ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IT投資」最新記事一覧

企業におけるITへの投資状況(2015年調査):ユーザー部門編
“勝手IT”導入は当たり前? PCサーバの6割超はユーザー部門が導入の現実
キーマンズネットは2015年11月にユーザー部門のIT予算について調査した。大企業ではユーザー部門の予算割合が増加。6割超がノートPC、PCサーバ、ストレージをユーザー部門で導入していることが分かった。(2016/8/30)

企業におけるITへの投資状況(2015年):IT部門編
2016年度のIT予算は増加傾向、お金を掛けたいのは“投資効果が見えにくい”セキュリティ
キーマンズネットは2015年11月に「企業におけるIT投資状況」に関する調査を実施した。IT部門における2016年の投資意欲は前年に比べて高まっているようだ。特にセキュリティ分野への意欲が顕著だ。(2016/8/30)

企業の「戦略的IT投資」、情報システム部門の活躍具合は?
IDC Japanは、国内企業の情報システム部門の変化に関する調査結果を発表。「戦略的IT投資」を推進する専任組織を情報システム部門に設置する企業は45%という結果が出た。(2016/8/10)

IDC Japan CIO調査:
国内製造業のIT投資に対する意欲は?
IDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについてアンケート調査を実施。その分析結果を発表した。(2016/7/20)

ホワイトペーパー:
IT予算はどこへ消えた――業務部門によるIT支出が増えている?
米TechTargetが実施した調査では「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったが、ある調査では、全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎないという結果を報告している。(2016/7/6)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説する「ITストラテジー」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのIT戦略を、マンガで解説。そもそも漠然と使いがちな「IT戦略」という語自体を見直してみると、IT投資のポイントが見えてくる!?(2016/6/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
IT予算はどこへ消えた――業務部門によるIT支出が増えている?
TechTargetが実施した調査では「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かった。ある調査では、IT予算のうちIT部門が管理しているのは32%にすぎないという結果を報告している。(2016/6/10)

250名様にQUOカード500円分が当たる!
Dell「IT投資動向調査アンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で250名様に「QUOカード(500円分)」をプレゼント。(2016/4/1)

2016年のIT予算は前年比4.8%アップの見込み
無料で使えるIT予算計画テンプレートでベストプラクティスを学ぼう
確実なIT予算は、テクノロジーの支出管理とコラボレーション促進の両方に欠かせない。本稿では、無料で使えるIT予算計画テンプレートを紹介する。(2016/3/14)

新しいCRMに関して:
ガートナーが見解を発表、独自のIT予算を持つマーケティング組織を擁する国内企業の割合が2019年までに倍増
2016年2月24日、ガートナーは年次イベントである「ガートナー カスタマー 360 サミット 2016」の開催に合わせ、マーケティングにはスピードと俊敏性に焦点を当てた新しいITアプローチが必要になるとの見解を発表した。(2016/2/24)

アプリ開発を抜本的に改善できる魔法のようなツール
アプリ開発の生産性向上を実現する“ハイレベルな開発ツール”とは?
多くのIT部門が現在、ビジネス環境の変化に俊敏に対応するために開発生産性の向上を求められている。限られたIT予算で既存システムの保守と新規開発の効率を最大化できる開発ツールとは?(2016/2/1)

TechTargetジャパン会員調査
1年以内に導入するIT製品は? 読者調査に見る「2016年IT投資動向」
IT製品やサービスの選定に関わる読者はIT活用に関してどのような課題を抱えていて、どのような次のIT投資を考えているのか。読者調査から2016年の動向を見る。(2016/1/29)

最新ノートPC「New Latitude 14 7000」が当たる!
Dell「IT投資動向調査アンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で1名様に最新ノートPC「New Latitude 14 7000 プレミアムモデル」、50名様に「QUOカード(500円分)」をプレゼント。(2016/1/27)

IT部門とマーケティング部門の密接な連携が必要:
日本におけるCMO相当の役職が前年比1割増、ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンは2016年1月25日、日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)に関する調査結果およびIT投資をめぐる組織への影響についての見解を発表した。(2016/1/25)

