ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家電」最新記事一覧

LG Electronicsのスマート家電が「Alexa」と「Googleアシスタント」の両対応に
LG Electronicsが米国で販売するスマート家電「SmartThinQ」の100以上の製品が、Amazon.comのAlexaとGoogelのGoogleアシスタントの両方に対応するようになった。(2018/4/18)

家電EC「楽天ビック」オープン ビックカメラ実店舗には「楽天スーパーポイント」導入
「楽天市場」内に、ビックカメラの実店舗の商品在庫の確認も可能な家電ECサイト「楽天ビック」がオープン。またビックカメラの実店舗に「楽天ポイントカード」を導入した。(2018/4/12)

ビッグデータ生かした商品開発も:
家電EC「楽天ビック」始動 “Webと実店舗の融合”でAmazon対抗
楽天とビックカメラがECサービス「楽天ビック」をスタート。スマートフォンやテレビなど計約60万商品をそろえる。両社のオンライン・オフラインの店舗運営ノウハウを融合することで、顧客満足度の高いサービスを提供する狙い。(2018/4/11)

スマート家電の脆弱性を診断――トレンドマイクロ、ホームネットワークの安全性を診断する無償ツールに新機能を追加
トレンドマイクロが無償提供するホームネットワークの安全性診断ツール「オンラインスキャン for Home Network」に、スマート家電の脆弱性の有無を診断する新機能を追加。スマート家電に潜む脆弱性の有無や、ホームネットワークにつながる不正デバイスの有無などを確認できる。(2018/4/11)

LINE、AIスピーカーをIoT家電と連携「Clova Home」開始 まず「Philips Hue」対応
LINEのAIスピーカー「Clova WAVE」で家電などを音声操作できる機能「Clova Home」がスタート。第1弾として「Philips Hue」と連携し、照明を音声操作できるようにした。(2018/4/9)

製造業IoT:
住まいの機器や建材をIoT技術でトータルにつなぐシステムを商品化
LIXILは、家電、デジタル機器や、玄関ドアなどの建材をIoT技術でトータルにつなぐ住まいのリンクシステムを、IoTホームLink「Life Assist」として商品化し、2018年4月2日に全国で発売する。(2018/4/6)

ディルバート(548):
堅牢性より収益性?
電子機器や家電には一定期間を過ぎると故障するように作られているという、いわゆる“故障タイマー”説。都市伝説とされていますが、実はその裏にはディルバートのようなエンジニアの涙があったりして? 信じるか信じないかは……。(2018/4/5)

コネクテッド家電のセレボが会社分割、新会社をパナソニックに売却
家電ベンチャーのCerevo(セレボ)が新会社を設立し、パナソニックに売却したと発表した。CEOにはセレボの前CEO、岩佐琢磨氏が就任。(2018/4/2)

「Amazon Echo」、招待なしで誰でも購入可能に きょうから予約受付
アマゾンジャパンは3月30日、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズを一般発売した。これまでは招待制だったが、誰でも購入可能に。同日から予約を受け付け、4月3日から発送予定。エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店1000店舗以上でも販売を始める。(2018/3/30)

返金が大幅に遅延:
“格安”通販サイト「家電のBigOnion」に業務停止命令
通販サイト「家電のBigOnion」を運営する個人に対し、消費者庁が3カ月の業務停止命令。(2018/3/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoから家電を音声操作できるスマートリモコン「RS-WFIREX3」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」について、セットアップ手順を中心に、製品の特徴を紹介する。(2018/3/23)

生活家電の所有動向:
「たこ焼き器」、近畿では3人に1人が持っている
生活家電選びで重視するポイントはランニングコストが安く、高品質なモノ――日用品流通の情報システムを運営するプラネットがまとめた生活家電についての意識調査でこんな結果が出た。(2018/3/22)

