ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Wii Fit」最新記事一覧

関連キーワード

任天堂が壊れたぁ!:
スマブラ新キャラ“どうぶつの森のむらびと”と“Wii Fitトレーナー”にネット民騒然 シュールすぎると話題に
戦闘ぶりが狂気。(2013/6/12)

E3 2012:
【速報】任天堂、Wii U向けに「ピクミン」「マリオ」「Wii Fit」最新作を発表
「ピクミン3」は宮本茂氏自らが発表。ゲームキューブ以来久々の登場となる。(2012/6/6)

黒いバランスWiiボードでシックにシェープ 「Wii Fit Plus バランスWiiボード(クロ)セット」
落ち着いた部屋に合いそうな黒いバランスWiiボードとWii「Wii Fit Plus」のセット商品が販売される。(2011/12/5)

遊んでいる姿が楽しそうなのが大事――マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(後編)
マリオシリーズや『Wii Fit』などで世界的な支持を得ている任天堂の宮本茂氏。その30年間の業績が評価されて、第13回文化庁メディア芸術祭では功労賞が贈られた。後編では、従来のゲームのあり方とは違った作品が開発された経緯などについて、宮本氏が受賞者シンポジウムで語った模様をお伝えする。(2010/2/12)

“よくできたゲーム”と“面白いゲーム”の違いとは?――マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(前編)
マリオシリーズや『Wii Fit』などで世界的な支持を獲得している任天堂の宮本茂氏。ゲームデザイナーとしての30年間の業績が評価され、第13回文化庁メディア芸術祭では功労賞が贈られた。受賞者シンポジウムでは、エンターテインメント部門主査の河津秋敏氏が聞き役となり、宮本氏が自身のゲーム設計哲学を語った。(2010/2/10)

日々是遊戯:
「Wii Fit」より痩せる!? 欧州でエアロバイク型Wiiコントローラが発売へ
「Wii Fit Plus」も好調なWiiに、また新たなエクササイズゲームが登場する模様。なんと今度は、エアロバイク型コントローラが同梱されるとか。(2009/10/15)

「焦っていた」 任天堂を辞め、フィギュア写真投稿サイト「fg」を始めた理由
「Wii Fit」などのヒット作を手掛けながら、内心焦っていた。ニコ動やpixivの盛り上がりをうらやましく感じた岡本基さんは、任天堂を辞め、フィギュア写真投稿サイト「fg」を作った。(2009/7/2)

任天堂新作タイトルピックアップその2
E3で公開された任天堂の注目新作タイトル「THE LEGEND OF ZELDA Spirit Tracks」、「Golden Sun DS」、「Wii Fit Plus」をスクリーンショットと動画で紹介する。(2009/6/3)

Wiiで脈拍測定も 任天堂、E3で新作発表
任天堂はE3で、Wiiで脈拍を測定できるアクセサリー「Wii Vitality Sensor」や、「Wii Fit」新作、DSiとFacebookの連係機能などを発表した。(2009/6/3)

Wii Fit Plusに「Segwayに乗れるゲーム」
バランスボードとWiiリモコンを使って仮想空間でSegwayに乗れるゲームを、Segwayと任天堂が開発した。(2009/6/3)

Nintendo Media Briefing:
任天堂、脈などを計測する新たなデバイスを発表――「New Super Mario Bros. Wii」や「Wii Fit Plus」も
任天堂は6月2日、北米ロサンゼルスでメディアブリーフィングを開催し、新作や新サービスを発表した。(2009/6/3)

Wii Fit活用したメタボ指導システム、NECや日立が発売
Wii Fitを活用した健康管理システム「Wii Fit からだチェックチャンネル」を任天堂が開発。NECなど3社が、メタボ指導用のシステムに組み込んで販売する。(2009/1/28)

仕事耕具:
複合機でWii Fit!? リコーのプログラミングコンテスト
複合機にバランスWiiボードを接続して――。ドキュメントを印刷したり、スキャンしたりできる複合機だが、“Wii Fit”もできるようになるかもしれない。そんな可能性を「RICOH & Sun Java Platform Programming Contest 2008」のグランプリに見た。(2008/12/15)

「Wii Fit」に続け――EAがWii向けフィットネスソフト「EA SPORTS Active」発表
Wii専用のフィットネスソフト「EA SPORTS Active」では、仮想トレーナーがエクササイズにアドバイスをしてくれる。(2008/11/14)