最重要ITプロジェクトは?
何はともあれ「セキュリティ」、2016年のIT投資調査が“やっぱり”な結果に
米TechTargetが実施した年次調査の結果から、CIOと上級IT幹部がシャドーITとどのように折り合いを付けているのかが明らかになった。(2016/1/2)

「HANAが必要になることはめったにない」
無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方
大手ソフトウェア会社の中には、顧客に無駄なアップグレードを勧める例があるという。売り手の口車に乗らず、貴重なIT予算を効率的に使うための交渉術を紹介する。(2015/12/24)

「E-JAWSカンファレンス」リポート
AWSが丸紅グループにもたらしたものは「足かせのない自由なIT投資」
総合商社の丸紅は2013年秋から、2つのプライベートクラウドをAWSへ順次移行している。得られたのはDRの実現や運用自動化の他、“勝ち組”AWSならではのメリットだ。(2015/12/15)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】TechTargetジャパンご利用に関するアンケート調査
本調査は、TechTargetジャパン会員の方を対象にTechTargetジャパンのコンテンツやサービスの利用状況、今後のIT投資動向などをお伺いいたします。(2015/11/27)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供ホワイトペーパー
事例:オズモールのクーポン配信効果を改善、データ活用経営のすすめ
IT投資の目的はコスト削減から、売り上げへの貢献へと移っている。背景にはモバイルやソーシャルの普及によるデータの爆発がある。これからのデータ分析に求めれられる、スピードとセキュリティ、使いやすさを実現する解析プラットフォームの実力をひも解く。(2015/11/25)

【後編】Gartner Symposium/ITxpoリポート
IT部門が使える“IT予算”はたったの3割?
全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎない。IT部門以外の部門によるIT予算の執行は何を意味するのか? 「コグニティブコンピューティング」などの話題とともにお届けする。(2015/11/16)

デル株式会社提供Webキャスト
60%の従業員は複数端末を使い分け? 企業向けPCの買い替えのポイントを解説
限られたIT予算と多様化する従業員のニーズ、セキュリティの脅威などの課題に対し、企業は、デスクトップPCやノートPC、スマートデバイスなどの最適なライフサイクルを考える必要がある。PC買い替えの最適課題解決策をWebキャストで解説する。(2015/10/29)

グローバル化対応の死角に備えよ
「電話とメールだけ」はもう限界、製造業が勝つためのコミュニケーション環境再考
製造業がグローバルな競争に勝ち抜くためIT投資の中で、死角になりがちなのがコミュニケーション環境。開発のスピードを上げる最適なコラボレーションツールを探る。(2015/10/8)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画:タブレット予算がないなら“足元”を見直すべき――佐賀県職員 円城寺氏
救急医療の現場にタブレット「iPad」を生かす佐賀県。IT予算が限られる中、iPad導入資金を捻出した秘策とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/9/9)

「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ(後編)
企業が「攻めのIT」を実践するには経営層の理解が必要――。経営層にIT投資の重要性を知ってもらうにはどうすればいいか。その問題意識から「攻めのIT経営銘柄」は生まれたという。(2015/8/10)

“戦略的IT活用”が生き残りのカギ:
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ(前編)
攻めのITに取り組む企業を選出したり、企業のIT投資についての調査を行うなど、経済産業省が「攻めのIT」を推進しようと活発に動いている。国として、今「攻めのIT」を推進するのはなぜなのか。経産省の担当者に聞いてみた。(2015/7/30)

リスク回避だけにとどまらない最新サーバOSがもたらす価値
中小企業が陥りやすいITコスト削減のワナ、無駄遣いしないコツとは?
IT予算の限られている中小企業では、コスト削減のために古いサーバを長く使い続ける傾向がある。しかし、それがシステム運用・保守コストを増大させる原因にもなっている。(2015/7/13)

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第2回】
「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」を賢く乗り切る秘訣とは
「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」は、新たな法制度に伴う重要な“不可避のIT投資”だ。いずれも2015年中に対応を済ませておく必要がある。企業はどう取り組むべきだろうか。(2015/6/26)

