ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポテトチップス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポテトチップス」に関する情報が集まったページです。

湖池屋、味付けしてないポテチ「ポテトの素顔」発売
カスタマイズしたいという要望を受けて発売。(2018/11/30)

人工知能ニュース:
商品がくしゃくしゃに変形しても画像認識できる技術、「数枚の画像登録でもOK」
日本電信電話(以下、NTT)は「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」において、AI(人工知能)技術である「corevo」の1つとなる「変形対応アングルフリー物体検索技術」を披露した。(2018/11/29)

メルカリの“急上昇ワード”、1位は「アルミ玉」 なぜ伸びた?
フリマアプリ「メルカリ」内で、前年と比べて検索数が急上昇したワードの1位は「アルミ玉」だった。(2018/11/28)

「あたしに悪いコト教えて」 女子学生に迫られて“悪いコト”を教えるおじさんの漫画が優しい展開でほれる
悪いコトにもいろいろあります。(2018/11/24)

知らない誰かとアドリブで五・七・五を作るアプリ「五七五オンライン」がカオス 「欠点は お尻の穴が 2つある」
ランダムマッチングしかできないので、うまくいくとアドリブ感あふれる句ができあがります。(2018/11/14)

長野県・新潟県民に朗報 通常の3倍の厚さのポテチ「ポテトデラックス」 2県限定で発売
食べ応えありそう。(2018/11/8)

映画館で「スマホ」「袋ガサガサ」「ギャン泣き赤ちゃん放置親」 思わず般若化した経験を描いた漫画に共感の声
あるある……。(2018/11/8)

お菓子離れ、原因はスマホ? 人気商品、相次ぎ生産終了
「チョコフレーク」や「キスミント」の生産が終了。チョコレート菓子の多様化やグミやタブレットなどライバル商品の台頭のほか、スマートフォンの普及で「手がべたつく」「陳列棚を見ない」との声も出ている。(2018/10/31)

「キスミント」も生産終了:
お菓子離れ原因はスマホ……人気商品、相次ぎ生産終了 
森永製菓が50年あまりの歴史があるチョコレート菓子「チョコフレーク」について来年6月にも生産を終える。江崎グリコもロングセラー商品のガム「キスミント」の生産終了を発表した。チョコレート菓子の多様化やグミやタブレットなどライバル商品の台頭のほか、スマートフォンの普及で「手がべたつく」「陳列棚を見ない」との声も出ている。身近なお菓子が姿を消す背景には、若者のトレンドの変化がありそうだ。(小泉一敏)(2018/10/31)

ポテチに「ラーメンサラダ味」「山うに味」など カルビーから47都道府県の味のポテトチップスが今年も登場
気になる味が多すぎる。(2018/10/26)

ピザポテトとたこ焼きがコラボ 築地銀だこで新メニュー「ピザポテト味たこ焼」登場
ピザポテト味のたこ焼きです。(2018/10/8)

“プリングルズ味のスーパーカップ”と“スーパーカップ味のプリングルズ”登場 私たち……身体が入れ替わってるー!?
芋の名は。(2018/10/3)

「Future Focus 2018」を読む:
いつでもどこでも購入が可能な世界――顧客のインスピレーションとコンバージョンの距離が近づきつつある
電通イージスグループのiProspectによる未来予測「Future Focus 2018」から、次世代のマーケターが向き合うべきテーマについて解説する。(2018/9/13)

かっぱえびせんやピザポテトも 原寸大で本物そっくりなポテチのキーホルダーがカプセルトイで登場
みんな大好きカルビーのおやつ!(2018/8/13)

16年夏の台風の影響:
湖池屋、18年6月期は最終利益半減 「ポテチショック」の傷癒えず
湖池屋の2018年6月期の通期連結決算は減収減益だった。16年8月の台風被害で北海道産ジャガイモの収穫が激減した影響が残っているという。19年6月期は増収増益を見込む。(2018/8/10)

国内生産量は減少傾向だが:
中食参入も ジャガイモの需要変化を見てカルビーがビジネスをシフト
カルビーはジャガイモの産地拡大に注力している。これまで北海道が大半を占めていたが、徐々に宮城県など他のエリアでもジャガイモの契約栽培が進みつつある。カルビーが調達量を増やすために躍起になるわけとは……?(2018/8/10)

ポテチのり塩味には「のり」「塩」の他に、意外な“隠し味”が入っている
気付かなかった……。(2018/7/27)

