ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

GENKING、恋人との破局を発表 “女性”としての初恋愛は「高校生の様に新鮮で健全でキラキラ」
どんな事情があったのかな……。(2018/10/12)

聖地巡礼客を誘致:
「ラブライブ!」マンホール復活 新規イラストも追加 静岡・沼津
相次ぐ器物損壊事件が発生し、一時撤去されていた静岡県沼津市が舞台の人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のオリジナルマンホールが10日、4カ月ぶりに再設置された。男子高校生らが逮捕される騒動にまで発展したマンホールが新たなイラストを含めて復活し、ファンや地元関係者から期待が高まっている。来年1月の劇場版公開に向け、市内各所で“聖地巡礼客”誘致に拍車がかかる中、再設置にこぎつけた市水道総務課の斎藤充弘課長は「皆さんで大切にして、見守ってほしい」と呼びかけている。(石原颯)(2018/10/11)

より大きなPR効果があった:
金足農、PR効果約70億円 秋田銀行系シンクタンク試算
今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田県立金足農業高校(秋田市)について、地域のPR効果は約70億円とする試算を、秋田銀行系のシンクタンクが10日、明らかにした。新聞やテレビの全国への報道量を広告費に換算した推計で「金足農ナインのプレーが全国の人々に感動を与え、秋田の地域PRに大きな効果をもたらした」と位置づけている。金足農に関する経済的な効果を試算した調査は初めて。(2018/10/11)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(1):
AIは「単なる関数」、数学は「言語の一つ」、「文系出身」でも問題ない――Pythonで高校数学の範囲から学び始めよう
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。初回は、「AIエンジニア」になるために数学を学び直す意義や心構え、連載で学ぶ範囲について。(2018/10/10)

“カメ止め”上田監督の映画「たまえのスーパーはらわた」、妻が監督する「耳かきランデブー」と同時上映
「たまえのスーパーはらわた」には、女子高生版「カメラを止めるな!」”と評する声も。【訂正】(2018/10/7)

はじめて純喫茶に入った女子高生が大人の階段を登る漫画に共感の声 「かわいい」「忘れてた衝撃を思い出した」
共感しかない……!(2018/10/6)

それはひょっとしてギャグで言ってるのか!? “最凶のバカ漫画”『魁!クロマティ高校』が12年ぶりに復活!
マジかよ!(2018/10/5)

【マンガ】高校生物を覚えていれば解けるかもしれない「ナメクジに“砂糖”をかけたら縮むのか」
塩をかけたときのように縮むの? 縮まないの?(2018/10/4)

電車に本物の“魔王”が乗ってきた→高校生らが眠りし中二病をこじらせていく漫画がすがすがしい
こいつら、最高に輝いてる……!(2018/9/28)

色鉛筆で描いた「ユキヒョウ」が美しい 16歳の高校生が命を吹き込んだ絵に「言葉にならない」と感動の声
生命の美しさとかっこよさを感じる色鉛筆画です。(2018/9/27)

eスポーツで金メダリスト:
「N高」作った角川ドワンゴ学園がN中等部を設立  創造性や自主性伸ばせるカリキュラム提供
ネットを使った通信制高校「N高等学校(N高)」を運営する角川ドワンゴ学園(沖縄県うるま市)は、中学生を対象にした「N中等部」を2019年4月に開校する。一種のフリースクールで、既存の中学校に在籍しながら通学できていない生徒に来てもらい、創造力を身につけるための実践型授業を行う。eスポーツのアジア競技大会金メダリストや囲碁の女流タイトルホルダー、プログラミング大会の成績優秀者を輩出し、進学でも成果を出しているN高の教育ノウハウも生かし、将来イノベーションを起こせるような若い人材を育成し、送り出していく。(2018/9/26)

イベントに引っ張りだこ:
ミニ電車が引っ張りだこ 埼玉・春日部工の機械科で製作 イベントで大人も“乗車” 
小さな子供たちが喜んでくれるのが何よりうれしい−。埼玉県立春日部工業高校(豊田清明校長)の機械科の「電車班」に所属する3年生が、平成23年から「ミニ電車」の製作に取り組んでいる。実物の10分の1のスケールだが、大人も乗車できる。秋の行楽シーズンを迎え、来月から年内いっぱいまで県内各地でのイベントに引っ張りだことなっている。(大楽和範)(2018/9/26)