スマートスピーカーに「妖怪ウォッチ」のキャラボイス 九州電力などデモ披露
九州電力は今夏、スマートスピーカーを通じ、家電操作などができるIoTサービスを始める。提供に先立ち、端末音声に「妖怪ウォッチ」のキャラ「ウィスパー」を起用したデモをアニメイベントで披露する。(2018/3/20)

スマートホーム:
LIXILがスマートホーム基盤を発売、建材と家電のIoT化を推進
LIXILは、家電や建材をIoTでインターネットに接続できるプラットフォーム「IoTホームLink『Life Assist』(ライフアシスト)」を2018年4月2日より全国で発売すると発表した。利用目的に応じて選択できるパッケージ商品を用意し、スマートホームに不慣れなユーザーにも新しい住生活の価値を提案しやすくした。(2018/3/20)

製造マネジメントニュース:
家電事業の研究開発拠点を東京に新設――アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマは2018年11月に、LED照明と家電製品の研究開発拠点として、東京都港区に新オフィス「アイリスグループ東京本部」を開設する。(2018/3/20)

CDって無くなるの? 車載プレーヤー廃止に続き、世界最大の家電店ネット通販を中止の背景
米国のCDは今や“風前の灯火”だ。家電量販のベスト・バイがCDの販売を中止。ディスカウントストアのターゲットも縮小する方向という。なぜなのか。(2018/3/16)

“洗濯家電”続々 ハンガーで脱臭、クローゼットで花粉落とし……
洗濯機の機能を補足する“洗濯家電”が続々と登場している。染み抜き、襟や袖の皮脂汚れを落とすスティック型のハンディ洗濯機、衣類をかけるだけで臭いやしわを取り除くクリーニング機など、品ぞろえは豊富だ。(2018/3/8)

巨艦の行方 パナソニック創業100年(上):
パナソニック、家電で飛躍も曲がり角……デジタル化試練
テレビや冷蔵庫など戦後の「三種の神器」をはじめ製品の売り上げで飛躍したパナソニック。系列電器店も躍進を支えたが、デジタル化時代に、曲がり角を迎えている。(2018/3/8)

ソフトバンクロボティクス、中国大手家電メーカーと「Pepper」開発へ
ソフトバンクロボティクスグループは家電メーカー「青島ハイアール」と戦略的パートナーシップを締結し、共同でPepper開発を行う。(2018/3/6)

LPWAネットワーク対応家電製品:
NTTドコモとパナソニックが3地域で実証実験
NTTドコモとパナソニックは、2018年秋より東京と大阪、滋賀の3地域において、合計1000台の低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)ネットワーク対応家電製品を用いた実証実験を行う。(2018/3/5)

製造マネジメントニュース:
キーワードは“共創”、パナソニックが次の100年につなげる家電ビジョン
パナソニックは創業100周年を迎え、新たな家電戦略である「家電ビジョン」を発表した。今までの100年間で培ってきた総合家電メーカーとして強みに加えて、パートナーとの共創による新たな価値提案を特徴とする。(2018/3/5)

懐かしい! パナソニック100周年を記念して、あの「ナショナル坊や」CMが復活
昭和を知る「ナショナル坊や」が今の家電を見たら……?(2018/3/2)

WDLC、Windows PCを大学生にアピールする特設サイトを開設 “100万円分”の家電が当たる抽選も
ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムが大学生向けにWindows搭載PCを推奨する特設ページを開設した。(2018/3/2)

すべての家電にLPWAを——パナソニック、“共創”でIoT家電に本腰
創業100年を迎えたパナソニックが次世代の家電の姿を示した。すべての家電をネットワークにつなぎ、家電同士が連携して新しい価値を生み出すという。(2018/3/2)

