ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジカメ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
「デジカメならでは」の活用法を分かりやすく提案 - ITmedia デジカメプラス
質問!デジタルカメラ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデジタルカメラ関連の質問をチェック
「デジタルカメラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月1日〜1月7日):
2018年初売りのデジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が制す
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が2週ぶりにトップになった。10位のキヤノン「EOS M100 ダブルレンズキット」は初のトップ10入り。(2018/1/16)

デジカメ用ACパワーアダプターが破損の恐れ 富士フイルムが無償交換
富士フイルムが、デジタルカメラ用ACパワーアダプター「AC−5VF」の一部を無償交換。破損する恐れがあり、場合によってはユーザーが感電する可能性があるという。(2018/1/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月25日〜12月31日):
2017年最後のデジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」が初登場
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3週ぶりのトップ。10位タイが3機種という混戦の中、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III EZ ダブルズームキット」が初ランクイン。(2018/1/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月18日〜12月24日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」連勝
前回初トップのオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が連覇。キヤノン「EOS M100 EF-M15-45 IS STMレンズキット」が初ランクイン。(2018/1/9)

2017年のデジカメを振り返って驚いた
1年を振り返ろうとして、ふと思った。2017年って発売されたデジカメがすごく少なくない? それでもインパクトのある製品が多かったので、テーマ別にまとめてみよう。(2017/12/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月11日〜12月17日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が初のトップ
何度も2位に甘んじてきたオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が初めての1位に。オリンパス勢として約1年4カ月ぶり。(2017/12/25)

3Dスキャナー:
武藤工業、デジカメ画像から3Dデータを生成する3Dスキャナー「MS-600N/PX」
武藤工業は、デジタルカメラで撮影した画像データから3Dデータを生成できる3Dスキャナー製品「MS-600N/PX」の受注を開始した。(2017/12/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月4日〜12月10日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3連覇
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3週連続1位。2位と3位は入れ替わり、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が5週ぶりにトップ3入り。(2017/12/21)

正しい引き算をしたミニマルなミラーレス、富士フイルム「X-E3」
富士フイルムの「X-E3」。カタログに「MINIMALISM」と描かれている。ミドルクラスのデジタル一眼でそこを主張するのもなかなか珍しいのだが、実物を見ると確かにそうなのだなあと思う。(2017/12/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月27日〜12月3日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が2週連続トップ
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が2連勝。前回順位を落としたパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が再び上昇の気配。(2017/12/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月20日〜11月26日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3週ぶりトップ
2連勝していたパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が大きく順位を落とし、替わってトップに立ったのはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」だ。(2017/12/5)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月13日〜11月19日):
デジタル一眼ランキング、パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」2連勝
前回初トップとなったパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が連勝。2位、3位、4位にはキヤノン「EOS Kiss」シリーズが並んだ。(2017/11/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月6日〜11月12日):
デジタル一眼ランキングに波乱、パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が初制覇
前回初1位のキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が急落、ランキングを制したのはパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」。(2017/11/17)

そもそも“一眼レフ”ってなんだっけ?
デジカメが抱える“35mmフィルムの呪いシリーズ”第4弾のテーマは「一眼レフ」。ミラーレス一眼と一眼レフの違いをちょっと整理しておこう。(2017/11/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月30日〜11月5日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が初のトップ
デジ一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が初めて1位に。「D5300 AF-P ダブルズームキット」はニコン機として久々のトップ3入り。(2017/11/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月23日〜10月29日):
デジタル一眼ランキングにキヤノンのミラーレス入門機「EOS M100」が初登場
デジ一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が2連勝。コンデジランキングもキヤノン「IXY 200」が制した。(2017/11/7)

なぜソニー イメージセンサーは強いのか:
PR:第一線で活躍中のエンジニアが明かす“ソニー イメージセンサーの強み”
IoT(モノのインターネット)化の流れの中で、スマートフォン、デジタルカメラから、自動車、産業機器、医療機器などあらゆる機器に搭載されつつあるイメージセンサー。さまざまな半導体メーカーが、この有望なイメージセンサー市場に参入する中で、ソニーは世界屈指のシェアを保ち続けている。なぜ、ソニーがイメージセンサーの黎明(れいめい)期から先頭を走り続けられていられるのか。ソニーのイメージセンサー開発の第一線で活躍するエンジニアに聞いた――。(2017/11/13)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
これがデジカメ? コンパクトの形をしたカシオのセルフィーカメラ LTE内蔵も希望
カシオのデジタルカメラ「TR」シリーズは、セルフィーに特化した製品ですが、なぜか日本では売られていません。そのTRシリーズの最新モデル、TR miniが登場。ファンデーションのコンパクトのような形をした円型デザインが特徴です。(2017/10/30)

