ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「Y!mobile」最新記事一覧

携帯販売ランキング(5月9日〜5月15日):
「iPhone SE(64GB)」が好調、各キャリアランキングで2位に
「iPhone SE(64GB)」が総合ランキングで3位に入り過去最高順位を更新。3キャリアランキング全て1〜3位が同じ並びになった。(2016/5/21)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI田中社長「契約者数は増えない。MVNOでUQ頑張って」――au経済圏の流通拡大で、取扱高2兆円超を目指す
KDDIが2016年3月期(2015年度)の決算会見を開催した。会見後、囲み取材に応じた田中孝司社長は何を語ったのか。(2016/5/20)

月額基本料は1600円前後:
「MVNO格安スマホ」って何? LINEやイオンなどが続々と新規参入
仮想移動体通信事業者(MVNO)の“格安スマートフォン”市場が急拡大している。流通大手のイオングループが本格参入したほか、今夏にはLINEも参入予定で、競争はさらに激化しそうだ。(2016/5/19)

格安SIMでおサイフケータイは使えるの?
(2016/4/30)

SIMフリースマホの購入時に重視することは?――MM総研が調査
MM総研は、SIMロックフリースマートフォン利用者の購入実態および満足度についての調査を実施。総合満足度は61.1%で、他人への推奨度は52.3%に。平均購入価格は3万2418円で、購入時に最も重視するのは「端末価格」なのが分かった。(2016/4/27)

「iPhone 5s」で若年層を取り込んだY!mobile――SIMフリー戦略や「Y」との連携はどうなる?
3月に「iPhone 5s」を発売し、SIMカードの販売も強化するなど、Y!mobileが攻めている。MVNOとも競合するため、脅威に感じている会社もあるだろう。一方でYahoo!との連携は薄まった感もある。そんなY!mobileの最新戦略を聞いた。(2016/4/27)

格安スマホ急拡大、市場に150社超 乗り換え抵抗感薄れ、若いユーザーも増加
格安スマホ市場が急拡大している。最近では端末も充実し、販売店も増加。大手から乗り換える人も目立ってきた。(2016/4/27)

気球型基地局、ソフトバンクが初投入 携帯3社、熊本地震被災地で新技術活用
携帯電話大手3社が災害時の新たな通信技術を熊本地震の被災地に初投入している。ソフトバンクは気球基地局を打ち上げた。(2016/4/19)

格安SIM定点観測:
特定サービスの通信料無料に潜む課題――2016年3月音声通話編
昨今シェアを伸ばしつつあるMVNOが、特定サービスのみ通信料を無料にするサービスを導入した。MVNOサービスの差別化の軸となりうるサービスだが、法的には“大きな”課題がある。(2016/4/16)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが非接触電子マネー「iD」をSIMフリー端末に開放――コンテンツもMVNOにオープン化し、新たなユーザー獲得に躍起
NTTドコモが、SIMロックフリーのおサイフケータイ対応スマホに「iD」を開放した。既にコンテンツサービスの一部もキャリアフリー化しているドコモは、「オープン化」で新たな収益源を確保しようとしている。(2016/4/15)

SIM通:
1155万に達したMVNO市場の今後は?「モバイルフォーラム2016」
今年で3回目となる「モバイルフォーラム2016」が開催された。今後MVNOがどのような役割を果たすのかをテーマとし、さまざまな識者が議論を繰り広げた。(2016/4/7)

iPhoneデビューしよう:
子どもが使う初めてのスマホに「iPhone SE」が最適な理由
スマートフォンを使いこなす小中学生が今や当たり前の時代です。(2016/3/31)

面白いガジェットの製品化や販売を支援する「+Style」開設
ソフトバンクが、最先端のデジタルガジェットなどの商品企画の協力募集や資金調達、販売までをサポートするプラットフォーム「+Style」を開設した。国内外のユニークな製品を扱うサービスになる。(2016/3/30)

格安SIM定点観測:
大手キャリアと似た“売り方”になっていく?――2016年2月音声通話編
MNPの即日対応・リモート対応が進み、契約しやすくなった通話対応の格安SIM。しかし、それでもまだ購入(契約)へのハードルが高いといわれている。3月の“かき入れ時”に備えて、2月はその改善を目指す動きが見られた。(2016/3/18)

「実質0円」廃止で:
携帯3社スマホ販売激減 iPhone苦戦、SIMフリーは絶好調
大手携帯電話3社が「実質0円」端末の販売をやめた2月、スマートフォン販売台数は予想通り激減したことが9日、分かった。年度末商戦の3月に入ってもこの傾向は変わらず、政府主導で始まった携帯電話販売の見直し策が販売不振を招いた格好だ。(2016/3/11)

「実質0円」廃止でスマホ販売激減 iPhone苦戦、SIMフリーは絶好調
携帯3社が「実質0円」端末の販売をやめた2月、スマートフォン販売台数は激減した。3月に入ってもこの傾向は変わっていない。(2016/3/10)

