ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wiiの間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Wiiの間」に関する情報が集まったページです。

パイオニアロゴ入り:
大画面テレビを壁寄せできる“薄型シアター”、シャープから登場
シャープから“薄型”シアターシステムが登場する。パイオニアのHVT技術を採用し、スピーカー部を95ミリ(最薄部)にまで薄型化。スタイリッシュな“壁寄せ”設置を可能にした。(2012/3/8)

任天堂、「Wiiの間」を4月30日で終了
Wiiの間はスタートから3年でサービスを終了する。(2012/2/21)

WiiでレノボのPCが買える:
レノボ、Wiiのオンラインショッピングモールに出店
レノボ・ジャパンはWiiのネット通販サービス「Wiiの間ショッピング」にレノボ公式ショップを出店する。(2011/9/15)

日々是遊戯:
Wiiでお米が買える! 「Wiiの間ショッピング」を試してみた
11月1日に新しくオープンした、「Wiiの間」の新コンテンツ「Wiiの間ショッピング」。果たして、その使い勝手やいかに?(2010/11/1)

「Wiiの間ショッピング」オープン 千趣会と共同で
電通と任天堂が共同展開している「Wiiの間チャンネル」がリニューアルし、ネット通販サービス「Wiiの間ショッピング」が加わる。(2010/10/29)

「Wiiの間」で有償視聴サービス開始――その名も「シアターの間」
任天堂は、11月21日よりWii向けの有償動画配信サービス「シアターの間」を開始する。(2009/11/20)

Wii向け動画有料配信「シアターの間」スタート
任天堂は、Wii向け有料動画配信サービス「シアターの間」を11月21日から始める。(2009/11/20)

せかにゅ:
Wiiに有料動画配信のうわさ HD版Wiiも登場か?
任天堂が米Netflixと提携して、Wiiに動画を有料ストリーミングするとうわさされている。2010年初めにHD対応の新型Wiiが登場する可能性も。(2009/10/29)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(前編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。前編ではマイクロソフトと任天堂のカンファレンスについて。(2009/6/17)

思い出に変わるまで
ゲーマーが喪失感を味わえる最大の方法?(2009/5/20)

日々是遊戯:
テレビに代わる、新たな映像メディアを目指す「Wiiの間」……って結局どうなのよ?
Wiiの中にある、あなたのお家のもうひとつのお茶の間です――。そう言われても、いまひとつピンとこない「Wiiの間」。これって一体どういうチャンネル?(2009/5/14)

Wii向け動画配信、任天堂と電通が来春から 「お茶の間復権を」
任天堂と電通が「Wii」向けの動画配信サービスを来春に始める。(2008/12/26)

最大4人で会話できる――「Wiiスピークチャンネル」登場
(2008/12/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。