ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記」最新記事一覧

カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」の番外編

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
懐かしいあの空気感を記録する――ソニー「DSC-RX1」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は世界最小の35ミリフルサイズセンサー搭載デジカメ「DSC-RX1」を手に、思い入れのある街を歩く。(2012/11/22)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
「金属魂」的、FinePix X100のある生活(金属と皮の濃密な関係)
絶対買うと意気込んでいたわけではないが、手にするしかないと思った。カメラマン 矢野渉氏と、「革」を注ぎ足したFinePix X100の生活は始まったばかり。(2011/4/21)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
5と7を使い分けてこそ――ペンタックス「K-5」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。PENTAX「K-5」の第2回は作例中心に、K-7との最大の相違点、撮像素子について考える。(2010/11/25)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
過去と未来への仕掛けを備えたカメラ――ペンタックス「K-5」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。PENTAX「K-5」は一見、K-7からの変化が少ないように見えるが、そこには過去と未来、双方に向けての「仕掛け」が施されている。(2010/11/24)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
それはヤボというものだ――リコー「GXR」(3)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。プライベートで長く「GX100」を愛用する矢野氏が「GXR」へ施すカスタマイズとは。いまさらデジカメに単体露出計が必要? それはヤボというもの。(2010/5/26)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
50ミリマクロ1本で街歩き――リコー「GXR」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。リコー「GXR」をぶら下げて街を歩くと、少しだけ非日常のにおいが混ざる。(2010/4/27)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
唯一無二の金属――リコー「GXR」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。リコー「GXR」を手にした矢野氏の思いは。(2010/4/21)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
心を豊かにさせる“くすぐり”――ペンタックス「K-7」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。ペンタックス「K-7」を題材にした番外編の最終回となる今回は、各所に潜む“くすぐり”について。(2009/10/29)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
オールドファンのための奇跡のプロダクツ――ペンタックス「Limitedレンズ」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。ペンタックス「K-7」を題材にした番外編その2は、「奇跡のプロダクツ」ことLimitedレンズをとりあげる。(2009/10/16)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
指2本で探る宝箱――ペンタックス「K-7」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。番外編の今回は、ペンタックス「K-7」をカメラマンの視線から愛でる。(2009/9/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。