ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「UNIX」最新記事一覧

1969年に米国AT&Tのベル研究所で、Dennis RitchieとKen Thompsonによって開発が開始されたOS。
UNIX − @IT Linux用語事典
質問!OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOS関連の質問をチェック

ホワイトペーパー:
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。(2016/5/16)

「glibc」ライブラリに脆弱性、Linuxの大部分に深刻な影響
【Update】脆弱性が指摘された機能は大半のUNIXベースシステムでIPアドレスの解決に使われており、影響は広範に及ぶ。(2016/2/17)

Tech TIPS:
Windows上で、証明書や秘密鍵をPEM形式に変換してエクスポートする
WindowsとUNIX/Linuxでは、電子証明書やその秘密鍵の取り扱い方が異なる。そのため、Windowsで使っている証明書をUNIX/Linux系システムへ移す際、保存ファイルのフォーマット変換が必要になることがある。Windows上でその変換をする方法は?(2016/2/5)

スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【富士通編】:
PR:ジャパンネット銀行の情報系システム リアルタイム化の裏側
ジャパンネット銀行は、Oracle Database 12cの新機能である「Oracle Database In-Memory」と富士通のUNIXサーバー「SPARC M10」の組み合わせが発揮する並外れた性能を評価し、次期データウエアハウス基盤に採用したという。その速さの秘密を富士通のスペシャリストに聞いた。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2015/10/19)

ネットワーク管理の基本Tips:
このポートで実行中のプロセスはどれ? lsofコマンドの使い方
プロセスが開いているファイルを表示するコマンド「lsof」は、プロセスやソケットなどのあらゆる情報をファイルの形で管理するUNIX/Linuxの特性を生かしたもの。プロセスが使用するポートの調査に役立ちます。(2015/10/5)

公開鍵認証の利用を推奨:
OpenSSHの設定に不備、ブルートフォース攻撃を容易にする恐れ
UNIXやLinux系システムで広く利用されているリモートアクセスソフトウエア「OpenSSH」に、リモートから多数のログイン試行を可能にする、つまりブルートフォース攻撃を許してしまう問題が指摘された。(2015/7/24)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(11):
WindowsでもUNIX/Linuxのようにログをリアルタイムで見たいなら
テキストベースのログを参照する場合、Windows標準のツールを使うとしたら「メモ帳」か「TYPE」コマンドになるでしょう。でも、ログのサイズが大きくなると、これらのツールでは扱うのが難しくなります。今回はWindows用のログビューアー「Kiwi Log Viewer」を紹介します。(2014/10/22)

Apple、「bash」脆弱性対応のOS Xアップデートをリリース
Appleが、「Shelshock」攻撃に悪用されるUNIXシェル「bash」の脆弱性を修正するためのOS Xアップデートをリリースした。(2014/9/30)

影響範囲はどこまで?:
bashにコードインジェクションの脆弱性「Shellshock」、管理者に大きなショック
UNIX系OSのシェル「bash」に極めて深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が発見された。すでにこの脆弱性をスキャンする通信を観測したという報告もあり、修正パッチの適用や継続的な情報収集が望まれる。(2014/9/26)

日本オラクル×伊藤忠テクノソリューションズ
IAサーバとは桁違いの信頼性と性能を低コストで UNIXサーバがやっぱりスゴイ
ミッションクリティカルなシステムにIAサーバは不安。そんな企業の間で注目されているのが最新技術を搭載し、コストも大幅に抑えたUNIXサーバだ。UNIXサーバのこれまでの常識を覆す新しい潮流を紹介しよう。(2014/8/27)

システムの「自己回復力」が鍵を握る
Linux移行の成功への切り札は、サーバ基盤選びに失敗しないこと
企業システムのサーバOSにLinuxを採用する動きが顕在化し始めた。しかし、メインフレームやUNIXからLinuxへの移行を成功させるには、課題が幾つかある。そこで鍵となるのが、適切な実行基盤の選択である。(2014/6/18)

ミツカンが情報系システムを刷新、処理時間は12分の1に
経営情報を分析・整理する情報系システムに、富士通にUNIXサーバなどが採用された。(2014/3/28)

ネプコンジャパン2014:
レーザーはんだ付けロボットが2倍速に、リフロー装置の置き換えも可能
ジャパンユニックスは、はんだ付け速度を従来の2倍に高速化したレーザーはんだ付けロボット「UNIX-FSシリーズ」や、レーザー照射径を可変にすることで作業効率を高められる「マルチφレーザー」などを「ネプコンジャパン2014」で公開した。生産性を高められるこれらの新製品により、リフロー装置の置き換えを狙う。(2014/1/22)

Linuxとデータ保護の雄が徹底討論
知らないと危険? Linuxへの業務システム移行の思わぬ落とし穴
業務システム基盤のUNIXからLinuxへの移行を成功させるには、考慮すべき課題が幾つかある。その課題とは何か? 具体的な解決策とは? レッドハットとシマンテックが徹底討論する。(2013/12/19)

