ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」の番外編

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
懐かしいあの空気感を記録する――ソニー「DSC-RX1」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は世界最小の35ミリフルサイズセンサー搭載デジカメ「DSC-RX1」を手に、思い入れのある街を歩く。(2012/11/22)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
「金属魂」的、FinePix X100のある生活(金属と皮の濃密な関係)
絶対買うと意気込んでいたわけではないが、手にするしかないと思った。カメラマン 矢野渉氏と、「革」を注ぎ足したFinePix X100の生活は始まったばかり。(2011/4/21)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
5と7を使い分けてこそ――ペンタックス「K-5」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。PENTAX「K-5」の第2回は作例中心に、K-7との最大の相違点、撮像素子について考える。(2010/11/25)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
過去と未来への仕掛けを備えたカメラ――ペンタックス「K-5」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。PENTAX「K-5」は一見、K-7からの変化が少ないように見えるが、そこには過去と未来、双方に向けての「仕掛け」が施されている。(2010/11/24)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
それはヤボというものだ――リコー「GXR」(3)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。プライベートで長く「GX100」を愛用する矢野氏が「GXR」へ施すカスタマイズとは。いまさらデジカメに単体露出計が必要? それはヤボというもの。(2010/5/26)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
50ミリマクロ1本で街歩き――リコー「GXR」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。リコー「GXR」をぶら下げて街を歩くと、少しだけ非日常のにおいが混ざる。(2010/4/27)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
唯一無二の金属――リコー「GXR」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。リコー「GXR」を手にした矢野氏の思いは。(2010/4/21)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
心を豊かにさせる“くすぐり”――ペンタックス「K-7」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。ペンタックス「K-7」を題材にした番外編の最終回となる今回は、各所に潜む“くすぐり”について。(2009/10/29)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
オールドファンのための奇跡のプロダクツ――ペンタックス「Limitedレンズ」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。ペンタックス「K-7」を題材にした番外編その2は、「奇跡のプロダクツ」ことLimitedレンズをとりあげる。(2009/10/16)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
指2本で探る宝箱――ペンタックス「K-7」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。番外編の今回は、ペンタックス「K-7」をカメラマンの視線から愛でる。(2009/9/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。