ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シムドライブ」最新記事一覧

2016 CES:
Faraday Futureの電気自動車コンセプトはなぜ1人乗りなのか
米国ベンチャー企業のFaraday Futureは「2016 International CES」の開幕に合わせて、同社が今後開発していく電気自動車の基本コンセプトを示す「FFZERO1」を公開した。1人乗りのレースカーのような車両だが、そこには数多くのコンセプト詰め込まれている。(2016/1/8)

人とくるまのテクノロジー展2015:
岡山発インホイールモーターEVが第2弾、三菱自動車が協力
おかやま次世代自動車技術研究センターは、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、独自開発のインホイールモーターを搭載する電気自動車(EV)の実証実験車「OVEC-TWO」を展示した。(2015/5/21)

電気自動車:
シムドライブがEVで「パイクスピーク」総合優勝目指す、参加企業と技術者を募集
電気自動車(EV)ベンチャーのシムドライブは、米国コロラド州で毎年6月に開催されている自動車レース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」において、EVレースカーで内燃機関車を抑えて総合優勝することを目的としたプロジェクトを発足。同プロジェクトへの参加企業と技術者の募集も開始した。(2014/7/8)

電気自動車:
試作4号EV「SIM-HAL」はシムドライブの集大成、今後は実用化フェーズへ
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)は、試作EVの4号車「SIM-HAL(シム・ハル)」を発表。これまでの先行開発車での技術成果や経験を生かし、走行距離をはじめとするEVの課題をクリアした。今後は「EV実用化」に向けた開発に本格的に乗り出す。(2014/4/2)

電気自動車:
三菱自動車がインホイールモーターEV開発を再開、岡山県と共同研究へ
三菱自動車は、岡山県とインホイールモーターを搭載する電気自動車(EV)の開発に関する共同研究を行うことで合意した。同社が、インホイールモーターEVの開発に取り組むのは、2005年に発表した「コルトEV」と「ランサーエボリューションMIEV」以来、9年ぶりのこととなる。(2014/2/14)

車載照明技術:
ル・マンの夜闇をレーザーが切り裂く、アウディがWEC参戦車両に採用
Audi(アウディ)は、2014年のFIA世界耐久選手権(WEC)の参戦車両である「R18 e-tron quattro」のヘッドランプのハイビームにレーザー光源を採用する。従来のLED光源と比べて、照射距離は2倍の500mに達し、明るさも3倍になるという。(2014/1/27)

東京モーターショー2013:
スタンレー電気が次世代ランプを披露、「SIM-CEL」のレーザー前照灯を搭載
スタンレー電気は、「第43回東京モーターショー2013」において、ヘッドランプ/リヤランプの次世代技術を示す「スタンレー・ライティング・ラボ」を展示した。シムドライブが開発した電気自動車「SIM-CEL」に搭載されている「レーザー前照灯」をはじめ、同社の最新技術が詰め込まれている。(2013/11/27)

山の天気は変わりやすい:
パイクスピークのEVクラスはモンスター田嶋が優勝、予選1位の三菱自は雨に泣く
「パイクスピークインターナショナルヒルクライム2013」の電気自動車(EV)を対象とするエレクトリッククラスで、「Team APEV with モンスタースポーツ」の「E-RUNNER パイクスピークスペシャル」を駆る田嶋伸博氏が優勝。予選で1位と2位だった三菱自動車の「MiEV EvolutionII」は、直前の降雨によるタイヤ交換の影響もあり、2位と3位に終わった。(2013/7/1)

人とくるまのテクノロジー展2013 フォトギャラリー:
今夏発売のハイブリッド車の技術がずらり、謎の新キャラ「コリオリくん」も登場
自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2013」では、富士重工業の「XVハイブリッド」、日産自動車の「パスファインダー」、ホンダの「アコード ハイブリッド」といった2013年夏発売のハイブリッド車のハイブリッドシステムが勢ぞろいした。これらを含めて、興味深い展示をピックアップしてフォトギャラリー形式で紹介する。(2013/6/10)

