ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ユーザー団体」最新記事一覧

「技術が好き」だけでいいの?仕事に誇りと責任感を持ててる?:
PR:ITアーキテクトの第一人者に聞くエンタープライズITエンジニアの「本当の価値」とは
グロースエクスパートナーズ 執行役員 アーキテクチャ事業本部長 兼 ビジネスソリューション事業副本部長を努め、日本Javaユーザーグループ会長、日本Springユーザーグループ幹事などのコミュニティ活動でも知られる鈴木雄介氏にインタビュー。「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な視点やスキルを聞いた。(2016/5/12)

Database Watch(2016年3月版):
Sparkは“誰”に例えられる?──多様化と進化を続ける「Hadoop」、人気急上昇「Spark」
先日、日本Hadoopユーザー会主催のイベントが開催されました。データベースと関係性が深いデータ分散処理プラットフォームである「Hadoop」と「Spark」の最近事情に迫ります。(2016/3/7)

医療機器ニュース:
MRIの撮像技術を競う“甲子園”、テーマは「過去の発表を改良せよ」
GEヘルスケア・ジャパンが、同社MRI(磁気共鳴画像診断装置)のユーザー会「第11回Signa甲子園2015」を東京都内で開催。全国の予選を勝ち抜いたMRIのユーザーである技師が、自身の創意工夫を加えた撮像技術を発表する場であり、“甲子園”と呼ぶにふさわしい熱気に包まれた。(2015/12/15)

「Puppet」ユーザー会が発足:
「Puppet」がもたらすインフラ構築自動化と“それ以外”のメリット
インフラ構築自動化ツールの一つ、「Puppet」に関するユーザーやベンダーの情報交換を促す「Puppetユーザ会」が設立された。第一回の会合に合わせて来日したPuppet LabsのCIO カーステン・ナイジャル氏とユーザー会代表の菅原亮氏に、その特徴とメリットを聞いた。(2015/11/24)

特集:OpenStack超入門(7):
OpenStackを使うと、結局何を効率化できるのか?
インフラ整備のスピード・柔軟性、運用効率を飛躍的に高められるOpenStack。では具体的に、日々の構築・運用作業はどう変わるのだろうか? 日本OpenStackユーザ会 会長の中島倫明氏が分かりやすく解説する。 (2015/6/19)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
SAPユーザーグループ代表がSAPに突きつけた注文とは?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/5/5)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
SAPユーザーグループ代表がSAPに突きつけた注文とは?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/4/28)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
SAPユーザーグループ代表にも導入されないHANA(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/4/24)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(6):
OpenStack活用のキモとなる視点とは〜「OpenStack Days Tokyo 2015」に見るユーザー層の関心事項〜
特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく@IT特集「OpenStack超入門」。コラム第6回は、ユーザ会会長の中島倫明氏が「OpenStack Days Tokyo 2015」で実施した「クラウドインテグレーション体験ラウンジ」を振り返る。(2015/4/3)

ユーザーがSAPに望むこと
SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」
英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。(2015/3/25)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :コンピュータ教育最大の課題は?
巻頭特集は、“ダークネット”を利用する一般企業が現れた動向をリポート。他に、義務教育でプログラミングなどのコンピュータ教育を開始した英国の事例を紹介。SAPユーザーグループ代表へのインタビューでは、SAPの戦略とユーザーたちのシビアな捉え方が浮き彫りに。(2015/3/23)

Computer Weekly:
SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」
英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。(2015/3/18)

SOLIDWORKS World 2015:
公差解析やコンフィグツールに注目 ――CADユーザーが見た最新3D設計ツール
CADユーザーグループにも属するメカ設計者・3次元ツール推進者がSOLIDWORKS World 2015のパートナーパビリオンで見た最新3Dツールを紹介する。(2015/3/12)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(5):
日本のOpenStackスーパーユーザーたち
本コラムでは、日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、超ホットでディープな最新情報を紹介しています。第5回は、日本OpenStackユーザ会会長 中島倫明氏とアイティメディアの三木泉が、日本におけるOpenStackのスーパーユーザーについて紹介します。(2015/1/28)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(4):
OpenStackはどのようにテストしているのか?
特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく@IT特集「OpenStack超入門」。コラム第4回は「Tempest」コアデベロッパーの井川征幸氏がOpenStackの品質を担保する「テストの仕組み」を紹介する。(2015/1/14)

