONTIER 2016:
IoTによる製造業革新へ、EtherCATやOPC-UAに対応したPLC
日立産機システムは、エレクトロニクス・メカトロニクスの展示会「テクノフロンティア2016」(2016年4月20〜22日、幕張メッセ)において、IoT対応産業用コントローラーを核に、つながる製造現場のデモを披露した。(2016/4/20)

PR:生産現場のIoT化を進める現実解としての「ソフトウェアPLC」
最近では生産現場に関する話題の中でIoTやIndustry4.0で“つながる”ことの重要性が叫ばれて久しいが、その実現にはさまざま問題が横たわっている。そこでIoTやIndustry4.0の実現に近づく現実解として注目すべきがソフトウェアPLCによるコントローラーのオープン化だ。(2016/4/13)

ESEC2016 開催直前情報:
ソフトウェアPLCが加速させるIoTやIndustry 4.0の具体化
リンクスが2016年5月11〜13日に開催される「第19回 組込みシステム開発技術展」「第5回 IoT/M2M」に出展、生産現場の“つながる化”を加速させるソフトウェアPLC「CODESYS」を紹介、IoTやIndustry 4.0の具体例を示す。(2016/4/12)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(9):
制御の世界の“黒船”、TwinCATでメイドを動かす
SOEMに限界を感じていた私は、ベッコフオートメーションのソフトウェアPLC「TwinCAT3」に手を出しました。そう、文字通り“手を出してしまった”のです。今回は、制御の世界に「黒船」を持ち込んできたTwinCAT3を使ってメイドを動かすまでの、私の苦闘と孤闘の全容をご覧いただければと思います。(2016/3/31)

FAニュース:
FA向け国内主要PLCの“見える化”と“遠隔管理”に貢献
アットマークテクノと東海ソフトは、PLCなどのデバイスをクラウドに接続し、稼働状況を簡単に見える化・遠隔管理できるサービス「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ」を発売した。産業向けIoTソリューションの迅速な開発・運用に貢献する。(2016/3/17)

アットマークテクノ/東海ソフト Armadillo-IoT Flex Device パッケージ:
国内主要PLCの“見える化”を実現するIoTソリューションパッケージ
アットマークテクノと東海ソフトは、PLCなどのデバイスをクラウドに接続し、各デバイスの稼働状況の「見える化」や「遠隔管理」を容易に実現できるサービス「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ」の提供を開始した。(2016/3/3)

デジタル OsiSense XG:
IoT導入に貢献、人やモノの情報を管理する通信機器RFIDシステム
デジタルは通信機器RFIDシステム「OsiSense XG」シリーズを発売。表示器とダイレクトに接続することで、上位PC/PLCとのプログラムレス通信が可能となる。(2016/3/1)

FAニュース:
HMI/PLCとのプログラムレス通信が可能なRFIDシステムを発売
デジタルは、人やモノの情報を管理する通信機器RFIDシステム「OsiSense XG」シリーズを発売した。HMIやPLCとダイレクトに接続できる。(2016/2/29)

IDEC FC6A形:
遠隔監視システムの構築に最適なPLC、装置の小型化とコスト削減にも効果
IDECは、豊富なインタフェースを搭載し、高機能な制御が可能なプログラマブルロジックコントローラー(PLC)「FC6A形」のグローバル販売を開始すると発表した。(2016/1/20)

施工業者のニーズから生まれた:
ルネサス、DALI照明制御で無線版とPLC版を開発
ルネサス エレクトロニクスはこのほど、信号線を使用せずに、LED照明をネットワーク制御できる2種類のシステムを開発した。LED照明のネットワーク制御化の大きな障壁となっている初期導入コストを大幅に低減できる技術として、2016年4月以降に本格的なビジネス展開を開始する方針だ。(2016/1/13)

