ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows To Go」最新記事一覧

山市良のうぃんどうず日記(111):
Windows 10からの挑戦状、EducationエディションでWindows To Goワークスペースを作成せよ!
Windows 10 Educationは、企業向けの最上位エディションであるWindows 10 Enterpriseをベースにした教育機関向けのエディションです。企業や一般ユーザーが利用する機会はなく、商用エディションに比べて公開されている情報も少ないため、その存在はベールに包まれている感がありますが、実際はそれほど特別なものではありません。しかし、実際に触れてみたところ、1つの挑戦状を受け取ることになりました。(2017/11/15)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(1):
Windows 10への移行計画を早急に進めるべき理由
本連載では、これからWindows 10への移行を本格的に進めようとしている企業/IT管理者に向け、移行計画、展開、管理、企業向けの注目の機能を解説していきます。第1回目は、「Windows 10に移行すべき理由」を説明します。(2017/7/21)

壁に突き当たった「Windows 10」移行計画
「Windows 7」にしがみつく人は何を心配しているのか
Microsoftは2016年、無償アップグレードを通じて「Windows 10」の普及を加速させた。そのインセンティブがなくなった今、企業はできるだけ長い間「Windows 7」にしがみつこうとしている。(2017/3/23)

山市良のうぃんどうず日記(特別編:87):
Windows Updateへの愚痴――Patch Tuesday、恐怖のトラブル集
2017年2月の「Patch Tuesday」のWindows Updateはマイクロソフト側の問題でスキップされましたが、3月は予定通りに行われました。皆さんのコンピュータは無事に、そして、すんなり更新できたでしょうか。(2017/3/17)

6つのポイントを解説
Windows 10のセキュリティ対策、標準ツール「Windows Defender」以外にすべきことは?
あらゆるOSと同様、「Windows 10」でもセキュリティは非常に重要だ。さまざまな手段を活用してWindows 10デバイスのセキュリティを強化する必要がある。(2017/3/6)

変わるWindows、変わる情シス:
第19回 ココが知りたい! 5分で分かる「Windows 10」運用のポイント
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の運用にあたって押さえるべきポイントをまとめた。(2017/3/1)

Windows 10アプリの配布や管理が容易に
今更聞けない、「ビジネス向けWindowsストア」を使うと何がうれしいのか?
Microsoftの「ビジネス向けWindowsストア」を使えば、「Windows 10」アプリケーションの配布やライセンス管理、エンドユーザー管理を効率化できる。(2017/2/27)

ポータブルデスクトップは仮想デスクトップの代わりになる?
Windows 10を持ち出す――「Windows to Go」が仮想デスクトップより優れている点
ポータブルデスクトップはフォームファクター次第で仮想デスクトップよりも高い性能とセキュリティを期待できる。ただしポータブルデスクトップも仮想デスクトップ同様に万能ではない。(2017/2/22)

山市良のうぃんどうず日記(67):
“勝手にWindows 10にアップグレードされる”は本当か?
今回は、今、世間を騒がせている“勝手にWindows 10にアップグレードされる”という恐怖を本当に体験できるかどうか、実際に試してみました。(2016/6/15)

物理デスクトップとの比較も今やナンセンス
Adobe、Googleが成功事例 “オンプレミスPC”が不要になる日
仮想デスクトップは、物理的なデスクトップと同等のパフォーマンスを実現しなければ、ユーザーの負担になる。現在では、多くの企業が十分なバックエンドリソースで高速VDI接続を活用している。(2015/11/9)

山市良のうぃんどうず日記(46):
Windows 10への強行アップデートで、古いウルトラモバイルPCは輝きを取り戻せるか?
「Windows 10を入手する」アプリに“Windows 10非対応”という烙印(らくいん)を押されてしまった筆者の古いウルトラモバイルPC。そこで、Windows 10への無料アップグレードを強行してみました。果たしてその結果は……。(2015/8/31)

Windows 10 The Latest:
Windows 10でWindows Updateによる「更新」はどう変わったのか?
Windows 10では機能の追加や更新のスキームが変わり、短い期間でマイナーアップデートを繰り返すようになる。その一方で企業ユーザーのために、極力機能を追加/変更しないエディションもサポートする。(2015/8/13)

