ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「あなたの隣のプロフェッショナル」最新記事一覧

あなたの隣のプロフェッショナル:
ユッケだけではない、食のプロが警鐘を鳴らす生食の危険性――樂旬堂坐唯杏、武内剋己さん
焼肉酒家えびすでの、ユッケによる食中毒事件発覚から1カ月。O−111に起因するこの事件の被害者は死者4人におよんでいる。生牛肉に限らず、生食にはどのような危険性があるのか。数年前から警鐘を鳴らし続けてきた樂旬堂坐唯杏の総料理長&CEOである武内剋己氏に詳しく尋ねた。(2011/6/3)

あなたの隣のプロフェッショナル:
国際会議を支える同時通訳者、その知られざる世界――浜瀬優重さん
政府・産業界・学界を問わず、国際会議などの黒子として重要な役割を果たしている「同時通訳者」。多国間での折衝には欠かせない存在であるが、その仕事はどのようなものなのだろうか。COP15で日本政府代表の同時通訳者を務めた浜瀬優重さんにその内情をうかがった。(2011/4/1)

あなたの隣のプロフェッショナル:
くう、ねる、そして――自然写真家、糞土師 伊沢正名さん
今回のインタビューのテーマは「真面目な排せつ物の話」。食事中の方、排せつについての話題に抵抗がある方は決してこの続きを読まないでいただきたい。了承してくださった方だけ、さあ本文へ。(2010/8/7)

あなたの隣のプロフェッショナル:
マイケル・J・フォックスから知った米国社会の現実――翻訳家 入江真佐子さん
『ダイアナ妃の真実』やマイケル・J・フォックスの自叙伝『ラッキーマン』『いつも上を向いて』など数々のノンフィクションの翻訳を手がける入江真佐子さん。翻訳家という仕事の醍醐味、そして必要な資質とは?(2010/5/22)

あなたの隣のプロフェッショナル:
ハリウッド・スターの光と影――マイケル・J・フォックス
『バック・トゥー・ザ・フューチャー』『摩天楼はバラ色に』など多くの作品に主演したマイケル・J・フォックス。29歳のときに不治の病・パーキンソン病に冒された彼は現在、どのように生きているのだろうか……?(2010/5/16)

あなたの隣のプロフェッショナル:
W杯パブリックビューイングの仕掛け人――イベントコンサルタント・岡星竜美さん
2002年日韓W杯でのべ20万人が熱狂したパブリックビューイング。このイベントを仕掛けた男がイベントコンサルタントの岡星竜美さんだ。彼は今、地方を活性化させるためのイベント企画に取り組んでいる。数々の企画にたずさわってきた岡星さんのイベントにかける思いや、仕事の原動力について尋ねてみた。(2009/12/11)

あなたの隣のプロフェッショナル:
欧州パッケージツアーの仕掛け人――クオニイ・ジャパン 松日樂優紀さん(後編)
海外パッケージツアーを手配するクオニイ・ジャパンの松日樂優紀さん。前編では仕事の内幕を紹介したが、後編では彼女がその仕事に就くに至った経緯などについて尋ねていく。(2009/11/6)

あなたの隣のプロフェッショナル:
欧州パッケージツアーはどのように“仕掛け”られているのか?――クオニイ・ジャパン 松日樂優紀さん(前編)
海外旅行が身近になっている昨今。個人で旅行を手配する人も増えているが、そんな中でも人気があるのがパッケージツアー。そうした海外パッケージツアーを手配するクオニイ・ジャパンの松日樂優紀さんに、その舞台裏を聞いた。(2009/10/30)

あなたの隣のプロフェッショナル:
年収7万円の男が、プロの編曲家になるまで――制作プロデューサー・高野康弘さん
ミッチーこと及川光博さんの曲のアレンジを手がける、制作プロデューサー・高野康弘さん。大学を中退し、バンド活動を続けるものの、年収は7万円。貧乏生活を送っていた彼は、どのようして大物アーティストの曲をアレンジするようになったのだろうか?(2009/9/25)

あなたの隣のプロフェッショナル:
ある大物アーチストと歩んだ日々……彼から学んだことは? 制作プロデューサー・村田努さん
CHAGE and ASKAのマネージャーそして専属ディレクターとして、彼らと苦楽を共にしてきた村田努さん。大物アーチストと一緒に働いてきた……と聞くだけで、“華やかな世界”をイメージするが、実際にはどのような人生を歩んできたのだろうか。(2009/9/18)

あなたの隣のプロフェッショナル:
ニューヨーク店は成功……そして世界戦略の成算は? 「博多 一風堂」河原成美物語(後編)
「博多 一風堂」など、日本のラーメン界を牽引してきた河原成美さん。2018年に経営の第一線から身を引くという河原さんは、どのような人物に「一風堂を継いでもらいたい」と考えているのだろうか?(2009/9/4)

