ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TECHNO-FRONTIER 2013」最新記事一覧

TECHNO-FRONTIER 2013 計測/検査装置:
過渡応答がマイクロ秒レベルの直流安定化電源
インステック ジャパンは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、まもなく発売する予定の直流安定化電源を展示した。過渡応答速度が速いことが特徴で、100mV以内では40μs以下、20mV以内で80μs以下を実現している。(2013/7/26)

TECHNO-FRONTIER 2013 ソフトウェア/設計環境:
解決策を具体的にアドバイス、富士通のEMC設計ルールチェックシステム
富士通アドバンストテクノロジが「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で展示したEMC設計ルールチェックシステムは、基板の設計にEMCルール上の問題がないかどうかをチェックするだけでなく、「抵抗を追加」「ドライバを変更」といった具体的な対策をアドバイスしてくれる。「特に初心者に優しい機能」(同社)とする。(2013/7/26)

TECHNO-FRONTIER 2013:
アクティブセルバランスのリニアと16セル対応のTI、バッテリーモニターICで競演
電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の大容量電池パックに用いられるバッテリーモニターIC。「TECHNO-FRONTIER 2013」では、リニアテクノロジーと日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)が新製品をアピールした。(2013/7/26)

TECHNO-FRONTIER 2013:
TDK、スマホ向け小型インダクタを提案
TDKは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、スマートフォン/タブレット端末向けに「業界最高水準」という高Qの高周波回路用インダクタや金属磁性材料を使ったパワーインダクタを展示した。(2013/7/26)

TECHNO-FRONTIER 2013 無線通信技術:
電波を利用する無線給電、最大のメリットは位置合わせの自由度
日本電業工作は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、電波を電力に変える「電波方式」を利用した無線給電のデモンストレーションを行った。電波方式は、電磁誘導方式や共鳴方式に比べて位置合わせの自由度が非常に高い点がメリットだ。(2013/7/25)

FAフォーラム・イベントリポート/TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展:
2015年春の規制開始に向け各社がトップランナー基準適合モーターをアピール
「TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展」(会期:2013年7月17〜19日)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示していた。(2013/7/25)

TECHNO-FRONTIER 2013 アナログ設計:
利得1Gの電流-電圧変換器、100kHzの周波数特性を実現
エヌエフ回路設計ブロックは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、電流-電圧変換器の新製品を展示した。利得が高いだけでなく、周波数特性が広いという特徴がある。(2013/7/25)

TECHNO-FRONTIER 2013 ワイヤレス給電技術:
大電力の無線給電、産業用途でニーズが高まる
無線給電のニーズは、モバイル機器だけではなく産業機器の分野でも高まっている。「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)では、コンテックや昭和飛行機工業などが、産業機器向けに大電力を給電するデモンストレーションを行った。(2013/7/24)

TECHNO-FRONTIER 2013 電子部品:
iC-Hausの中空軸磁気式エンコーダ、光学式からの置き換え可能に
iC-Hausは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、18ビットの中空軸磁気式エンコーダICを展示した。(2013/7/23)

TECHNO-FRONTIER 2013:
「i-MiEV」の車載充電器一体型DC-DCコンバータ、ニチコンが20%の小型化に成功
ニチコンは、「TECHNO-FRONTIER 2013」において、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」などに搭載されている改良版の車載充電器一体型DC-DCコンバータを展示した。初期のi-MiEVのものと比べて容積を約20%削減している。(2013/7/23)

TECHNO-FRONTIER 2013 ワイヤレス給電技術:
モバイル向け無線給電、「マルチ規格対応」「超薄コイル」「給電+データ通信」を提案
「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)の見どころの1つだった「無線給電技術」。本格的な普及期が目前に迫るスマートフォン、携帯電話機など向けのモバイル機器用無線給電システムに向けた製品、技術展示が相次いだ。(2013/7/23)

TECHNO-FRONTIER 2013 テスト/計測:
パワーアナライザ市場では“新顔”のテクトロニクス、 基本確度が0.04%の機種を展示
テクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、2013年4月に発売したばかりのパワーアナライザを展示した。オシロスコープとプローブを使って電源を評価するよりも、2桁ほど精度が上がるという。(2013/7/22)

TECHNO-FRONTIER 2013 ロボット:
「陸」「空」連携ロボで、トンネル崩落事故をなくせ!
三菱電機特機システムは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(会期:2013年7月17〜19日)の特設会場「最先端のロボットメカトロニクス・デモ」において、千葉大学 野波研究室で開発された「完全自律型マルチロータ式電動ヘリコプター(ミニサーベイヤー)」と、三菱電機特機システムのクローラ型ロボット「CWDシリーズ」を組み合わせたロボット活用の新コンセプトを提案した。(2013/7/22)

TECHNO-FRONTIER 2013:
新型「フィット ハイブリッド」のDC-DCコンバータ!? TDKが第5世代品を開発
TDKは、「TECHNO-FRONTIER 2013」において、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の電池パックの出力電圧を降圧する車載用DC-DCコンバータの開発状況を紹介した。現在開発中の第5世代品は、これまでのホンダへの採用実績と2013年後半という出荷時期を考慮すると、新型「フィット ハイブリッド」に搭載される可能性が高い。(2013/7/22)

TECHNO-FRONTIER 2013 センシング技術:
STマイクロ、小型MEMS技術で「エアコンに気圧センサー」「ヘッドフォンに4つのマイク」を提案
STマイクロエレクトロニクスは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、MEMSデバイスの小型化で新たに実現できる新しいアプリケーションの提案を実施した。(2013/7/22)

