ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天気」最新記事一覧

5000円切りの超小型気象センサー「WxBeacon2」で何ができるか試してみた
IoTの普及に伴い、センサーと通信機能を備えた多数のデバイスがクラウドと結び付くことで、さまざまなシーンでの利便性向上が期待される。今回はウェザーニュースの超小型気象センサー「WxBeacon2」でどんなことができるのか、実際に試してみた。(2017/8/23)

「2月の寒い日は白菜が売れる」 気象データで需要予測、日本気象協会が本腰
「雨の日は客足が遠のくので来週は廃棄が増える」「2月の寒い日は白菜が売れる」――商品の売上と気象データの関係を予測する事業に、日本気象協会が本腰を入れる。(2017/8/21)

台風予測技術の「限界」 迷走・ノロノロ……台風5号は手強かった
台風5号は太平洋上を“迷走”し、気象庁職員も「予報官泣かせ」と認める手ごわい相手だった。台風5号の全貌は? そして、今シーズンの台風は引き続き異例づくしになるのか。見通しを探ってみた。(2017/8/14)

台風5号が四国から近畿へ上陸する恐れ 西日本を中心に大荒れの天気
激しい雨や河川の増水にご注意を。(2017/8/7)

みずがめ座デルタ南流星群 ピークに
夏休み早々、みずがめ座δ(デルタ)南流星群が見頃を迎えています。2017年は月明かりに邪魔されず好条件。気になる今夜の天気は?(2017/7/29)

ウェザーニューズが5分更新の精密天気予報を発表 突発的な「ゲリラ豪雨」などの予報も向上
これまで正確な予報が難しかった気象現象や地域への天気予報がより正確に。(2017/7/25)

自然エネルギー:
洋上の風況観測を低コストに、揺れにくい「ブイ」を活用
洋上風力発電の課題の1つが、設置海域の風況観測に掛かるコストの高さだ。日本気象協会はその低コスト化を目指し、海面の波浪に伴う揺れが少ない低動揺ブイに、レーザー光の反射波を捉えて上空の風を計測するドップラーライダーを搭載したシステムを開発した。(2017/7/20)

豪雨の命名は2年ぶり 北九州の豪雨、気象庁が「平成29年7月九州北部豪雨」に決定
死者は34人となっています。(2017/7/19)

20分先の雷がわかるように 気象庁、ひまわり8号使った落雷予測システムを改善
夏期日中に発達する積乱雲を早期に検出する技術により、通知がより早く。(2017/7/19)

関東甲信、東海、近畿、中国 梅雨明け
7月19日、気象庁は関東甲信、東海、近畿、中国地方の梅雨明けを発表しました。いよいよ夏本番です。(2017/7/19)

九州南部が梅雨明け いよいよ夏本番
7月13日、鹿児島地方気象台は「九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。(2017/7/13)

大分県にも大雨特別警報 浸水、河川の増水、土砂災害などに警戒を
気象庁は17時51分にも福岡県に大雨特別警報を発表していた。(2017/7/5)

緊急地震速報からどう行動するのか 気象庁が7月5日に訓練を実施へ→大雨特別警報のため中止に
速やかに行動できるように。(2017/7/1)

大気汚染で「肌荒れ」になりやすい県、ポーラが明らかに 「男性こそナーバスに捉えるべき問題」
大気汚染物質が原因で、肌荒れになりやすい県を、ポーラと日本気象協会が発表。大気汚染による肌荒れは「男性こそナーバスに捉えるべき問題」という。(2017/6/20)

ディルバート(505):
大企業の陰謀説
歴史的な事件から気象異常まで、世の中にはさまざまな陰謀説が出回っていますが、ディルバートが唱えるのは……。(2017/6/15)

日本気象協会、天候予測生かし生産ロスを削減
予測誤差による、作りすぎの無駄がほとんどなくなったという。(2017/6/13)

スマートホーム:
気象予測でエアコンを最適制御、省エネと快適性の両立へ
UR都市機構、環境エネルギー総合研究所、日本気象協会、IIJ、中部電力は、気象予測データなどを基にエアコンを最適に制御する技術の開発に着手する。2017年10月から約100戸の賃貸住宅で実証実験を行う計画だ。快適性と省エネ性の両立を目指すとしている。(2017/6/12)

UR都市機構、AIとIoTで省エネ実証実験 エアコン遠隔操作
気象情報や室内データの分析結果を生かしてエアコンの省エネ運転を遠隔操作する。(2017/6/8)

気象予測を基にAIとIoTでエアコンを自動制御――UR賃貸住宅で実証実験へ
UR都市機構と、環境エネルギー総合研究所、日本気象協会、IIJ、中部電力は、AIとIoTを活用した快適な低炭素化住宅の実現を目指す共同研究で合意。気象データなどを基にエアコンを快適に省エネ運転する実証実験を行う。(2017/6/8)