Tech TIPS:
Windows 10を仮想ディスク(VHD/VHDX)にインストールして試用する
新しいWindows OSがリリースされたからといって、すぐにアップグレードインストールするのはリスクが高い。不具合があった場合に元に戻すのが困難だからだ。こんな場合は仮想ディスクファイルを使った新規追加インストールを試してみよう。既存の環境を残したまま、新しいOSを検証することができる。(2015/7/10)

Enterprise IT Kaleidoscope:
公開迫るWindows 10、アップグレード開始後どうなる?
「Insider Program」によるWindows 10のビルドの更新が立て続けに行われ、7月29日のアップグレードのリリースに向けた準備が本格化している。アップグレード開始後の様子を占ってみたい。(2015/7/7)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のエディションにみるデバイス事情
ついにWindows 10のエディションも発表され、夏のリリースに向けて着々と準備が進んでいる。今回はWindows 10の各エディションと今後のコンピューティング環境を紐解いてみたい。(2015/6/2)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(16):
注目のNano Server、その謎に迫る――コンテナー技術との関係はいかに?
次期Windows Serverとなる「Windows Server 2016」には、「Nano Server」という新しいインストールオプションが用意されます。5月上旬に公開されたTechnical Preview 2では、Nano Serverの初めてのプレビューが提供されました。今回は、Nano Serverの謎にぐっと迫ります。(2015/5/29)

山市良のうぃんどうず日記(36):
続報、Windows 10って、古いPCでも本当に動くの?
「Windows 10」は、Windows 7およびWindows 8.1(Enterpriseエディションは対象外)のユーザーに1年間の限定で無償アップグレードが提供される予定です。以前、この発表の直後に筆者は古いPCでWindows 10が動くかどうかを検証しました。今回はその続報です。(2015/5/19)

Windows To Go専用のUSBメモリ、フォースメディアが発売
Windows環境を安全に持ち出せる「Windows To Go」に対応した「IRONKEY ワークスペース」などを発売した。(2015/4/27)

それぞれのメリット/デメリットを検証
仮想デスクトップの緊急時対策を比較、「Hyper-V」「Windows To Go」は役立つ?
仮想デスクトップの災害復旧計画はどのように計画するのがよいのだろうか。Hyper-V、Windows To Go、ストレージレプリケーション、オフライン仮想デスクトップについて検証した。(2015/2/18)

山市良のうぃんどうず日記(26):
祝、Windows 7のWindows 10無償アップグレード! でも、古いPCで動くの?
Windows 7/8.1は「Windows 10」の提供開始後1年間は無償でアップグレードできることが発表されました。わが家には10年前の古いWindows 7 PCがあります。無償ならWindows 10にしたいところですが、果たして古いPCで動くのか。ちょっと心配になってきました。(2015/2/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
エンドポイントを全方位から防御するセキュリティ対策
ユーザーコンピューティングは、IT部門が保有して厳重な守りを固める社内ネットワークの安全な囲いから踏み出した。組織のデータを守り続けるためにはどうすればいいのか。(2015/2/4)

山市良のうぃんどうず日記(19):
続報、Windows 10 Technical Preview。新しいビルドの私的衝撃
本連載第16回で「Windows 10 Technical Preview」を取り上げましたが、2014年10月末に新しいビルドが利用可能になったので続報をお送りします。タイトルの“衝撃”ですが、一つはダウンロードされるファイルサイズにちょっとびっくり、もう一つは画面解像度です。(2014/11/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(18):
Windowsの“Enterpriseエディション限定機能”の最新情報まとめ
Windowsの企業向け最上位エディションには、個人ユーザーが触れる機会がないであろう企業向けの“限定”機能がいろいろと入っています。いくつかの機能は新しいWindowsで限定解除されていたりします。ちょっとまとめてみました。(2014/11/10)

マイクロソフトカンファレンス2014 セッションレポート:
クラウド/モバイル時代のITガバナンスは、いかにして担保すべきか
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」(2014年10月23〜24日に開催)では、80以上セッションが行われた。ここでは、クラウド/モバイル時代のITガバナンスをテーマとしたセッションの内容を紹介する。(2014/10/28)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
Windows Embeddedを使って既存PCをシンクライアント化
企業で利用するクライアントPCの形態は、大まかに言うと「リッチクライアント」と「シンクライアント」の2種類に分類できる。「クライアントの形態をどのように選択すべきか?」という課題は、自社のIT環境の方向性を決める際の非常に重要なポイントだ。(2014/10/28)