“ヤバいの”が見えてしまう女子高生 恐怖を必死でかわそうとするホラー漫画にぞっとする
いつでもどこでもソレはいる。(2018/9/22)

中高生のスマホはiPhone比率約74% 女子高生に絞ると約85%にも――MMD研究所調査で明らかに
MMD研究所が中高生を対象とするスマートフォンシェア調査の結果を公表した。スマホを使っている中高生の約74%がiPhone、約22%がAndroidを使っているが、「女子高生」に絞るとiPhone比率が約85%にまで高まる。(2018/9/20)

今日のリサーチ:
「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへのイメージを調査しました。(2018/9/18)

数年でプロ顔負け:
高校ダンス部選手権、大阪が強い秘密は?
8月16、17日に横浜市西区のパシフィコ横浜で行われた日本高校ダンス部選手権の全国大会。地区大会を勝ち抜いた計100チームが、個性豊かなダンスを披露した。2日間、会場で取材をしたが、各チームのダンスの技術の高さや表現力のすばらしさに心を奪われるほどだった。(2018/9/17)

「たまに学校をサボってスーパー銭湯」 あびる優&紗栄子の“同級生2ショット”がクラスの最強コンビ感
ファン「高校生の頃の2人を見てみたいなあ」。(2018/9/14)

宝くじは“どれくらい当たる”のか? 高校数学で考える「当せん金額の期待値」
できることなら、もうけたい。(2018/10/4)

女子高生AI「りんな」の地方応援プロジェクトがスタート 「りんなちゃんに群馬の救世主になってもらえたら」
日本マイクロソフトが地方自治体などと連携し、女子高生AI「りんな」を活用する地方応援プロジェクトを開始した。りんなのLINEアカウントから使える3つのメニューを用意した。(2018/9/12)

フェイクニュース時代に突きつける「飢えたライオン」 映画で目指すジャーナリズム
目指すものは映画でのジャーナリズムだという。9月15日公開の「飢えたライオン」を手がけた緒方貴臣(おがた・たかおみ)監督(37)は、高校も中退、映画学校も中退、最初の作品はビデオカメラの取り扱い説明書を読みながら撮ったという異色の映画作家だ。SNS(会員制交流サイト)によるデマの拡散をモチーフにした新作について「社会的な制裁をすることを正義だと思っている。そういう部分が誰の中にもあると気づいてほしかった」と熱く語る。(2018/9/10)

女子高生AI「りんな」がラップバトル 音楽SNS「nana」で対戦相手を募集
音楽SNS「nana」で日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」の音楽活動をサポートするプロジェクトの第3弾が始まった。りんなのパートが入った音源を使ってユーザーにラップバトルをしてもらい、投稿を受け付ける。(2018/9/7)

学校でのタブレット導入広がる 前年度比5割増、背景に「新学習指導要領」
公立小中高校で児童生徒が使うタブレット端末など可動式コンピューターが平成29年度に約85万台となり、28年度比で5割増えたことが5日、文部科学省の整備状況調査(速報値)で分かった。コンピューター教室への固定式の整備が先行していたが、32年度からの新学習指導要領は全科目で活用を求めており、各教室に持ち運べる可動式の普及が加速したとみられる。(2018/9/7)

「雑談会話モデル」「レコメンド機能」「スキル」:
日本マイクロソフト、女子高生AI「りんな」の技術を活用したデジタルマーケティングソリューションを提供
日本マイクロソフトは、ソーシャルAIチャットbot「りんな」のテクノロジーを応用した新たなAIデジタルマーケティングソリューションの提供を開始した。(2018/8/31)