ドコモとパナソニック、省電力無線通信「LPWA」対応IoT家電の実用化に向け実証実験スタート
NTTドコモとパナソニックは、「LPWA」を活用したIoT家電の実用化に向けた共同実証実験を行うことで基本合意した。将来、年数百万台規模のパナソニック製LPWA対応IoT家電を、ドコモの通信網を経由し、両社のクラウドサービスに接続させることを目指す。(2018/3/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「肉の隣にタレ」商法はPC売り場でも通用するのか
家電量販店のPC売り場に足を運ぶと、陳列されているデモ機の横に、そのPCと組み合わせて使うアクセサリーが陳列されていることがある。あまり売れているようには見えないが、PC本体の横への陳列は、メーカーにとっても、また量販店にとってもさまざまなメリットがある。その裏事情を見ていこう。(2018/3/1)

パナ、CESで家電展示“ゼロ”も……見せた「未来」に息づく技術
パナソニックが家電中心の事業構造から脱却を図っている。CESでは家電の展示を無くし、リビングのようなコンセプトカーや運転システムのほか、流通、物流でのオートメーションシステムを披露。家電の技術も生かされている。(2018/3/1)

3D Printing 2018|プロトラブズ:
高級コーヒーマシンで家電再挑戦、中堅企業の新事業を支える射出成形サービス
プロトラブズは、3Dプリンティング技術展「3D Printing 2018」に出展し、同社の射出成形サービスの活用事例として、日本電熱(長野県)の全自動ハイエンドコーヒーマシン「カフェロイド」に関する取り組みを紹介した。(2018/3/1)

ふとんクリーナーは頭打ち レイコップが考える“次の一手”
ふとんクリーナーで知られるレイコップが、新ジャンルの家電「ふとんコンディショナー」を投入する。今後は寝室のみならず、生活環境そのものをケアする新製品を開発する方針。(2018/2/23)

冬はホカホカ、夏はサラサラ:
PR:睡眠のメカニズムを本気で考えた新ジャンルの家電「ふとコン」とは?
ふとんクリーナーで知られるレイコップから睡眠環境を本気で考えた全く新しい家電製品が登場! ふとんの中を快適に保ち、心地よい眠りに誘う仕組みとは? その魅力を「睡眠改善インストラクター」のすずまり氏がリポートします。(2018/2/23)

工場ニュース:
インドの冷蔵庫工場が生産開始、家電市場の高成長に対応
インド北部にあるパナソニックの製造拠点「パナソニック・テクノパーク」が、2018年3月からインド市場向け冷蔵庫の生産を開始する。高成長が続くと見込まれるインドの家電市場において、現地適格の商品を迅速に投入し、家電事業の拡大を図る。(2018/2/21)

抽選で1名さまに:
話題のスマート調理家電「ヘルシオ ホットクック」を差し上げます
無料メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、「ヘルシオ ホットクック」を差し上げます。(2018/2/21)

「乃木坂 46」メンバーが起こしてくれる!? 気分が味わえるカーテン自動開閉機
「おはよう!」。窓のカーテンが開き、まぶしい日差しとともに「乃木坂 46」メンバーの声で目を覚ます。妄想のようなシチュエーションを自宅で再現できるスマート家電が登場した。(2018/2/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーでもっと家電の電源を操作したい それには「リモートプラグ」が複数必要だが問題も
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は換気扇をワイヤレスで操作できる三菱電機の「P-01WRT」を、スマートスピーカーとの組み合わせで使う方法を紹介する。(2018/2/10)

デロンギの朝食向け家電「アクティブ シリーズ」にポップアップトースターが仲間入り
デロンギ・ジャパンは、朝食向けのデザイン家電コレクション「デロンギ アクティブ シリーズ」の新製品として、ポップアップトースター(CTLA2003J)を2月15日に発売する。(2018/2/9)

衣料品縮小の一方でインテリア用品に活路:
千趣会がエディオンと協業する理由
通信販売大手の千趣会が家電量販店大手のエディオンと手を組んだ。新たな販路拡大を急ぐ。(2018/2/9)