Weekly Memo:
Oracleの新サーバをめぐる2つの疑問
日本オラクルが先週、新UNIXサーバを発表した。この動きには2つの疑問が浮かび上がる。その疑問とは。そして米国本社の製品戦略責任者が語った回答とは――。(2013/10/28)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第1回】
常に先を見続けるSolaris OS、これまでとこれからの注目点は
高信頼や高性能が特徴のUNIX OSが再び注目されている。歴史に裏打ちされた新機能に加えて、仮想化技術やクラウドコンピューティングへの対応などが評価されている。最新OSの注目機能を紹介する。(2013/9/30)

レッドハット、オープンソース活用にシステム構築を支援する施設をオープン
メインフレームやUNIXからの移行、また、ルールエンジン(BRMS)などを用いたシステム再構築の手法について支援する。(2013/9/18)

ホワイトペーパー:
Linux、Windows、UNIXなどが混在し分散するIT環境でのバックアップコスト削減手法
複数のサーバーOSが混在し、かつ分散化するIT環境の企業では複数のバックアップソフトが必要になるなどバックアップコストは増大傾向である。費用削減が重要課題となっているIT部門にとって有効なバックアップコスト抑制のポイントを説明する。(2013/8/22)

あれから30年、これから30年:
jusの歴史からたどる日本のITコミュニティの道のり
1983年6月に設立された日本でも最も古いUNIX系ユーザーコミュニティの1つ、「日本UNIXユーザ会(jus)」が設立30周年を迎えました。その道のりと記念イベントの模様をお伝えします。(2013/8/6)

導入事例:
富士通、自社の「SPARC M10」サーバで社内のオラクルDBを統合へ
富士通が自社製品のUNIXサーバ「SPARC M10」を利用して、社内のオラクルデータベース基盤の統合に着手した。(2013/7/11)

UNIXやWindowsからLinuxにシフトする Red Hatが描く成長戦略
RHEL事業を率いるジム・トットン氏が来日し、ハイブリッドクラウド時代を見据えた同社の成長戦略を語った。(2013/5/22)

非Windowsを狙ったサイバー攻撃が顕在化――トレンドマイクロ報告書
2013年第1四半期のセキュリティ動向ではLinux/UNIXシステムへの攻撃が新たな脅威として台頭している。(2013/4/25)

Weekly Memo:
Oracleと富士通の協業関係に異変?
UNIXサーバ分野において緊密な協業を行ってきたOracleと富士通の関係が、ここにきて新たな段階を迎えているようだ。さらなる発展へと向かうのか、それとも……。(2013/4/22)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

ACLの設定変更では回避不能:
UNIX版BIND 9.xに深刻な脆弱性、速やかなアップデートを呼び掛け
DNSサーバソフト「BIND 9.x」に危険性の高い脆弱性が発見された。ISCでは問題を修正したBIND 9.8.4-P2/9.9.2-P2への速やかなアップデートを推奨している。(2013/3/27)

日立、POWER7+のUNIXサーバにエントリーモデル投入
UNIXサーバ「EP8000シリーズ」にPOWER7+プロセッサのエントリーモデルを追加する。(2013/2/27)

富士通、UNIXサーバの「SPARC M10」シリーズを発表
5年ぶりのUNIXサーバ新モデルとなるSPARC M10は、スパコンやメインフレームベースの高性能化や信頼性向上のための技術を取り入れたという。同社の豊木常務はIBM追撃を表明した。(2013/1/18)

日立製作所、POWER7+プロセッサ搭載のUNIXサーバを発売
トランザクション処理性能を従来の最大約1.2倍に高めたエンタープライズサーバ「EP8000シリーズ」の新モデルを発表した。(2012/12/18)

Weekly Memo:
苦心が見えた日本HPのUNIXサーバ事業戦略
日本HPが先週、UNIXサーバ事業における新たな戦略展開を発表した。そこには同社ならではの苦心が垣間見えた。(2012/12/3)

NEC、インテル Itanium 9500番台搭載の「NX7700iシリーズ」を発売
NECはUNIXサーバ「NX7700iシリーズ」の新製品8モデルを発表した。(2012/11/28)

ソフォス、LinuxとUNIX向けのマルウェア対策製品を発表
「Sophos Anti-Virus for Linux/UNIX」ではLinuxの新カーネルの機能やクラウドベースのウイルススキャンに対応した。(2012/11/13)

日本IBM、Windows/UNIXサーバの自動バックアップサービスを提供
企業の基幹業務システムを自動でバックアップし、システム障害時には災害対策用の仮想化環境に切り替えることで、企業の事業継続を支援するという。(2012/5/16)

端末管理の全体最適がMDM選定の鍵
スマートフォンからUNIXサーバまで――大量・多様な端末を低負荷で管理する方法
モバイルデバイス管理(MDM)製品を選定する際、スマートフォン管理の効率化だけを考えてはいないだろうか。企業内端末の管理負荷を本当の意味で軽減するには、あらゆる端末を包括的に管理するという視点が不可欠だ。(2012/11/15)