まずは単語だけでも:
まるで海外! 東京英語村プロジェクトの挑戦 「使える英語」を子供たちに
都内にいながらにして海外にいるような疑似体験ができる都の英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」(東京都江東区)のオープンを前に、小・中・高校の教員らを対象とした体験会が始まっている。都が平成28年に公募した英語村プロジェクトで、小学生から高校生までを対象に、「英語を活用する」「英語で学ぶ」という2つのテーマのもと、英語を話す体験を通して学習意欲向上を狙う。内向き指向ともいわれる日本の子供たちが、世界に視線を広げるきっかけをつくれるのか。教育関係者の関心は高まっている。(石井那納子)(2018/8/31)

教育機関IT活用・セキュリティ座談会【第1回】
「VTuber」が先生に? 佐日中等、関東第一が語る学校IT活用の今とこれから
先駆的なIT活用を進める教育機関は、ITをどのように活用し、どのような製品/技術に注目しているのだろうか。佐野日本大学中等教育学校の安藤 昇氏と、関東第一高等学校の横山北斗氏に話を聞く。(2018/8/30)

あーもぅ……神…… 大人ぶった高校生がアイスの当たりでテンションが上がる姿を描いた漫画にギャップ萌え
彼女の表情にも注目!(2018/9/3)

歌声の進化っぷりがすごい 女子高生AI「りんな」が歌う新曲のハイレゾ音源が無料配信中
これがマイクロソフトさんの本気か。(2018/8/25)

CEDEC 2018:
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、制作者の愛 「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」
「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」——3DCGの女子高生キャラクター「Saya」を制作する「TELYUKA」(テルユカ)の石川友香さんはそう話す。2015年にネット上で「実写にしか見えない」と話題になり、18年にはAI(人工知能)技術と融合したプロジェクトも披露された。TELYUKAがSayaに込める思いは。(2018/8/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
金農旋風を巻き起こした吉田輝星は、どんな投手になるのか
シンデレラボーイの誕生した。夏の甲子園で準優勝を手にした金足農業高校の吉田輝星投手だ。多くのメディアが大きく取り上げているが、彼はどのような投手になるのか。このままスター街道を歩むのか、それとも……。(2018/8/24)

ねっと部:
金足農業の決勝進出に沸く秋田県 企業Twitterが喜び爆発で絶叫の嵐
夏の全国高校野球選手権・準決勝で秋田県の金足農業高校が、秋田県勢として103年ぶりの決勝進出を果たした。Twitterでは同県の企業アカウントが喜びを爆発させた。(2018/8/20)

「甲子園の土」が問題になったばかり:
甲子園で快進撃「金足農」グッズがメルカリに大量出品 吉田投手サインや体操服も
甲子園で初の決勝進出を決めた金足農業高校(秋田県代表)に関連するグッズがネット上に出回っている。エース吉田輝星投手のサインボールや、体育の授業で使うジャージーまで売られている(2018/8/20)

今度はスタートアップ支援企業と提携:
レシート画像買い取りアプリで話題になった高校生CEOが今、やっていること
2018年6月に大きな話題となったレシート画像買い取りのiOSアプリ「ONE」。高校生CEOの山内奏人氏にとって、これは実験的プロジェクトなのか、それともサステイナブルなビジネスを構築しようとしているのか。どんなビジネスモデルで、長期的には何を目指しているのだろうか。(2018/8/20)

劇場版「えいがのおそ松さん」が2019年春に公開 6つ子たちが高校の同窓会に行く物語に
前売り券の販売も開始しています。(2018/8/19)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
夏の甲子園に潜む“無限ループ”は「最悪の事態」が起きるまで続くのか
酷暑が続く中、高校野球の熱戦だけでなく、その大会運営に対する議論も白熱している。ただ、これまでの伝統や球児、関係者の思いを考慮すると、大きな変革は望めない。「夏の甲子園」と暑さ対策、“無限ループ”が続いていくだろう。(2018/8/17)

「高校野球の戦評記事」書く“AI記者” 朝日新聞社など開発
朝日新聞社とみんかぶが、高校野球の戦評記事をAI(人工知能)で自動生成するシステムを共同開発した。電子スコアブックに入力したデータを基に文章化する。(2018/8/16)