“2カ月で百万円規模”の出張費削減も コニカミノルタの“一石二鳥”なIT投資
社内のコミュニケーションロスが仕事に影響している――。改善に乗り出したコニカミノルタビジネスソリューションズが導入したソリューションは、社内外の交流をスムーズにしただけでなく、百万単位のコスト削減にもつながった。(2015/6/25)

デル「Venue 8 Proタブレット」が当たる!
Dell「IT投資動向調査アンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で101名様に豪華賞品をプレゼント。(2015/6/22)

国内中堅中小企業、2016年は“攻め”のIT投資へ――IDC調査
中堅中小企業のIT投資は、2015年には消費税増税や円安の影響で前年比マイナス成長が予想されるが、2016年にはモバイルやクラウドなどへの戦略的投資が増えるとみられている。IDC Japan調べ。(2015/6/16)

日本の製造業が抱える課題をITで解決:
PR:設計開発にプロ仕様の最適環境を――製造業を強くする「攻めのIT投資」
大きな転換期を迎えているモノづくりの世界。日本の製造業がグローバル競争で勝ち続けるためには、既存の仕組みに縛られがちなIT投資から脱却し、戦略的な「攻めのIT投資」を実行していかなければならない。この課題に対し、製造業向けに世界共通のITインフラやセキュリティのソリューションを迅速に提供する体制を整えているのがデルだ。同社が掲げる「攻めのIT投資」の狙いや実例について聞いた。(2015/6/9)

国が選ぶ“攻めのIT”のトップランナー企業18社
経済産業省と東京証券取引所が“攻めのIT”に積極的に取り組む企業18社を「攻めのIT経営銘柄」として発表。投資家や経営層に周知することで、新事業の創出やビジネスモデル変革を導くなど、企業の収益性や競争力を高めるIT投資を促したいという狙いがある。(2015/5/27)

今だから必要となるインフラ投資
塩漬けレガシーアプリからの脱却、モバイル対応で実はどうにかなる
一般企業ではレガシーアプリと関連インフラのメンテナンス伴うコストでIT予算の大部分を食いつぶしている。アプリのモバイル対応で、そこからの脱却を図ることができるかもしれない。(2015/5/21)

中小企業のIT投資、失敗を防ぐために知っておきたいこと
限られたコストだから失敗は許されない――。中小企業のIT投資は、予算やリソースが制限される中で結果を出さなければならず、難しい選択を迫られることも多い。いつ、どんなタイミングでどのような投資をすれば上手くいくのか。デルの中小向け営業チームを率いる原田氏に聞いた。(2015/5/20)

サポート終了直前緊急特別対談:
PR:Windows Server 2003のサポート終了は10年先を見据えた経営革新の機会とせよ
直前に迫ったWindows Server 2003の延長サポート終了。日本マイクロソフトは新しいIT基盤への1日も早い移行をユーザー企業に呼びかけている。この取り組みは、今どこまで進んでいるのか。企業の経営者にIT投資を納得してもらうには何が求められているのか――。ジャーナリストの松岡功氏が日本マイクロソフトの佐藤久氏に迫った。(2015/5/15)

SAPPHIRE NOW 2015:
変化に強いのは、”小売企業であり、技術企業だから” 米Walmart CIOのトレル氏
積極的なIT投資で知られる米WalmartのCIOが、SAPの年次イベントでIT戦略に言及して注目を集めた。次々と出てくる課題にスピーディーに対応するためにも、技術企業であることが重要だと話す。(2015/5/14)

読者調査で分かった企業の関心事項
2015年は何に投資する? 仮想サーババックアップに代わるIT分野とは
TechTargetが実施した「2015年のIT投資の優先度」調査の結果、仮想サーババックアップの優先度が減少していることが分かった。では、企業が次に投資を検討しているのは何か?(2015/4/3)

