ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「矢野渉の「金属魂」」最新記事一覧

矢野渉の「金属魂」Vol.36:
男子だったらハンマートーン――STANLEY「Classic Vacuum Bottle 25oz」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回のテーマは、撮影の気分を上げてくれる「水筒」である。(2015/6/14)

矢野渉の「金属魂」Vol.35:
自由だった時代の残光――マイネッテ「スーパーロック50」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回はまだカメラが銀塩フィルム全盛だった時代へさかのぼる。(2015/3/5)

矢野渉の「金属魂」出張編:
母に愛される、幸せな“お守り”──「富士通らくらくスマートフォン3」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は「Business Media 誠」の出張版。このスマホは「僕らより時間がゆっくり流れている、親世代の“お守り”」なのである。(2014/9/12)

矢野渉の「金属魂」Vol.34:
漫画神の贈り物――「ゲームボーイライト 手塚治虫ワールドショップ限定モデル」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は「漫画の神様」との対面を振り返る。(2014/3/31)

矢野渉の「金属魂」Vol.33:
キヤノンが挑戦者だったあの頃――僕はC.P.Eのアルミトランクとともに
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回はキヤノンがチャレンジャーだったあの頃をふと思い出す。(2013/11/25)

矢野渉の「金属魂」Vol.32:
肉にコショウ、とんかつにソース、金属には革を――「HTC J One」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は1台のスマートフォンを通じて、金属と革とのせめぎ合いを描く。(2013/9/26)

矢野渉の「金属魂」Vol.31:
“Made in Japan”の誇りを取り戻せ――「Mebius MURAMASA PC-MV1-C1W」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回はかつてシャープが注力したモバイルノートPCの名機を振り返る。(2013/5/15)

矢野渉の「金属魂」Vol.30:
金属に頼りすぎた結末――「WiNDy」の光と影
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。記念すべき第30回は、かつて自作PC市場を大いに盛り上げた、あのブランドをしのぶ。(2013/3/18)

矢野渉の「金属魂」Vol.29:
デジタルフォトに“1枚の重み”を――愛すべき「ケーブルレリーズ」たち
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。氏がカメラとともに愛用する4本のケーブルレリーズとは?(2013/1/24)

矢野渉の「金属魂」Vol.28:
オトコはぶらさげてナンボである――コシナ「VC METER」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。氏が今日もぶら下げて行動を共にする金属とは……。(2012/12/12)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
懐かしいあの空気感を記録する――ソニー「DSC-RX1」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は世界最小の35ミリフルサイズセンサー搭載デジカメ「DSC-RX1」を手に、思い入れのある街を歩く。(2012/11/22)

矢野渉の「金属魂」Vol.27:
僕がマルチツールを持ち歩く理由――「GERBER Multi-Plier 600 Needlenose」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回はプライヤー型マルチツールの深遠なる世界へ。(2012/11/20)

矢野渉の「金属魂」Vol.26:
ユニボディとは違う“精密の美”を掘り起こす――アルミダイキャスト
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は、“実用が生み出す美しさ”を秘めた金属に迫る。(2012/8/31)

矢野渉の「金属魂」Vol.25:
フジヤカメラから新井薬師へ――お守りという金属
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回はあのころの中野、新井薬師へタイムスリップする。(2012/4/25)

矢野渉の「金属魂」Vol.24:
トライポッドの恋人――Tiltall「TE01B」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。氏がさまざまな出会いと別れを繰り返し、たどり着いた究極の三脚とは?(2012/3/29)

矢野渉の「金属魂」Vol.23:
ロボットと暮らす夢がかなった幸せ――ソニー「AIBO ERS-111」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は、あの“自律型エンターテインメントロボット”を再起動する。(2012/2/14)

矢野渉の「金属魂」Vol.22:
存在の耐えられる“重さ”――TEACの光学ドライブ
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は、CD-Rドライブが最も熱かった時代までさかのぼる。(2011/12/18)

矢野渉の「金属魂」Vol.21:
そのファン、爆風につき――DELTA「FFB0812EHE」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は疾走する時代が生んだ、自走するファンの物語。回転はロマンである。(2011/11/23)

矢野渉の「金属魂」Vol.20:
謎のじゅもん“チッカチタン”をとなえた!――「CONTAX T3 チタンブラック」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は高級コンパクトカメラの名機と、謎のじゅもんに迫る。(2011/10/3)

矢野渉の「金属魂」Vol.19:
プロダクトに宿る“魂の声”を聴け――「WinBook Trim 133」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は知る人ぞ知る、ノートPCの名機を久しぶりに起動してみる。(2011/6/28)

矢野渉の「金属魂」Vol.18:
奇妙な金属たちと歴史の旅へ――「PC98-NX」と「Winkey」のキーホルダー
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は時代を彩ったPCの関連グッズから、2つの金属を取り出した。(2011/5/19)

矢野渉の「金属魂」Vol.17:
壁の崩壊をもたらすもの――「サイバーツールズ」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回はアウトドアとか山ガールとか、一体何の話なんです!?(2011/5/2)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
「金属魂」的、FinePix X100のある生活(金属と皮の濃密な関係)
絶対買うと意気込んでいたわけではないが、手にするしかないと思った。カメラマン 矢野渉氏と、「革」を注ぎ足したFinePix X100の生活は始まったばかり。(2011/4/21)