エネルギー管理:
大気中のCO2濃度、日本で観測史上最高を更新
気象庁は2017年5月、日本付近における大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が増加し、2017年に地上観測地点での月平均値が観測史上最高を更新したと発表した。大きく増加した原因は主に、2014年夏から2016年春に発生したエルニーニョ現象の影響と考えられている。(2017/6/6)

気象ビッグデータ×機械学習で毎日のコーデを提案:
データを価値に変える方法とは? ファッションテック参入のルグラン 泉 浩人氏に話を聞く
気象ビッグデータを分析し、その日の天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案するWebサイト「TNQL」を立ち上げたルグラン。「ファッションテック」に取り組む理由を聞いた。(2017/5/30)

CADニュース:
研究開発施設を開設、スポーツウェアにおける次世代/3次元設計を推進
ゴールドウインは、製品開発力強化のため、研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を2017年10月に開設する。同ラボには、品質試験室や試作室、運動力学や生理などを測定/解析する運動ルーム/人工気象室などが設置される。(2017/5/29)

太陽光:
期待発電量を試算できる、低圧太陽光向け監視サービス
ソーラーフロンティアは低圧太陽光向けの遠隔監視モニタリングサービスの受注を開始した。独自の解析技術により、気象計が設置されていない発電所であっても期待発電量を試算し、現状の発電量の健全性を評価できるという。(2017/5/25)

天気予報やニュースで聞く「未明」って何時か知ってた?
ちゃんと決まりがあるのです。(2017/5/25)

日本気象協会が説明:
「とうふ指数」で廃棄ロス3割減も、気象情報を売上予測に生かす
豆腐を主体とした食品を製造・販売する相模屋食料は、気象情報を活用した「とうふ指数」に基づく売上予測の適用で、廃棄量を約30%削減できたという。この予測には、SNS分析を組み込んでいる。(2017/5/25)

メンタルヘルス対策のポイント:
後悔から生まれた“こころの天気予報”
研修や情報提供などのメンタルヘルス対策を実施しても、効果が見えづらいと感じることも多いだろう。従業員の気分の変化を“見える化”してメンタル不調を予防するシステムを開発したIT企業の事例から、メンタルヘルス対策のポイントを探る。(2017/5/24)

「ドローン向け気象情報」気象協会が研究へ 高度100〜200メートルの気象を把握
予測した気象情報をドローン向けに提供する技術も開発し、ドローン運用者などに利用してもらう。(2017/5/17)

沖縄と奄美地方が梅雨入り
13日に沖縄気象台と鹿児島地方気象台から、沖縄地方、奄美地方が梅雨入りしたとみられるとの発表がありました。長雨の季節到来です。(2017/5/13)

気象ビッグデータから服のコーディネートを提案「TNQL」 AIが好みを学習
1キロ四方、全国37万地点ごと、1時間ごとに更新される気象情報を分析し、ユーザーの現在地に合ったコーディネートを提案してくれるという。(2017/5/9)

カンガルー「きもちの良い芝生ですね」ゴルファー「そうですね」 カンガルーに占拠された豪ゴルフ場が壮観
天気も良いししょうがないですよね。(2017/4/17)

日本気象協会が防災グッズのセットを発表 入手すると3カ月後に消耗品の補充分が届く
食料などの備蓄を、一定期間で使い切って補充する「ローリングストック」法を気軽に実践できます。(2017/4/13)

企業向けサービス本格化 日本気象協会の商品需要予測
日本気象協会は、企業向けに気象情報を使った商品需要予測サービスを1日から開始した。(2017/4/5)

医療機器ニュース:
作業者の生体情報から超局所の熱中症リスクを評価するスマート衣料システム
クラボウは、大阪大学、信州大学、日本気象協会と共同で、熱中症予防に向けたリスク管理システムとスマート衣料「Smartfit」を開発する。生体情報を送信する心拍センサーとIoTプラットフォームについては、ユニオンツールと開発に取り組む。(2017/4/5)

組み込みイベントレポート:
現実世界をブラウザ越しに制御、IoTハッカソンを開催
ハードウェアの制御をブラウザ技術だけでコントロールする作品をテーマに「Web × IoT メイカーズハッカソン」が開催された。最優秀賞は「天気」をモチーフにさまざまな事象を可視化する「HeartWeather」が受賞した。(2017/3/28)

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」のアップデートを実施
ファーウェイは、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI nova lite」のソフトウェアアップデートを実施。無線LAN性能やステータスバーの表示、天気アプリで都市追加後のUI表示を最適化する。(2017/3/22)

