ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リモコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リモコン」に関する情報が集まったページです。

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeで多機能スマートリモコン「RS-WFIREX3」を使って分かったこと シンプルな音声コマンドでエアコンを快適に操作可能
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」をGoogle Homeで使用する場合の設定方法から使い方、メリット・デメリットを紹介する。(2018/6/7)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoで多機能スマートリモコン「RS-WFIREX3」を使って分かったこと エアコンの電源オン・オフ、運転モードや温度まで操作可能
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Alexaの「スマートホームスキル」と「カスタムスキル」の両方に対応したラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」を紹介する。(2018/6/5)

製造マネジメントニュース:
給湯器メーカーが見守りサービスを開始、給湯器のリモコンで
ノーリツは、無線LAN対応の風呂給湯器リモコン「RC-G001EW」を発表した。入浴者の見守り機能を搭載した同社給湯器に対応し、スマートフォンで宅内からの入浴者の見守りや外出先からの風呂操作などが可能になる。(2018/5/17)

ソニーの4Kテレビ新製品、全て「Googleアシスタント built-in」対応へ
ソニーが薄型テレビの18年春モデル14機種を発表。全機種が「Googleアシスタントbuilt-in」対応を予定している他、リモコンには各種動画配信サービスの専用ボタンを並べるなど、スマートテレビとしての使い勝手を追求した。(2018/5/8)

上海問屋、6つのボタンに任意キーを割り当てできるUSB有線リモコン
サードウェーブは、任意の機能割り当てが可能なUSB手元スイッチ「DN-914808」の取り扱いを開始する。(2018/4/11)

電流センサー搭載IoTリモコン「eRemote Pro」が先行販売 エアコンの稼働状況を可視化
リンクジャパンは、室内に設置しているエアコンの稼働状況を可視化するIoTリモコン「eRemote Pro」の先行予約販売を開した。チケット購入型クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」などで購入できる。(2018/4/10)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoから家電を音声操作できるスマートリモコン「RS-WFIREX3」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」について、セットアップ手順を中心に、製品の特徴を紹介する。(2018/3/23)

ソファを丸ごとリクライニング “電動立ち上がりサポートリクライニングソファ”がラクに立ち上がれそう
リモコン1つでいける。(2018/2/28)

メカ設計と試作:
目が不自由でも、機能が分かって使いやすいスイッチとは
三菱電機は、盲学校の横浜訓盲学院と共同で家庭用エアコンのリモコンを試作した。(2018/2/20)

裏返すとキーボードにもなるリモコン型の空中マウス
ドスパラは、リモコン風のスティック筐体を採用したワイヤレス空中マウス「DN-915082」の取り扱いを開始した。(2018/2/15)

三菱電機、「直感的に操作できるリモコン」発表 視覚障がい者らと開発
三菱電機は「直感的に操作できるリモコン」を発表した。(2018/2/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーであらゆる家電の電源を操作したい 「リモコンプラグ」で実現できるか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートリモコンとの組み合わせであらゆる電気器具をスマートスピーカーから操作できる、オーム電機のリモコンプラグを紹介する。(2018/1/18)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoから家電を音声操作できるスマートリモコン「eRemote」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Amazon Echo」から家電を操作できるスマートリモコン「eRemote」を試した。(2017/12/29)

Apple、iOSやAirPortの更新版公開 HomeKit不正操作の恐れ
iOSとtvOSの更新版では、iPhoneやiPadを家電用のリモコンとして使える「HomeKit」の脆弱性を修正。AirPort Base Station向けのファームウェアアップデートでは、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性に対処した。(2017/12/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「この部屋に漆黒の闇をもたらして……」とGoogle Homeに命じて消灯してみる
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Homeで家電製品をコントロールできるスマートリモコン「Nature Remo」の設定例を紹介する。(2017/12/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeで家電をコントロールできる「Nature Remo」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Homeで家電製品をコントロールできるスマートリモコン「Nature Remo」を紹介する。(2017/11/30)

「au HOME」で家電の音声操作が可能に 「auひかり」ユーザー以外にも提供
KDDIは、11月28日から「au HOME」の機能を拡充し、対象ユーザーも拡大すると発表した。スマートスピーカーで家電を操作する赤外線リモコンもラインアップする。(2017/11/21)

「au HOME」のサービス拡充 Google Homeと連携 auひかり以外のユーザーも利用可能に
KDDIは、11月28日からホームIoTサービス「au HOME」のサービスを拡充する。「赤外線リモコン」「スマートプラグ」を追加し、「Google Home」との連携を行うほか、対象者を他社インターネットサービスを契約しているauスマートフォンユーザーに拡大する。(2017/11/21)

Amazon Echoも対応検討:
「au HOME」が家電の遠隔操作に対応 「Google Home」とも連携
KDDIが、消費者向けIoTサービス「au HOME」を11月28日から拡充すると発表。米Googleのスマートスピーカー「Google Home」に対応した。赤外線リモコンなど周辺機器も充実させた。(2017/11/21)

