ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Eテレ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Eテレ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今日のリサーチ:
第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も注視されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。(2019/1/18)

あの“ノッポさん”と“ゴン太くん”がゾンビになって29年ぶり復活!? NHKが狂気の「できるかな」動画公開
ドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」は1月19日(土)スタートです。(2019/1/15)

NHK「平成ネット史(仮)」、1月12日に再放送へ 渋谷ヒカリエでのイベント開催も決定
見逃した人もぜひ!(2019/1/6)

「平成\(^o^)/ネット史というタイトル案もありました」 NHKの正月特番「平成ネット史(仮)」、制作裏話を聞く
NHKが20年以上に及ぶインターネットの歴史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」をEテレで放送する。「『平成ネット史』というと固いじゃないですか、だから(仮)が付いているんですよ」――そう話すのは、同番組のチーフプロデューサーだ。制作の裏話を聞いた。(2018/12/28)

NHK Eテレ正月特番「平成ネット史(仮)」詳細決定 伝説のテキストサイト「侍魂」管理人インタビューも
Win95・テレホ・2ch・ニコ動・ミク・iモードと、約30年を2夜かけて振り返ります。(2018/12/20)

「鮫島事件を扱うことは出来ません」 NHK特番「平成ネット史」公式Twitterに「その名前は出すな」「消されるぞ」の声
なんて恐ろしい名前を……。(2018/11/29)

「ねほりんぱほりん」のカプセルトイ新作登場 全部集めたら腐女子とトップオタのトーク場面を再現できる
赤裸々トークごっこがはかどる(2018/12/3)

推しがマイナーなオタク女の苦悩を漫画に 『しもべ先生の尊い生活』作者が語る「好きすぎてつらい」の感情
講談社より電子版限定で販売中のオタク女子漫画。制作の裏側を漫画付きでお届けします。(2018/11/11)

「おね゛いさん!」 ニャンちゅうの可動フィギュア登場だお゛ぉ゛ん゛! 伝説の「たまごかけごはん」も付属
ミ゛ィ゛に゛いろんな゛ポーズをすゎせてに゛ゃ゛あ゛ぁ゛あ゛ん゛!(2018/10/29)

NHK「平成ネット史(仮)」放送へ ギコ猫が講義? 「グッとくるアレ」募集中
NHKが、平成のネット史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」を、平成最後の年となる来年1月にEテレで放送する予定だ。(2018/10/29)

「ピングー」たちと話せる「ピングートーク」 Googleアシスタントに登場
(2018/10/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoでテレビのチャンネル変更や音量調整が可能に 進化した「Alexaスマートホームスキル」を試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はテレビのチャンネル変更や音量調整に対応した、Alexaのエンターテインメントデバイス向けスマートホームスキルを試してみた。(2018/10/23)

映画「おかあさんといっしょ」を親子で見てきたレポ さすがの気配り、親子で存分に楽しめる工夫盛りだくさん
「子どもが騒いだら周りに迷惑かなあ」「飽きちゃったらどうしよう」という不安に対するフォローがバッチリ。(2018/10/2)

「たらこ唇の魚」も:
「ざんねんないきもの事典」がカプセルトイに 「太りすぎて飛べない鳥」など5種類
ベストセラー『ざんねんないきもの事典』に登場する生物がカプセルトイに。太りすぎて飛べない鳥・カカポなどがフィギュアになる。台座、解説文が付属し、価格は税込200円。(2018/9/25)

NHK Eテレ、平成のネット史を振り返る番組を制作中 アンケートで体験談や思い出を募集
平成の終わりに濃すぎるネット史を振り返ろう。(2018/9/24)

Eテレ攻めてるな! 岡崎体育、社会科番組「アクティブ10公民」レギュラー出演決定 テーマソングも担当
体育じゃなくて公民の番組です。(2018/9/20)

「仮面ライダー」「サイボーグ009」など名作マンガを徹底分析、Eテレ「100分de石ノ森章太郎」が放送
9月8日23時から。論客らの熱弁に注目。(2018/9/6)

「もう幸せでおかしくなりそう」 福原遥が20歳の誕生日、“まいんちゃん”の成長喜ぶ声があふれる
まいんちゃんは永遠。(2018/8/30)

スピン経済の歩き方:
マスコミの「感動をありがとう!」が、実はとってもヤバい理由
「感動をありがとう!」の大合唱が日本中に溢れている。『24時間テレビ』で、みやぞんのトライアスロンに心が打たれた人も多いだろう。甲子園で、1人のエースが881球を投げたことに勇気をもらった人もたくさんいるだろう。こうしたムードに対して、筆者の窪田氏は違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/8/28)

中村獅童×初音ミクの「超歌舞伎」 きょうNHKで放送
テクノロジーと伝統芸能が融合した「超歌舞伎」がNHK・Eテレで8月17日に放送される。(2018/8/17)

カマキリ先生きたー! 香川照之が公式Twitter開設 市川海老蔵に「本物だと気づかれたい」と拡散をお願い
「香川さん」より「カマキリ先生」と呼ばれてる率が高い。(2018/8/10)

「Eテレが思ったより攻めてる」「夜ねむれることの贅沢さ」 “子どもができて知ったこと”のイラストにパパママ大共感
子どもと暮らすということは、新しい発見の連続。(2018/6/27)

「食べかけポッキーをチョコに植えると再生する」? ジョークを真に受けて実践した娘と、夢を守ろうと奮闘するお父さん
父娘のやり取りを想像するとなごむ。(2018/6/24)