Googleアプリに1タップで最新情報を表示できるショートカット集(まずは米国で)
AndroidおよびiOS版「Google」アプリの検索枠の下に、天気、イート&ドリンク、スポーツ、エンターテインメントのショートカットが表示されるようになり、これをタップするとそれぞれの最新情報のページになる。(2017/3/22)

iOS版「Amazon App」に音声アシスタント「Alexa」追加(米国で)
Amazon.comが、米国のiOS版「Amazon App」に音声アシスタント機能「Alexa」を追加した。Amazon Echoなどを持っていなくても、iPhoneやiPadから音声で発注、音楽再生、天気予報などの質問、1万件以上のskillの利用が可能になる。(2017/3/17)

日本IBM、Watsonを活用した企業向け気象情報提供サービスを開始
Watsonをはじめとするコグニティブ技術と気象予報士により、気象データをさらに詳細に分析し、企業向けに気象情報を提供するサービスを日本IBMが開始。気象予報や気象データに加え、気象がビジネスにもたらす影響についての企業の意思決定を支援するコンサルティングサービスも提供する。(2017/3/14)

社内に予報施設を新設:
日本IBMが天気予報を開始 なぜ?
日本IBMが、「Watson」を活用した気象予報サービスを開始。航空業界、電力業界、メディア業界向けのサービスの提供を始める。(2017/3/13)

製造ITニュース:
「日本の製造業は重要顧客」、日本IBMが気象予測サービスを開始
日本IBMは、企業向けに気象予報や気象データをとともにそれらを活用したソリューションを提供する「The Weather Company(TWC)サービス」を開始する。さまざまな業界への適用を見込むが、重要顧客として「世界トップクラスの競争力を持つ日本の製造業」(同社)を挙げた。(2017/3/13)

日本IBM、気象予報に本格参入 人工知能で予測、電力会社などにデータ提供
気象変化を人工知能が予測し、電力会社や航空会社にデータを提供するサービスを日本アイ・ビー・エムが始める。(2017/3/13)

ピコ秒精度で伝搬遅延を計測:
地デジ放送波でゲリラ豪雨を予測? NICTが開発
情報通信研究機構(NICT)は、地上デジタル放送の電波を用いた水蒸気推定手法の開発に成功したと発表した。ゲリラ豪雨など局所的な気象現象の予測精度向上につながることが期待される。(2017/3/10)

“片頭痛予報”も実現? 気象データの新しい使い方を考えてみた
気象データと自社のデータを組み合わせると、どんなビジネスが生まれるのか――。日本気象協会の講演後に行われたディスカッションでは、さまざまなアイデアが生まれた。(2017/3/9)

自然エネルギー:
スーパーコンピュータで水力発電所の電力を増やす、東京電力が研究に着手
東京電力ホールディングスは理化学研究所と共同で、気象予測の精度を高めて水力発電所の効率を高める研究に取り組む。スーパーコンピュータの「京」を使って雨量や河川流量を予測しながら、水力発電所の実績データと組み合わせ、ダムからの水量を最適に制御して発電量を増やす試みだ。(2017/2/27)

携帯網がダウンしても大丈夫:
P2Pで災害時に警報を送るシステム、IBMが開発
IBMは、スマートフォン用アプリ「The Weather Channel」向けに、ピアツーピア(P2P)通信で災害時のアラートなどを送信できるシステムを開発した。セルラーネットワークがダウンしていても、スマートフォン同士が次々にメッシュネットワークを形成することで、天気の情報や災害時のアラートをアプリで通知することができる。(2017/2/21)

天気予報の「手話CG」、データを基に自動生成 NHKが開発
天気予報を表す手話をCGで自動生成する技術をNHKが開発。表現が自然かどうか、Webサイトで意見を求めている。(2017/2/20)

NHK、手話CGの自動生成システムを開発 関東7都県の気象情報サイトで検証中
気象庁発表のデータと、あらかじめ用意した手話モーションを組み合わせて自動で生成。(2017/2/20)

テスト配信スタート:
天気予報の手話、CGで自動生成 NHKが開発
気象電文から手話の天気予報動画を自動生成する技術をNHKが開発した。(2017/2/20)

データ分析で食品ロスを「3割減」――気象×ビジネスの可能性
企業におけるデータ活用には、社内のデータに加えて社外のデータを活用することも重要な視点だ。中でも気象データがビジネスに影響する業界は、全体の約3割だという。日本気象協会は最近、詳細な気象データをビジネスに生かすための実証実験を行っているという。(2017/2/15)

太陽光:
雲と積雪を見分ける宇宙の目、日射量が分かる
太陽光発電所の出力を広範囲に予測するには、日射量を推定すればよい。気象衛星の出番だ。日本気象協会はひまわり8号が備える近赤外光の観測装置を利用して、地表の積雪と上空の雲を区別する情報提供サービスを開始。北海道や東北などで威力を発揮しそうだ。(2017/2/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。