富士通セミコンダクター MB86R24:
「サイドミラーレス自動車も実現可能」、富士通セミコンが高性能グラフィックスSoCを製品化
富士通セミコンダクターは、CPU/GPU性能を強化した新しい高性能グラフィックスSoCを製品化した。車両の全周囲を自由な視点で3D映像表示する「全周囲立体モニタシステム」を高精細に映し出す他、同システムに接近物検知機能を追加できるまで性能を高めた。(2013/5/16)

著名人キャリアインタビュー:
「やりたいこと」「やるべきこと」「やっていること」が一致する仕事に就け――SIM-Drive 清水浩名誉教授
32歳の時に研究テーマを変えながらも、今や世界的に有名な研究者となった教授がいる。専門性にとらわれず「何でもあり」の発想で次々に画期的な技術を生み出してきた清水教授が没頭しているのは、電気自動車の研究。電気自動車を普及させることで、地球環境やエネルギーの問題を解決したいと真剣に考える清水教授に、理系のキャリアについて語っていただいた。(2013/4/22)

SIM-CEL フォトギャラリー:
加速以外も突き抜けてる! シムドライブの第3号EV「SIM-CEL」は新技術満載
高級スポーツカーと同等以上の加速を実現したSIM-Drive(シムドライブ)の試作電気自動車(EV)「SIM-CEL」。同車に搭載されている新技術をフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2013/4/12)

前方にレーザー発射!:
スタンレー電気がレーザー光源を用いたヘッドランプを開発、「SIM-CEL」に搭載
スタンレー電気は、レーザー光源を用いたヘッドランプを開発した。電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)の試作EV第3号車「SIM-CEL(シム・セル)」に搭載されている。(2013/4/2)

シムドライブのEV「SIM-CEL」、「突き抜ける加速感」でクルマの魅力を追求
EVベンチャーのSIM-Driveの、試作EV第3号「SIM-CEL(シム・セル)」。満充電で走行距離300キロ以上を確保しながら、高級スポーツカーと同等以上の加速性能や乗り心地を実現。「購入したい」という魅力を追求する。(2013/4/1)

電気自動車:
シムドライブの第3号EV「SIM-CEL」、「突き抜ける加速感」で自動車の魅力を追求
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)は、試作EVの第3号車「SIM-CEL(シム・セル)」を発表した。従来と同様に満充電からの走行距離で300km以上を確保しながら、高級スポーツカーと同等以上の加速性能や乗り心地によって、購入したいと思えるような魅力を追求したEVとなっている。(2013/3/28)

オートモーティブワールド2013:
SIM-Driveが「シトロエンDS3」のコンバージョンEVを公開、開発期間は半年以下
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Driveは、「オートモーティブ ワールド2013」において、PSA Peugeot Citroenの小型車「Citroen DS3(シトロエンDS3)」をベースに開発したコンバージョンEV「DS3 Electrum」を公開した。2011年7月〜2012年1月の約半年間で開発を完了したという。(2013/1/17)

第1回 デザインスケッチアワード表彰式:
僕らが欲しい乗り物について考えてみた
ダッソー主催の「第1回 デザインスケッチアワード」の大賞は、名古屋市立大学大学院のチーム「THOTHs」が受賞。同チームが考案した「COMPASS」は、若者たちの自由気ままなショッピングの相棒となる小型パーソナルモビリティということだ。SNSやスマートフォンアプリとの連携も考えた。(2012/12/7)

CEATEC 2012 フォトギャラリー:
クルマがいっぱいあるなぁ。どこのモーターショー? いいえ「CEATEC」です
トヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車という大手自動車メーカー3社が出展した「CEATEC JAPAN 2012」。IT&エレクトロニクスの総合展示会であるものの、電気自動車を中心に数多くの自動車が展示されていた。(2012/10/5)

