ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学生」最新記事一覧

メカ設計メルマガ 編集後記:
学生フォーミュラ10年のドラマ
気が付けば10年も追いかけていましたが、まだまだです。(2017/9/12)

学生フォーミュラ2017:
学生フォーミュラ2017は京都工繊大が2連覇、4位には名大のEV
第15回 全日本学生フォーミュラ大会の総合優勝は京都工芸繊維大学で、2連覇となった。第4位には名古屋大学が入賞した。EVクラスの車両が上位入賞するのは大会初。(2017/9/11)

PR:レーシングカーを学生が手作り!? 「学生フォーミュラ」の設計シミュレーションを支える高性能マシン「G-GEAR」
学生が自ら設計、製作した車でレースに出場する「全日本 学生フォーミュラ」。東京理科大・機械工学研究会で行われている「ものづくり」の現場を取材した。(2017/9/13)

メルカリで「ウイルス入手法」販売 中2を児相に通告
「メルカリ」で「コンピュータウイルスを入手する方法」を販売したとして、奈良県警が中学2年の男子生徒が児童相談所に通告した。(2017/9/5)

ロシア大統領「AIを制すものが世界を制す」、イーロン・マスク氏が懸念表明
ロシアのプーチン大統領が新学期の学生に向けた講演で、「人工知能(AI)分野で主導権を握る者が世界の支配者になる」と語った。これを受け米起業家のイーロン・マスク氏は「AI覇権争いが第三次世界大戦につながる」とツイートした。(2017/9/5)

IIJと東京藝大、演奏会楽曲を無料でネット配信 ハイレゾ音源で
音源の収録は、東京藝術大学のスタッフと学生によるもの。(2017/9/4)

セキュリティが得意な「次世代」が集った5日間:
自分の中でイノベーションを起こせ──セキュリティ・キャンプ全国大会2017が抱かせた「好奇心」の真の意図
2017年8月、情報セキュリティをけん引する人材の発掘と育成を目指す「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」が開催された。今回は2016年大会のほぼ倍となる82人の学生と生徒が参加し、先端知識と技術を学んだ。(2017/9/4)

素材のクオリティー高すぎぃ! 声優・小倉唯、「中学生みたいな顔」のすっぴん公開
きれいな顔してるだろ、うそみたいだろ、すっぴんなんだぜ。(2017/8/31)

ただ「拍手するだけ」のロボット発売 拍手研究の集大成
バイバイワールド代表取締役 高橋征資氏の「学生時代の研究」が製品に。(2017/8/31)

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:
3D CADへの過剰投資を解消、クラウド型統合3D設計&デザイン環境「Fusion 360」
オートデスクが提供するクラウドベースの3次元設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」。学生やメイカーズを中心に普及が進み、現在ではターゲットである製造業での利用も進みつつあるという。年額3万円台で3D CAD/CAM/CAE/ビジュアライゼーションといった豊富な機能群を利用でき、“モノづくりの未来”を視野に積極的な機能強化が続けられている。(2017/8/31)

母で、学生で、YouTuber――「別人になれるメイク動画」で人気のマリリンさんに話を聞いてみた
YouTuber、一児の母、学生とさまざまな顔を持つマリリンさんに取材しました。(2017/8/28)

スピン経済の歩き方:
なぜマスゴミの「ブーメラン報道」が目立ってきているのか
マスコミの「ブーメラン報道」が目立ってきている。最低賃金の問題について、中日新聞は政府が掲げる「時給1000円」を目指すべきと主張したものの、自社のデスク補助業務の学生アルバイトを「時給910円」で募集していることが判明。なぜこのような報道が起きるかというと……。(2017/8/22)

「最近の大学生はスマホでレポートを書く」は本当か? “若者のパソコン離れ”の実態を調べてみた
レポートにスマホを使う学生は実在した。(2017/8/12)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
時給650円のバイトが教えてくれた「働きがい」のある職場の条件
社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。(2017/8/8)

常見陽平のサラリーマン研究所:
“意識高い系”の学生には「ダメ出し」が必要だ
近年、盛り上がりを見せているインターンシップの季節がやってきた。意識高い系ウォッチャーとしてはたまらない機会である。10年前から変わらず「インターンシップの猛者学生」が毎年必ずいるからだ。(2017/8/4)

組み込み採用事例:
連携により工学の教育現場にIoTソリューションを導入
日本ナショナルインスツルメンツは、工学の教育現場へ向けた、IoTによる新たな教育ソリューションを発表した。同社の学生向け組み込みデバイス「NI myRIO」やPTCのIoTテクノロジープラットフォーム「ThingWorx」などを組み合わせた。(2017/8/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功する人は、教わり方が違う
教える、教えられる関係は、会社では上司と部下、スポーツではコーチと選手、習い事では先生と生徒など、いろいろなところにある。その心構えとは。(2017/8/3)