直径35mm×高さ18mm:
無線信号を赤外線信号に変換する小型端末開発
SMKは2017年10月、無線信号を赤外線に変換し、IRリモコン対応の家電機器に送信する端末IR blasterを開発したと発表した。(2017/10/26)

フォースの力で家電を“支配” ライトセーバー型リモコン
タカラトミーアーツが、ライトセーバー型のリモコンを発売する。テレビに向けて本体を切りつけるように振って電源をつけられるという。(2017/10/17)

これ1本でハイレゾ&バランス駆動 AAWのLightningイヤフォンケーブル「Capri」をe☆イヤホンが発売
シンガポールのAAWからアイデア商品が登場。一見、Lightning接続のイヤフォンケーブルだが、実はリモコン部に96kHz/24bit対応のDACとバランス出力対応のヘッドフォンアンプを内蔵している。(2017/10/13)

日産、究極のリモコン車「GT-R /C」公開 ヘリからPS4コントローラーで操作、最高211キロでサーキットを疾走
もう1つのゲームと現実世界の融合。(2017/10/11)

スマホの音楽操作ができる車載用Bluetoothリモコン エレコムから
エレコムは、Bluetoothを使ってスマートフォンの音楽機能をワイヤレスに操作できるコンパクトなリモコン「LAT-RC01シリーズ」を10月中旬に発売。付属のハンドルホルダーを使えば車のハンドルに取り付けることができる。(2017/10/3)

Amazon、4K/HDR対応でAlexa搭載のハイエンド「Fire TV」年内発表か
Appleが9月12日のイベントで新しい「Apple TV」を発表するとうわさされる中、Amazonも2年ぶりに「Fire TV」をアップデートするとAFTVnewsが報じた。4K/HDRをサポートし、音声アシスタント「Alexa」を搭載するのでリモコンがなくても操作できるという。(2017/9/12)

こ、こいつ思い通りに動くぞ…… 比嘉愛未がリモコンで操作可能なロボットになる
恐ろしく演技のできるロボットだ。(2017/8/25)

外出先からエアコンの稼働状況が分かるスマート学習リモコン「eRemote pro」
リンクジャパンが新しいリモート学習リモコン「eRemote pro」を発売する。外出先から自宅のエアコン稼働状況を把握し、操作できるのが特徴だ。(2017/8/9)

部屋中の家電をスマホ1台で操作できるクラウド対応家電コントローラー
ラトックシステムは、手持ちのスマートフォンを万能リモコンとして利用可能にするスマート家電コントローラー「REX-WFIREX2」を発表した。(2017/8/2)

KDDI、音声認識機能を搭載した「ケーブルプラスSTB」提供開始
KDDIは、音声認識機能を搭載した「ケーブルプラスSTB」を提携ケーブルテレビ事業者向けに提供開始。リモコンに話しかけるだけで放送番組や録画番組の音声検索が可能だ。(2017/7/20)

セイコーエプソン S1C17M33:
最大368ドットの液晶に対応した16ビットマイコン
セイコーエプソンは家電リモコンの液晶ディスプレイ表示向けに、16ビットフラッシュメモリ内蔵のマイコン「S1C17M33」の量産出荷を開始した。端子の機能を変更することで、最大65本の汎用端子を持つマイコンとして使用できる。(2017/7/10)

セイコーエプソン S1C17M33:
最大368ドットの液晶に対応した16ビットマイコン
セイコーエプソンは、家電リモコンの液晶ディスプレイ表示向けに、16ビットフラッシュメモリ内蔵のマイコン「S1C17M33」を開発、量産出荷を開始した。端子の機能を変更することで、最大65本の汎用端子を持つマイコンとして使用できる。(2017/7/3)

日本仕様は「Galaxy」ロゴ付き:
サムスン電子、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を日本でも発売
サムスン電子ジャパンが、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を発売する。前者は5月23日に、後者は6月1日に全国の家電量販店と主なWeb通販サイトで販売を開始する予定だ。(2017/5/18)

iPad/iPhoneでも使えるプレゼンリモコン カメラのリモート撮影も可能
サンワサプライは、Bluetooth 4.0に対応した「プレゼンリモコン(ワイヤレスプレゼンター・ブルートゥース4.0・PowerPoint・Keynote・iOS)200-LPP025」を発売。専用アプリを使用すればiPad/iPhoneでも利用できる。(2017/5/2)

フォルクスワーゲン、ステアリングもない完全自動運転車「Sedric」披露(動画あり)
独Volkswagen Groupが、ステアリングもアクセルもない完全自動運転車「Sedric」のプロトタイプを披露した。リモコンで呼び出すとユーザーを認識し、ドアを開ける。(2017/3/7)

新型「Fire TV Stick」日本発売 音声認識リモコン付き Jリーグ開幕には間に合わず
新型の「Amazon Fire TV Stick」の予約受付がスタート。出荷は4月6日からで、今季のJリーグの開幕には間に合わなかった。(2017/2/22)