TECHNO-FRONTIER 2013:
安川電機がGaNデバイス搭載パワコンを2014年に発売、変換効率は98.2%
安川電機は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)において、次世代パワー半導体のGaN(窒化ガリウム)デバイスを搭載する、太陽光発電システム用パワーコンディショナを参考展示した。2014年中に市販する計画である。(2013/7/19)

TECHNO-FRONTIER 2013 ロボット:
「盲導犬を目指して」――ベアリング生産の日本精工が手掛けるガイダンスロボット
日本精工(NSK)は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(会期:2013年7月17〜19日)のヒューマンアシストロボット・デモ会場において、視覚障害者を先導する「障害物回避先導ロボット」の体験デモを実施した。(2013/7/19)

TECHNO-FRONTIER 2013 エネルギー技術:
室内照明の光発電を活用した見守りシステム、村田製作所がデモを披露
村田製作所は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)において、室内の照明で発電する光発電と無線ネットワークを活用した“見守りシステム”のデモを行った。色素増感作用を用いて、「室内の明かりで発電できる点がポイント」だと強調する。(2013/7/19)

TECHNO-FRONTIER 2013 LED/発光デバイス:
アバゴ、カプラでも光ファイバーでもない新しい光絶縁デバイスを提案
アバゴ・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、オプトカプラ、光ファイバーとも異なる新タイプの光絶縁デバイスの提案を実施した。産業機器のインバータなどの用途へ提案する。(2013/7/19)

TECHNO-FRONTIER 2013 電源設計:
ルネサス、輝度0.001%から3万ステップでLEDを調光できる“想定外”のシステムを公開
ルネサス エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、3万ステップの分解能を持つLED調光システムを展示した。細かな明るさ制御が行える上、0.001%という超低輝度でのLED点灯も可能にした。(2013/7/18)

TECHNO-FRONTIER 2013 電源設計:
次世代パワー半導体「GaN」「SiC」が競演
「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)では、GaN/SiCを用いた次世代パワー半導体製品の展示が相次いだ。各社のGaNデバイス、SiCデバイスの展示を紹介する。(2013/7/18)

TECHNO-FRONTIER 2013 テスト/計測:
65Aまでを直接入力できる、三相モーター向けパワーメーター
日置電機は、2013年6月に発表したばかりのパワーメーターのデモを「TECHNO-FRONTIER 2013」で披露した。65Aの大電流でも直接入力できるもので、3チャンネルを備えているため、インバータの1次側直流電源と2次側三相出力を1台で同時に測定することが可能だ。(2013/7/17)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
医療や省エネモータ関連展示も充実! TECHNO-FRONTIER 2013の開催概要
2013年7月17〜19日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクス関連の最新の要素技術が一堂に集結する「TECHNO-FRONTIER 2013」が開催される。主催の一般社団法人日本能率協会(JMA)にTECHNO-FRONTIER 2013の見どころを聞いた。(2013/7/2)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
2015年施行予定のトップランナー基準をクリア、富士電機のモーター
富士電機は、省エネなど環境配慮を意識した製品の展示に力を入れる。注目すべきは、2015年に施行が開始される予定のトップランナー基準値をクリアしたというプレミアム効率モーターだ。(2013/6/25)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
最先端ICで高効率な電力管理システムを、リニアはデジタル制御可能なアナログ電源などを展示
リニアテクノロジーは、デジタル制御可能なアナログ電源や、バッテリの無駄を最小限に抑えるアクティブ・バランサーの他、2011年に買収した無線センサーネットワークを手掛けるダスト・ネットワークスの製品を、「TECHNO-FRONTIER 2013」で展示する。(2013/6/21)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
産業機器の充電もワイヤレスで、コンテックの大容量給電システム
スマートフォンやタブレット端末を充電するものというイメージの強いワイヤレス給電だが、コンテックは、「断線や感電などの心配をせずに、クリーンで安全に充電できるワイヤレス給電システム」として、産業機器向けの大容量給電システムを提案する。(2013/6/20)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
民生/車載分野で培った技術を産業分野へ、ロームはSiC製品などを幅広く展示
民生機器や車載機器の分野で多くの実績を持つロームが次に目を向けているのが、成長を続ける産業分野だ。TECHNO-FRONTIER 2013では、電力変換ロスを大幅に低減できるSiC関連の製品を筆頭に、同社が得意とするアナログ/パワー技術を用いた、産業機器向けの製品を数多く出展する。(2013/6/18)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
IRジャパンが最新製品群のデモを披露、D級アンプを用いた電池駆動機器を設計するテクニックも伝授
ICやパワーモジュールを1パッケージに収めたマルチチップモジュールなどを開発するインターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)。「TECHNO-FRONTIER 2013」では、プレゼンテーションやデモンストレーションを中心とした展示で、低い消費電力と高い電力密度を実現した製品群を紹介する予定だ。セミナーでは、D級アンプを用いて、限られたエネルギー源からハイパワーを引き出す設計手法について解説する。(2013/6/17)

TECHNO-FRONTIER 2013 開催直前情報:
注目高まるワイヤレス給電、IDTのレシーバICは2つの主要規格に準拠
スマートフォンの普及とともに注目を集めるワイヤレス給電技術。同技術の開発に力を入れるIDTは、2つの主要なワイヤレス給電規格に準拠するデュアルモードのレシーバICなどを展示する。(2013/6/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。