あなたの隣のプロフェッショナル:
変わらないためには、何を変え、何を守ってきたのか? 「博多 一風堂」河原成美物語(中編)
人気ラーメン店「博多 一風堂」を展開する河原成美さん。長年にわたって日本のラーメン界をリードしてきた男の経営哲学は「変わらないために変わり続ける」こと。この経営哲学を通じて、一体何を実現してきたのだろうか?(2009/8/28)

あなたの隣のプロフェッショナル:
ラーメン界をリードしてきた男は何を作ってきたのか? 「博多 一風堂」河原成美物語(前編)
四半世紀にわたって、ラーメン界をリードしてきた「博多 一風堂」。その経営者・河原成美氏はどのような思いを込め、ラーメンを作り続けてきたのだろうか? 彼の人生を振り返りながら、ラーメンに対する熱い思いを紹介する。(2009/8/21)

あなたの隣のプロフェッショナル:
遺品整理人が語る、孤独死の現実――キーパーズ 吉田太一社長
遺品整理人として何百件もの孤独死の現場に向き合ってきたキーパーズの吉田太一社長。働き盛りの年代の男性に多い孤独死の現場とはどのようなものなのか、そしてなぜ吉田さんは遺品整理人となったのかを尋ねた。(2009/5/23)

あなたの隣のプロフェッショナル:
1人シリコンバレー創業プロジェクト、そして――藤沢烈さん(後編)
「エゴは罪悪ではない」「200年先を見据えて考える」――思案しながら藤沢さんが選びだす言葉は非常にユニークだ。その彼が企画したのは“起業経験がない若い人に、1億円出資します”という一大プロジェクト。彼の思いは、そこに至るまでの人生とは……?(2009/3/7)

あなたの隣のプロフェッショナル:
経営コンサルタントの仕事とは――藤沢烈さん(前編)
「これからの日本に必要なのは、革新的な経営感覚を持った若き経営者だ」――そう考え、有望な人材の発掘・育成のサポートに日々邁進する経営コンサルタントがいる。藤沢烈、33歳。マッキンゼー出身、現在は独立してベンチャー企業のコンサルティングを行う、彼の日常とは?(2009/2/28)

あなたの隣のプロフェッショナル:
「クラシック音楽に深く接してこなかった方にこそ聴いてほしい」――“魂のピアニスト”浦山純子氏
聴く者の魂を揺さぶる演奏と心温かなトークで、人々に安らぎと希望を与えるピアニストがいる。ピアニストの名は浦山純子さん。彼女はクラシック音楽の新たな可能性に挑戦しているのだ。(2009/2/6)

あなたの隣のプロフェッショナル:
製薬会社を辞め、銀座でバーを開いた理由――阿部佳則氏(後編)
夢を実現するために、順調な仕事を捨ててられる人はどれくらいいるだろう? 東大を卒業、製薬会社で成功していた阿部さんは、周囲の反対を押し切ってバーテンダーという道を選んだ。その影には、どんな想いがあったのだろうか。(2008/11/21)

あなたの隣のプロフェッショナル:
銀座で“癒やしのカクテル”を作る、東大卒バーテンダー――阿部佳則氏(前編)
バー激戦区の東京・銀座で、話題の新店がある。「疲労回復」「メタボ予防」といった健康カクテルを作ってくれる、元製薬会社勤務の若きバーテンダーとは何者なのか? 興味を引かれて、そのバーに行ってきた。(2008/11/15)

あなたの隣のプロフェッショナル:
時間と体力の許す限り、1軒でも多くの店に行きたい――ラーメン評論家・大崎裕史氏(後編)
広告代理店で営業職にあった大崎氏は、なぜラーメン評論の道へ進んだのか? 多い時には1日10杯以上ラーメンを食べることもあるという氏の健康管理とは? 実食数1万6000杯以上、「日本一ラーメンを食べた男」インタビューの後編をお送りする。(2008/8/30)

あなたの隣のプロフェッショナル:
食べるプロ「ラーメン評論家」に必要な5つの資質――大崎裕史氏(前編)
ラーメンが好き、という人は多い。食べ歩きブログを書いているという読者もいるかもしれない。しかし、ラーメンマニアとプロの“ラーメン評論家”との間には、越えがたい壁がある。これまで食べたラーメンの数1万6000杯以上、「日本一ラーメンを食べた男」に話を聞く。(2008/8/22)

あなたの隣のプロフェッショナル:
天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(後編)
フルーツのかき氷で人気の「埜庵」店主は、音響機器メーカーに勤める成績優秀な営業マンだった。東京で働くビジネスパーソンがなぜ天然氷に目覚め、かき氷店を出すに至ったのか? 転機となったのは、秩父の天然氷蔵元「阿左美冷蔵」との出会いだった。(2008/7/26)

新連載・あなたの隣のプロフェッショナル:
天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(前編)
暑い日に食べる、頭がキーンとするおやつ――そんなイメージを根底から覆すかき氷を提供する店がある。冬の日も常連が、時には噂を聞きつけた海外からのお客もやってくるという、天然氷を使った絶品かき氷の店。その店主は、自ら冬になると山にこもり、天然氷を作る“氷のプロ”だった。(2008/7/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。