ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「実行環境」最新記事一覧

Dev Basics/Keyword:
Erlang(関数型プログラミング言語)
Erlangは、並行処理/分散処理/耐障害性といった特徴を備えた関数型プログラミング言語およびその実行環境だ。(2016/8/30)

Googleは一歩及ばず?
パブリッククラウド市場の勢力図はSAPで変わる、「SAP HANA」に対応するAWSとAzureの狙いとは
「SAP HANA」のクラウド実行環境に「Amazon Web Services」と「Microsoft Azure」が認定された。企業が所有する大量のデータをこの2社のクラウドプラットフォームに移行する手段があるということだ。(2016/7/12)

実際に検証済み!OSS徹底比較(4)サーバ構築自動化【後編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのBlog/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探り、体感いただく本連載。後編ではPuppet、Itamaeを紹介する。(2016/6/24)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

Dev Basics/Keyword:
Node.js
Node.jsはサーバサイドで動作するJavaScript実行環境。イベントとノンブロッキングI/Oを活用し、高性能なWebアプリを構築できる。(2016/6/2)

Docker Hubより提供:
WordPress“高速”実行環境をDocker化、β版を無償提供
プライム・ストラテジーとクリエーションラインは、処理性能の高さを特徴とするWordPress実行環境「KUSANAGI」をDocker化した「KUSANAGI Runs on Docker(KUSANAGI RoD)β版」の無償提供を開始した。(2016/6/1)

スマホで便利な環境構築手順書:
Javaの実行環境JREをWindowsにダウンロードしてインストール、セットアップ設定、アンインストール
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Javaの実行環境JRE(Java Runtime Environment)について。(2016/4/19)

ラズパイ3&Toradex、Windows 10 IoT Coreで楽しみながら検証するIoT実践入門(2):
「ユニバーサルアプリ実行環境」をRaspberry Pi 3とToradexに配置する
ITエンジニアに向け、「ビジネスに貢献するIoT活用」の第一歩を踏み出す「ひらめき」を得てもらうための本連載。今回は、Unity 5.3で作成したUnityプロジェクトを「UWPに書き出し」て、「Raspberry Pi 3とToradexのWindows 10 IoT Core上で動かす」までを実践する。(2016/4/7)

高度な技術力でクラウドビジネスを加速:
PR:WordPressの超高速化技術とプラグインのセキュリティチェックによる業界貢献で世界に展開
「WordPress」に関する卓越した技術力を有するプライム・ストラテジーでは、SI事業とMSP事業を両輪とするクラウドインテグレーションサービスを提供中。その中心にあるのが、世界最高クラスの処理性能を誇るWordPress実行環境「KUSANAGI」で、Microsoft Azure、IBM SoftLayer、AWSといった主要なクラウドでの採用が加速している。そして、プライム・ストラテジーではこの世界戦略をさらに強化すべく、「KUSANAGI Ready プロジェクト」を開始した。(2016/3/14)

ランタイム対応やKituraを発表:
米IBM、米アップルとSwiftによるエンド・ツー・エンドのアプリ開発を推進
米IBMは2016年2月22日(米国時間)、サーバサイドでのSwift実行環境を強化する発表を行った。オープンソースの軽量WebフレームワークKitura、Swift Package Catalogのベータ版提供開始、Bluemix上でのSwiftビルドパックサポート、イベントドリブンプログラミングサービスOpenWhiskにおけるSwiftランタイムのサポートを発表した。(2016/2/23)

BluemixにdashDBが登場 既存データ資産の行方は?:
データ分析基盤としてのPaaS利用は進むか
OSSを含むアプリケーション実行環境をPaaSとして提供する「Bluemix」に蓄積データの分析・加工を得意とする「dashDB」とPaaS版「InfoSphere Streams」(β版)が加わった。データ分析基盤でのPaaS利用は進むか。(2015/8/24)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう:
PR:脱プラットフォーム依存! 「Windows 10」でアプリ実行環境と開発環境はこんなに変わる
「Windows 10」では、アプリの実行環境と開発環境が大きく変わり、1つのアプリでより幅広いユーザー層へリーチできるようになる。そのポイントを整理してお届けする。(2015/7/23)