山市良のうぃんどうず日記(16:特別編):
Windows 10と次期Windows ServerのTechnical Preview、現わる
マイクロソフトは10月1日、開発コード名“Windows Threshold”、製品名は“Windows 9”や“Windows TH”になるのではとウワサされていた次期Windowsのプレビュー版「Windows 10 Technical Preview」を公開しました。正式リリースは2015年後半だそうで。(2014/10/3)

イメーション、セキュリティ機能を高めた“Windows To Go”対応USBメモリ「IronKey Workspace W700」
イメーションは、Windows To Go機能に対応したUSB3.0対応USBメモリ「IronKey Workspace W700」を発表した。(2014/7/29)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
持ち歩きPCやタブレットを便利に守る暗号化機能の使い方
ノートPCやタブレットを出先でうっかり紛失するリスクをゼロにはできないが、暗号化によって悪用を防ぐことはできる。かつてのOSでは面倒なところもあったが、最新版OSでは使い勝手が大幅に向上しているようだ。(2014/2/27)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
USBメモリでWindowsを持ち運ぶ「Windows To Go」の実力は?
サポート切れが迫るWindows XPからの移行先候補として、最新版のWindows 8.1では企業ニーズの高い機能を幾つも持つ。今回はEnterprise版が持つWindows To Goという機能を紹介していこう。(2014/2/13)

週間記事ランキング
「Windows」を丸ごとUSBメモリに入れるメリット/デメリット
Windowsのデスクトップ環境をUSBメモリで持ち運べる「Windows To Go」の利点と注意点とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/1/17)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
企業にとって最適なWindows 8.1の選び方
本連載ではこれまでにWindows XPからの移行やXPにとどまることの問題点などを解説してきたが、今回から最新OSの利用に向けた解説に進む。まず導入時の検討事項となるエディションやライセンスにまつわる点から取り上げてみたい。(2014/1/16)

BYODも手軽に実現、ただし対応USBメモリが必要
WindowsがUSBメモリに入る「Windows To Go」は使えるか?
Windowsのデスクトップ環境をUSBメモリで持ち運べる「Windows To Go」。企業にとって非常に役に立つ機能だが、他の多くの機能と同様、万能ではない。利点と注意点をまとめた。(2014/1/10)

Windows Server 2012 R2登場(4):
“BYOD”時代に対応するリモートアクセス
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の注目の新機能を中心に、BYODデバイスの視点から、これからのIT基盤の姿の一端を見る。ドメイン参加とは異なる「ワークプレース参加」で、社内リソースへアクセス可能だ。さらに、BYODデバイスとの間でファイルを同期できるワークフォルダー機能も提供する。(2013/12/12)

イメーション、AES暗号化機能も備えた“Windows To Go”対応USBメモリ
イメーションは、ハードウェア暗号化機能を標準装備したUSB 3.0対応USBメモリ「IronKey Workspace W500」シリーズを発売する。(2013/10/2)

Windows 8.1クロスロード:
第1回 Windows 8.1のエディション構成と機能改善点
タブレットPCやタッチ操作デバイス向けに開発されたWindows 8の登場から1年、もう次のバージョンがリリースされようとしている。Windows 8.1ではGUIの改善だけではなく、内部的にもさまざまな機能強化や改善が行われている。今回はWindows 8.1の機能を一覧する。(2013/9/19)

北國銀行、Surface Proを2300台導入へ OSはWindows 8.1
石川県の北國銀行では行員2300人を対象に、Microsoft Surface Proの配備を決定した。(2013/8/28)

盛りだくさん新機能に企業ユーザーは振り向くか
Windows 8.1 Enterprise Previewに見るMicrosoftの狙いとユーザーの本音
2013年7月に公開されたWindows 8.1 Enterprise Previewには企業向けの新機能が多数搭載されている。だが、企業導入を左右するのはCIOでもIT部門でもなく、エンドユーザーだ。(2013/8/26)

