ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宮本茂」最新記事一覧

高橋名人が語る:
高橋利幸が「高橋名人」になった日
ファミコンブームの訪れとともに誕生した「高橋名人」。ハドソンの宣伝部に所属する一社員がどのような経緯で名人へと生まれ変わったのでしょうか。当時の裏側のエピソードを交えて高橋名人が語ります。(2016/5/25)

任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
どうやってWiiのコンセプトを広く伝えていったのか?
「ゲーム人口の拡大」という任天堂・岩田社長の言葉の下で、徐々に「Wii」のコンセプトが形作られました。しかしそれは当時のゲーム市場においてあまりにも斬新だったため、そのコンセプトを社内、そして社外へと伝えていくのに悪戦苦闘したのです。(2016/5/20)

仏ゲームクリエイターがジブリや宮本茂作品をオマージュ 「Lynn and the Spirits of Inao」がクラウドファンディング開始
音楽もしっかりジブリテイスト。(2016/5/12)

Wii U「スターフォックス ゼロ」発売記念アニメ「ザ・バトル・ビギンズ」が胸熱!
最初のステージ「コーネリア」をCGアニメで表現。(2016/4/21)

小島秀夫監督、“ゲームのアカデミー賞”殿堂入り
「メタルギア」シリーズで知られる元コナミのゲームデザイナー、小島秀夫氏が、コンピュータゲーム界のアカデミー賞とみなされるAIASのD.I.C.E. Awardに殿堂入りする。(2016/1/7)

表紙は浅野いにおが描き下ろすスプラトゥーン! 「SWITCH」1月号でゲームの歴史30年を特集
イキイキとしたボーイ&ガール。(2015/12/9)

任天堂の新社長に君島達己常務
任天堂の社長に君島達己常務が昇格。宮本氏と竹田氏は「フェロー」に。(2015/9/14)

マリオの生みの親・宮本茂さんがマリオに関するうわさに動画で回答 「スーパーマリオメーカー」に自作のコースも発表予定
マリオの名前の由来、知ってました?(2015/9/14)

ポケモン最新作「Pokemon GO」はスマホでAR&位置情報ゲーム IngressのNiantic Labsと共同開発
ポケモンの最新作「Pokemon GO」がスマホ向けゲームとして発表。位置情報ゲーム「Ingress」のNiantic Labsと共同で開発する。(2015/9/10)

任天堂の次期社長候補は「マリオ」シリーズの宮本茂氏が有力か――WSJ予測
任天堂の岩田聡社長の死去を受け、次期社長候補は「スーパーマリオ」「ゼルダの伝説」シリーズなどの開発で知られる宮本茂氏などが有力か――とWSJが予測している。(2015/7/16)

任天堂、岩田社長が死去 ニンテンドーDSやWiiなどヒットに導く
2002年に代表取締役に就任、ニンテンドーDSやWiiなどをヒットに導きました。(2015/7/13)

任天堂の岩田社長が死去
任天堂は、代表取締役社長の岩田聡氏が11日に胆管腫瘍のため死去したと発表した。(2015/7/13)

次世代機「NX」は? スマホゲームの課金は?――任天堂株主総会で、岩田社長が答えたこと
「『NX』は」「スマホゲームの課金スタイルは」――任天堂の株主総会で、岩田社長が株主からの質問に答えた。(2015/6/29)

E3 2015:
任天堂が発表したことまとめ──「Mario Maker」や帰ってきた「Star Fox」など
Microsoft、ソニー・コンピュータエンタテインメントに続き、任天堂も「E3 2015」でイベントを開催し、スーパーマリオでオリジナルステージを作れる「Mario Maker」やWii U向けにゼロから開発したという「Star Fox 零」などを発表した。(2015/6/17)

「ダメ元」の提案が実現 「マリオ×パズドラ」異例のコラボ 狙うは「スマホを持たない子供たち」
「ダメ元で話したことが、いい形で実現した」――パズドラとマリオがコラボした3DSゲームが誕生。スマホを持たない子どもたちに、パズドラの遊び方の浸透を狙う。(2015/1/8)

パズドラがマリオとコラボ 3DS向け「パズドラ スーパーマリオエディション」4月発売
「パズル&ドラゴンズ」シリーズ新作「マリオエディション」が3DSに登場する。(2015/1/8)