海に行かない夏がきた! ニコニコで海の日企画「アニメ水着回セレクション」が6時間に渡って一挙配信
コーラとポテチ買っておこう。(2018/7/13)

「推しアクセ」教えてください!:
「推しモチーフのアクセサリーは、推しの実在と物語を教えてくれる」弱ペダの“紫と緑”にときめくいちこさんの推しアクセ
元アイドル、弱虫ペダル、ポテトチップス――と3本柱に活動するいちこさんの「推しアクセ」は?(2018/7/2)

納豆味のポテチ爆誕 納豆フレークをかけて楽しむネバネバ&パリパリの新食感
やばいヤツが生まれてしまった。(2018/6/20)

またクレイジーポテチを! 「井村屋」監修、冷やして食べる「ポテトチップス 塩あずき味」発売
「塩あずき味」うんうん。「の、ポテチ」うんう……ん!?(2018/6/11)

ファミマのキチンとしたチキン:
ポテトじゃないのにチップス!? スナック風の鶏肉「ファミチップス」登場
ファミリーマートが「ファミチップス(タコス味)」を発売した。チップスとあるが実際は鶏肉を揚げた料理で、スナック感とギャップをあえて狙った。(2018/6/5)

「プロ経営者」インタビュー【前編】:
社員の働き方を変える実にシンプルな方法 カルビー・松本会長
「プロ経営者」として日本を代表するカルビーの松本晃会長兼CEO。今月末でカルビーの会長職を退任予定の松本氏に、同社での9年間を振り返ってもらうとともに、注力した働き方改革についてインタビューした。(2018/6/4)

これは本当にコンビニ?:
狙いは肉食系男子? 「ドンキ化」したファミマに行ってみた
ドンキのノウハウを注入したファミマの実験店舗がオープンした。商品の品ぞろえや陳列方法はこれまでのファミマからは想像もできないものだった。オープン当日の様子をルポ形式でお届けする。(2018/6/1)

オススメの食べ方は「お茶づけに乗せる」 湖池屋の新ポテチ“天ぷら茶塩”からまたもカオスな提案が飛び出す
「一部のポテトチップスユーザーの間でひそかに楽しまれている」。知らなかった……。(2018/5/14)

「休売では大変ご迷惑をおかけしました」 カルビー、感謝の気持ちを込めてポテチ含む23商品を4月から増量
2017年に発生した「ポテトチップス休売」に対して、ファンから温かい激励の言葉が寄せられたことなどを受けて。(2018/4/4)

中学時代「僕は頭がおかしい」と考えたことある人手ぇあげて 桜井のりお新作『僕の心のヤバイやつ』
陰キャ男子は陽キャ女子に勝てない。(2018/3/18)

「超歌舞伎」に鏡音リン Vtuberキズナアイは「踊ってみた」 「ニコニコ超会議2018」追加情報まとめ
ドワンゴが「ニコニコ超会議2018」の追加情報を発表。初音ミクが出演する「超歌舞伎」にボーカロイドの鏡音リンが出演する。(2018/3/13)

3月12日に全国発売、期間限定で:
カルビー、「バブル期の人気ポテトチップス」復刻
カルビーがバブル期にヒットしたポテトチップス3種を復刻。(2018/3/7)

カルビーの80年代ポテチ「エスニカン」「グリルビーフ」が復刻発売 バブル文化ブームを受けて
「お好み焼きチップス」と合わせて3商品が再登場。80年代バブルの雰囲気を味だけでも……。(2018/3/7)

YouTuberがポテチになった カード付き「ユーチューバーチップス」がローソンなどで先行発売
まさかのポテチ。(2018/2/26)

「ユーチューバーチップス」登場 人気YouTuberのカード付き
人気YouTuberのオリジナルカードが付いたポテトチップ「ユーチューバーチップス」(税別171円)が登場。HIKAKINやはじめしゃちょーなどのカードが付く。(2018/2/26)

カルビーの“地元の味”ポテチに第3弾 福井の水ようかん・島根の出雲ぜんざいなど甘味までカバー
新潟県の「かんずり味」や山梨県の「せいだのたまじ味」など、県外ではなじみのない味も。(2018/2/18)

「この開け方考えた人天才だと思う」 ポテトチップスの袋の開け方がTwitterで「すごい」「ヤバい」と話題に
今度やろう!(2018/2/10)