「アレクサ、高校野球で注目の選手は?」 Amazon Alexaが高校野球の情報に対応
夏の高校野球の情報はアレクサに聞こう。(2018/8/9)

先着100校にゲーミングPCを無償で貸し出し ドスパラと毎日新聞が高校生の「eスポーツ部」発足を支援へ
高校での「eスポーツ部」発足を支援します。(2018/8/6)

サードウェーブ、ゲーミングPCを無償貸出する「eスポーツ部 発足支援プログラム」の詳細を発表
サードウェーブは、高校におけるeスポーツ部発足を支援する「eスポーツ部 発足支援プログラム」の詳細を発表した。(2018/8/6)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

現場は困った:
茨城県教委の中高部活「朝練禁止」が波紋 私立との格差拡大
茨城県教育委員会が公立の中学と高校を対象に策定した運動部活動の運営方針で、「朝練禁止」を打ち出した。(2018/8/3)

楽天、高校生と地域の課題解決を目指す「Rakuten IT School NEXT」スタート
楽天が高校生と地域に課題解決を目指す「Rakuten IT School NEXT」を開始した。高校生は8月3日〜5日に開催するワークショップで課題解決のアイデアを考え、楽天社員のサポートを得ながらブラッシュアップし、11月に発表を行う。(2018/8/3)

女子高生AI「りんな」、歌の「耳コピ」が可能に
日本マイクロソフト(以下日本MS)は7月31日、同社の開発するソーシャルAIチャットボット「りんな」と音楽コラボアプリ「nana」との共同企画で歌の「耳コピ」に対応したと発表した。(2018/8/1)

夏の甲子園の全試合、スマホアプリで視聴可能に 朝日新聞などライブ配信
朝日新聞社が朝日放送テレビと共同で、「第100回全国高校野球選手権記念大会」の全試合をライブ中継。運動通信社のスポーツメディア「SPORTS BULL」のスマホアプリなどで無料で視聴できるようにする。(2018/7/31)

「ラブライブ!」マンホールを塗りつぶした容疑で大学生逮捕 “傷”容疑の高校生と共謀
相次ぐ被害で一時撤去された沼津市の「ラブライブ!サンシャイン!!」オリジナルマンホール。沼津警察署が新たに21歳の大学生を器物損壊の疑いで逮捕しました。(2018/7/26)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
現場で戦う教員が明かす、高校の情報科教育とセキュリティ対策の現状
@ITは、2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、特別講演「教育ITで東大に受かるか?〜ITで実現する学力向上のポイント〜」の内容をお伝えする。(2018/7/31)

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」にそっくりな“本物の女性” 「正直、叩かれると思っていました」
3DCGの女子高生キャラクター「Saya」に、現実世界でそっくりな“本物の女性”が現れ、ネット上をざわつかせた。その人は、モデルの高山沙織さん。高山さんはこれまでも“美女アンドロイド”として注目を集めてきた。高山さんはアンドロイド役を演じ、何を感じたのか。(2018/7/25)

高校生の「興味があること」からAIが大学を提案 マイナビと三菱総合研究所
マイナビと三菱総合研究所は、高校生が興味のあることなどを書き込むと志向に合った大学をAIが提案するサービス「納得できる学校研究」の本格提供を開始した。やりたいことや志望校がはっきりと決まっていない学生にも進路の可能性を広げるという。(2018/7/24)

高校野球の戦評、AIが「1秒あまり」で自動作成、Twitter配信 神戸新聞「経過戦評ロボットくん」運用スタート
高校野球の一打席速報の内容を、機械学習を使った人工知能で解析し、戦評を自動作成するプログラム「経過戦評ロボットくん」を、神戸新聞社が開発した。試合終了後わずか1秒あまりで戦評を執筆。Twitterに配信中だ。(2018/7/24)

女子中高生のためのプログラミングキャンプ「Code Girls with SoftBank」を開講
ライフイズテックは、女子中学生および女子高校生のためのワークショップ「Code Girls with SoftBank」を開催する。(2018/7/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。