特集:OpenStack超入門(3):
OpenStackで激変するシステム開発・運用 “抽象化”が実現する「究極の自動化」とは
前回はOpenStackの活用ポイントと、今後のシステム開発・運用に与える影響――特に自動化にフォーカスして紹介した。今回は日本OpenStackユーザ会 会長の中島倫明氏が、「OpenStackによる自動化の仕組みと実施法」を分かりやすく解説する。(2014/12/12)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(3):
OpenStack Summit 2014 Paris から見るOpenStackのアジア動向
特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく@IT特集「OpenStack超入門」。コラム第3回は日本OpenStackユーザ会 会長の中島倫明氏とボードメンバーの長谷川章博氏が、2014年11月にパリで行われたOpenStack Summitの模様を紹介する。(2014/11/28)

「AWS Cloud Roadshow福岡」東急ハンズ講演リポート(前編)
クラウド比較は時間の無駄――東急ハンズ 長谷川氏が語るクラウド導入 5つの極意
「Amazon Web Services」(AWS)の企業ユーザー会「Enterprise JAWS-UG」のコミッティメンバーとしておなじみ、東急ハンズ 長谷川氏がクラウド導入の極意を語る。(2014/11/25)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2014:
全てのアプリケーションでクラウド対応を進める――ソリッドワークス事業戦略
「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2014(東京)」の開催に併せ、米ダッソー・システムズ・ソリッドワークスのCEOとユーザーグループネットワークの総責任者が来日。3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の開発の方向性やユーザー向け施策について語った。(2014/11/21)

特集:OpenStack超入門(2):
いまさら聞けないOpenStack〜よく知られた「常識」と知っておくべき「常識」
日本OpenStackユーザ会の全面協力を得て、OpenStackを徹底的に深掘りする本特集。第2回はレッドハット クラウドエバンジェリストの中井悦司氏が「OpenStackでできること」「OpenStackを使う上で必要なこと」を分かりやすく解説する。(2014/11/19)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(2):
OpenStackのコアデベロッパーは何をしているのか
@IT特集「OpenStack超入門」は日本OpenStackユーザ会とのコラボレーション特集。特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、超ホットでディープな最新情報を紹介していく。第2回は日本OpenStackユーザ会メンバーで、OpenStack開発コミュニティ コアデベロッパーの元木顕弘氏が語る。(2014/10/27)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(1):
ますます進化・拡大するOpenStackとOpenStackユーザーたち
@IT特集「OpenStack超入門」は日本OpenStackユーザ会とのコラボレーション特集。特集記事と同時に、ユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、まだどのメディアも取り上げていない超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく。第1回は日本OpenStackユーザ会会長 中島倫明氏が語る。(2014/10/15)

ブックビヨンド、ネット出版部の電子マガジン『LAPIS』2014年秋号を期間限定で無料配信
Facebookの電子書籍ユーザーグループ「ネット出版部」が企画・寄稿・制作した『LAPIS』2014年秋号が、BookBeyondで無料配信中。期間は10月31日まで。(2014/10/9)

日本OpenStackユーザ会の人たちが注目したもの:
OpenStack Summit Atlanta、何があったか報告します!
5月第3週に米アトランタで開催されたOpenStack Summit Atlanta 2014。日本OpenStackユーザ会に参加している人たちは何に注目したのか。6月19日に日本OpenStackユーザ会が開催したOpenStack Summit Atlanta 報告会の内容を報告する。(2014/7/9)

設計開発ツール:
dSPACEが「MicroAutoBox」の廉価版を開発、台上利用に限定してコスト削減
dSPACE Japanは、東京都内で開催したユーザー会「dSPACE Japan User Conference 2014」において2つの新製品を披露した。「MicroAutoBox」の廉価版となる「MicroLabBox」と、HILSシステムなどに組み込むプロセッサボード「DS1007」である。(2014/6/9)