Open Container Projectが発足:
DockerとCoreOSの「コンテナ戦争」が終了、勝者はだれなのか
米Dockerは2015年6月22日、コンテナイメージ形式およびランタイムの標準化のための新たな中立的プロジェクト、「Open Container Project」を、多数の有力ITベンダーとともに発足すると発表した。事実上の標準になったDockerと、標準化を訴えてきたCoreOSの、どちらが勝ったのか。(2015/6/26)

WinRT/Metro TIPS:
ファイルを移動/コピー/削除するには?[ユニバーサルWindowsアプリ開発]
Windows Runtime APIはファイルの扱いが独特だ。そこで、本稿では、このAPIを使ってファイルをコピー/移動/削除する方法を解説する。(2015/6/3)

「Dockerはもはや標準コンテナーではない」:
Docker代替のコンテナーランタイム「Rocket」をCoreOSが公開
CoreOSがDocker代替のシンプルなコンテナーランタイムを公開。Dockerの当初の目的であるシンプルなコンテナーを目指すプロトタイプだ。(2014/12/2)

24のプログラミング言語をブラウザ上で実行できる「paiza.IO」 環境構築の手間ゼロ
JavaやRubyなど主要24言語に対応したオンラインプログラミング実行環境「paiza.io」のβ版がリリースされた。(2014/11/18)

Tech TIPS:
WindowsでJRE(Java SE)をインストール/更新する場合は旧版や64bit版に注意
JRE(Java Runtime Environment)にはしばしば深刻な脆弱性を解消した更新版がリリースされるため、更新作業が必須だ。Windowsプラットフォームでは、特に旧版JREの扱いや32bit版/64bit版の違いに注意する必要がある。(2014/11/12)

PR:WebアプリケーションをWindowsネイティブで開発できるVisual WAO。その技術と仕組みとは?
Windowsの高い開発生産性とネイティブアプリケーションの機能や操作性を実現しつつ、Webアプリケーションと同じようにインターネット経由で高速に利用できるアプリケーション。チェプロのVisual WAOは、こうした利点を持つアプリケーションの開発環境と実行環境を提供するソフトウェアです。(2014/11/4)

FAニュース:
オムロン、マシンオートメーションコントローラNJシリーズ「形NJ501-1340」発売
中継パソコン・専用通信ユニットを介さず上位ホストと直結できるため、低コストでSECS/GEM通信の実行環境を構築できる。従来と比べ、SECS/GEM通信の設計工数を約6割以上削減できる。(2014/10/20)

WinRT/Metro TIPS:
OCR(光学文字認識)機能を実装するには?[ユニバーサルWindowsアプリ開発]
「Microsoft OCR Library for Windows Runtime」を使って、ユニバーサルアプリにOCR機能を実装する方法を解説する。(2014/10/9)

Chromebook用Androidアプリ、まずは「Evernote」など4本が登場
Googleが6月に予告したAndroidアプリのChromebook最適化プロジェクト「App Runtime for Chrome」の第一弾として、「Evernote」や「Vine」など4本のアプリがChrome Web Storeで公開された。(2014/9/12)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(53):
変わらないと生き残れないAndroid Lの新機能まとめ
新しいUIテーマ「Material Design」や、新しいランタイム「ART」、生まれ変わったNotification、Android TVアプリ、グラフィックス、マルチメディア、ストレージ、ネットワーク周りなどの新機能をテーマ別に紹介します。(2014/7/25)

Tech Basics/Keyword:
Docker
Dockerとは、軽量で互換性の高いコンテナ型の仮想実行環境である。ハイパーバイザ型の仮想実行環境よりも必要なリソースが少なく、管理も容易で、利用できるコンテナイメージも豊富なため、現在急速に普及が進みつつある。(2016/1/6)

Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門(2):
CoffeeScriptやSassなどの使用時にオススメのGruntプラグイン一覧
JavaScriptメインでWeb開発を行う際にさまざまな作業を自動化して開発効率を爆発的に高めるツール(Grunt、Yeoman、Bowerなど)やエディター、IDE、実行環境などを紹介していく連載。今回は、Gruntプラグインの概要と便利なものをまとめたgrunt-contrib、ファイルが監視できるgrunt-contrib-watch、livereload(自動更新)を実現するgrunt-contrib-connectなどの使い方を解説する。(2014/4/8)