「Windows To Go」を徹底解剖
「USBメモリで携帯できるWindows 8.1」は何がうれしいのか
米MicrosoftがWindows 8.1 Enterpriseのプレビュー版を公開。PC環境をUSBメモリで携帯できる「Windows To Go」が評価可能になった。PC運用の在り方を変えるとの声もあるWindows To Goの実力とは?(2013/8/14)

Windows 8レボリューション:
第22回 Windows 8.1 PreviewのHyper-V
次期クライアントOSであるWindows 8.1のPreview版の機能紹介第3回。今回はクライアントHyper-Vの機能強化点などを解説する。(2013/8/1)

管理性や仮想化を強化:
Microsoft、「Windows 8.1 Enterprise」プレビュー版を公開
米Microsoftは「Windows 8.1 Enterprise」プレビュー版のダウンロード提供を開始した。モバイルやセキュリティ、管理、仮想化といった企業向けのプレミアム機能を強化した。(2013/7/31)

Windows 8.1の企業向けプレビュー「Windows 8.1 Enterprise Preview」公開
Microsoftが「Windows 8 Enterprise Edition」のWindows 8.1プレビューを公開した。また、Windows 8.1でWindows 8のライフサイクルが延びることはなく、延長サポートは2023年1月10日に終了することも明らかにした。(2013/7/31)

Windows 8レボリューション:
第20回 GUIを改善したWindows 8.1 Preview
タブレットPCでの操作などを考慮してスタート・ボタンを廃したWindows 8であったが、既存のWindows OSユーザーにとっては若干使いづらいものになっていた。その声を受けてGUIを改善したWindows 8.1はどうなったのか? Windows 8.1 Preview版のGUIを紹介する。(2013/7/1)

VDAとはどう違う? CSLの中身
AndroidやiOSは料金上乗せ、Windows 8のBYODライセンスにユーザーの評判は?
Windows 8で導入された年間ライセンス「Companion Subscription License」(CSL)では、従業員の私物端末をサポートするためのコストを削減できるかもしれない。(2013/4/24)

移行方法やツールの使い方を知る:
Windows XP → Windows 7/8/8.1移行のための解説記事ガイド
サポート期間が終了しても、残っているWindows XPの「世界」はまだ続く。早急にWindows 7/Windows 8/Windows 8.1へ移行できるように、関連記事を分類・整理した。記事を参考に失敗のない移行計画を立てよう!(2014/5/7)

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【後編】
管理性に着目、VMwareとMSで比べるアプリケーション仮想化
アプリケーション仮想化の主要3製品を比較する後編では、VMware ThinAppとMicrosoft App-Vの特徴を解説する。(2013/4/1)

コンシューマー向けWindows 8ではWindows To Goも使えない
Windows 8 Enterpriseエディションを企業が選ぶべき理由
Windows 8の4つのエディションのうち、「最も安価なコンシューマー向けのWindows 8で十分なのでは」と考えるIT管理担当者もいるかもしれない。だが、企業ユースには向かない複数の理由がある。(2013/3/12)

イメーション、“Windows To Go”対応をうたった高速USBメモリ
イメーションは、USB3.0 接続対応のUSBメモリ「IronKey Workspace W300」シリーズを発売する。(2013/2/18)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:
「これから買うもん!」というあなたのために──「もう一度確認するエディション」編
“Vista”で複雑怪奇だったエディション構成も“7”でシンプルになり、“8”では4種類に集約した。「いまさら聞けない」エディションの違いを確認しておこう。(2013/2/13)

「Windows 7で問題がなければ、8への移行は勧めない」
Microsoftに聞く「Windows 8を導入すべき理由、見送るべき理由」
Windows 8について「発売後1カ月で4000万本を販売した」と発表したMicrosoft。今あらためて、“企業におけるWindows 8の価値”を聞く。(2013/1/22)

Windows 8レボリューション:
第13回 Windows 8を持ち運ぶWindows To Go
Windows To Goとは、USBメモリやUSBハードディスクにWindows 8やアプリケーションをインストールして出張先や自宅へ持ち運ぶためのテクノロジ。ちょっと借りたPCでUSBブートさせれば、既存のシステムにいっさい手を加えることなく、いつもの環境をすぐに再現できる。(2012/12/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。