ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W55T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W55T」に関する情報が集まったページです。

「W55T」レビュー:
違いの分かるオトナへ──触れた瞬間に感じる“極上プレミアム”「W55T」
必要な機能だけをクレジットカードサイズのボディに詰め込んだ、極薄+“プレミアム”デザイン──。厚さ9.9ミリの極薄ステンレスボディを採用するauの秋冬モデル「W55T」は、どれだけ“プレミアム”で、どれだけ“エレガント”に使えるだろうか。ビジネスユーザー向けの機能を軸に使い勝手をチェックする。(2007/12/18)

厚さ9.9ミリのカードサイズケータイ「W55T」、12月7日から順次発売
KDDIは、厚さ9.9ミリの東芝製端末「W55T」を12月7日から順次発売する。クレジットカードを意識したデザインで、カラーもゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの3色を用意する。(2007/12/6)

最薄部9.9ミリの「W55T」premium version、11月30日発売──3000台限定
KDDIは11月30日に、クレジットカードをイメージした最薄部9.9ミリの東芝製WIN端末「W55T」premium versionを特設販売サイトで発売する。11時からの先着順販売で、価格はフルサポートコースが3万1500円、シンプルコースなら5万2500円。(2007/11/20)

写真で解説する「W55T」
ステンレスパネルを採用し、クレジットカードと同じくゴールド/プラチナ/ブラックの3色を揃える厚さ9.9ミリの“CARD SIZE SLIM”ケータイ、それが東芝製の「W55T」。そのサイズゆえ決して多機能ではないが、ターゲットユーザーとする30〜40代の男性や携帯に高い機能を求めない層に“プレミアム”感で訴求できる端末に仕上げた。(2007/10/17)

動画で見る「W55T」
厚さ9.9ミリを実現した“CARD SIZE”ケータイ──それが東芝製の「W55T」。採用カラーは「プラチナ」「ゴールド」「ブラック」の3色で、クレジットカードの種類に由来する。カラーネームからして“プレミアム”なイメージを演出する極薄端末だ。(2007/10/16)

厚さ9.9ミリ、クレジットカードサイズの極薄ケータイ――「W55T」
10ミリを切る極薄WIN端末として登場するのが東芝製の「W55T」。クレジットカードサイズのボディは背面がステンレスパネルで覆われ、ヘアライン加工や鏡面処理を施して金属の高級感を演出した。(2007/10/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。