「Netra SPARC T4」製品リポート
高信頼のUNIXサーバが152万円で買える衝撃
高い信頼性とパフォーマンスを誇るUNIXサーバを身近にするモデルが登場した。通信業界で鍛えられた高い信頼性や大量の同時処理要求に対応する性能を、リーズナブルな価格で一般企業のビジネスに生かせる時代の到来だ。(2012/5/25)

導入事例:
大阪大学、Oracle VDIで仮想デスクトップ環境を構築
基礎工学部情報科学科の演習端末として利用。UNIX系OSとWindowsを切り替えて利用できるシステムとなっている。(2012/1/26)

あのslジョークコマンドできかんしゃトーマスがリアルに走ったぞ! kqオプション付き
コンソール上をSLのアスキーアートが駆け抜ける、UNIX系OSのジョークコマンド「slコマンド」を使って、実際にきかんしゃトーマスをプラレール上で走らせてしまった人が。(2011/12/2)

スマートな紳士のためのシェルスクリプト(1):
シェルスクリプトはエレガントでなければならない
UNIX系OSのユーザーなら、何らかの形で「シェルスクリプト」を使ったことがあるはずだ。人からもらったスクリプトを意味も分からずに使っているとか、コマンドを並べただけのスクリプトを使っているという人は多いだろう。この連載では、そのようなシェルスクリプト初心者を脱出して、すべてを知り尽くしたシェルスクリプトマスターとなるための手助けをしたい。(編集部)(2011/11/25)

C言語の開発者、デニス・リッチー氏が死去
C言語とUNIXの開発で知られるデニス・リッチー氏が70歳で亡くなった。(2011/10/14)

仮想化導入、見落としたくない検討ポイント
基幹システムへの仮想化検討、UNIX/IAサーバ製品を徹底比較!
IAサーバの仮想化統合を実施した企業が、今度はより重要なシステムへの仮想化適応を検討している。これまでのプロジェクト以上に信頼性と拡張性が求められる中、選ばれたソリューションとは?(2011/9/16)

UNIXサーバ市場の激変
10年後も競争力を支えるサーバを選ぶ
高信頼性が求められる重要システムに選択する機会の多いUNIXサーバ。しかし市場の変化やベンダー動向に不安を感じているユーザー企業は少なくないだろう。UNIXサーバ選びのポイントを示すコンテンツを集めた。 (2011/5/31)

富士通、新型SPARC64を搭載したUNIXサーバ「SPARC Enterprise M3000」を販売開始
富士通とオラクルはクロック周波数を向上したSPARC64 VII+を搭載する「SPARC Enterprise M3000」を販売開始。SSDをサポートし、Oracle DBの高速化キャッシュ機能を利用できる。(2011/4/12)

Adobe、ReaderとAcrobatの更新版のリリースを予告
2月8日にWindowsとMac向け、2月28日の週にUNIX向けの更新版をリリースし、深刻な脆弱性に対処する。(2011/2/7)

Weekly Memo:
富士通とOracle 協業深化の行方
富士通とOracleが先週、基幹システム向けUNIXサーバの新たな共同開発製品を発表した。これを弾みに、両社の協業関係は今後さらに深化していくのか。(2010/12/6)

【雨天炎天】 ITmedia エンタープライズ時評:
富士通と米Oracleが共同で開発・製造するUNIXサーバの未来
富士通と米Oracleが新しいUNIXサーバを発表した。ハードウェアの長期的な投資保護を導入メリットとして打ち出す。しかし、サーバ市場は海外、国内ともにx86システムが主流となりつつある。(2010/12/2)

異なるIDをActive Directoryで統合管理するツール NetIQが発売
NetIQは、LinuxやUNIXなど異なるプラットフォーム環境のユーザーIDをActive Directoryで統合管理するためのツールを発売した。(2010/10/13)

小山博史のJavaを楽しむ(14):
UNIX/Linuxも楽しむ Java開発者になるための学習法
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2010/8/10)

PR:クラウド時代のシステム像を変えていくRHEL6の実力とは?
年内にリリース予定のRed Hat Enterprise Linux 6により、x86アーキテクチャのLinuxシステムはUNIX並みの性能と信頼性を備え、あらゆる企業システムで選択肢となっていくだろう。(2010/8/5)

クラウド時代の「連合艦隊」、日本IBMが最新メインフレームを披露
すべてのワークロードを1台で処理するために開発されたIBMの最新メインフレームは、UNIXサーバやx86サーバを従えた連合艦隊として、新たな局面に入ろうとしている。(2010/7/23)

IBM、AIX 7のオープンβプログラムを提供開始
IBMがUNIX OS「IBM AIX 7」のβ版を公開した。POWER7上ではAIX 6の4倍のワークロードをサポートする。(2010/7/15)

Novell対SCO訴訟、最終判決でNovell勝利
NovellとSCOの、UNIXの著作権をめぐる7年にわたる訴訟が終結することになる。(2010/6/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。