EVEX2012 フォトギャラリー:
信楽焼とEV用充電器が奇跡のコラボ? 事業者待望のコイン式課金装置も
2012年9月21日まで東京ビッグサイトで開催されている「電気自動車開発技術展(EVEX)2012」。電気自動車(EV)用充電器が幾つか展示されていたので、フォトギャラリー形式で紹介しよう。(2012/9/21)

PLMニュース:
電子制御系の領域を強化したダッソーの自動車業界向けPLMパッケージとは
自動車業界向けのパッケージ製品「スマート、セーフ&コネクテッド」を発表した。ISO 26262、AUTOSARへの対応を考慮した構成となっている。(2012/9/18)

NEWS:
電子制御系の領域を強化したダッソーの自動車業界向けPLMパッケージとは
自動車業界向けのパッケージ製品「スマート、セーフ&コネクテッド」を発表した。ISO 26262、AUTOSARへの対応を考慮した構成となっている。(2012/9/18)

電子ブックレット(オートモーティブ):
2.7兆円分の石油を節約できる電気自動車「SIM-LEI」の秘密
SIM-Driveの電気自動車(EV)「SIM-LEI」の性能を、ガソリン車の燃費に換算すると70km/Lにも相当する。1Lのガソリンを給油した従来のガソリン車よりも、同じ1Lを石油火力発電所で燃やして発電し、EVに充電した方が、より長い距離を走れることになる計算だ。国内で消費される石油の1/3は、自動車用途である。このため、日本国内のガソリン車を全てSIM-LEIに置き換えたとすると、石油の消費量は27%減少する。原油の輸入代金に換算すると2.7兆円が浮く計算になる。(2012/9/3)

車載半導体 インターシル インタビュー:
車載ディスプレイは720pが主流に、スマホとの接続はMHLが有力候補
現在、家庭用のテレビやPCディスプレイの画素数は、フルHD映像の表示が可能な1080pが一般的になっている。しかし、サイズが比較的小さい車載ディスプレイは、今後しばらく720pが主流になる――こういった車載ディスプレイのトレンドについて、ディスプレイ制御用ICを扱うインターシルの車載半導体事業の担当者に聞いた。(2012/4/27)

電気自動車:
「SIM-WIL」はディスプレイを5個搭載、そのうち2個はPCディスプレイとタブレット
EVベンチャーのSIM-Driveが開発した試作第2号車「SIM-WIL」は、ダッシュボード部にディスプレイを5個搭載している。これらのうち、ダッシュボード中央の15インチディスプレイと助手席前の10インチディスプレイは、それぞれ市販のPCディスプレイとタブレットPCだった。(2012/4/5)

EVベンチャーの試作第2号車が完成:
SIM-Driveが走行距離351kmの小型EVを試作、大型車並みの車室容積を確保
EV(電気自動車)ベンチャーであるSIM-Driveの試作EV第2号車「SIM-WIL」は、満充電の状態からの走行距離で351km(JC08モード)を達成している。外形寸法は小型車と同等でありながら、大型車並みの車室容積を確保した。(2012/3/28)

NIDays 2011 開催リポート:
PR:基幹技術が出そろった電気自動車、その近未来像
かつてモノづくり立国として世界をリードした日本が、リーマンショック、そして東日本大震災により、製品製造の見直しを余儀なくされている。そんな中、工業製品は、便利・安いといった「機能的価値」にとどまらず、顧客にとって特別な意味をもたらす「意味的価値」の創造が求められる。(2012/1/23)

環境技術 記事ランキング(3):
無理をせずにEVの走行距離を伸ばすには
@IT MONOist 環境技術フォーラムでアクセスが多かった記事(電気自動車関連)を紹介します。今回の集計対象期間は、約1年間、2011年1月1日〜12月27日です。(2011/12/27)

