ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Eテレ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Eテレ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

山口達也さん司会の番組「Rの法則」、放送終了
山口さんの事件が報道されて以来、放送を休止していました。(2018/5/7)

「SNSなどの中傷をやめて」お願いも:
NHK「Rの法則」終了 山口達也さん司会のバラエティ番組
NHKが元TOKIOの山口達也さんが司会を務めた「Rの法則」の放送終了を発表。「出演者にSNSやブログなどの中傷を書き込まないで」といったお願いも。(2018/5/7)

「カマキリに前髪はない!」 元AKB48前田亜美、香川照之から猛ツッコミを受けた“子カマキリ”姿がすごいぜ!
今回も熱かったカマキリ先生。(2018/5/3)

「Rの法則」公式サイトで「中傷やめて」 TOKIO・山口達也さん書類送検受け
番組出演者のブログやSNSアカウントに対する中傷が相次いでいたとのこと。(2018/5/1)

TOKIO山口達也メンバーが司会のNHK「Rの法則」放送中止に 女子高生わいせつ容疑を受けて
山口達也さんは女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられていました。(2018/4/25)

たつき監督がNHK進出! Eテレ「よろしく!ファンファン」のデザイン&CG制作をirodoriが担当
たつき監督による新キャラが!(2018/4/9)

「女子より女子」「完敗じゃ」 “ジェンダーレス男子”ゆうたろう、違和感ゼロな女装姿で性別の壁をぶち破る
違和感無い。(2018/4/5)

「ねほりんぱほりん」のLINEスタンプが登場 どんな衝撃の告白も中和してくれる
ねほりんとぱほりんや豚のキャラクターをイラストにしたスタンプです。(2018/3/27)

歴史アニメで酷似キャラ使用:
NHK、デーモン閣下に肖像の無断使用を謝罪 「相談など欠いた」
NHKが、歴史アニメ番組でデーモン閣下の肖像を無断使用した問題について謝罪文を発表。「デーモン閣下、関係者の皆さまに大変ご迷惑をお掛けしました」などとした。デーモン閣下は「誠実な対応を求む」と怒りをあらわにしていた。(2018/3/27)

NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で
該当の“デーモン風高杉”はアニメオリジナルのキャラクター。(2018/3/27)

ファン待望! Eテレで4月1日に「劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード」の放送決定!
ファン大歓喜。(2018/3/26)

デーモン閣下、Eテレアニメ「ねこねこ日本史」に激似オリジナルキャラ登場で激怒 NHK「事実関係調査中」
原作マンガには登場しないオリジナルキャラクターでした。(2018/3/16)

特別展「昆虫」オフィシャルサポーターに“カマキリ先生”香川照之さん
肩書きは「昆活マイスター」。(2018/3/13)

「おかあさんといっしょ」初の映画化決定 9月7日全国公開
ラストで歌のおにいさんが親指を立てて溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙なしには見られなかった。(2018/2/15)

NHKが「がんこちゃん」を衝撃の美少女化 「萌えがんこ」としてアニメに登場
NHKどうした……!(2018/2/2)

「ねほりんぱほりん」ファンお待たせ! アミューズメント景品登場だよ!
ゲストのブタさんももちろんそろってます。(2018/1/18)

Eテレ「ねほりんぱほりん」が年明けから「腐女子」特集 予告で「涙引っ込んだ」「そっとしておいて」の声も
どんな話が赤裸々に語られるのか……。(2017/12/28)

「ねほりんぱほりん」のグッズが登場 あのキャラやこのキャラがぬいぐるみやキーホルダーに
笑顔の下に秘めたる本音。(2017/12/13)

無数の人間たちが整然と歩き、落ち、戦い、潰される…… 謎のゲーム「HUMANITY」の動画が衝撃的
ずっと見ていられるやつ。(2017/12/7)

元日朝からカマキリ先生! 「香川照之の昆虫すごいぜ!」第5弾はマレーシアへ行く放送枠拡大のスペシャル版
カマキリの頭を14時間かぶりっぱなしのカマキリ先生。(2017/11/22)

ミクさんその顔は……! 初音ミク、NHK Eテレ「あはれ!名作くん」に初登場!
同作の主題歌を担当しているミクさん。(2017/10/19)

待ってた! 野球漫画「MAJOR」の続編アニメ化決定で楽しみしかない
吾郎の息子・大吾が主人公。(2017/10/18)

「ねほりんぱほりん」のキャラがフィギュアになったよ ガチャで発売
そろえてトーク場面を再現したい!(2017/10/16)

NHK「ねほりんぱほりん」がいらすとや的な素材を公式で配布 「FF外から失礼します」「でも幸せならOKです」
実用性が高い。(2017/10/5)