SIM通:
Y!mobileからiPhone 5sが3月4日発売!
ソフトバンクは、「Y!mobile」ブランドからiPhone 5sを販売すると発表した。(2016/3/10)

お内裏様ふてニャン、「i」の力で石田純一に靴下を履かせる 5s販売開始でY!mobileが新CM
これもi、あれもi、たぶんi、きっと愛。でも5s。(2016/3/3)

ワイモバイルがiPhone 5sを発売 プランと組み合わせ次第で端末“0円”に
ワイモバイルがiPhone 5sを発売。料金プランとの組み合わせ次第で“実質0円”となる。(2016/2/22)

格安SIM定点観測:
5分未満の通話定額オプション登場 3GBの最安値が更新――2015年12月・2016年1月音声通話編
大手キャリアの半額で、5分以内の国内通話が定額となるMVNOが登場。音声通話用のオプションの拡充も見逃せない。(2016/2/10)

神尾寿が語るモバイル業界(2):
2015年に変わったのはドコモ、タスクフォースでは「キャリアが総務省に勝った」
神尾寿氏とともに、2015年のモバイル業界を振り返る短期連載。第2回では通信キャリア3社と、総務省が10月〜12月にかけて実施した携帯電話料金のタスクフォースについて評価する。(2016/1/22)

携帯販売ランキング(1月4日〜1月10日):
総合ランキング「iPhone 6(16GB)」がトップ、機能差少なく割安感で人気?
総合ランキングはソフトバンク版「iPhone 6(16GB)」が1位。「iPhone 6s」発売後に「iPhone 6」がトップを取るのは3回目。ソフトバンク版では初めて。(2016/1/16)

携帯料金は安くなるのか:
実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解く
2015年10月から始まった携帯電話料金引き下げ議論。本当に携帯料金は安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか――。関係者の取材を通じて議論の裏を読み解き携帯市場の先行きを占ってみた。(2016/1/13)

実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解くと……
政府の携帯料金引き下げ要求を受け、料金は本当に安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか。関係者の取材を通じて市場の先行きを占う。(2016/1/12)

石川温のスマホ業界新聞:
最初に要請書を手渡されたのはソフトバンク・宮内謙社長――「(値下げしても)ワイモバイルとソフトバンクは棲み分けできる」
12月18日、ソフトバンク・KDDI・NTTドコモの3社が高市早苗総務大臣から「携帯電話事業者への要請」を受け取った。最初に要請書を受け取ったソフトバンクの宮内謙社長は、受け取り後に囲み取材に応じた。(2015/12/25)

格安SIM定点観測:
DMM mobileが「全プラン業界最安値」を放棄!? au系MVNOのVoLTE対応が進む――2015年11月音声通話編
11月は、DMM mobileが最安値に追随“しなかった”ことや、au回線を利用するMVNOにおけるVoLTE対応が進んだことが注目点だ。(2015/12/24)

ソフトバンク、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを終了 LTEに振り替え 利用できなくなる端末も
ソフトバンクは、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを終了し、帯域をLTEサービスに振り替える。利用できなくなる端末が一部発生するため、ユーザー向けに機種変更キャンペーンを提供する。(2015/12/11)

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

ソフトバンク、迷惑電話を自動で判別・ブロックする「迷惑電話ブロック」を提供開始
ソフトバンクは迷惑電話を自動で判別し、発着信時に警告表示・自動ブロックを行う「迷惑電話ブロック」を対応機種の発売に合わせて提供開始する。(2015/11/18)

“固定電話”を3G回線で「スゴい電話」 SIMフリー、Wi-Fiルータ機能搭載
3G回線で通話できる固定型電話「スゴい電話」が登場。「イエデンワ」のエイビットがハードウェアを開発。SIMロックフリーとなっている。(2015/11/17)

格安SIM定点観測:
DTI SIMが「最安値」を引っさげて音声対応 DMM mobileは月内に追随できず――2015年10月音声通話編
10月は、ケーブルテレビ界の“巨人”がMVNOに参入したことや、ほぼ完全な通話定額が登場したことが大きなトピックだったが、あの「全プラン業界最安値」のMVNOが追随できずに月を終えたことにも注目だ。(2015/11/16)

石川温のスマホ業界新聞:
高市早苗総務相に「ケータイ料金値下げ」の疑問を直撃――総務省タスクフォースは「机上の空論」ではないのか
頻繁に携帯電話を買い換える人と、そうでない人の料金面での不公平さが指摘されている。総務省の携帯電話料金に関するタスクフォースで料金見直しの方向性の議論が進んでいる中、BS番組で高市早苗総務大臣から直接話を聞く機会を得た。(2015/11/13)

格安SIM Q&A(番外編):
大手キャリアでSIMカードだけの契約はできませんか?
MVNOの「格安SIM」は、SIMカード単体で契約できますよね。大手キャリアでも、SIMカード単体での契約はできないものでしょうか。(2015/11/6)

Google・ドコモ・Y!mobileから――「Nexus 5X」のベストな買い方を探る6つのポイント
Android 6.0世代のリードデバイス「Nexus 5X」の出荷が始まった。日本では3つの販路がある同機だが、どこから買うのがベストなのか。6つのポイントから、考えてみよう。(2015/10/22)