CEATEC 2011 フォトギャラリー:
写真で振り返るCEATEC(番外編)――自動車関連の展示あれこれ
(2011/10/14)

【CETAEC】写真で振り返るCEATEC(番外編)――自動車関連の展示あれこれ
(2011/10/14)

SIM-Driveがダッソーを選定:
V6プラットフォームはオープンソース型開発に適している――SIM-Drive 代表取締役社長 清水氏
ダッソー・システムズは、電気自動車開発事業を手掛けるSIM-Driveとの提携を発表。SIM-Driveだからこそ必要なオンラインコラボレーション環境を、V6で構築するという。(2011/9/12)

NEWS:
V6プラットフォームはオープンソース型EV開発に適している――SIM-Drive 代表取締役社長 清水氏
ダッソー・システムズは、電気自動車開発事業を手掛けるSIM-Driveとの提携を発表。SIM-Driveだからこそ必要なオンラインコラボレーション環境を、V6で構築するという。(2011/9/12)

スマートグリッド:
節電や停電に備える大容量蓄電池、課題は何か
大容量蓄電池は家庭用が先行し、小規模オフィスなどに向けた製品が後を追う。容量は1kWhから最大6kWhまでがそろう。ただし、蓄電以外の周辺機能に幅があり、タイマー動作が必要かどうかなど、機能を見極めなければならない段階だ。(2011/8/10)

SIM-Driveと東京R&DがコンバージョンEVの合弁企業を設立
(2011/8/8)

18万円相当のカンファレンスに1名無料招待:
国内と海外からEVのキーパーソンが集結――PHEV/EVのカンファレンス
日本が世界をリードするEVとPHEVをテーマにした「PHEV/EV Infrastructure and Business Japan Coference 2011」が開催。主要な自動車/電機メーカーを含む関連産業のキーパーソンが集結し、EVによる新しいビジネスモデルから技術開発の最新動向まで、EV/PHEV市場の今後が具体的に見通せる貴重なカンファレンスだ。(2011/8/5)

電気自動車 SIM-LEI(4):
「乗り心地が最悪」という常識を打ち破る
SIM-LEIはタイヤの内部にインホイールモーターを備えたことで、333kmという走行距離を実現できた一方で、タイヤが重くなってしまった。一般にはタイヤまわりが重い車は乗り心地が悪くなるといわれている。この問題をどう解決したのだろうか。(2011/8/1)

電気自動車 SIM-LEI(4):
「乗り心地が最悪」という常識を打ち破る
SIM-LEIはタイヤの内部にインホイールモーターを備えたことで、333kmという走行距離を実現できた。その一方で、タイヤが重くなってしまった。一般にはタイヤまわりが重い車は乗り心地が悪くなるといわれている。SIM-LEIはこの問題をどう解決したのだろうか。(2011/7/29)

電気自動車 SIM-LEI(3):
冷たいモーターが333km走行のカギ
SIM-Driveが開発した「SIM-LEI」は1充電当たりの走行距離が333kmと長く、ほぼ同じ容量の二次電池を搭載した他社製EVの1.5倍以上走行できる。秘密は冷たいモーターにあった。(2011/7/14)

走行距離333kmのEVをSIM-Driveが試作
 SIM-Driveは2011年3月、同社が開発を進めてきた電気自動車(EV)の先行開発車両「SIM-LEI」が、満充電の状態からの走行距離で333kmを達成したと発表した。(2011/7/1)

電気自動車 SIM-LEI(2):
空気抵抗をどうしても減らせない
「燃費」の良いEVを設計するために、SIM-LEIは電気エネルギーから運動エネルギーに高い効率で変換できるインホイールモーターを採用した。しかし、それだけでは目標としていた1充電当たり300km走行は実現できない。自動車の空気抵抗を減らす車体デザインが必要だった。(2011/6/17)