WindowsとWindows Phone向けにアプリを提供できる「universal Windows apps」
Windows 8.1とWindows Phone 8.1のWindows Runtimeの共通化により、開発者はクロスプラットフォームアプリを開発できるようになる。(2014/4/3)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(32):
exe/dmgしか知らない人のためのインストール/パッケージ管理/ビルドの基礎知識
Windows、Mac、Linuxごとのインストーラー、仮想実行環境、言語ごとのモジュール(ライブラリ)管理・ビルドツール、ローカルリポジトリによる配布、標準リポジトリ、GitHubでの公開などを紹介。(2014/4/1)

Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門(1):
ブラックなWeb開発現場の救世主、Gruntのインストールと使い方
JavaScriptメインでWeb開発を行う際にさまざまな作業を自動化して開発効率を爆発的に高めるツール(Grunt、Yeoman、Bowerなど)やエディター、IDE、実行環境などを紹介していく連載。初回は主なビルドツールを紹介し、Gruntの概要と特長、環境構築の仕方や基本的な使い方に加え、CoffeeScriptを使った設定も解説する。(2014/3/4)

クラウド時代の開発製品紹介:キヤノンソフトウェア編
オンプレミスや異種クラウド間でも稼働、アプリ開発基盤「Web Aviator」の中身
マルチデバイスに対応したWebアプリケーションを、クラウド上で簡単・スピーディに開発するためのツール「Web Aviator」。2013年8月に出たv1.3では、実行環境の稼働先が増え、異種インフラ間でのポータビリティ性を確保した。(2013/8/12)

特集:次期Windows 8.1&Visual Studio 2013 Preview概説(後編):
大きく変わるWindowsストア・アプリ開発 〜 そのほかの変更点
Windows 8.1で変更/追加されたWindows Runtime APIや、XAMLコントロールの改良点/新機能、Visual Studio 2013のデバッグ関連新機能などを紹介する。(2013/7/24)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第3回 CライブラリのWindowsランタイム・コンポーネント化戦略
既存のC/C++プログラムをWindowsランタイム・コンポーネント化する際に取れる戦略と、それぞれの特徴や、メリット/デメリットを考察する。(2013/7/3)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第2回 Windowsランタイム・コンポーネントの作成とmrubyのコンパイル
C#によるWinRTコンポーネント作成時の要点を説明。そしてmrubyを例に既存コード(C言語)の再利用を解説する。(2013/6/19)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第1回 Windowsランタイム・コンポーネント概観
Windowsランタイム・コンポーネントの概要と、Windowsストア・アプリの実行環境、Windowsストア・アプリで既存のコードを再利用する際の基本方針を解説。(2013/5/29)

特集:デスクトップでもWinRT活用:
開発者が知っておくべき、ライブラリとしてのWindowsランタイム
WinRTは「Windowsストア・アプリのためだけの実行環境とライブラリ」ではない?! デスクトップ・アプリからWinRTを使う方法を解説する。(2013/4/26)

Tech TIPS:
Windows Server 2012でWindowsストアアプリを利用する
WindowsストアアプリはWindows 8のためのアプリケーション実行環境と考えられているが、Windows Server 2012でも設定を変更すれば、実行することができる。そのための方法を解説する。(2013/4/19)

Maker’s Voice:
PaaS対応のパブリッククラウドで顧客のアプリ開発を支援
NTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービスがこのたび大幅な機能拡充を図った。アプリケーションの実行環境をクラウドで提供できるようになったという。(2013/4/17)

エリアメールに対応、組み込みも容易に――ドコモ、ユビキタスモジュール「FOMA UMO3-KO」発売
モジュール内にアプリケーションの実行環境と記憶領域を搭載することで、機器側にCPUやメモリを搭載する必要をなくし、モジュール自体が接続した周辺デバイスの動作を制御するCPUとして動作するようにした。(2013/3/26)

Tech TIPS:
WindowsでJava Runtime Environment(JRE)のバージョンを調べる
Java Runtime Environment(JRE)は脆弱性などの理由から、最新版への更新を迫られることがある。更新すべきか否か判断するには、少なくともJREのバージョンを調べる必要がある。バージョンを確認するには、Java.com提供のバージョン確認用Webページを利用するか、レジストリなどを調べればよい。(2013/2/8)