校則でポニーテールを禁止する中学校があるってホント? 生徒指導担当「わが校だけではない。おそらく全国的にNG」
ポニーテール禁止校、意外に多いもよう。(2017/8/2)

キャリアニュース:
人材領域に特化したAIエンジンで企業と学生を支援する新サービス
マイナビは、三菱総合研究所と共同で、AIエンジン「HaRi」を活用した新サービスを開発した。人材領域に特化したHaRiの学習/判断能力によって、企業の採用活動や学生の企業研究をサポートする。(2017/7/28)

「声出してけー!」ダレノガレ明美、母校スタンド登場で元チア部の本領発揮 突然のOGに生徒騒然
こんなチアリーダーに応援されたい。(2017/7/26)

「セクハラでなく合意」 研究室で「不適切な行為」……懲戒解雇された大学を訴えた元准教授の“言い分”
ある大学の男性准教授が、妻子がいることを隠して教え子の女子学生と交際。裸の写真を要求したり、研究室でも行為に及んだり――その結果、懲戒解雇になったが、男性は解雇の無効を主張して訴訟を起こした。(2017/7/24)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(14):
職場の“味見”は学生のうちに――「Wantedly People」Web版をほぼ1人で開発した東大院生のネオジョブホッピング体験記
試食や試着をするように、いろいろな企業に“お試し”就職してもいいじゃない。(2017/7/24)

AIが答案分析、理解度別に復習教材――奈良市立の小学校が導入
学校のテスト結果をAIが分析し、生徒ごとの理解度に応じた復習教材を用意するサービスを、大日本印刷が提供。奈良市立の全小学校で、4年生の算数を対象に導入する。(2017/7/18)

自宅で始まった学生の趣味が“巨大プロジェクト”に――NTTドコモの「浮遊球体ドローンディスプレイ」開発秘話
「『サイエンスフィクション』を『サイエンス』にしたい」。(2017/7/14)

おふざけ動画の「生主」:
少女買春容疑の千葉県市川市議に「やんちゃ」過去
中学1年の女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をしたとして警視庁に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで摘発された千葉県市川市の三浦一成市議。知人らを取材すると、過去の「やんちゃ」の数々が聞こえてきた。(2017/7/13)

「恥ずかしいです……」→女学生が服をシュルッ→ってまたかーい! 全男の期待を裏切る「変形少女」第3弾公開
外国人「Why」(2017/7/7)

中小企業イベントレポート:
まるで下町ロケット! 大企業を捨て町工場を継ぎ手にした“ワクワク”する生き方
東京都の下町、葛飾区にある小川製作所の小川真由(まさよし)さん。新卒で大手重工業メーカーに就職するも、家業を継ぐために中小企業に転職して修行。現在、メーカー勤務時代に習得した設計技術と、修行時代に培った営業力を生かし、家業の町工場を切り盛りしている。一体、なぜ町工場を継ぐ道を選んだのか。就職活動を控えた学生たちを前に、小川さん本人が語った。(2017/7/7)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 S」が企業での利用に向いている理由
教育機関や学生向けとうたわれている「Windows 10 S」だが、その機能を見てみると、安全性や管理のしやすさなどに配慮されていることが分かる。将来的には、企業向けのWindows 10にも、10 Sの機能が取り入れられていくことだろう。(2017/7/5)

就活戦線 異状「アリ」 面接解禁日に内定6割超 「みんなで渡れば怖くない」
「超売り手市場」となっている今年の就職・採用活動は終盤に。経団連指針で明記された面接などの採用活動解禁となった6月1日時点で、既に6割を超す学生が就職の内定を獲得している。(2017/6/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
やっかいな「ダークツーリズム」に近づいてはいけない
北朝鮮で拘束されていた米大学生が解放された。ただ、その学生は意識不明のまま米国に移送され、その後死亡する。そもそも、なぜこの学生は国交のない北朝鮮に行くことができたのか。調べてみると、「ダークツーリズム」の存在が見えてきた。(2017/6/29)

1分間で大縄跳び225回の新記録! 静岡の小学生14人をギネス世界記録に認定
実は日本は縄跳び大国だった?(2017/6/25)

「校則で短パンはダメ」に抗議 英国の男子生徒がスカートで登校
学校側は暑い日が続けば変更を検討するとしています。(2017/6/23)

より身近になる可能性も:
大学生の「パソコン離れ」は起きていない
現代の日本では、「若者のパソコン離れ」が起きているとされているが、実際の状況はどうなっているのか――リングロー調べ。(2017/6/23)

