ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人生」最新記事一覧

仕事が「つまんない」ままでいいの?(17):
反省しても後悔しない! 35歳からの仕事と生き方
35歳は人生の中盤。仕事のキャリアやこれからの生き方に悩む時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「35歳からの仕事と生き方」です。(2016/5/25)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
戦国のキラキラ三姉妹 長女・茶々は小悪魔にあらず?
最後の最後まで豊臣家を守ろうとした浅井三姉妹の長女・茶々。彼女の人生は悲劇の連続でしたが、長女らしく強い責任感を持って戦国時代を生き抜きました。(2016/5/21)

作者の精神病体験から生まれたガチ病みゲー「ネバーエンディングナイトメア」 PS4&PS Vitaで配信決定
「鬱の人間にとって、人生は悪夢です。ですから、このゲームはすべて悪夢の中で完結しています」(2016/5/16)

トラパパ@TORAPAPA:
配属されたばかりの新卒に伝えたい、新社会人の心得7箇条
社会人生活をスタートさせたばかりの新人たちには、これからいろいろな試練が降りかかってきます。そのとき、どう考え、どう対処すればいいのか――。配属されたばかりの新卒に伝えたい、社会人の心得7箇条を紹介します。(2016/5/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
努力に勝る天才なし
食で人生が変わる。命かけて思いっきり仕事に打ち込めるのは、心身共に健康であるから。健康であることからつながる8つの仕事術キーワードとは?(2016/5/12)

8月から提供開始:
恋愛に悩むあなたは人工知能の回答に納得できるか?
NTTレゾナントは同社のQAサービス「教えて!goo」で、ユーザーが投稿する恋愛などの人生相談について人工知能が助言を行うサービスの開発に乗り出した。質問意図を把握し、過去のデータを参照しながら「納得感」の高いベストアンサーを提示する。(2016/5/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

知られざるSiriの世界が分かる、びっくり回答3選
今何してる? 人生って何? Siriから驚きの答えが。(2016/5/10)

司書メイドの同人誌レビューノート:
え、キミ東京から来たの? 地方で第2の人生を過ごす「元都バス」たち
元都バスの見分け方難しい。(2016/5/1)

美しい人生よ、限りない喜びよ 松崎しげるをかたどった「アイのUSBメモリー」、ニコ超2016で販売
このダジャレに対する胸のときめきを、あなたに。(2016/4/27)

あのキャラに花束を:
スズキへの愛と胸のサイズは超大型「ばくおん!!」鈴乃木凜ちゃんの熱血人生
荒ぶる金髪ツインテール。(2016/4/20)

「しょせんこの世は男と女」 女子高生AI「りんな」の人生観がヤバイ
りんな先輩と呼ばせてください。(2016/4/16)

知っておきたい医療のこと:
【新連載】人生に関わる疾病から命を守るには
がん、脳梗塞、心筋梗塞そして認知症。尊厳を奪い人生を台無しにし得る疾患から自分を守るためにはどうすればよいのか。(2016/4/13)

人工知能は人類の味方?それとも脅威? いまや「人生ゲーム」マス目にも登場
囲碁のコンピューターソフトが最強クラスの棋士に勝ち、短い小説をコンピューターが書いてコンテンストに応募し一次選考を通過してと、人工知能(AI)の進化をめぐるニュースで賑わっている。(2016/4/11)

“売れ残り”のレッテルに立ち向かう 中国の独身女性を応援するSK-IIのキャンペーン動画
「周りからの重圧に支配されない人生を」というメッセージ。(2016/4/7)

そこら中に押しまくりたい 大変だったときに使う自作ハンコ「たいへんでした」に限りない需要を感じる
人生は大変なことだらけ。(2016/4/6)

三船美佳、ブログで高橋ジョージとの離婚成立を報告 「いろいろな人生経験をさせて貰いました」
「円満決着」に至ったと報告しています。(2016/3/29)

今年の「24時間テレビ」メインパーソナリティーは「NEWS」に 2009年以来2度目
「人生が変わる1分間の深イイ話」2時間SPで発表された。(2016/3/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ウサギとカメ」の本当の教訓とは?――童話の教えを疑ってかかってみると、人生の本質が見えてくる
どうしてウサギはカメに負けたのか、あまりに有名な童話です。ウサギは油断して昼寝をし、カメはコツコツと歩みを進めてウサギを追い抜いた。しかし、これが思わぬ結果をもたらした本当の理由ではない。(2016/3/24)