電気自動車 SIM-LEI(1):
2.7兆円分の石油を節約できる電気自動車「SIM-LEI」の秘密
電気自動車(EV)は電力会社が供給する電力を使って充電しなければ動かない。発電時には石油やLNG、石炭を使うのだから、結局のところEVを導入してもガソリン車と同じ問題を抱えるのではないのだろうか。(2011/5/20)

1回充電で333km走行可能、SIM-Driveが先行開発車を完成
SIM-Driveが電気自動車(EV)の先行開発車「SIM-LEI(Leading Efficiency In-wheel motor)」の完成を発表した。(2011/3/31)

満充電からの走行距離で333kmを達成、SIM-DriveがEVの先行開発車両で
(2011/3/30)

エネルギー技術 電気自動車:
1回充電で333km走行可能、SIM-Driveが先行開発車を完成
電池容量を増やさず走行距離を伸ばした。エネルギー利用効率が高いインホイールモーターなどの独自技術を実装した他、エネルギーの損失を低くする材料や構造や回生エネルギーを高効率で生み出す仕組みを採用することで実現した。(2011/3/30)

電気自動車:
オートデスク、環境技術ベンチャーにソフトを超低価格で提供するプログラム開始
環境保全技術に取り組むベンチャー企業に、AutoCAD、Autodesk各種製品をまとめて1万500円で提供し、開発を支援する「クリーン テック パートナー プログラム」。(2011/2/18)

電子ブックレット:
電気自動車の要は電池技術ではない
ベネッセホールディングス取締役会長 福武總一郎氏の主張は、「2次電池のネックは性能よりも価格だ。これを解消するにはリース形態を採るのがよい」、「電気自動車を新車として購入するよりも、既存の自動車を改造(コンバージョン)する流れが大きくなる」というものだ。同氏はSIM-Driveの会長を務めており、インホイールモーターを用いた電気自動車についても語った。(2011/2/15)

電気自動車:
シムドライブの第2期EV先行開発車事業に化学メーカーや欧州企業が参加
オープンソース方式でインホイールモーター型EV開発を進めるシムドライブが、化学メーカーなどの参加を得て先行開発車事業第2号を開始した。第1号の完成車は3月末に公開する。(2011/2/14)

エネルギー技術 電気自動車:
SIM-Driveの電気自動車開発、第2号では化学素材や改造電気自動車に取り組む
「エンジンが無くなれば、高熱環境であるエンジンルームに配慮する必要がなくなり、新しい化学素材を利用しやすくなる。化学素材によって車体の軽量化が進めば走行距離がさらに延び、化学素材の加工のしやすさを生かせば製造コスト低減につながる。リサイクル性も上がるだろう」というのがSIM-Driveの代表取締役社長を務め、慶応大学の教授である清水浩氏の主張である。(2011/2/2)

ベネッセホールディングス取締役会長 福武總一郎氏:
電気自動車の要は電池技術ではない
電気自動車普及のカギは何だろうか。電気自動車は既存のガソリン車と比べて性能や価格に劣る部分がある。例えば走行距離である。このためには電池技術の向上など、さまざまな改善を加えていく必要があると考えられている。一方、このような考え方とはまったく異なる視点もある。電気自動車の普及策について聞いた。(2010/8/17)

「SIM-Drive」のEV開発、オリンパスなど多業種が参加
インホイールモーター技術「SIM-Drive」を活用したEV開発に、オリンパスやパイオニア、いすゞ自動車など34の企業や自治体が参加する。試作1号車は2010年中の開発を目指す。(2010/1/25)

電気自動車:
「21世紀を作っていくための基礎技術は日本が持っている」──宙博講演:電気自動車の未来
先週開催された宙博の2日目、慶應義塾大学環境情報学部教授で長年電気自動車の開発に携わってきた清水浩氏が講演し、電気自動車を中心に環境問題を克服し、さらに世界が豊かになる未来像についても語った。(2009/12/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。