意外と自由気ままだし闇の権力もないよ! 生徒会のリアルな姿をほのぼの描くマンガ『ふたり生徒会』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第84回。生徒会に「優等生集団」イメージ持っていた人、これが彼らの実態だ!(2017/6/18)

「こいつらひいたろか」通学路暴走、逃げ惑う生徒……事件があぶり出した通学マナー
通学路を猛スピードで暴走する車を車内から撮影した動画がネット上で拡散。運転手は逮捕され、ネット上では少年らへ非難が集中したが、学校近くの住民には通学マナーをめぐる別の見方もあるようだ。(2017/6/14)

Facebookで差別発言 ハーバード大が10人の入学取り消し
ハーバード大学に入学予定の学生が集まるFacebookグループで、差別発言や性的な画像のやりとりがあったとして、同大が該当学生の入学許可を取り消した。(2017/6/7)

気にする必要なし?:
就活生のための「職場の雰囲気」とは何か
忖度(そんたく)が流行っているみたいなので、職場の雰囲気について考えてみます。就職や転職で新たな環境に進もうというとき、そもそも自分に合うのか、職場の雰囲気を重視する人は多くいます。特に社会人経験のない学生はそれを重視する傾向が強いのですが、どう捉えるべきでしょう。(2017/6/7)

入学者増などの効果も:
AKB衣装制作会社の学生服ブランド、採用5校の夏服発表
AKB48グループの衣装制作を手掛けるオサレカンパニーの制服ブランド「O.C.S.D」がブランド立ち上げ初の夏服を発表。採用5校では生徒の好評判や入学者増などの効果が得られているという。(2017/6/5)

元・モー娘。市井紗耶香、4児出産後の初仕事で学生服姿に 「長女がこの姿を見たらどう思うんでしょう」
33歳の紗耶香ママ。(2017/6/5)

古代文字・ヲシテ語で書かれた学級日誌、担任教師がまさかの解読に成功→学生がヒエログリフで対抗
一体、学生のバイタリティーはどうなってんだよ。(2017/6/3)

マストドンつまみ食い日記:
自社開発SNSからマストドンに完全移行目指す 学生と教職員結ぶ学習インスタンス「THINKERS.AC」
中高生から大学生、職員のみが参加できるように認証に工夫。従来型SNSから完全移行を目指す意気込みだ。(2017/6/2)

PR:大学発「ミライのケータイ」からITの未来が見えてくる――HPE・重松隆之さん
企業でサラリーマンとして働きながら、大学で教授として学生に教える“別の顔”も持つ――。そんなダブルワークをこなすエバンジェリストが日本ヒューレット・パッカードにいる。学生の活動からはITの未来が見えるというが、どういうことなのだろうか?(2017/5/31)

新聞記事を抜粋:
「月刊新聞ダイジェスト」休刊
就活中の学生などに読まれていた「新聞ダイジェスト」が休刊した。(2017/5/29)

「どけコラお前ら」下校中の生徒集団横を猛スピードで走行する動画に批判 “殺人未遂に当たる疑い”の報道も
大阪府門真市のサイトでも緊急情報を掲載。(2017/5/26)

通学路に猛スピードの車、逃げ惑う生徒ら……車内から撮影の投稿動画 大阪府警が捜査
通学路を車がクラクションを鳴らしながら猛スピードで走る様子を車内から撮影した動画がネットで公開され、大阪府警が捜査中だ。(2017/5/26)

CAD事例:
開発製造プラットフォームで設計した交通ポッドが競技会で入賞
ダッソー・システムズは、スペースX主催の学生向け「ハイパーループ・ポッド・コンペティション」において、ポッドの設計/開発にダッソーの「3DEXPERIENCE プラットフォーム」を用いた3組の学生チームが上位入賞したと発表した。(2017/5/25)

中高生の起業も:
大学別の学生起業家数ランキング、1位は慶応
大学別の起業者数ランキングをディップが発表。1位は起業家育成に力を入れる慶応義塾大学だった。(2017/5/23)

志望企業の少なさなどが理由:
「地元で働きたい」学生、51%に減少 強まる都会志向
18年に卒業予定の大学生は、働く地域についてどのような価値観を持っているのだろうか――マイナビ調べ。(2017/5/23)

ペンス氏は言論の自由訴える:
ペンス副大統領の米大学卒業スピーチ、学生が抗議の退出
米インディアナ州のカトリック系名門私大で行われた卒業式で、卒業生数十人が、来賓として出席したペンス副大統領のスピーチに抗議して式場を退出する一幕があった。(2017/5/22)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 学生、ベンチャーが見せたワクワクする未来――日本の挑戦者たち(2)
“IT界のパリコレ”ともいわれるイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回もTrade Showの会場から、ビッグデータを収集する光る自転車や、自然な歩行をアシストするロボット義足など、日本のチャレンジを紹介します。(2017/5/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。