「ピクミン ショートムービー」、3DSとWii U向けに配信
ニンテンドーeショップで販売中。(2014/11/6)

芸術の秋は映画を観よう! この秋行きたい東京の映画祭5選
映画を観ると、いいこと尽くしなのだ。(2014/9/30)

“スーパーマリオの父”宮本茂さんの短編アニメ「ピクミン ショートムービー」 東京国際映画祭で上映
ドワンゴ代表取締役会長・川上量生さんとの対談イベントも。(2014/9/16)

任天堂、年内にもスマホ積極活用か → 任天堂広報「弊社が発表したものではありません」
いつもの日経? それとも……。(2014/1/28)

「そう簡単に黒字にはさせません」 「ニコニコ超会議3」、横綱ら力士250人「大相撲超会議場所」も
“「ニコニコ動画」を地上に再現する”イベント「ニコニコ超会議3」は4月末に開催。発表された企画第1弾には現役力士による「大相撲超会議場所」や台湾ユーザーとのリアルタイム交流などが登場。(2014/1/10)

「ニコニコ超会議3」"超"特別協賛企業は今年も任天堂 発表会には宮本茂さんも
今年もやっぱり任天堂! 宮本茂さんの登場にニコファーレが大盛り上がり! ほかにもauやファミリーマートなどの協賛が決定。(2014/1/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/21)

任天堂、6月26日に「ピクミン3ダイレクト」をネット放送 ゲストは松本人志さん
ピクミン好きを公言する松本人志さんがゲスト。宮本茂さんも出演する。(2013/6/25)

ゲーム制作を実践的に学べる「任天堂ゲームセミナー2013」 今回から関西の学生もOK
受講生の応募受け付けは5月13日〜6月2日まで。(2013/4/9)

日々是遊戯:
宮本茂氏にスペイン最高勲章 「誰もが楽しめる新しいコミュニケーションを生み出した」
マリオの生みの親、海を越えて最高栄誉賞を受賞。(2012/10/31)

「ゲームを作るのに、ゲームなんかやらなくていい」――「もしドラ」作者、ゲーム業界にアドバイス 
「おれほどゲームをやったやつはいない」と豪語する岩崎夏海氏は、今のゲーム業界をどう見たか。(2012/8/24)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(16):
「文化省を作ろう」
「もうオマエそれ言うな!」と霞が関からボコられるのを承知しつつ、今日も念仏のように繰り返す。「文化省を作ろう」(2012/8/21)

E3 2012総括(後編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。後編ではソニー、任天堂のカンファレンスと、E3 2012全体のまとめをしてみた。(2012/6/27)

E3 2012:
【速報】任天堂、Wii U向けに「ピクミン」「マリオ」「Wii Fit」最新作を発表
「ピクミン3」は宮本茂氏自らが発表。ゲームキューブ以来久々の登場となる。(2012/6/6)

E3直前のニンテンドーダイレクトで何が語られたか Wii Uの機能面が紐解かれる
E3でのカンファレンスを前にコントローラ名やデザインの変更、SNS機能などを明らかにした。(2012/6/4)

日々是遊戯:
ゲームのマップに萌えるマップフェチのためのマップ萌えサイト「Mapstalgia」
やり込んだゲームって、マップも隅々まで正確に覚えていたりしますよね。そんな「マップ萌え」に注目したサイトが海外で人気を集めています。(2012/2/28)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2011年、ゲーム業界今年の11大ニュース
なんで11大ニュース? それは今年が2011年だから! きわめて私的にゲーム業界を振り返ってみました。(2011/12/27)

任天堂、「宮本茂氏が今のポジションを引く」との報道を否定
宮本茂氏が今のポジションから引退すると報じられたが、任天堂は否定している。(2011/12/8)