ニコンが中国の生産子会社を清算へ スマホ台頭でコンデジ不振
ニコンは、中国の生産子会社Nikon Imaging Chinaの操業を停止する。スマホの台頭によりコンパクトデジタルカメラの市場が急速に縮小したため。(2017/10/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月16日〜10月22日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5週ぶり1位
ソニー「α6000 ダブルズームキット」5連勝ならず、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5週ぶりトップ。(2017/10/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月9日〜10月15日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」が3位浮上
ソニー「α6000 ダブルズームキット」は4連勝。オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」は4週ぶりにトップに3復帰。(2017/10/25)

凸版印刷:
デジカメ画像からCADへの適用も可能な高精度3Dモデルを生成
凸版印刷は、デジタルカメラで撮影した画像からCADへの適用にも耐え得る高精度な3D形状モデルを生成したと発表した。(2017/10/17)

キヤノン、APS-C判で光学3倍ズームのコンパクトデジカメ「PowerShot G1 X Mark III」
キヤノンが、APS-Cサイズのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark III」を発表した。(2017/10/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月2日〜10月8日):
「EOS Kiss」強い デジタル一眼ランキングの半分がキヤノン勢に
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が3連勝。キヤノン勢は「EOS Kiss X9」の2種類のキットがトップ10入りするなど、半分を占めた。(2017/10/18)

フィルム風カートリッジの交換で絵作りが変わるユニークなデジカメ 老舗ブランドYASHICAから
デザインは1966年発売の「Yashica Electro35」を継承。(2017/10/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月25日〜10月1日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」2連勝
前回初トップのソニー「α6000 ダブルズームキット」が今週も制した。キヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」は着実に順位を上げてきている。(2017/10/7)

CADニュース:
デジカメの画像から高精度な3Dモデルを生成、CADへの適用にも
凸版印刷は、デジタルカメラで撮影した画像から、CADへの適用にも耐え得る高精度な3Dモデルを生成することに成功した。製造デザイン工程において、高価な専用機器でしか実施できなかった3D形状計測が、民生品のデジタルカメラで可能になる。(2017/10/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月18日〜9月24日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が初のトップ
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が発売から3年以上たって初の首位。前回初登場のキヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」は今回も10位キープ。(2017/10/4)

キヤノン/宮崎キヤノン:
デジカメの新たな生産拠点を宮崎県に建設、自動化への取り組みを加速
キヤノンと宮崎キヤノンは、宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を設立すると発表した。(2017/9/25)

光学3倍ズームレンズ搭載! カメラ機能が光る「Cyber-shotケータイ W61S」(懐かしのケータイ)
ソニーのデジタルカメラブランド「Cyber-shot」の名を冠する「Cyber-shotケータイ WIN W61S」。イメージセンサー「Exmor」と光学3倍ズームレンズを搭載し、当時としては画期的だった顔検出オートフォーカス(AF)に対応するなど、その名に恥じないデジタルカメラケータイでした。(2017/9/23)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月11日〜9月17日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」が初ランクイン
デジタル一眼ランキングに、2017年7月発売のキヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」が初登場。(2017/9/28)

カールツァイスレンズ搭載 見た目もデジカメな「705NK」(懐かしのケータイ)
ノキアらしいストレートボディの「SoftBank 705NK」。カールツァイスレンズを採用し、スライド式レンズカバーやISO感度設定など、見た目も機能もデジカメに近いケータイでした。(2017/9/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月4日〜9月10日):
デジタル一眼ランキングにニコンの新フルサイズ機「D850」登場
デジタル一眼ランキングに、ニコンの新フルサイズ機「D850」が早くも登場した。トップは「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が12連勝。(2017/9/20)