Tech TIPS:
セキュリティ攻撃阻止のためにWebブラウザでJavaを無効化する
Javaランタイムには、しばしば重大な脆弱性が発覚することがある。脆弱性が解消されるまでは、Javaを無効化することで攻撃を防ぎたいところ。その方法は?(2013/1/20)

クラウドが変えるモバイルアプリ開発【後編】
スマートフォンアプリのクラウド移行がもたらすメリット
モバイルアプリの実行環境をクラウドに移行すれば、アプリの処理能力を向上できるだけでなく、管理面やセキュリティ面でさまざまなメリットが得られる。(2012/1/31)

Webブラウザで気軽に学ぶ実践SQL講座(2):
SQL実行環境を準備しよう
前回はSQLという言語がどういうものであるか簡単に説明し、勉強するために必要な環境を紹介しました。ご自身のPCにRDBMSがインストールしてある方ならすぐに学習を始められますが、RDBMSのインストールは面倒で時間がかかるものです。今回は、WebブラウザさえあればSQLを試せるOracle Application Expressの設定法を詳しく説明します。(編集部)(2011/12/20)

BUILD:
ARM版Windows 8は1年後の世界に期待する
Windows 8で注目されながら情報がほとんど公開されないARM対応。その“分厚い”のカーテンの向こう側に注目しつつ、新しいランタイム環境「WinRT」を解説する。(2011/9/16)

仕事で使える魔法のLAMP(1):
LAMP環境、自分で作りませんか?
Webアプリケーションの開発・実行環境として多くの開発者が支持するのがLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl/Python)です。この連載では、LAMP環境をソースコードから構築する方法を丁寧に解説していきます。(編集部)(2011/4/14)

完全なデバイス非依存が目標
タブレットとデスクトップ仮想化で実現するモバイルUC
デスクトップ仮想化による「デバイスに依存しない実行環境」と、タブレットやスマートフォンによる「モバイル化」。場所や端末に依存しない職場環境を実現するファクターはそろった。それらをどう組み合わせる?(2011/4/14)

グリーの開発パートナー、Android向けランタイム「VIVID Runtime SDK」を利用可能に
GMOインターネットとアクロディアは、「アンドロイドやろうぜ!by GMO」プロジェクトが提供するVIVID Runtime SDKがグリーに採用されたことを明らかにした。(2010/12/8)

Apple、将来版Mac OS XにJavaを搭載しない可能性
Appleは将来版のMac OS Xに、自社製Javaランタイムを搭載しないかもしれない。(2010/10/25)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第1回 スマートフォンだけではない、広がるAndroidの可能性
オープンソースのソフトウエアプラットフォームとして多くの技術者から支持を得ている「Android」。オペレーティングシステムとしてLinuxを採用し、プログラム実行環境としてJava技術を導入するなど、実績がある既存の技術を取り入れていることが技術者の支持を集めている理由の1つと言えます。しかし、Androidには他にも技術者を引きつける要素がたくさんあります。(2010/8/11)

HP Software Universe 2010 Report:
ランタイム サービスモデルはCloud-Readyを加速するか?
HPはそのプライベートカンファレンスにおいて、サービスマネジメントツールの新版を発表。既存IT環境の“Cloud-Ready”化を図るとした。日本における“対JP1”戦略についても聞いた。(2010/6/18)

Microsoft、「.NET Micro Framework」をオープンソースに
Microsoftは、小型端末向けの開発・実行環境の最新版「.NET Micro Framework 4.0」をオープンソースの下で公開した。公開コードにはTCP/IPスタックと暗号化ライブラリは含まれていない。(2009/11/17)

Pulse Japan 2009 Autumn:
PR:「クラウド時代のサービスマネジメント」――その鼓動を聞け
企業IT基盤の新たな選択肢として注目されるクラウドコンピューティング。この秋に開催されるPulse Japan 2009 Autumnでは、その確立に必要な製品とサービスをはじめ、実行環境や運用手法、そして事例が一堂に会し、紹介されるという。(2009/10/1)

PythonのJava実装「Jython 2.5」がリリース
Pythonの実行環境をJavaで実装したJythonの最新版がリリースされた。JPythonの後継として人気が高まっている。(2009/6/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。