「Apple TV」も「Fire TV」も──大画面ストリーミングを1本のリモコンにまとめる「Caavo」
大画面テレビでのストリーミングが普及する中、Apple TVやFire TVなど、複数のSTBやゲーム端末を1つのボックスに接続することで、1本の音声対応リモコンでサービスを横断する操作を可能にする「Caavo」が今秋発売される。(2017/2/16)

フィリップス、スマートLED電球「Hue」に低価格のシンプルモデル「ホワイトグラデーション」を追加
フィリップスから「Hue」のシンプルモデルが登場。白色から電球色への調色と調光に機能を絞り、専用リモコンで簡単に操作できる。もちろん従来シリーズとの互換性も確保した。(2016/12/6)

ソフトバンク、「Yahoo!カーナビ」専用リモコンを発売
ソフトバンクは、スマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」の専用リモコンを発売。Bluetooth経由で接続し、リモコンから簡単に操作できる。(2016/11/8)

環境発電でバッテリーレス:
“人も歩けば電波が飛ぶ”、無線タグ開発キット
モノワイヤレスは、無線タグ用の開発キット「TWE-LITE SWING(トワイライト・スウィング)」を発表した。振動を利用する環境発電(エナジーハーベスト)によって電波を送信できるので、電池を搭載する必要がない。工場や工事現場、病院などにおいて人の位置を検知する用途や、リモコンなどのUI(ユーザーインタフェース)といった用途に向ける。(2016/10/25)

iPhone 7ユーザーにも:
手元のリモコンで音響効果を変更できるLightning直結イヤフォン、ラディウスから
ラディウスがLightningコネクターに直結するタイプのカナル型イヤフォン「HP-NHL21R」を発表した。専用アプリと連携し、音響効果のオン/オフや切り替えが手元のリモコンで行える。内蔵のDACアンプは48kHz/24bit対応。(2016/10/18)

ワイヤレスで行こう!:
ノイキャン体験を革新する“ソニーの勝負ヘッドフォン” ――「MDR-1000X」開発者インタビュー
ワイヤレスにノイズキャンセリング、タッチセンサーによるリモコン操作など先進的な技術を詰め込んだソニーの「MDR-1000X」。誕生の舞台裏からユニークな機能の使い方、音へのこだわりまでを開発者に聞いた。(2016/10/7)

Apple、「iOS 10.0.2」でiPhone 7/7 Plusのヘッドフォン問題などを修正
「iOS 10」の2回目のソフトウェアアップデートでは、新iPhoneでヘッドフォンのリモコンが時々きかなくなる問題と「写真」アプリの問題が修正される(シャッター音オフのバグは無事)。(2016/9/24)

シュア、iPhoneユーザーのための「SE215M+ Special Edition」を発売
シュア・ジャパンは、カナル型イヤフォン「SE215」のスペシャルエディション「SE215M+ Special Edition」を9月末に発売する。ケーブルにiOSデバイス向けのマイク付き3ボタンリモコンを備えた。(2016/9/1)

ソニーの電子ペーパーリモコンをBluetooth対応にできるクレードル発売
ソニーの電子ペーパーリモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」をBluetooth対応にできる専用クレードルが発売。(2016/8/19)

リモコンを変えるソニーの「HUISプロジェクト」が第2弾商品を発表――「プレステ4」も操作可能に
ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた「HUIS(ハウス)プロジェクト」が第2弾商品となる「HUIS BLUETOOTH CRADLE」および専用アプリ「HUIS UI CREATOR」を発表した。電子ペーパーを活用した学習リモコン「HUIS」の利便性を高める周辺機器とソフトウェアだ。(2016/8/18)

iPhoneの「Apple TV Remote」リモコンアプリ公開 テキスト検索も可能
AppleがWWDC 2016で披露したiPhoneをApple TVのリモコン代わりにするアプリがようやく公開された。同じネットワーク内のApple TVを操作できる。Siriやソフトウェアキーボードによるテキスト入力での検索が可能。(2016/8/2)

リモコン取らないでぇええええ! 左手に持ったリモコンを取ると急に泣き出す赤ちゃんがかわいい
左手のやつは絶対取っちゃダメなんだから!(2016/7/18)

テレビを人質にするランサムウェア現る
妖怪リモコン隠しを上回る、テレビ鑑賞の大敵が現れた。その手口とは。(2016/7/7)

スマホがおもちゃのリモコンに 乾電池型Bluetoothデバイス「MaBeee」発売 ミニ四駆の加速・減速もOK
ミニ四駆など単三形乾電池で動くおもちゃをスマホでコントロールできるようにする乾電池型のIoTデバイス「MaBeee」の一般発売が始まる。(2016/7/6)

誰でもリモコンで簡単に:
店舗やイベントでのデジタルサイネージを手軽に実現 「おもいでばこ」サイネージセットを試す(前編)
あらゆるデバイスで撮りためた写真を取り込み、リモコンを使って簡単にテレビで楽しめる。そんなストレージとメディアプレーヤーを掛け合わせたバッファローの「おもいでばこ」に、店舗などでデジタルサイネージ(電子看板)として使えるセット品が発売された。前編では、本製品をデジタルサイネージとして使えるようにするところまでを見ていく。(2016/6/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。