じゃがいも不足完全解消! 全ブランド増量の「湖池屋 じゃがいも復活感謝祭」実施決定
ヒャッハー! 増量だぁ!!(2018/1/23)

17年産は良好:
湖池屋、イモ不足から「完全復活」宣言 ポテチ増量「感謝祭」
湖池屋が16年8月末の台風被害で起きたジャガイモ不足から「完全復活」を宣言。(2018/1/23)

あの会社のこの商品:
47都道府県のポテチが売れている、開発の狙いは?
カルビーは各都道府県ならではの味を再現したポテトチップスを発売した。観光客向けのお土産ではなく、地元の住民に向けてつくったという味は、普段ポテトチップス売場に足を運ばない人たちが買っているという。誕生の裏側に迫ってみた。(2018/1/5)

ポテチを箸で限界までつかめ! 箸食べ派にうれしい“極濃”日本刀箸が当たるキャンペーン
「ポテトチップス極濃 めんたいこ味」の新発売記念です。(2018/1/4)

安くて簡単すぎ! 魚肉ソーセージと黒コショウでヤミツキになるウマいつまみができるぞ
魚肉ソーセージ1本でポテチ1袋分の満足度。(2017/12/23)

スピン経済の歩き方:
なぜカルビーは「やめられない、とまらない」を社員が考えたことにしたのか
「やめられない、とまらない」――。かっぱえびせんのCMコピーを編み出したという元広告マンが、「名誉」を傷つけられたとしてカルビーを訴えた。カルビー側は「コピーは社員が考えた」としており、両者は争うことに。この問題、なぜモヤモヤするのかというと……。(2017/12/19)

液晶保護フィルムに気泡、開けられない牛乳パック…… 「不器用あるある」イラストが分かりすぎてつらい
誰にでもありうることなので、たぶん不器用だけが原因ではない。(2017/12/15)

ポテチは飲み物!? 片手で口に流し込める「ONE HAND POTECHI」発売
スマホやPC中でも、片手でレッツポテチ!(2017/12/4)

約8カ月ぶり:
湖池屋「リッチコンソメ」復活 ジャガイモ不足解消で
湖池屋は11月20日に、3月にいったん終売したポテトチップス「リッチコンソメ」の販売を再開すると発表した。ジャガイモ不足を解消したためという。(2017/11/16)

あなたの地元の味は何? 地域の声を聞いて47都道府県の「ご当地ポテチ」を作るプロジェクト始動
知らない味に出会えそう。(2017/11/8)

ピザが先か、ポテトが先か 原点回帰?の新メニュー「ピザポテト味のピザ」誕生
渋谷と心斎橋のカフェで販売されます。(2017/11/7)

CEATEC 2017:
CEATEC 2017ロボットレポート(後編)――双腕ロボットが大活躍
CPS/IoTの総合展示会となった「CEATEC JAPAN 2017」では、数多くのロボットが展示されていた。後編では、大学や研究機関、通信キャリア、おもちゃメーカーなどのロボット関連のブース展示の様子を紹介する。(2017/11/6)

NEDO/慶應義塾大学 General Purpose Arm:
腐ったミカンもつぶさずにつかめる「リアルハプティクス技術」搭載双腕ロボット
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送できる双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発。世界初をうたう「リアルハプティクス技術」を搭載したマスタースレーブ方式のロボットで、物体の硬さや柔らかさなどの触覚をありのままに伝えることができる。腐ったミカンの除去(選果)など、実用化に向けた取り組みも進められている。(2017/10/17)

シータ「ムスカは攻略対象」 キレイな心で見られない「天空の城ラピュタ」の創作漫画がルート分岐で迷いすぎる
ロボット兵を攻略したい人生だった……。(2017/10/1)

スピン経済の歩き方:
ジャガイモ農家「補助金」の裏に、きたるべき“戦争”への布石
農林水産省が今年春の「ポテチ品薄騒動」を踏まえて、加工用ジャガイモを生産する農家に補助金を出すというニュースが流れた。差し迫った危機があるわけでもないのに、なぜ補助金を出すのか。筆者の窪田氏は「『戦争』に備えてのことではないか」という。どういう意味かというと……。(2017/9/19)

ポテチに「芋煮味」「あごだし味」など カルビー、47都道府県のポテトチップス開発企画の第1弾発売
全部食べてみたい……!(2017/9/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。