「人生ゲーム」が8年ぶりにリニューアル 歴代7代目にあたる新フラッグシップモデルをタカラトミーが発表
人生いろいろ。(2016/3/23)

おのののか、人生初の“猫カフェ”で「浮気しちゃうかも」 もふもふの猫耳姿も披露
こちらの白猫にはどこへ行ったら会えますか。(2016/3/23)

ママ予備軍も知っておきたい――妊娠・出産から職場復帰をサポートする「カムバ!」
女性にとって「妊娠・出産」は人生の一大イベントの1つです。さらに、出産後も働き続けたいと考えているなら、職場復帰は大きな課題。そんな初めてのことばかりで戸惑う生活を少しでも手助けしてくれるのが「カムバ!」です。(2016/3/23)

被災地から88歳おばあちゃんがラッパーデビュー 空襲に震災、波乱万丈の人生をリリックに
「サランラップなら知ってっけど……」米寿でまさかのラップ初挑戦。(2016/3/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「幸せと成功」を同時に手にするPDCA思考で、仕事もプライベートも思い通りに!
「部下が思いどおり動いてくれない」といった仕事上の壁も、「思ったようにお金が 貯まらない」といったプライベートでの悩みも、PDCAで解決してみよう。PDCAは「人生にも使える」。(2016/3/17)

Microsoft Innovation AwardとImagine Cup日本予選登壇者を3月末まで募集中:
PR:ビジネス拡大と人生を変えるほどのインパクトを体感せよ――前回優勝者に聞く、イノベーションコンテスト応募メリットとは
日本マイクロソフトが「Microsoft Innovation Award 2016」「Imagine Cup 2016 日本予選大会」の最終選考会を4月23日に同会場で開催する。これらに参加するメリットは何なのか、2015年度優勝者に聞いた。(2016/3/17)

「女性の人生は『仕事と結婚』『結婚と子育て』のどちらか」――日経ビジネス、記事掲載取りやめ 「女性差別的」と炎上
日経ビジネスが「逃げる女性は美しい」と題したコラム記事の掲載を取りやめた。「女の人の場合、(人生で達成できることは)『仕事と結婚』か『結婚と子育て』ではないかと思う」と持論を展開し、「女性差別的」とネットで炎上していた。(2016/3/14)

田中淳子の“言葉のチカラ”(28):
「老害」「キラキラミドル」あなたはどっち?――40、50代エンジニアに必要な「能力観」
ベテランだから、もう成長しなくていいよね?――人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で受け取ってきた言葉たちを紹介する本連載。今回は、ミドル世代エンジニアが持つべき考え方を指南する。(2016/3/14)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第496話 メール整理テク
捨ててないはずなのに探すと見つからない。そんな過去メール地獄に見切りをつけて人生をキラキラ輝かせるテクニック。(2016/2/23)

穏やかな狂気を感じる……海外で登場したネコのマスクがなんか不気味
ネコになりたい人生だったけどちょっと思い直してみるわ(2016/2/22)

そして少年は自動車エンジニアになった(挑戦編):
自動車エンジニアになれたのは「最後まで自分を信じて諦めなかった」から
自動車メーカーに勤める現役の自動車エンジニアが自身の人生を振り返る。最終回となる第3回の風雲編は、いきなりの配属変更で壁にぶち当たるところから、恩師との再合流、全社のMBD(モデルベース開発)推進統括本部での活動までを描く。(2016/2/22)

田村ゆかり、キングレコードとの専属契約終了にコメント 「たくさん悩んで、いっぱい考えて出した答え」
「人生の節目の無謀な決断を許してくれてありがとうございます」と感謝をつづる。(2016/2/13)

週刊「調査のチカラ」:
「社長の年齢」別で見る企業の業績 黒字企業の社長は40代が最多、赤字企業は?
年配者の人生経験か、若者の自由さか。若者と大人、世代による違いに戸惑うことありますね。今回の週刊「調査のチカラ」は世代による違いに注目したまとめをお届けします。(2016/2/13)

田中淳子の“言葉のチカラ”(27):
なぜ「言わない」の?――誰にでもできる、やりたいことを実現するための超簡単な方法
1日中独り言をツブやき続ける先輩。本当は何をしたくて、何をしなければならなかったのだろう――人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で受け取ってきた言葉たちを紹介する本連載。今回は「やりたいこと」の実現方法をお伝えする。(2016/2/8)