工場ニュース:
キヤノンが宮崎県に新たなデジカメ生産拠点を建設、自動化技術をさらに強化
キヤノンは宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を建設することを決定した。操業開始は2019年8月を予定する。(2017/9/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月28日〜9月3日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が11連覇
デジタル一眼ランキングはトップ3に5週ぶりに動きがあった。「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は11連勝。(2017/9/12)

電源を切ってもスマホに写真転送できる富士フイルムのミラーレス「X-E3」
富士フイルムが、FUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-E3」を発表した。等倍マクロ撮影が可能なXFレンズの新製品「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」も合わせて発表。(2017/9/7)

「現像」は「プリント」のことじゃない
よく「デジカメの写真を現像する」という言葉を見聞きする。何のことかと文脈を読むと、どうも「写真をプリントすること」を「現像する」と称しているらしい。そこで今回は、フィルムカメラ時代の呪いによる言葉の混乱の話をしたい。(2017/9/5)

小さくて防水で頑丈なデジカメ、ソニー「RX0」
ソニーは8月31日、「IFA 2017」開幕前日のぷれすカンファレンスで“サイバーショット”「RX」シリーズの新製品となる新コンセプトの小型カメラ「RX0」を発表した。(2017/8/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月21日〜8月27日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連覇
デジタル一眼ランキングはトップ3は今回も変わらず、「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連勝。4位以下はかなり動いた。(2017/9/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月14日〜8月20日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」9連勝
デジタル一眼ランキングは1位から6位まで前回と変わらず。前回突然4位に浮上した「LUMIX DMC-GF7W」は順位キープ。(2017/8/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月7日〜8月13日):
デジタル一眼ランキング、「LUMIX DMC-GF7W」が突然の復活
デジタル一眼ランキングのトップ3は前回と変わらず。ところが4位に「LUMIX DMC-GF7W」が5カ月ぶりのランクイン。(2017/8/23)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月31日〜8月6日):
デジタル一眼ランキングに、新フルサイズ機「EOS 6D Mark II」が初登場
デジタル一眼ランキングに、8月4日に発売されたばかりのキヤノンのエントリー向けフルサイズ機「EOS 6D Mark IIボディー」がランクイン。(2017/8/15)

「ISO感度」ってなに? とその最適な設定のコツ
「35mmフィルム換算」に続く第2弾は「ISO感度」。これももともとはフィルムカメラ時代の用語だ。その基本的な意味とデジタルカメラ時代の心得を解説しましょう。(2017/8/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月24日〜7月30日):
デジ一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i」6連勝、コンデジは「FINEPIX XP120」が初のトップ
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が6連勝。コンパクトデジカメランキングでは富士フイルム「FINEPIX XP120」が初めて1位に。(2017/8/8)

ソニーのデジタル一眼カメラ、国際宇宙ステーション(ISS)船外から民生機として世界初の4K撮影成功 高精細映像をYouTubeで配信
機種は35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S II」。(2017/8/2)

半径300メートルのIT:
旅行にデジカメ、やめました
旅行の写真はスマホだけにしたい、でも「デジタルカメラを持っていけばよかった」と後悔したくない。そんな迷いを思い切って振り捨ててみると……。(2017/8/1)

デジカメ減収で:
リコー、個人向けカメラ事業が営業赤字に 「THETA」好調も
「PENTAX」ブランドなどで知られるリコーの個人向けカメラ事業が不振。デジカメの減収が響き、セグメント全体で営業赤字となった。構造改革を進めるリコーは、デジカメ事業の縮小も視野に入れている。【訂正】(2017/7/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月17日〜7月23日):
デジ一眼ランキング、超ベストセラーキヤノン「EOS Kiss X7」が世代交代で急落
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5連勝。これまで長期間にわたってトップ3以内にいた「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」は5位に後退。(2017/8/1)

ニコン「D850」開発を発表 「D810」後継機
ニコンがプロ向けのデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」の開発を進めていると発表した。(2017/7/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月3日〜7月9日):
デジ一眼ランキングは前回から変化なし コンデジランキングはニコンが久々トップ
デジタル一眼ランキングは前回とまったく同じトップ10。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3連勝。コンパクトデジカメランキングはニコンが9カ月ぶりの1位。(2017/7/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。