SCF2015 特別企画ブースリポート(シーメンス):
PR:「つながる」と「デジタルの価値」、インダストリー4.0を体現するシーメンス
ドイツが進めるモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」の中核を担うシーメンス。設計環境向けのソフトウェアから製造現場用機器までを全てをカバーする特徴を生かし、「システムコントロールフェア(SCF)2015」では次世代工場のコンセプト「TIAコンセプト」を訴求するとともに、安全統合PLCやプラントシミュレータなど、豊富な製品群の提案を行った。(2016/1/8)

世界の電力線通信(PLC)規格に1チップで対応:
ルネサスがPLCソフトモデムソリューション
ルネサス エレクトロニクスは、電力線通信(PLC:Power Line Communication)用LSI「R9A06G037」を開発した。2016年2月よりサンプル出荷を始める。世界各国/地域や電力会社で異なるPLC規格に対し、ソフトウェア変更で対応することが可能である。(2015/10/22)

FAニュース:
一般制御と安全制御を1台で実行できる、安全統合マイクロPLCを発売
シーメンスは、一般制御と安全制御を1台で実行する、安全統合マイクロPLC「SIMATIC S7-1200F」シリーズを国内で発売した。一般制御と安全制御を1台で可能にしたことで、I/Oモジュールも一般制御用と安全制御用を混在して設置できる。(2015/10/20)

FAニュース:
最大36コアの工場制御コントローラー、PLCやCNCなどの複数作業を1台で制御可能に
ベッコフオートメーションは、最大で36コアプロセッサーを搭載可能な産業用PCをリリースする。さまざまな作業を各コアに割り振って活用することなどが可能となる。(2015/9/16)

マキシム ZENO/MAX79356:
全ての狭帯域電力線通信ユーティリティ規格に対応するPLCモデム
Maxim Integrated Productsは、1つのモデムで全ての狭帯域電力線通信ユーティリティ規格に対応する、電力線通信(PLC)モデムSoC「ZENO/MAX79356」を発表した。CENELEC A、ARIB、FCC周波数帯のG3-PLC、Prime、P1901.2規格にシングルチップで対応した。(2015/7/2)

PLCは進化していた!:
既設ケーブルがフル活用できるIoT向けマルチホップ対応の高速電力線通信が登場
メガチップスは2015年6月、IoT用途向けにマルチホップ通信に対応した独自PLCを開発し、同PLCを実現する通信用LSIを発表した。十数Mビット/秒の高速通信が行える技術で、既存ケーブルを有効活用できる通信技術として幅広く提案する。(2015/6/23)

Shodanで調べよう、PLCを狙う不審なアクセスへの備え
産業制御システムを標的にした不審な通信への注意喚起が相次いでいます。インターネットに公開された機器を検索できるサービスの悪用が懸念され、自社システムが公開されているかどうかをぜひ確認してください。(2015/6/9)

PLC狙いの新たな通信を観測、脆弱性探索が活発化?
警察庁が注意喚起していた不審な通信について、従来とは異なるコードを使った手口が増加している。(2015/6/8)

PLCの脆弱性を狙うアクセス急増、警察庁が注意喚起
産業制御システムで使われるPLCソフトの脆弱性を標的にしたアクセスが多数観測されている。(2015/5/26)

FAニュース:
IoT時代の生産現場に対応、“業界最速クラス”の演算能力を持つPLCを発売
オムロンは、マシンオートメーションコントローラー(PLC)の新ラインアップとして、NXシリーズ「形NX701」とNJシリーズ「形NJ101」のグローバル販売を開始した。(2015/4/2)

FAニュース:
数値制御装置の新シリーズを発売、最大8系統32軸8主軸に対応
三菱電機の数値制御装置「M800Sシリーズ」「M80シリーズ」は、専用CPUの搭載により、微小線分処理能力とPLC演算処理能力が同社従来機比1.6倍に向上した。(2015/3/20)

FAニュース:
PLCと表示器の生産・開発を名古屋に統合し、一貫体制を構築
三菱電機は、FAシステム事業の中核製品であるシーケンサー(PLC)、表示器などの開発・製造を名古屋製作所に統合する。(2015/1/27)