コレクターのお宅拝見(後編):
ミクロマンマニアが語る、30年以上“好き”を続けられるワケ
筋金入りのミクロマンコレクターは、玩具の保存方法にも強いこだわりがあった。ネットの登場でコレクター人生がどのように変化したかも合わせて聞いた。(2016/2/7)

厚労省がニートに向けたWebコンテンツ「本気ミッション」公開 謎ミッションをクリアして人生の運気をアップしよう
「俺はまだ本気出してないだけ」の主人公・大黒シズオが広報キャラクターに。(2016/2/3)

訃報を聞いて何、思う
人間は中年期を迎える頃から、体調や精神的不調が増えるのが自然です。人生の後半に起こる肉体や精神、キャリア、人間関係の大きな転換は「中年の危機」と呼ばれます。今回は、人生の危機をマネジメントすることを考えてみましょう。(2016/2/3)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

「青森県がお前をKILL」 2月の津軽地方が参加者の寿命をぶちのめす「短命県体験ツアー」がまさかの爆誕
「太く短い人生」という単語、ヤクザ以外の文脈で見たことがない。(2016/1/31)

新連載・内田恭子の「いつもそばに本があった」:
真っすぐな“子ども心”を失った大人になっていませんか?
キャスターの内田恭子さんにとって「本」は人生の大切な一部だそうです。本から学んだこと、影響を受けたことは数知れず。この連載ではその中で出会った本たちをエピソードとともに紹介します。(2016/1/29)

試験前日や告白の前に 「卓上セーブポイント」がヴィレヴァンから登場
人生の分岐回収は重要。(2016/1/22)

これが人生か…… ちばてつや賞「ODD FUTURE」に心揺さぶられる人続出 ちば先生「読み返すたびにはまっていってしまう」
芸人を諦め、ドルヲタとなった男の物語。(2016/1/21)

スマホ超え? 進化する手書き式「手帳」 壮大な人生設計も書き込める!?
スマホでスケジュール管理できる時代にあえて手書き式を愛用する“こだわり派”は多い。最近は、複数人の予定を同時に管理できたり、壮大な人生設計まで書き込めたりと、独自の進化を遂げている。(2016/1/21)

田中淳子の“言葉のチカラ”(26):
あなたの「原点」は何ですか?
あなたは、なぜITエンジニアという職業を選んだのか?――人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で受け取ってきた言葉たちを紹介する本連載。今回は新年らしく「仕事の原点」を考える。(2016/1/12)

空港に仕掛けられたリアル「人生ゲーム」 その感動の結末(ゴール)とは……
いろいろなことがあるけれど、人生は幸せと驚きに満ちている。(2016/1/10)

そして少年は自動車エンジニアになった(風雲編):
生産技術者がパワートレイン開発を担当しC言語とモデル化をマスターするまで
自動車メーカーに勤める現役の自動車エンジニアが自身の人生を振り返る。第2回の風雲編は、生産技術者として安定したポジションを得ていたところから、望んで異動したパワートレイン開発での苦闘を描く。(2016/1/7)

幸宮チノ先生、一夜にして「ガルパンおじさん」になる!
「人生どれだけ損してたの?」と自省。ガルパンはいいぞ!(2016/1/5)

「バカかよー」「マジか!」 キンコメ高橋容疑者逮捕、お笑い芸人から衝撃の声
名指しはしないものの、「常に相方のことも考えないと、君一人の人生じゃない」と三村マサカズさん。(2015/12/27)

平野綾、熱海旅行でファン悩殺の浴衣姿を公開 人生初の露天風呂も満喫
これはかわいいですわ。(2015/12/22)

家庭用ロボット「使いたい」シニア層 5割近くが意欲的
話し相手になったりテレビを付けてくれる家庭用ロボットを「使いたい」は44%、60〜70代のシニア層でも47.6%が利用の意欲を示す。PGF生命「人生の満足度に関する調査」より。(2015/12/16)

大田昌秀の「日本を背負って立つリーダーたちよ」:
90年の人生で確信したリーダーの条件とは?
研究者時代の長い海外経験、そして沖縄県知事として国内外の数多くのリーダーたちと交り合った経験などによって、大田昌秀氏が行き着いた理想のリーダー像とは。(2015/12/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。