ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RF4CE」最新記事一覧

Radio Frequency for Consumer Electronics

Bluetooth Low Energy、ZigBeeなどの複数の無線規格に対応:
PR:IoT 時代を拓く超低消費電力無線通信プラットフォーム
IoTを実現するキーデバイスとして、新しいSimpleLink 超低消費電力無線プラットフォームが登場した。Bluetooth low energy、ZigBee、6LoWPAN、Sub-1GHz、ZigBee RF4CEなど複数規格に対応可能な無線通信機能、本体がスリープ中でもさまざまな外付けセンサを制御してデータ収集可能なセンサ・コントローラ機能などを統合したプラットフォームだ。(2015/5/29)

TECHNO-FRONTIER 2015:
「IoT」「電源」「産業」の3分野でソリューションを具体的に提案
日本テキサス・インスツルメンツは、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、センサー関連製品や低消費電力マイコンなどのデモ展示を行った。同社は、リファレンスデザインなど開発環境の拡充にも注力しており、評価ボード/開発キットを用いて具体的な事例を紹介した。(2015/5/21)

無線通信技術:
複数の無線通信規格に対応した低電力マイコンプラットフォーム
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、電力消費が極めて小さく、複数の無線通信規格に対応できるマイコンプラットフォーム「SimpleLink」を発表した。第1弾として「Bluetooth Smart」や「ZigBee」などの規格に対応する3製品を発売した。IoT(モノのインターネット)機器などの用途に向ける。(2015/2/26)

ビジネスニュース 市場予測:
無線モジュール市場が好調、2014年は2桁成長へ
低消費電力のワイヤレスモジュール市場は、堅調に成長し、2014年の売上高は14億米ドルに達する見込みだ。ワイヤレスモジュールは、設計や認証に関連するコストを減らせることから、幅広い用途で採用が進むとみられている。(2014/3/14)

ルネサス RL78/L1C Human Machine Interface Solution Kit:
ルネサス、白モノ家電/ヘルスケア機器向けの高機能UI開発キットを製品化
ルネサス エレクトロニクスは、ヘルスケア機器や白モノ家電向けにタッチキー操作や音声再生といったユーザーインタフェースを短期間に開発できる開発キット「RL78/L1C Human Machine Interface Solution Kit」を発表した。各種通信モジュールを外付けでき、ECHONET Lite対応製品の評価、開発も行える。(2014/2/17)

日本TI CC2533/CC2541:
Nuanceの「Dragon TV」採用、日本TIの音声認識対応リモコン開発キット
日本テキサス・インスツルメンツ(以下、日本TI)のリモコン開発キット製品は、家電機器のリモコン製品用途に適しており、高い品質の音声認識機能を備えている。通信方式によってZigBee RF4CE規格向けと、Bluetooth Smart規格向けの、2種類が用意されている。主な回路が集積されたSoCには、Nuance Communicationsの音声認識技術「Dragon TV」が採用されている。(2013/10/4)

ET2011 無線通信技術:
「ZigBeeより軽くてANT+より賢い」、組み込み向け無線プロトコルが新登場
スカイリー・ネットワークスが開発した「DECENTRA II」は、端末のシステムコストを最小限に抑えられる独自の無線プロトコルだ。コードサイズは45Kバイト、必要なメモリ(RAM)容量は4Kバイトと小さい。(2011/11/17)

新エンジンも搭載:
32V型まで3D対応、ソニー「BRAVIA」の春モデル登場
ソニーは1月20日、液晶テレビ“BRAVIA”の2011年春モデルとして、4シリーズ計13機種を発表した。スタンダードモデルまで“3Dレディー”となったほか、新映像エンジンの「X-Reality」、USB接続の外付けHDD録画対応など、見どころの多いラインアップに仕上げた。(2011/1/20)

2011 International CES:
3Dテレビと専用メガネをRFで同期する「ZigBee 3D Sync」登場
ZigBee Allienceは1月5日、3Dテレビと専用メガネを同期させる無線技術「ZigBee 3D Sync」(ジグビー3Dシンク)を開発中であると発表した。(2011/1/5)

無線通信技術 ZigBee:
【ET 2010】家電リモコン向けZigBee製品を強化へ、ルネサスが小型のRF4CEマイコンを開発
ルネサス エレクトロニクスは、RFリモコンの標準仕様である「ZigBee RF4CE」に対応した16ビットマイコン「R8C/3MQグループ」を開発し、組み込み機器の総合展示会「Embedded Technology 2010(ET2010)」(2010年12月1日〜3日にパシフィコ横浜で開催)で展示した。(2010/12/1)

乱立する規格への最適な対処法とは?:
無線機能を機器に組み込む
WiMAX、ZigBee、LTEなど、無線通信の世界には、新たな規格が続々と登場している。その一方で、ワイヤレス機器では古い規格も比較的長く使われる傾向にある。そのため、複数の規格をサポートすることや、規格の変更に伴うアップグレードを容易に実現する実装手法が求められている。では、こうした要求に応えるために、実際にはどのような取り組みが行われているのだろうか。(2010/6/1)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
狙いを定める必要なし 「RFリモコン」
リモコンのボタンを押しても反応がない……それは、赤外線が何かに遮られているからかもしれない。今回は、“次世代リモコン”の通信技術として広がりつつある、RF4CEなどの無線規格について解説してみよう。(2010/5/20)

無線通信技術:
家電向けリモコン技術の主流が30年ぶり交代、赤外線方式からRF方式へ
現在、家電機器に向けた無線リモート・コントローラ(リモコン)のほとんどは、赤外線(IR)方式を採用している。簡素で経済性に優れているからだ。ただし赤外線リモコンは登場から30年もの年月が経過しており、技術的な限界が顕在化し始めている。そこで最近になって注目を集めているのが、赤外線の代わりに高周波(RF)の電磁波を使う、いわゆる「RFリモコン」である。RF方式を採用すれば、リモコンの利便性を高められるため、エンド・ユーザーにとってメリットが大きい。実際にRFリモコンの製品化も始まっており、半導体ベンダー各社がRFリモコンに向けた独自仕様の無線トランシーバ・チップを供給しているほか、機器メーカーを中心に結成された業界団体が無線仕様の標準化に取り組んでいる。(2009/6/30)

テレビで「シャリーン」の使い方――BRAVIA「W5/F5シリーズ」
ソニーの“BRAVIA”「W5/F5シリーズ」には、FeliCa(フェリカ)ポートを搭載した「おき楽リモコン」が付属する。おサイフケータイなどですっかり身近になったFeliCaだが、テレビに付くと何が便利になるのだろうか。(2009/3/5)

無線リモコンの業界標準策定へ ZigBee AllianceとRF4CE
ソニー、パナソニックなどが設立したRF4CEとZigBee Allianceが、無線リモコン(RFリモコン)の業界標準を策定することで合意した。(2009/3/5)

さらば赤外線?:
リモコンの無線化(RF)を進める2つの技術
先月から今月にかけ、赤外線リモコンの置きかえを狙う無線方式に関する発表が相次いだ。「RF4CE」と「低エネルギーBluetooth規格」の2つだ。「ワイヤレスジャパン2008」の会場で話を聞いた。(2008/7/28)

ソニーら家電4社、無線AV機器リモコンの新規格策定
ソニーやパナソニックなど家電4社が、2.4GHz帯の無線を利用するAV機器用リモコンの規格を策定する。(2008/6/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。