日々是遊戯:
まさに発想の勝利! 海外デザイナーによる「ドンキーコング」風収納棚がステキ
なぜ今までなかったのか? あなたの部屋もこれで「ドンキーコング」風に早変わりです。(2011/10/25)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
剣を振るとキノコに切れ目が! 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の新しさ
制作5年、関わったスタッフは総勢100名を超えるという「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」。宮本茂氏も太鼓判を押す「超弩級」の大作を、実際に遊んでみました。(2011/9/13)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3Dなのに2D!? 「スーパーマリオ3Dランド」に宮本茂の自信を見た
「3Dマリオ」シリーズの最新作であり、なおかつ「誰でも気軽に遊べるマリオ」を目指して作られたという「スーパーマリオ3Dランド」。果たしてその仕上がりは?(2011/9/13)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3DSに「モンハン4」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」――任天堂が負けられない戦いに挑むタイトルたち
年末から2012年にかけての3DSのラインアップで任天堂の本気を見た。ニンテンドー3DSに「モンスターハンター4(仮題)」も!(2011/9/13)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その42):
E3 2011に行ってきた(後編)――復習してみるソニー&任天堂
くねくねハニィの「最近どうよ?」第42回目、先日の「E3 2011に行ってきた(後編)」を前置きもなく書いてしまおうかなと。長いけど、よろしこ。(2011/6/29)

「タブレットに近づこうとか思っていたわけじゃない」 任天堂社長が聞く「Wii U」
「タブレットに近づこうとか、そんなことを思っていたわけじゃない」――任天堂の岩田社長と宮本専務が「Wii U」について対談。「社長が訊く」のE3特別編だ。(2011/6/8)

Nintendo's E3 Media Presentation:
「Wii U」ついに公開 ゼルダの調べにのせて
「ゼルダの伝説」のオーケストラ演奏で幕が開いた任天堂のメディアカンファレンスは、次世代家庭用ゲーム機「Wii U」の発表で最高潮を迎えた。(2011/6/8)

日々是遊戯:
気になる日本人クリエイターのメタスコアは……? 「Metacritic」がゲームクリエイターの採点を開始
ゲームや映画、音楽など様々なコンテンツのレビューを行っている海外サイト「Metacritic」で、ゲームクリエイターの採点がスタートして話題となっています。(2011/3/28)

日々是遊戯:
SFでおなじみの「パワードスーツ」が完成!? ほか「作ってみた」系小ネタ3連発
映画やゲームなどでしばしば出てくる「パワードスーツ」。ロボットとはまた違った魅力がありますが、これを実際に作ってみた人が現れました。(2011/3/2)

誠 Weekly Access Top10(2011年2月12日〜2月18日):
記事をマンガで描いてみた
「誰でもマンガが描ける」というキャッチコピーのソフト「コミPo!」。コミPo!を使ったマンガを記事でうまく活用できないか、実験として、過去の記事をマンガにしてみた。(2011/2/25)

日々是遊戯:
「量を増やすだけでは面白くならない」――宮本茂氏が語った、ゲームの「密度」を高めるポイントとは
経済産業省およびNPO法人映像産業振興機構が主催する、クリエイター発掘・育成プロジェクト「コ・フェスタPAO」。その一環として、任天堂の宮本茂専務のトークセッションが六本木にて開催されました。(2011/1/21)

「メガネは、なし」──ニンテンドー3DSとバーチャルボーイの教訓
3Dにトライするならメガネはなしと決めていた──と宮本茂氏。任天堂「社長が訊く」で、バーチャルボーイからニンテンドー3DSに至る3Dの取り組みが語られている。(2011/1/7)

宮本茂氏が劇団ヨーロッパ企画とモノを作らないと損と思わせるトークショウ開催――参加募集開始
クリエイター発掘・育成プロジェクト「コ・フェスタPAO」第3弾に宮本茂氏登場。ものを作る「動機」や「楽しさ」に迫る。(2010/12/21)

「ハードの目利き力」──「ニンテンドー3DS」が固定シェーダを採用した理由
ニンテンドー3DSには、シェーダを内蔵した国産GPU「PICA200」が採用される。岩田社長は、技術の「筋」の善し悪しを判断する「ハードの目利き力」が非常に重要だと説明する。(2010/11/2)

日々是遊戯:
ジャンプは上キー、Aボタンは……ライフル!? 驚きの「スーパーマリオ」初期仕様
今年で25歳になった「スーパーマリオ」ですが、開発当初は今とまったく異なる仕様であったことが判明。ソースは「スーパーマリオコレクション スペシャルパック」に同梱されていた特典ブックレットです。(2010/10/25)

「コ・フェスタPAO」開催決定――宮本茂氏や藤村忠寿氏ら10人が登場
国内外で活躍する10人のクリエイターらによる若手クリエイター発掘・育成プロジェクト開催。一般参加者の募集も開始された。(2010/10/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。