ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「眠りの達人への道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「眠りの達人への道」に関する情報が集まったページです。

眠りの達人への道:
快眠に効く100円グッズを試す 実は気になるのは「匂い」?
意外と快眠をサポートするグッズが置いてある100円ショップ。睡眠、リラックスのための商品をたくさん買っても1000円でお釣りがくる。ただ安物買いの銭失いになりかねないことも……「匂い」に苦しむはめに。(2015/4/7)

眠りの達人への道:
満足感ある眠りには「朝の散歩」+「暖色系ライト」が効果的?
なかなか夜更かしが直らず、睡眠時間も短い筆者。さまざまな快眠方法を試したが、1パターンだけでは効果が薄い、ならば2パターンを同時に試そうと、朝の散歩と暖色系ライトで就寝を実行。ようやく良い結果が出た。(2015/4/3)

眠りの達人への道:
「暖色系」の明かりも激務には勝てず ボロボロ睡眠が続く……
さまざまな睡眠に良さそうな「快眠」ワザを毎週試す本連載。これまでになんとなく効果があった印象の「暖色系」の明かりを再び試すことに。それも部屋と枕元の「二重」の方法で。しかし今週は筆者が大変でした……。(2015/3/26)

眠りの達人への道:
「アロマ」の香りでリラックス! 快眠を目指したが……?
心地よい香りが部屋に漂う「アロマテラピー」。リラックス効果は抜群だろう。最近は睡眠用のアロマも売っているそうで、快眠を実現したい筆者も試してみることに。(2015/3/18)

眠りの達人への道:
「睡眠薬」を使えばコロッと眠れる? だが夜更かしは治らず……
快眠を求めて試行錯誤の本連載。寝つきの悪さ、夜更かし癖を治すため、ついに「薬」の力を借りることに。睡眠薬=効き過ぎて怖い、というイメージがあった筆者だが、あれ? 効果はさほどでも……?(2015/3/13)

眠りの達人への道:
夜更かし解消には「枕元のライトだけ」が効果抜群だった!
特に気をつかわなければ4〜5時間という睡眠時間の筆者。そこで「快眠」「熟睡」を実現するため、眠る前の明かりを工夫することに。と言っても枕元のライトを点灯するだけ。しかし効果は抜群!(2015/3/4)

眠りの達人への道:
暖色系の光は睡眠に良い? ホントかどうか試してみた
現代人が望んでやまない「快眠」「熟睡」。睡眠時間の短い筆者もなんとか実現したい。そこで部屋の蛍光灯を赤っぽい色の「電球色」に変えてみた。これが本当に眠くなる!……だが、少々問題が。(2015/2/25)

眠りの達人への道:
朝30分歩く――それだけで筆者の「睡眠生活」はどう変わったか
睡眠時間が短いため、なんとか熟睡、快眠を実現したい筆者。そこで起床後30分歩き、日光を浴びる生活を1週間実行。気分はとても良いのだが、果たして睡眠時間に影響はあるのか?(2015/2/18)

眠りの達人への道:
「トリプトファン」の摂取で快眠? 実行したがアレレの結果
睡眠時間が短く、快眠のために工夫を始めている筆者。正直、いろいろ試しても効果があるんだかないんだか。今回試したのは「トリプトファン」の摂取だが、アチャ〜という結果に……。(2015/2/11)

眠りの達人への道:
チョコ、トマト、ちりめん――「GABA」を摂れば熟睡できるのか検証してみた
どうにも睡眠時間が短い筆者。これをもっと長く、しっかり熟睡できるようにするにはどうすれば? そこで「GABA」が豊富な食材をいろいろ食べてみることに。(2015/2/4)

眠りの達人への道:
「寝る前にスマホは見るな」は本当か? ブルーライトを避けると眠りがどう変わるのか検証してみた
睡眠時間が5時間ほどの筆者。どうも熟睡ができていない。そこで一週間「寝る前にスマホを見ない」生活を行うことに。とりあえず睡眠時間は伸びてきたが……。(2015/1/27)

眠りの達人への道:
睡眠計で自分の眠りを調べる――「眠りの達人」への道、始めます
どうやら筆者の睡眠の質は悪いらしい。しかもそんな状態がしばらく続いている。もはや「熟睡って何ですか?」というレベル。どうすれば改善するだろうか?(2015/1/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。