クラウドを活用するBCP/DR対策もスモールスタートで実現
「Windows Server 2003」移行でクラウド化を促進、今必要とされる攻めのIT投資
2015年7月の「Windows Server 2003」サポート終了を契機に、自社システムのクラウドの導入を検討する企業は少なくない。そんな中、柔軟かつ拡張性の高いIT基盤の構築を無理なく進められる方法が注目を集めている。(2015/3/31)

IT部門が知らないIT投資が増加――ガートナー調べ
2015年度のIT投資は引き続き増加する見通しながら、IT部門が把握していないIT投資が年々拡大していることが分かった。(2015/3/4)

デル「Venue 8 Proタブレット」が当たる!
Dell「IT投資動向調査アンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から先着50名様、抽選で1名様に豪華賞品をプレゼント。(2015/3/2)

ホワイトペーパー:
オープンソースが金融サービスを変える
IT支出の削減、業務効率化を求められているのは金融業界も同じだ。大手銀行もコストのかかる商用アプリケーションから、オープンソース採用が加速している。金融業界におけるオープンソース採用の利点と課題を見ていこう。(2015/2/24)

無線LAN、セキュリティへの投資額を増大
CIOのIT投資、不動のトップを脅かす“喫緊の投資先”
最高情報責任者(CIO)を対象に実施した調査によって、CIOが無線LAN、セキュリティ、スイッチングへの投資額を増やす用意があることが明らかになった。(2015/2/23)

不動産会社の導入事例
「IT予算、低すぎ」な企業が選んだiPhone、iPad管理ソフトの費用対効果
モバイル端末管理(MDM)製品を探していた不動産会社が選んだ米JAMFの「Bushel」は、費用効果の高い米Apple端末専用MDMだ。しかし、制限もある。(2015/2/18)

システムは「記録」から「連係」へ
覚えておきたい新しいIT投資先、「SoE」「SoI」とは
IDCは、2016年までに企業のIT投資の65%が既存の「Systems of Record」ではなく「Systems of Engagement」や「Systems of Insight」になると予想する。(2015/2/5)

ホワイトペーパー:
データベース統合・仮想化でTCO削減は可能か
企業のIT投資額が現状維持の中、運用費をいかに削減するかが重要だ。サーバ仮想化は普及しつつあるが、データベースの統合、仮想化でTCO削減は可能なのか。詳細資料から検証する。(2015/2/3)

2015年 新春インタビュー特集:
2015年、中小企業に“攻めのIT”を――大塚商会・大塚社長
Windows XP問題が一段落したと思ったら、今度はWindows Server 2003のサポート終了――。中堅中小企業にとってはIT投資がかさむ厳しい状況といえるが、大塚商会の大塚裕司社長は“攻めのIT”に転じるチャンスだと話す。(2015/1/29)

医療IT最新トピック
宮城県立こども病院が「動く絵本」の貸し出しを開始
医療分野におけるIT投資やタブレット市場の成長予測、iPhone/iPadで測れる心電計アプリ、宮城県立こども病院での電子絵本サービスの運用開始など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/1/28)

“わがまま(快適)な買い方“を実現したその裏側:
老舗メガネチェーンが挑んだ、「先攻型オムニチャネル」の考え方
オムニチャネル化のためのIT投資に、企業は何を考えるべきか。「メガネスーパー」が率先して実践したオムニチャネル戦略の好例を、オムニチャネル/デジタルマーケティングの開拓者 グランドデザインの小川和也氏に解説してもらった。今後のIT投資の考えるうえでの参考にしてほしい。(2015/1/14)

IT投資増加は不透明
2015年、企業がネットワーク再構築に前向きにならざるを得ない理由
2015年、ネットワーク分野における企業の投資動向はどうなっていくのか。IT戦略の意思決定者を対象にIT投資の実態を毎年調査しているITRの担当アナリストに聞いた。(2015/1/7)

企業のIT投資は「守り」にシフト、将来の役割描けぬ苦悩も
ITRが実施した調査によれば、2014年度の企業のIT投資動向は積極性に陰りが生じ、IT部門の3〜5年後の役割でも苦悩ぶりが読み取れる。(2014/12/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。