AWSの企業ユーザー会E-JAWS会長、三井物産の黒田晴彦氏:
企業ITでワクワクし続けたいから、やっていること
2013年11月に発足したAmazon Web Servicesの日本における企業ユーザー会、E-JAWS。その会長である三井物産 IT推進部副部長の黒田晴彦氏は、アイディアを持ち寄ることで、各人の属する企業がITをさらに活用して差別化していける、そういう場を提供したいと話す。(2014/3/6)

Database Watch(2013年8月版):
米国の熱気は日本にも届くか? 納涼もんご祭り/Oracle Database 12c
米国で人気のスキルになっているMongoDB。日本MongoDBユーザー会のイベントでその一端を垣間見た。(2013/8/19)

あれから30年、これから30年:
jusの歴史からたどる日本のITコミュニティの道のり
1983年6月に設立された日本でも最も古いUNIX系ユーザーコミュニティの1つ、「日本UNIXユーザ会(jus)」が設立30周年を迎えました。その道のりと記念イベントの模様をお伝えします。(2013/8/6)

「AWS Road Trip」の意味とは
クラウドサービスのエバンジェリストがユーザーから最も聞かれること
Amazon Web Servicesのエバンジェリストは2013年5月、全米14都市のAWSユーザーグループを訪ねる遠征ツアー「AWS Road Trip」を実施した。その時の模様をユーザーの反応とともにリポートする。(2013/7/18)

Windowsユーザーグループの会長に聞く
IT管理者が知っておくべきWindows Server 2012の4機能
Windows Server 2012には多数の新機能が搭載されている。中でも運用管理面でポイントとなる4つの機能について、ロッキーマウンテンWindowsテクノロジーユーザーグループの会長 デニス・マーティン氏に話を聞いた。(2012/11/27)

英国、アイルランドのユーザーグループが調査
SAPの複雑なライセンス体系にユーザーの95%が不満、同社の反応は?
英国・アイルランドのSAPユーザーグループが行った調査で95%の回答者がSAPのライセンス体系が複雑と回答した。サポート用のポータルサイトにも批判があった。SAPはユーザーの支持を回復することができるだろうか。(2012/11/16)

エネルギー技術 電気自動車:
電気自動車を“Everyone's car”に、普及の課題とは? ユーザー団体の視点
米国シアトル発・電気自動車(EV)市場リポートの第2弾。ようやく盛り上がりつつあるEV市場だが、本格的な離陸にはまだ乗り越えるべきハードルも多い。米国で最も活発に活動している電気自動車のユーザー団体である「Plug in America」に、電気自動車市場の現状と今後の課題を聞いた。(2012/4/5)

Appleファン交流イベント「Apple User Group Meeting in TOKYO 2011」 林信行さんも登壇
Apple製品や技術に興味のあるユーザーや企業の交流イベント「Apple User Group Meeting in TOKYO 2011」(東京都・渋谷シダックスホール)をライブ配信する。ユーザーグループやベンダーによるプレゼンテーション、ITジャーナリストの林信行さんによるキーノートスピーチを届ける。配信は9月3日10時0分〜。(2011/8/25)

Oracle、「OpenSolaris」を継続すると約束
Sunの買収完了後の将来が懸念されていたOpenSolarisについて、Oracleがユーザーグループからの質問に答えた。「ポジティブでシンプル、ストレートだった」という。(2010/3/1)

Teradata PARTNERS 2009 Report:
データマートの統合で難局に立ち向かう米先進企業、Teradataはクラウド戦略も明らかに
「Teradata PARTNERS 2009」がワシントンD.C.で幕を開けた。ユーザーグループ主催にふさわしく、早朝から企業向けアワードの授与式が行われたほか、オープニングセッションの主役もレンタカー最大手のEnterpriseでデータウェアハウスのリードアーキテクトを務めているボルマー運営委員長だった。(2009/10/20)

EMC、国内初のユーザー会設立
EMCジャパンは、ユーザー企業が参加する「EMCジャパン ユーザ会」を設立した。(2009/7/15)

