ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「STOLA WX08K」最新記事一覧

携帯電話とPHSのMNP、10月1日に開始――SMSの相互接続も
携帯電話とPHSのMNPが10月1日にスタート。SMSの相互接続も始まる。(2014/9/25)

携帯−PHS間の番号ポータビリティ、10月1日スタート SMSも利用可能に
同じ電話番号のまま携帯電話−PHS間で事業者を乗り換えられる番号ポータビリティ(MNP)が10月1日に始まる。携帯−PHS間でSMSの送受信も可能に。(2014/9/25)

ワイモバイル、カラフルな背面カバーを選べる通話専用PHS「STOLA 301KC」を9月4日に発売
別売りの背面カバーで端末を着せ替えられるPHS端末「STOLA 301KC」が9月4日に発売される。(2014/8/28)

SIMロックは? 端末価格は? メルアドは引き継げる?――Y!mobileの“ここ”が知りたい
イー・アクセスとウィルコムの合併会社「ワイモバイル」の新ブランド「Y!mobile」の詳細が明らかになった。ここではY!mobileの素朴な疑問をまとめた。(2014/7/23)

石野純也のMobile Eye(7月7日〜18日):
料金、サービス、端末――新生「ワイモバイル」の戦略を読み解く
8月1日に新キャリア「ワイモバイル」がサービスを開始する。同社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか? 料金、サービス、端末を中心に読み解いていく。(2014/7/18)

SoftBank SELECTION、新ブランド「Y!mobile」の新機種専用アクセサリー5アイテムを端末と同時発売
SoftBank SELECTIONより、新ブランド「Y!mobile」の「STREAM S 302HW」「STOLA 301KC」発売に合わせて専用アクセサリーが登場。(2014/7/17)

背面カバーを着せ替えられる通話専用PHS――「STOLA 301KC」
5色のカラフルな背面カバー(別売り)を使って着せ替えられるPHS端末「STOLA 301KC」が登場。通話機能に特化しており、1回のフル充電で1週間充電なしで利用できるという。(2014/7/17)

ヤフーと連携:
イー・モバイルとウィルコムが「Y!mobile」に――8月にブランドを統合、スマホ2機種など新端末を順次発売
ワイモバイルは携帯電話・PHSの新ブランド「Y!mobile」を発表した。スマホ2機種とケータイ4機種、テレビチューナー付きモバイルルータ1機種を8月1日から順次発売する。また新料金とヤフーとの連携サービスも発表した。(2014/7/17)

石川温のスマホ業界新聞:
「この2年半で市場は変わった。 学生からシニアにシフト」――ウィルコム・宮内謙社長の囲みにツッコミ
7月4日のウィルコム記者会見のあと、宮内謙社長の囲みが行われた。宮内社長が、公の場に出て、記者の質問に答えることはほとんどなく、とても貴重な場面と言える。10分程度の短い囲だったが、すべてを起こしつつ、突っ込んでいきたい。(2013/7/12)

学生または22歳未満が対象:
指定機種の購入で、月額基本料を最大3年間無料に――「ウィルコム学割」
指定機種の購入で、新ウィルコム定額プランSの基本料1450円を1〜3年間無料にする。もう1台無料キャンペーンとの併用も可能。(2013/4/1)

通話とライトメールに特化:
ウィルコム、シンプルなストレートボディの「STOLA WX08K」を発表
ウィルコムは、通話とライトメールに特化したシンプルなストレート型PHS端末「STOLA WX08K」を発表した。8色のカラーバリエーションを用意し、2月に発売する。(2013/1/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。