自宅でもMNP即日転入が可能に 準通話定額がついに登場――2015年8・9月音声通話編
8・9月の音声通話対応格安SIMは、オンライン申し込みでも不通期間なくMNPできる仕組みが広く導入されたほか、制限付きながらも通話定額サービスが登場したことが大きなトピックだ。(2015/10/21)

ワイモバイルのNexus 6が「Android 6.0 Marshmallow」へバーションアップ
ワイモバイルのAndroidスマートフォン「Nexus 6」へ、OSを「Android 6.0 Marshmallow」にバーションアップするソフトウェアが配信開始となった。(2015/10/15)

石野純也のMobile Eye(9月28日〜10月9日):
カギを握るのは「Nexus」と「ミッドレンジ」――ドコモとソフトバンクの冬春モデルを読み解く
この2週間でドコモとソフトバンクが、2015冬-2016春商戦向けの新製品を続々と発表した(KDDIは未定)。今回は両者がNexusシリーズを扱ったり、ミッドレンジが増えたりと、これまでと違った特徴も見えてきた。(2015/10/10)

ワイモバイルの「Nexus 5(EM01L)」、Android 6.0へ
ワイモバイルの「Nexus 5(EM01L)」へ、Googleの次期モバイルOS「Android 6.0 Marshmallow」が配信開始された。(2015/10/6)

「Y!mobileメールアプリ」が新バージョンに
「Y!mobileメールアプリ」がバージョン2.0.0を公開。一括管理にSMS/MMSが追加となったほか、用途に応じて二2の表示を選択できるようになった。(2015/10/5)

ゼロから分かる格安SIM:
第8回 iPhoneで格安SIMを使うにはどうすればいい?
いよいよiPhone 6s/6s Plusが発売されます。今回の6sをはじめiPhoneで格安SIMを利用するには、どうすればいいのでしょうか?(2015/9/24)

ICT、格安スマホ&大手携帯キャリアの通信速度実測調査を発表――速度の差が顕著に
ICT総研は「2015年9月 格安スマホ&大手携帯キャリア 通信速度実測調査」の結果を発表した。対象はNTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、OCNモバイルONE、楽天モバイル。(2015/9/4)

まだまだ間に合う!:
iPhoneやAndroidをもっとおトクに! ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobileの締切間際なキャンペーン情報をチェック!(2015年8月編)
あと10日で8月も終わりです。8月31日に締め切りを迎えるドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobileのキャンペーンをまとめてみました。(2015/8/22)

石野純也のMobile Eye(8月3日〜14日):
好調のKDDI/回復のドコモ/再建のソフトバンク――3社の決算会見を振り返る
ドコモ、KDDI、ソフトバンクグループの2015年度第1四半期の決算が発表された。KDDIは好調を維持しており、ドコモは久しぶりに増収増益に。ソフトバンクはSprint再建が焦点となっている。3社の実績と今後の取り組みを見ていく。(2015/8/15)

格安SIM Q&A:
ソフトバンクのiPhone 5sで格安SIMを使えますか?
Y!mobileのSIMなら使えそうな気もしますが……?(2015/8/13)

MVNOに聞く:
定額無制限プランは「めちゃくちゃ遅いということはない」――ぷららモバイルLTEの現状
3Mbpsながら、LTE通信を使い放題のサービスを提供している「ぷららモバイルLTE」。開始から1年がたとうとしているが、ユーザーの反応や現状はどうなっているのか。担当者に話を聞いた。(2015/8/12)

格安SIM定点観測:
IIJmioとOCNの動きに注目――2015年7月音声通話編
7月の音声対応格安SIMは、「IIJmio」のイオンにおけるMNP即日転入対応と端末直販の動き、「OCN モバイル ONE」の特定サービスにおける通信量“不算入”の動きに注目だ。(2015/8/10)

携帯販売ランキング(7月20日〜7月26日):
総合順位は「iPhone 6」が上位独占、auの見守り端末がランクイン ドコモ版「Z4」は圏外に
総合ランキングは先週に続き「iPhone 6」が1〜5位を独占。Y!mobileの「Nexus 5」は少し戻して8位。10位にはauの子ども向けケータイ「mamorino3」が入った。(2015/8/1)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
デザインを洗練させてカメラ機能を強化、熱対策も――Huaweiの“生き残り”戦略
HuaweiがSIMロックフリースマホを本格展開してから1年がたったが、同社は今の市場をどのように捉えているのか。同社の最新戦略を、日本で端末事業を統括するデバイス・プレジテントの呉波(ゴハ)氏に聞いた。(2015/7/22)

Mobile Weekly Top10:
Apple Watchを2カ月使って分かったこと/auのメール障害、発生からまもなく10日目も完全復旧せず
2大スマートウォッチの「Apple Watch」と「Android Wear」を2カ月使って分かったこととは? 携帯販売ランキングでは夏モデルの存在感がますます低下しています。(2015/7/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。