東京ゲームショウ2008:
「Wii Fit」と「モンハンP2nd G」がダブル受賞――日本ゲーム大賞
1年間に発売されたゲームソフトの中から、その年を代表するにふさわしいタイトルを決める「日本ゲーム大賞」。その年間作品部門の発表・授与を行う式典が「東京ゲームショウ2008」初日のイベントステージにて開催された。(2008/10/10)

M1、F1層が注目するのは「Wii Fit」
若年層が注目した2008年上半期のキーワードは任天堂の「Wii Fit」。男性の2位は「世界のナベアツ」、3位「モバイルSuica」、女性2位は「エド・はるみ」、3位「JERO」が選ばれた。M1・F1総研調べ。(2008/6/12)

日々是遊戯:
Wiiが国内累計販売台数600万台を達成――「Wii Fit」はダブルミリオン
わずか1年半にしてWiiの国内累計販売台数が600万台を突破したと発表された。この躍進には、「Wii Sports」をはじめとした6本のミリオン達成タイトルが牽引しているといって過言ではない。(2008/5/21)

装着率に見る「Wii Fit」
2007年12月に世に出た任天堂の「Wii Fit」は、発売されて5カ月たった今でも毎週3万本ほど販売されている。では実際に続けているユーザーはどれほどのものなのか?(2008/5/2)

任天堂、欧米でも「Wii Fit」を発売へ
欧州では4月25日、米国では5月19日に「Wii Fit」を発売する。(2008/2/22)

「Wii Fit」専用の足ツボ刺激つぶつぶ付シリコンカバー発売
(2008/2/12)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
Wii Fitが“続く”3つの理由
“リビングでフィットネス”できるゲーム、「Wii Fit」がヒットしている。Wii Fitのポイントは“飽きずに続けられるコツ”が隠されていることだ。世にフィットネス製品はいろいろあるが、任天堂がWii Fitに仕掛けた、ゲームメーカーならではの視点とは?(2008/1/17)

Wii Fit対応バランスWiiボード用マット「Wii Fit Mat」発売
ホリは、バランスWiiボード用マット「Wii Fit Mat」を2月下旬に発売する。価格は3444円(税込)。(2008/1/15)

「ニコフィット」 ニコ動au版「連打数」でカロリー測定
「Wii Fit」発売2日後に「ニコフィット」が登場。「ニコニコ動画」au版の機能で、動画視聴時のボタンクリック数と、消費カロリーを表示する。(2007/12/3)

「任天堂カンファレンス 2007.秋」:
「WiiFit」そして「スマブラX」初体験手記
触ってきましたよ、「WiiFit」。いや、さわったというよりも“踏んだ”“乗った”という方が正確な表現だろうか。そして世界初のプレイアブルとなった「大乱闘スマッシュブラザーズX」を含めていろいろなタイトルについてもご紹介しましょう。(2007/10/11)

「任天堂カンファレンス 2007.秋」:
“ゲーム人口の拡大”戦略は第3のステップへ――任天堂岩田社長
「Wii Ware」や「WiiFit」の発売、新「Wiiチャンネル」の追加や、初心者と熟練者の壁を取り払う施策など……。任天堂が取る“ゲーム人口の拡大”戦略は次のステップへ進む。(2007/10/10)

「任天堂カンファレンス 2007.秋」:
「Wii Fit」など今冬期待のタイトル発売日発表――隠し球もあります
任天堂は10月10日、「任天堂カンファレンス 2007.秋」を開催し、「Wii Fit」など発売日を発表。「大乱闘スマッシュブラザーズX」の発売延期や、「モンスターハンター」シリーズ最新作がWiiで開発されていることなども明かされた。(2007/10/10)

「Wii Fit」は12月1日発売 専用ボード付き
専用「バランスボード」で体を鍛える「Wii Fit」は12月1日発売。(2007/10/10)

任天堂、「バランスボード」で体を鍛える「Wii Fit」発表
Wii Fitは、ヨガやストレッチなどの全身運動を行うゲーム。ノートPC大の器具を使用するのが特徴だ。(2007/7/12)

Nintendo Media Briefing:
宮本茂氏が「Wii Fit」を高らかに掲げる――「任天堂メディアブリーフィング」
任天堂は、北米サンタモニカで開催されたメディアブリーフィングにおいて、今後の注目株「Wii Fit」を発表した。また、「Wii Zapper」などのアタッチメントコントローラや「マリオカートWii」などの新規タイトルについても明かされた。(2007/7/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。