制御の可能性は無限大:
PR:搬送時間が5分の1に! 制振技術や包装機で活躍する制御技術の進化
グローバル競争が加速する中、製造現場や製造ラインにはより一層の迅速さと柔軟性が必要になっている。製造ラインのさまざまな課題を解決するためには、機器の入れ替えなど大変なコストや手間が必要だと考えがちだが、PLCでコントロールする制御技術でかなりの部分が「何とかなる」ということをご存じだろうか。「制御で生産ラインの課題解決に貢献する」という新たなアプローチを紹介する。(2014/12/1)

FAニュース:
マキシム、インダストリー4.0向け「Micro PLC技術」のリファレンスデザイン発表
PLC実装面積を10分の1に小型化した他、50%以上の省電力により、ファンレス動作とI/Oの高密度化を可能にした。デジタルI/Oデータは従来の70倍高速で処理でき、製造スループットも向上した。(2014/11/23)

PLCのモーション制御プログラミング入門(4):
PLCベンダー間でのプログラム再利用性
PLCのモーション制御プログラム開発に貢献する「PLCopen Motion Control FB」。本連載ではこのMotion Control FBについてより深く掘り下げ、解説していく。最終回の今回は、Motion Control FBを含んだIEC 61131-3準拠プログラムの再利用性について説明する。(2014/10/24)

産業制御システムのセキュリティ:
制御システム破りの“定石”、「Operation Dragonfly」がもたらす“真の脅威”
2014年6月に、欧州の電力会社に向けたサイバー攻撃が明らかになった。「Operation Dragonfly(オペレーションドラゴンフライ)」と名付けられた同攻撃は、イランの核施設のPLCを狙ったマルウェア「Stuxnet(スタックスネット)」以来となる制御システムを標的にした大規模攻撃だと注目を集めている。「Operation Dragonfly」の特徴とその“真の脅威”についてお伝えする。(2014/9/17)

PLCのモーション制御プログラミング入門(3):
多軸協調制御
PLCのモーション制御プログラム開発に貢献する「PLCopen Motion Control FB」。本連載ではこのMotion Control FBについてより深く掘り下げ、解説していく。第3回では多軸協調制御(軸グループによる補間制御)について取り上げる。(2014/9/11)

FAニュース:
日本モレックス、次世代「Brad PCネットワークインタフェースカード」を発表
NIC・設定ソフトウェア・開発ライブラリ・OPCデータサーバで構成されたパッケージ製品。DCSやPLCからの移行も容易で、フィールドバス技術に精通していないユーザーでも、制御アプリケーションを効果的かつ省コストに運用できる。(2014/9/3)

PLCのモーション制御プログラミング入門(2):
同期制御と補正
PLCのモーション制御プログラム開発に貢献する「PLCopen Motion Control FB」。本連載ではこのMotion Control FBについてより深く掘り下げ、解説していく。第2回では同期制御と補正について取り上げる。(2014/7/24)

FAニュース:
オムロン、スマート接触センサーシリーズに通信型アンプユニットを追加
プログラマブルロジックコントローラー(PLC)などへ高速かつ簡単にデータ転送できる。高速の産業用ネットワークEtherCATを経由することで、0.1μmの高精度データをデジタルデータのまま、精度低下なしに伝送できる。(2014/7/18)

有線通信技術 HD-PLC inside:
組込み向け「HD-PLC」規格に準拠、ロームがベースバンドIC開発
ロームは、高速の電力線搬送通信規格で組込み機器向けに規格化された「HD-PLC」insideに準拠したベースバンドIC「BU82204MWV」を開発し、サンプル出荷を始めた。M2M(Machine to Machine)やIoT(Internet of Things)、スマートコミュニティを構成する機器などの用途に向ける。(2014/6/26)

PLCのモーション制御プログラミング入門(1):
Motion Control FBの共通仕様と単軸の位置決め制御
PLCのモーション制御プログラム開発に貢献する「PLCopen Motion Control FB」。本連載ではMotion Control FBについてより深く掘り下げ、解説していく。第1回は共通仕様と単軸の位置決め制御について取り上げる。(2014/6/9)

