ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Waledac」最新記事一覧

NATが影響、ただし「将来的には元凶となる恐れ」:
冷蔵庫は「無実」――シマンテックがスパム発信元を調査
「インターネットにつながったスマート家電から75万通以上のスパムメールが発信された」という報道に関して、シマンテックは2014年1月27日、実際に感染していたのは同じホームネットワーク内のWindows搭載PCであり、冷蔵庫は「無実だ」とするブログを公開した。(2014/1/28)

マルウェアが悪用するドメイン、国際協力でダウンさせる
スパム対策組織が各国のセキュリティ機関と連携して、マルウェア「Virut」のボットネット運用に使われていたドメインをダウンさせた。(2013/1/22)

Microsoftがボットネット撲滅作戦を続行 「Kelihos」もダウン
Microsoftは大規模ボットネットのWaledacやRustockに続き、Kelihosというボットネットをダウンさせたと発表した。(2011/9/28)

凶悪化するサイバー犯罪、セキュリティ業界は対策を模索
金銭を狙うサイバー犯罪が激化し、セキュリティ対策が難しくなりつつある。セキュリティ専門家が最新動向と対策への取り組みを紹介した。(2010/6/10)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(24):
Gumblar、いま注目すべきは名前ではなく“事象”
(2010/4/13)

Microsoftがボットネット対抗作戦、Waledacの通信断ち切る
Microsoftは法的措置を通じ、Waledac感染コンピュータと、それを遠隔操作していたコマンド&コントロールセンターとの通信を途絶させたと発表した。(2010/2/26)

世界で7万5000台に感染のマルウェア、ログイン情報を大量窃盗
「Kneber」というマルウェアは政府機関や企業など2500社のシステムに感染し、Yahoo!やHotmailなどのログイン情報を大量に盗み出しているという。(2010/2/19)

Waledacが手口を切り替え:
携帯メールを盗聴する偽ツール、実態はマルウェア
他人のSMSを盗み見できるとうたったツールをダウンロードすると、Waledacに感染する。(2009/4/17)

攻撃者の狙いとは:
Confickerワーム亜種に再拡散の予兆
Confickerの新しい亜種に再びワーム機能が実装され、感染拡大する可能性がある。(2009/4/17)

多くは攻撃コードが出回る:
MSが8件の月例パッチを公開、ExcelやWordPadの脆弱性を解決
8件のうち5件が「緊急」レベル。既に悪用コードが出回っている問題も多数含まれている。(2009/4/15)

24時間で4000億通も:
Conficker感染マシンがスパムを大量送信
Conficker.Cが悪名高いマルウェアのWaledacを呼び込み、スパムメールの大量送信を始めたという。(2009/4/13)

やはり金銭狙いか:
Confickerワームが新たな攻撃コードのダウンロード
Confickerが新たに呼び込んだファイルの1つは、ユーザーをだまして有料ソフトを買わせようとする偽ウイルス対策ソフトだった。(2009/4/10)

感染マシンに同時出現:
Confickerワームと大規模ボットネットが結託か?
世界で猛威を振るっているConfickerが、大量のスパムメールを流し続けているWaledacと関係している可能性が出てきた。(2009/4/9)

フォーティネットの月例リポート:
「バイアグラ買いますか?」――日本人向けスパムが活発に
ユーザーがいる場所に合わせて提供情報の内容を変えるロケーションベースサービスを悪用した攻撃が増加している。(2009/4/6)

「あなたの街で爆発」:
ユーザーの居場所を突き止めるカスタマイズ攻撃が横行
IPアドレスからユーザーの居場所を突き止め、その場所で爆発が起きたという偽ニュースを表示する手口が見つかった。(2009/3/17)

「財務マネジャーです」:
サイバー犯罪の求人スパムにご注意を――フォーティネットの脅威リポート
フォーティネットは3月の月例リポートで、サイバー犯罪に関連した求人を呼び掛かけるスパムが出回っていると報告している。(2009/3/12)

マルウェアに感染:
偽の割引クーポンで誘惑、不況便乗の新スパム
バレンタイン便乗スパムが手口を変え、割引クーポンを装ってマルウェアに感染させるメールを流し始めた。(2009/2/24)

バレンタイン関連のスパム攻撃が活発化 中心はWaledac
バレンタインに便乗したスパム攻撃を、Waledacボットネットを中心に、少なくとも3つのボットネットが展開している。(2009/2/13)

人気サイトを悪用して:
かわいい子犬とマルウェア、バレンタインやiTunesに便乗するスパム
「iTunes請求書」は偽医薬品販売。可愛い2匹の子犬はマルウェアにリンクされている。(2009/2/10)

オバマ氏就任に便乗する手口も:
オンラインゲーム狙いのウイルスが躍進、フォーティネットのリポート
12月に引き続き、オンラインゲームの情報を狙うトロイの木馬「Spy/OnlineGames」が活動が目立った。(2009/2/4)

流通量が再び増加:
スパム配信のボットネットが台頭、MessageLabsの1月リポート
MessageLabsによれば、Stormワームに続く新たなスパム配信のボットネットが勢いを増しつつあるという。(2009/2/2)

おなじみの手口がやってきた:
恒例のバレンタイン便乗スパム、今年は赤いハートでワーム感染
告白調のメールのリンクをクリックすると、赤いハートが並んだワーム感染サイトへ誘導される。(2009/1/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。