「ざんねんないきもの事典」アニメ化決定 NHK Eテレで8月6日から放送
楽しみ!(2018/6/21)

Eテレ「香川照之昆虫すごいぜ!」の新作だ! 第7弾は、カブトムシの“完全変態”を観察して昆虫愛が爆発
わーい、カブトムシ大好き!(2018/6/20)

俳優より昆虫だ! 香川照之、「新どうぶつ奇想天外!」に“昆虫を愛しすぎちゃった人”枠で出演決定
香川さんはどこへ行ってしまうのか。(2018/6/19)

Eテレ「びじゅチューン!」のカプセルトイ 太陽の塔や麗子、宮本武蔵などがフィギュアに
発売時には東京国立博物館で「びじゅチューン!」関連の展覧会も開催予定。(2018/6/4)

ねほりんぱほりんのガチャ第2弾が登場 ストラップ仕様のフィギュアで外出先でも赤裸々トーク
ウシ澤アナも登場。(2018/5/30)

山口達也さん司会の番組「Rの法則」、放送終了
山口さんの事件が報道されて以来、放送を休止していました。(2018/5/7)

「SNSなどの中傷をやめて」お願いも:
NHK「Rの法則」終了 山口達也さん司会のバラエティ番組
NHKが元TOKIOの山口達也さんが司会を務めた「Rの法則」の放送終了を発表。「出演者にSNSやブログなどの中傷を書き込まないで」といったお願いも。(2018/5/7)

「カマキリに前髪はない!」 元AKB48前田亜美、香川照之から猛ツッコミを受けた“子カマキリ”姿がすごいぜ!
今回も熱かったカマキリ先生。(2018/5/3)

「Rの法則」公式サイトで「中傷やめて」 TOKIO・山口達也さん書類送検受け
番組出演者のブログやSNSアカウントに対する中傷が相次いでいたとのこと。(2018/5/1)

TOKIO山口達也メンバーが司会のNHK「Rの法則」放送中止に 女子高生わいせつ容疑を受けて
山口達也さんは女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられていました。(2018/4/25)

たつき監督がNHK進出! Eテレ「よろしく!ファンファン」のデザイン&CG制作をirodoriが担当
たつき監督による新キャラが!(2018/4/9)

「女子より女子」「完敗じゃ」 “ジェンダーレス男子”ゆうたろう、違和感ゼロな女装姿で性別の壁をぶち破る
違和感無い。(2018/4/5)

「ねほりんぱほりん」のLINEスタンプが登場 どんな衝撃の告白も中和してくれる
ねほりんとぱほりんや豚のキャラクターをイラストにしたスタンプです。(2018/3/27)

歴史アニメで酷似キャラ使用:
NHK、デーモン閣下に肖像の無断使用を謝罪 「相談など欠いた」
NHKが、歴史アニメ番組でデーモン閣下の肖像を無断使用した問題について謝罪文を発表。「デーモン閣下、関係者の皆さまに大変ご迷惑をお掛けしました」などとした。デーモン閣下は「誠実な対応を求む」と怒りをあらわにしていた。(2018/3/27)

NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で
該当の“デーモン風高杉”はアニメオリジナルのキャラクター。(2018/3/27)

ファン待望! Eテレで4月1日に「劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード」の放送決定!
ファン大歓喜。(2018/3/26)

デーモン閣下、Eテレアニメ「ねこねこ日本史」に激似オリジナルキャラ登場で激怒 NHK「事実関係調査中」
原作マンガには登場しないオリジナルキャラクターでした。(2018/3/16)

特別展「昆虫」オフィシャルサポーターに“カマキリ先生”香川照之さん
肩書きは「昆活マイスター」。(2018/3/13)

「おかあさんといっしょ」初の映画化決定 9月7日全国公開
ラストで歌のおにいさんが親指を立てて溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙なしには見られなかった。(2018/2/15)

NHKが「がんこちゃん」を衝撃の美少女化 「萌えがんこ」としてアニメに登場
NHKどうした……!(2018/2/2)

「ねほりんぱほりん」ファンお待たせ! アミューズメント景品登場だよ!
ゲストのブタさんももちろんそろってます。(2018/1/18)

Eテレ「ねほりんぱほりん」が年明けから「腐女子」特集 予告で「涙引っ込んだ」「そっとしておいて」の声も
どんな話が赤裸々に語られるのか……。(2017/12/28)

「ねほりんぱほりん」のグッズが登場 あのキャラやこのキャラがぬいぐるみやキーホルダーに
笑顔の下に秘めたる本音。(2017/12/13)

無数の人間たちが整然と歩き、落ち、戦い、潰される…… 謎のゲーム「HUMANITY」の動画が衝撃的
ずっと見ていられるやつ。(2017/12/7)

元日朝からカマキリ先生! 「香川照之の昆虫すごいぜ!」第5弾はマレーシアへ行く放送枠拡大のスペシャル版
カマキリの頭を14時間かぶりっぱなしのカマキリ先生。(2017/11/22)

ミクさんその顔は……! 初音ミク、NHK Eテレ「あはれ!名作くん」に初登場!
同作の主題歌を担当しているミクさん。(2017/10/19)

待ってた! 野球漫画「MAJOR」の続編アニメ化決定で楽しみしかない
吾郎の息子・大吾が主人公。(2017/10/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。