産業用ネットワーク技術解説:
いまさら聞けないFL-net入門
オープンPLCネットワークの「FL-net(エフ・エル・ネット)」をご存じでしょうか。工場のさらなる高度化が進む中、工場ネットワークのオープン化は加速しています。その中でPLCの相互互換性を確保するオープンPLCネットワーク(OPCN)にも注目が集まっています。OPCNを実現する「FL-net」の誕生背景やメカニズム、活用シーンなどを解説します。(2014/5/12)

ESEC2014 開催直前情報:
ローム、「HD-PLC」 inside準拠LSIに「Ubiquitous Network Framework」を採用
ユビキタスは、組み込み機器向けネットワークプラットフォームソリューション「Ubiquitous Network Framework」が、ロームの「HD-PLC」 inside規格準拠ベースバンドLSIに採用されたと発表した。(2014/5/9)

サイプレス 16MビットnvSRAM:
16MビットnvSRAMを供給開始、ONFI1.0規格にも対応
サイプレス セミコンダクタ(以下、サイプレス)は、16MビットnvSRAM(不揮発性SRAM)ファミリを発表した。ONFI(Open NAND Flash Interface)1.0対応と、非同期パラレルインタフェース対応の製品を用意している。プログラマブルロジックコントローラ(PLC)やストレージ機器、ネットワーキング機器、航空機器、電子ゲームといった用途に向ける。(2014/5/9)

PLCの国際標準プログラミング入門(6):
IEC 61131-3の最新技術動向とJIS B 3503
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。最終回となる今回は2013年2月に改訂されたPLC用プログラミング言語国際規格「IEC 61131-3 第3版」の内容と、対応するJIS規格である「JIS B 3503」への取り込み状況について解説します。(2014/4/23)

PLCの国際標準プログラミング入門(5):
PLCopenの「Safety FB」とは
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回はPLCopenの「Safety FB」について解説します。(2014/3/24)

蓄電・発電機器:
電力線通信でメガソーラーを監視、電力に載せて発電データを送る
多数の太陽電池パネルで構成する太陽光発電システムでは、故障したパネルを迅速に検知できることが重要だ。住友電気工業は発電した電力と一緒にデータも伝送する仕組みを開発した。電力線通信(PLC)と呼ぶ方式で、監視システムを安価に構築できるメリットがある。(2014/3/17)

PLCの国際標準プログラミング入門(4):
PLCopenの「Motion Control FB」とは
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回はPLCopenの「Motion Control FB」の概要を紹介します。(2014/2/20)

PLCの国際標準プログラミング入門(3):
IEC 61131-3の特長〔後編〕プログラムのモジュール化
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回は同規格に規定されているプログラムのモジュール化ついて説明します。(2014/1/22)

STマイクロ ISO8200B:
制御機器の小型化と電力効率を改善、STマイクロのハイサイドスイッチIC
「ISO8200B」は、ガルバニック絶縁されたハイサイドスイッチICである。これまでの製品に比べて、制御機器の小型化と高い電力効率を実現することが可能となる。産業用オートメーションシステムや汎用プログラマブルロジックコントローラ(PLC)などの用途に向ける。(2013/12/18)

ビジネスニュース 企業動向:
マキシムがPLC向けDC-DCコンICに注力、耐圧60Vで電力効率93%を実現
Maxim Integrated Products(以下、マキシム)は、日本市場においてPLC(Programmable Logic Controller)向け電源ICの受注獲得に力を入れている。その1つが入力電圧4.5〜60Vで、出力電流が最大2.5Aの同期整流型DC-DCコンバータIC「MAX17503」である。電力効率が高く、発熱をほぼ半分に抑えたことで、電源回路部の小型化を可能とする。(2013/12/16)

PLCの国際標準プログラミング入門(2):
IEC 61131-3の特長〔前編〕5つのプログラミング言語と変数
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回は同規格に規定されている5種類のプログラミング言語と変数について説明します。(2013/12/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。