矢野渉の「金属魂」Vol.16:
改行の所作がまだ美しかったころ――Olivetti「Lettera 32」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第16回はPCやワープロの前に活躍した名機を振り返る。(2011/3/11)

矢野渉の「金属魂」Vol.15:
僕の思想すら変えてしまったマウス――「カトキハジメマウス」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第15回は……全マウスユーザーを揺るがす問題作!?(2011/2/3)

矢野渉の「金属魂」Vol.14:
これぞ、日本の奥ゆかしさ――「KLASSE」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第14回は、同氏が“最も日本的な高級コンパクト”という一品だ。(2010/12/8)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
5と7を使い分けてこそ――ペンタックス「K-5」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。PENTAX「K-5」の第2回は作例中心に、K-7との最大の相違点、撮像素子について考える。(2010/11/25)

矢野渉の「金属魂」Vol.13:
それは未知なる“黄金の回転”――「Majesty」&「Super Orb」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第13回は、過剰に進化していった回転体のお話。(2010/11/26)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
過去と未来への仕掛けを備えたカメラ――ペンタックス「K-5」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。PENTAX「K-5」は一見、K-7からの変化が少ないように見えるが、そこには過去と未来、双方に向けての「仕掛け」が施されている。(2010/11/24)

矢野渉の「金属魂」Vol.12:
ようこそ、大人の世界へ――「Ai Nikkor 45mm F2.8P」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第12回は、レンズの名品を回顧する。(2010/10/22)

矢野渉の「金属魂」Vol.11:
ブルーメタリックとメランコリックな記憶の中で――「Let'snote CF-A1R」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第11回は、パナソニックの「Let'snote CF-A1R」だ。(2010/8/20)

矢野渉の「金属魂」Vol.10:
1980年のオリーブドラブ――「Canon F-1 OD」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。記念すべき第10回は、キヤノンの「Canon F-1 OD」だ。(2010/7/14)

矢野渉の「金属魂」的、HDD使用記:
あえて“傷をつける”ことで高めた存在感――「LaCie rikiki」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回の番外編は、USBポータブルHDD「LaCie rikiki」のヘアラインに思いをはせる。(2010/6/17)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
それはヤボというものだ――リコー「GXR」(3)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。プライベートで長く「GX100」を愛用する矢野氏が「GXR」へ施すカスタマイズとは。いまさらデジカメに単体露出計が必要? それはヤボというもの。(2010/5/26)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
50ミリマクロ1本で街歩き――リコー「GXR」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。リコー「GXR」をぶら下げて街を歩くと、少しだけ非日常のにおいが混ざる。(2010/4/27)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
唯一無二の金属――リコー「GXR」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。リコー「GXR」を手にした矢野氏の思いは。(2010/4/21)

矢野渉の「金属魂」的、ノートPC試用記:
書道の一筆に通じる迷いなく引かれた線――ソニー「VAIO Z」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回の番外編は、高級モバイルノートPC「VAIO Z」にフォーカスする。(2010/4/1)

矢野渉の「金属魂」Vol.9:
花園から暗黒面へと落ちる――HP Mini 110“淡紅藤”
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第9回は日本HPのNetbookだ。(2010/3/24)

矢野渉の「金属魂」Vol.8:
Pentium & Pentium Proに見るCPUの品格
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第8回はインテル製CPUの思い出だ。(2010/2/3)

矢野渉の「金属魂」Vol.7:
ガシャポンに宿る友情――ポケモンがつなぐもの
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第7回はポケモンフィギュアの思い出だ。(2009/12/25)

矢野渉の「金属魂」Vol.6:
“赤い金”にあこがれて――純銅製CPUクーラーと戯れる
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第6回は純銅製CPUクーラーのよもやま話だ。(2009/11/13)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
心を豊かにさせる“くすぐり”――ペンタックス「K-7」(2)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。ペンタックス「K-7」を題材にした番外編の最終回となる今回は、各所に潜む“くすぐり”について。(2009/10/29)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
オールドファンのための奇跡のプロダクツ――ペンタックス「Limitedレンズ」
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。ペンタックス「K-7」を題材にした番外編その2は、「奇跡のプロダクツ」ことLimitedレンズをとりあげる。(2009/10/16)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
指2本で探る宝箱――ペンタックス「K-7」(1)
カメラマン・矢野渉氏が被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。番外編の今回は、ペンタックス「K-7」をカメラマンの視線から愛でる。(2009/9/25)

矢野渉の「金属魂」Vol.5:
光の行方に思いを寄せて――ミノルタ「TC-1」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第5回は旧ミノルタの「TC-1」だ。(2009/9/3)

矢野渉の「金属魂」Vol.4:
ビクトリノックスが守り続けるもの――「スイスツール」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第4回はビクトリノックス「スイスツール」だ。(2009/7/30)

矢野渉の「金属魂」Vol.3:
タテ位置に込められた思い――オリンパス「Pen-EE」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第3回はオリンパス「Pen-EE」だ。(2009/6/16)

矢野渉の「金属魂」Vol.2:
時代を逆走した野人――Quantum「Bigfoot CY」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第2回はQuantamの5.25インチHDD「Bigfoot CY」だ。(2009/4/9)

矢野渉の「金属魂」Vol.1:
初まりは“Z”から――ソニー「VAIO NOTE Z」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす新連載「金属魂」がスタート。第1回はソニーの「VAIO PCG-Z1/P」だ。(2009/3/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。