日本語環境でOpenOffice.orgを使いやすく――ユーザー会が拡張機能を公開
OpenOffice.org日本ユーザー会は、OpenOffice.orgの初期設定を変更し、日本語環境での利便性を向上する拡張機能を公開した。(2009/6/30)

レッドハット、企業を対象としたユーザー会を発足
レッドハットは、同社製品を利用しているユーザー企業を対象とするユーザー会を発足させた。会員には大和証券や日本郵政などのビッグユーザーも名を連ねている。(2009/6/1)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
SAPがサポート方針を見直し、ユーザーグループとサポート品質のKPIを設定
SAPと世界の12のSAPユーザーグループが連合するSUGENは、「SAP Enterprise Support」に関してKPIを設定することなどで合意した。(2009/5/14)

IBMユーザーグループの調査:
仮想化とクラウドコンピューティングは普及拡大へ
IBMのユーザー会「SHARE」が最近公表した調査結果によると、米国および全世界の景気後退の影響で企業はIT支出を抑制しているものの、仮想化技術の採用に向けた動きが広がっている。多くの企業が効率化とコスト削減の手段としてクラウドコンピューティングに関心を抱いていることも調査で明らかになった。(2009/1/27)

異なる企業間で情報共有、シスラボがSaaSで提供へ
シスラボは、異なる企業間で情報共有ができるSaaS方式のサービスを開始した。ユーザーグループが利用できる機能を細分化することでセキュリティを確保するという。(2008/10/15)

Teradata PARTNERS 2008 Report:
eBayが5ペタバイトのDWH構築、Teradataユーザー会で各社が「知識」を共有
「Teradata PARTNERS 2008」は「Enterprise Intelligence Awards」の授与式で幕を開けた。「Excellence in BI and Analytics」には、5ペタバイトという世界最大規模のDWHを構築するeBayが選ばれている。(2008/10/14)

「1年の集大成」――JJUG CCCで次の時代を照らすJava
4月30日に日本Javaユーザーグループが開催する「JJUG Cross Community Conference 2008 Spring」では、Javaデベロッパーでない方でもJavaが持つ無限の可能性を知ることができるだろう。(2008/4/25)

日本PostgreSQLユーザ会のサイトを部外者がクラック
日本PostgreSQLユーザ会は「www.postgresql.jp」サーバが部外者によりクラックされていたことをサイト上で明らかにした。(2008/3/3)

「もの言う立場の独立運営組織」――アバイアユーザー会のフエシュコCMO
米Avayaのユーザー会「InAAU」は、ベンダー系ユーザー会としては珍しく完全な自主運営の組織。このほど発足した日本支部も同様の運営を目指す。(2007/12/4)

日本アバイア、ユーザー会の「InAAU」日本支部を発足
日本アバイアは、アバイヤ製品のユーザー会「InAAU」日本支部を発足した。11月30日に第1回会合を開催する。(2007/11/13)

ネットユーザー団体「MIAU」設立 まず「ダウンロード違法化」反対へ
ネットユーザーの声を集約し、政策提言などを行う団体が設立された。まずは「ダウンロード違法化」に反対するパブリックコメントを提出。「ダビング10」「著作権保護期間延長」についても、反対意見を訴えていく。(2007/10/18)

データセンターの仮想化と移行問題に取り組むHPユーザー
HP Technology Forum & Expoでは、ユーザーグループEncompassが行う仮想化や移行プロジェクトに関するセッションに注目が集まる。(2007/6/19)

コミュニティー 2.0を目指すOOo
オープンソースコミュニティーの印象は人それぞれだ。閉鎖的、開放的、それはオープンソースそれぞれによっても異なるだろう。OpenOffice.org日本ユーザー会は、新たな挑戦を始めた。(2006/4/19)

スパム対策最前線:
日本語スパムへ一石を投じる「日本SpamAssassinユーザ会」設立
ベイズ理論に基づいた処理でスパム排除を行うオープンソースソフトウェアのSpamAssassin。米国発のOSSで2バイトコードのスパムへ効果的に対処すべく、日本でもユーザー会が発足された。ユーザー会代表で久保氏によるコラムをお送りする。(2006/3/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。