中学生さくらの「レリーズ!」もいいな! アニメ「CCさくら クリアカード編」公式PVが公開
JCさくらも変わらずかわいい。(2017/9/23)

キービジュアルかわいいいい! アニメ「CCさくら クリアカード編」が2018年1月7日から放送開始ですわ!
BSなのか!(2017/9/20)

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」、新作「オニヤンマ」回が放送決定 カマキリ先生が網を携え躍動
今回も神回の予感。(2017/9/20)

「ロボコン」がドラマ化 まさかの時代劇に
高専ロボコン出場を目指す主人公が江戸時代にタイムスリップするストーリー。(2017/9/20)

“雅すぎるおじゃる丸”復活? 実写ドラマ版「おじゃる丸」が11月3日放送 主演はモデル・ゆうたろうさん
「おじゃる17」風の謎の美しい青年が現代東京に現れる。(2017/9/20)

「自分の声が嫌いでした」 竹達彩奈、「Rの法則」出演を振り返り“声”への思いを明かす
あやちぃ……(泣)。(2017/9/14)

NHKがWebマンガサイトを開設、「どーも、マンガです。」 人気Web作家が公共放送や受信料について執筆
現在の連載陣は、かっぴー、横山了一、日下部うめか、ナカシマ723、やしろあずき。(2017/9/6)

「ピングー」の新しいテレビシリーズ放送決定 10月からEテレで
クレイアニメからCGアニメに。(2017/9/5)

有働アナ(48)のセーラー服姿に反響 「え?キモイ?」と自虐もファンは「全然アリ!!」
年齢を忘れる。(2017/9/4)

「ねほりんぱほりん」シーズン2、10月からEテレで放送決定!
また社会の闇が暴かれてしまう。(2017/9/1)

初代ストレッチマン4年ぶりに登場する「オトナのストレッチマン」、5夜連続放送 花澤香菜など豪華声優も出演
大人向けのストレッチパワーを与えてくれる。(2017/8/23)

「はに丸ジャーナル」がガチャに ジャーナリスト・はに丸のお仕事姿だよ
ひんべえもいるよ。(2017/7/10)

将棋界のレジェンド・加藤一二三のドキュメンタリー、Eテレで放送 プロ棋士最後の半年間を描く
羽生三冠らの証言から「ひふみん伝説」の真相に迫る内容も。(2017/6/30)

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」特別編放送決定 「出動!タガメ捜査一課」が始動!?
カマキリ先生念願のタガメ捜査。(2017/6/25)

『青少年アシベ』って本気か! 少年アシベ新作が『月刊アクション』で連載へ、作画は森下裕美指名のBL作家
アシベとスガオが……。(2017/6/24)

「ラブライブ!サンシャイン!!」早くもNHK Eテレで放送決定 8月6日深夜から
2期の前にEテレでもう一度。(2017/6/21)

アンパンマンとの出会いと別れ、けものフレンズを正座で視聴 3歳児の「アニメと趣味」の変遷をたどる
けもフレは集中。(2017/6/10)

ねっと部:
旅に出た「かぞえてんぐ」がDVDに ラストステージ収録、未公開の新曲も
「おかあさんといっしょ」で人気だった天狗のキャラクター「かぞえてんぐ」のDVDが7月19日に発売される。(2017/5/29)

初音ミク主演「超歌舞伎」新作、NHK Eテレで放送 ニコ生のコメントも流れる
ニコニコ生放送の生中継時に視聴者が書き込んだコメントも一緒に放送する。(2017/5/23)

獅童×ミクの超歌舞伎「花街詞合鏡」、Eテレで放送決定 ニコ生のコメントも放送される初の試みも
よっ、NHK屋っ!(2017/5/23)

なるほどこの組み合わせは最高だな 「囲碁フォーカス」司会の金髪美女がすごい破壊力
Eテレはいい仕事する。(2017/5/7)

星野源の生放送番組だと? ゆるいトークと生演奏が聞ける「おげんさんといっしょ」、NHKで放送決定
5月4日22時50分から放送開始。(2017/4/24)

カマキリ先生再び! 「香川照之の昆虫すごいぜ!」第2弾が5月5日に放送決定 次はモンシロチョウがすごいぜ
人間よ、昆虫から学べ。(2017/4/19)

超高精細映像で地震断層を発見!? 応用が進む8Kスーパーハイビジョン
(2017/4/11)

Eテレで岸田メルさん出演の新番組がスタート 公式サイトで全編公開中
うんこや仮面ダブルソードは出ませんでした。(2017/4/5)

血みどろシーンの後でも余裕でホルモン! 「仮面ライダーアマゾンズ」シーズン2のヒロイン・白本彩奈は強心臓!?
カラスアマゾンに変身するミステリアスな少女を熱演。(2017/3/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。