FREETELの新スマホが2月発売 デュアルカメラの「REI 2 Dual」と1万円台の「Priori 5」【更新】
MAYA SYSTEMが、FREETELブランドの新スマホを発表。ミッドレンジの「REI 2 Dual」とローエンドの「Priori 5」というラインアップ。直販サイトや全国の家電量販店で発売する。(2018/2/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoに便利な新機能 音声コマンド1つで複数の操作が実行できる「定型アクション」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマート家電の操作やニュース・天気の読み上げを一括で実行できるAmazon Echoの新機能「定型アクション」を紹介する。(2018/2/8)

北海道を中心に幅広い支持:
厳寒の12月に売れた! 意外な暖房器具とは
日本列島を厳しい寒さが襲うなか、意外な暖房器具が家電量販店で売れ行きを伸ばしている。その理由を探った。(2018/2/8)

NXP 冷凍食品自動解凍レファレンスデザイン:
冷凍食品を素早くムラなく解凍するレファレンスデザイン
NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。このデザインによって、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。(2018/2/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」で家電を音声操作して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はLINEが販売しているスマートスピーカー「Clova WAVE」で、家電を操作するメリットとデメリットについて紹介する。(2018/2/3)

冷蔵室が2つめの冷凍室に 大胆なアップデートを目指す、日立のコネクテッド家電
日立アプライアンスがWi-Fi対応のロボット掃除機を含む3つの新製品を発表。合わせて日立の家電が目指す方向性を語った。(2018/2/1)

もはや「当然」:
日立の家電、“省エネ”前面アピールやめた理由
日立アプライアンスが、新コンセプトに基づいた家電を発表。うち2製品はコネクテッド家電で、スマホアプリで操作できる。多様化する顧客ニーズの変化に対応する狙い。(2018/2/1)

「アイワ」約10年ぶり復活 ラジカセ、液晶テレビなど順次発売 海外展開、白物家電も視野
かつて世界の音楽好きの若者たちを熱狂させたオーディオ機器ブランド「aiwa(アイワ)」が約10年ぶりに復活し、ラジカセなどが家電量販店に並び始めた。高い知名度と手頃な価格を武器にアイワブランドの完全復活を期す。(2018/1/30)

組み込み開発ニュース:
数分でムラなく食品の自動解凍が可能に、家電メーカー向けレファレンスデザイン
NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。設計済みの同レファレンスデザインを搭載することで、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。(2018/1/29)

限定販売カラーは“2日”で完売! amadanaとのコラボケータイ「FOMA N705i」(懐かしのケータイ)
デザイン家電ブランド「amadana」が外観や内蔵コンテンツを手掛けた「FOMA N705i」。5000台の限定販売となったカラーは、予約開始2日で完売となるほど人気を集めました。(2018/1/27)

車載情報機器:
「MaaS」のサービスに深入りしないパナソニック、コックピットをそろえて対応
コモディティ化と、製品にサービスを付加する難しさを家電で経験してきたパナソニック。家電が通ったこれらの問題は、今後自動車にも起こり得る。自動車部品メーカーとして世界トップ10入りを目指す同社は情報化が進む自動車に対し、何を提案していくのか。(2018/1/26)

白物家電の国内出荷額、20年ぶり高水準に
2017年の白物家電国内出荷額は2兆3479億円と2年連続のプラスとなり、1997年以降最も高い水準になった。安定した買い換え需要に支えられ、省エネ・高負荷価値製品が堅調に推移した。(2018/1/25)

山谷剛史のミライチャイナ:
2018年の中国IT、家電メーカーが攻める
スマートシティーやモバイル決済、シェアサービスなどで一歩先を行く中国。今年は家電メーカーがITをけん引するようだ。現地に詳しい山谷氏のリポート。(2018/1/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店の「プライベートブランド家電」は買いなのか
家電量販店が近年注力している「プライベートブランド家電」は、業界で1つのトレンドとなりつつある。家電量販店にとってこうしたプライベートブランド家電はどのような位置付けなのかを意識しつつ、これらメリットとデメリットをチェックしていこう。(2018/1/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。